• 26 Mar
    • GHOST IN THE SHELL

      ハリウッドで実写化される攻殻機動隊の映画 『GHOST IN THE SHELL』にHONDAがバイク提供。   少佐が乗るバイクは、『NM4』をベース車両としたもの。 もっと未来感が欲しいが、想像できる限界はこんなもんかな。。。   映画の中でもバイクにホンダロゴが入っていたら、イイネ。       HONDAプレスリリース  

      テーマ:
  • 12 Mar
    • 国分寺3・2・8号線(新府中街道)

      17年3月11日 国分寺3・4・3号線から国分寺3・4・6号線間の約1.1km区間で交通開放前に記念見学会が行われた。   現在の府中街道は交通量の割には狭く、慢性的な渋滞が発生する。 よって、新府中街道の建設には賛成だ。 多摩を南北に抜ける道として大きな期待をしている。   まだまだ短い区間の開通だが、小平、東村山を早く繋いでもらい、所沢ICまでスムーズに行けるようにしてもらいたいものだ。         ※東日本大震災から6年が経った   犠牲となってしまった方々に哀悼の意を表するとともに いまだ厳しい状況に直面している被災者の皆様に心からお見舞い申し上げます              

      テーマ:
  • 09 Mar
    • つけ麺 えん寺

      久しぶりに吉祥寺で一人の昼食   どこに行くか?   真っ先に思い浮かんだのが、駅からすぐの『つけ麺 えん寺』   とろとろスープと太麺のコンビ   『ベジポタ』なる豚骨、魚介、野菜が融合し、コクがあるものの後味すっきりスープ。 ほんのりと柚子が香る。   そこにしっかりとした太麺を絡め一気に啜る。   前に数人列を作っていたが、我慢できる時間でカウンターにつけた。 さー運ばれてきたつけ麺を啜ると、うまい、うまい、うまい   となりのお客さん方も、おいしいおいしいと語り合っていた。   一杯のつけ麺で人々に感動を届ける、すごいことだ。   画像 宅麺.comより

      テーマ:
  • 22 Feb
    • バイクとは何か?

      ヤマハ発動機のHPを見ていたら、面白い記事があった。   『55mph - 大人になって、バイクで「冒険」しましたか? みんな風間深志になりたかった。』より   以下引用 -佐藤旅宇さん- バイクは人間の感受性を増幅させる機械だ   クルマが「どこまでも行ける」乗り物だとすれば、バイクは「どこまでも行きたくなる」乗り物。人間を冒険へといざなってくれるツールなのである。   -風間深志- 冒険によって何を得たかというと、バイクで走ることの素晴らしさというのは、つまるところ我々を取り囲む「自然」あるいは「宇宙」の素晴らしさだったんだよ。バイクはそれを深く知るための媒体なんだ   -ブログ主- そう、バイクはライダーの感受性アンプであり、冒険の相棒。 そう、バイクは、自然との向き合い ライダーって基本的に頼もしいものだ。   バイクに乗ることも減ってしまったが、冒険心を忘れず、また、頼もしい人でありたい。      

      1
      テーマ:
  • 25 Dec
    • STRIDER×HONDA

      2歳の娘にプレゼント 今はやりのストライダー HONDAとのコラボ品が出ており、これ買うしかないだろう、と。 さー娘よ、修行です!  ★商品詳細★ 

      テーマ:
  • 30 May
    • 府中 青葉

      16.05.28 家族で大國魂神社にお参りに行った。 58番までの方どうぞ、と一斉に行う御祈願は、商業的な匂いがし、何か思うところがあった。 一方、神社内にある『大樹』は、我々の何百倍の年月を生き抜いた力強さがあり、前に立つとエネルギーをもらえた気がした。  自然は偉大だ。 帰りに、ラーメン屋の『青葉』 府中店を見つけ、懐かしさもあり、そこで昼食をとることにした。 味は、裏切らず、満足、満足、満足。 お店も清潔感があり、スペースが広く、子連れの我々には、とてもありがたかった。 ラーメン、お店の雰囲気、店員さんの気遣い、一つ一つに『職人魂』を感じた。 プロフェッショナルはこうでなければならない、と、気づく事があった。 なんとなく家に帰って青葉のHPを見たところ、店主よりご挨拶、というページに下記のことが書いてあった。 『専門店としてあるべき姿を求めた結果、メニューを絞り込み、店作りに当たっても、清潔性と開放感を重んじ、今日に至っております。』 創業者の思いを眺めながら、『良く守られているな』と感心した。 以上、『大樹』と『青葉』から思ったこと 完

      テーマ:
  • 31 Jan
    • 毎日履く靴

      普段使いの靴には『防水機能』が欲しい。 また、ニューバランスの靴は、最も足への負担が少ないと感じている。 この二つの観点から靴を探すと、選択肢は多くない。 2年ほど履いた『MW869』 クッション性は最高だった。 ただし、撥水加工の効果は芳しく無く、 最後は糸のほつれが発生し、水侵入 新しく選んだ靴は、『MW880G』  MW・・・Men's Walking らしい GORETEXがついている。 幅が狭く感じたので今回は4E さて、何年もつか?

      1
      テーマ:
  • 15 Nov
    • 京都を巡る旅②

      13.04.28 08:40 ホテルを出発 東山三条でバスを降りる 09:30 『金地院』拝観 (臨済宗) 黒衣の宰相と呼ばれた、『金地院崇伝』が移建した禅寺。 東照宮は重要文化財で、徳川家康の遺髪と念持仏とを奉戴して造営されたもの。 鶴亀の庭園(特別名勝) 09:50 『南禅寺』到着 (臨済宗) 水路閣を見学 1888年(明治21)に完成した琵琶湖疏水の分線にある水路橋。 周辺の景観に配慮して田辺朔郎が設計、デザインした。 10:20 『無鄰菴』に到着 ここは元老『山県有朋』が京都に造営した別荘である。 造園家・小川治兵衛(7代目)が作庭した庭園。 1903年4月21日 山県有朋、伊藤博文、桂太郎、小村寿太郎の4人によって、日露開戦直前の外交方針を決める『無鄰菴会議』が開かれた洋館二階。 この後、京都市美術館の前を通りながら細見美術館へ移動。 ARTCUBE SHOPでお土産を物色。 11:40 平安神宮を門から眺め 12:10 金戒光明寺(浄土宗)を散策 ここは京都守護職会津藩の本陣で、新撰組発祥の地 12:30 『洛陽荘』到着 山科伯爵が別邸として居住していた建物。 そこで『じき宮ざわ』が監修している京懐石ランチを頂く。 ・そら豆とホタルイカの酢味噌和え ・若筍の椀 ・ひらまさのお造り、葉わさび、塩昆布、青のりをそえて ・焼き胡麻豆腐 ・おしんことご飯 ・自家製最中 すばらしいひと時を満喫。 14:00 哲学の道を散策。 16:10 恵文社一乗店に到着。 ここは、本にまつわるあれこれのセレクトショップ。 居心地がいい本屋・雑貨屋さんという感じ。 17:10 阿闍梨餅の満月本店に到着 阿闍梨餅を実家にお届け 17:50 河原町丸太町へ 一日目に見つけたお店『一品料理 高倉』を目指す。 18:10 高倉に到着 運よくカウンターが空いており、夕食の始まり。 ・そら豆と海老しんじょうのはさみ揚げ ・小鮎の天ぷら ・よもぎ豆腐のあさりあんかけ ・白子の小なべ 花山椒添え ・鰆の焼霜造り ・きざみ九条葱のにゅうめん また、行きたい 京都を堪能、堪能

      1
      テーマ:
  • 08 Nov
    • 京都を巡る旅①

      2年前の日記が出てきたので、こっちにも 13.04.27 新幹線で京都に降り立ち、まずはホテルに荷物を置く。 まず最初に『三十三間堂』 国宝。 はじまりは1164年、建物は1266年に再建。 お次は『河井寛次郎記念館』 土と炎の詩人 柳宗悦とともに民芸運動に深く関わった人物。 置いてある物が一つ一つ魅力的であった。 錦市場をぶらぶら  まずは、錦小路東側付近の『まるき』で昼食 親子丼、山椒が効いていておいしい。 四条烏丸から二条城前までバス移動 『二条城』 世界遺産 二の丸御殿(国宝) こちらが本丸御殿   当初、5層の天守閣がそびえていたが焼失。 これは旧桂離宮御殿を移築したもの。 二条城近くの丸久小山園 西洞院店で休憩 抹茶の波状攻撃や~ 寺町通りを目指して東へ移動 寺町通りを南から北へ散策 一保堂茶舗でお土産を。 母の日に玉露を購入。 夕食のお店を探しに木屋町通り付近を目指す。 木屋町通りを南へ進み、三条付近から先斗町通りに入る。   結局、夕食は四条を過ぎたあたりの 『京町家ごはん くりお』というお店を選ぶ。 京都風な感じだが、特にコメントはなし。  ちょっと足りず、しめにラーメン

      テーマ:
  • 06 Nov
    • 那須を巡るの巻 ②

      15.10.31(土) これまた巷では有名な 『BAKERY PENNY LANE』 というパン屋&カフェ。 ビートルズのシングル『PENNY LANE』から名前がきている。 店内の奥はビートルズワールドだった。 私たちは、その世界を堪能することなくパンを選ぶ。 『PENNY LANE』について調べてみると ビートルズの14番目のシングル。 イギリス リヴァプールの通り名らしい。 小道という訳もあるようで、 まさにこのお店に来る道を表しているようだ。 パンは夢中で食べてしまい 写真を撮り忘れたとさ。

      テーマ:
  • 03 Nov
    • 那須を巡るの巻

      15.10.31(土曜日) 那須塩原駅からレンタカーを借りて、那須を巡った。 本日紹介するのは、"nasu shozo cafe" 巷では有名なカフェらしい。 県道17号沿いにある。 私たちは15:00頃に到着。駐車場は満車で、2台ほど駐車待ち。 数分待っただけで駐車できたたものの、席待ちで数十分待った。 ケーキセットを2つ。 どちらもなかなか。 今度はツーリングの合間にいかがであろうか?

      2
      テーマ:
  • 13 Aug
    • 福岡を巡るの巻

      本日は広島から福岡まで新幹線を使用しワープ。 初めての福岡を短い時間ではあるが、要所を抑え、堪能する。 まずは、昼飯にもつ鍋。 有名店に行きたかったが、時間の都合上、博多駅内(10F くうてん)笑楽で済ませる。 もつの油が甘く、まったく臭みがなく、おいしいかった。 また、魚ロッケという魚コロッケもなかなか良かった。 さすが本場、レベル高い。 昼飯後は一人の自由時間。 まずは、福岡城跡に行く。 今は、舞鶴公園として市民に親しまれているようだ。 H26の大河ドラマが『軍師 官兵衛』だったので、何か余韻があるかと思ったが、『福岡城 むかし探訪館』は、その残りだろうか。 そこで城跡の地図を頂いたり、城下町について教えていただいた。 とにかく時間がないので、重要文化財を主として見て回り、天主台からの眺めを確認し、終了。 全体の印象としては、『ザ・公園』の一言。  次は天神へ 建築家 『辰野金吾』が設計した赤煉瓦文化館 (旧 日本生命九州支店) さすが、東京駅に似ていますね。 旧福岡県公会堂をささっと眺めて写真を撮って終了 アクロス コンクリートと植物の一体化が美しい 最後に、たまたま通りかかったラーメン膳 280円ラーメンを食べて観光終了。この価格で、この味はすごい・・・・ 16時14分に新幹線に乗り、広島に戻る。 5時間では、まだまだ把握できないことだらけ。 また訪れたいと思う。

      テーマ:
  • 09 Aug
    • 陸奥記念館

      夏休み、トランザルプはお留守番。 さて、休みの最初のイベントは、家族揃って山口県周防大島で一泊。 片添ヶ浜海水浴場で子供を遊ばせた後、島の東端にある陸奥記念館を見学した。 『軍艦 陸奥』は長門型戦艦の2番艦。 ちなみに、戦艦とは、軍艦の艦種の一つで、砲撃による海戦において決戦の主力を務めることに特化した艦種を指す。 とのこと(wiki) 連合艦隊の旗艦としても活躍したが、戦局に寄与することなく1943年(昭和18年)6月8日 現在の記念館の沖合3kmで爆沈。  原因不明。 悲しすぎますね。。。。  ※エンジン:蒸気タービン4基4軸 関連ページ 呉を巡るの巻

      テーマ:
  • 14 Jun
    • 車検と部品交換

      本日、2回目の車検を終えたトランザルプを引き取りにドリームへ。 特に異常はなく、スムーズに車検は終わった。 さて、部品交換について ①今回、チェーン交換を行ったついでに、前後スプロケットも交換。 リアスプロケットは、悲しくも純正が手に入らない。 そこで、ドリームからスプロケットメーカーに相談していただき、XL700V用の47Tを作成していただけるところを探した。 結果、ISAで可能ということがわかり、現物を送付し、作成してもらった。 外したスプロケット 新スプロケット&チェーン んーきれいでバッチリ! さらば、SUNSTAR そこまで、擦り切れていなかったが・・・ ②全く使えなかったSW-MOTECHのセンタースタンドを取り外した。 このセンタースタンド、どれだけ力を入れても、センタースタンドがかけられないという罠だった。

      2
      テーマ:
  • 22 Mar
    • ミラー

      いつのことか、右ミラーが割れた。 ぶつけた記憶もなく、不思議なこともあるもんだと。 昨日、バイクカバー購入のため、ドリーム店に行ったついでにミラー手配を頼んだ。 な、なんと、本日入荷。 こんなに早く手に入るとは思っていなかった。 在庫があるのですね、素晴らしい! 品番:88210MFFD01 価格:\1,641 んーバッチリ!

      1
      テーマ:
  • 21 Mar
    • バイクカバー

      久しぶりに一人の休日。 数か月ぶりにトランザルプを洗車し、目的なく走ろうかなと。 バイクカバーを外そうとしたら、一部が破れていた。 CB750用に購入したホンダ純正のバイクカバーを、そのままトランザルプに被せていたのだが、とうとうダメになってしまった。 7年と数か月の寿命。良く耐えてくれたと思う。 長持ちするカバーが良いと思い、前回と同様、ドリーム店でカバーを購入することにした。 購入したのはこれ。 全く一緒のものではないのだが、何年持つかな? サイズ:オンロードLL 価格:\9,720 被せるとこんな感じ。 前タイヤが少しでる 後ろ姿 近所を走りまわっただけだが、やはりバイクに乗るって楽しい。

      テーマ:
  • 21 May
    • バッテリー

      久しぶりの更新 当方のトランザルプ,バッテリー死亡中 さて,どこで買おうか? 新しい家族が増え,なかなかXL700Vと接する機会がとれない... バイクの季節到来. なんとか,時間を作って,復活させたい!

      1
      テーマ:
  • 17 Nov
    • 彌彦神社&寺泊港 @新潟

      昔を綴る巻(家族旅行) '10.05.04 越後一宮『彌彦神社』を訪ねる。 何の知識もなしに行ったが、朝から駐車スペースを見つけるのに苦労するほど混んでいた。やはり一宮の権威か人気のようだ。 チャボ展覧会? 鳥居 お次は寺泊港。 ここも混んでいたな。 お店がてんやわんやで、昼飯にありつけるまで時間がかかった。 何食べたか忘れる程度のものだったが・・・ 昼食後、高速の分岐点で解散。 これがCB750との最後の長距離ツーリングであった。 お疲れさんでした。

      1
      テーマ:
  • 09 Nov
    • カーブドッチ・石油王の館 @新潟

      昔を綴る巻(家族旅行) '10.05.03 カーブドッチ(ワイナリー)→石油王の館・中野邸美術館→旅館 本日は、長野から近いが、あまり行かない新潟へ家族旅行。 私はCB750で、父、母、弟は車で現地集合とする。 最初に向かったのは、『カーブドッチワイナリー』 ワイナリーを中心に、レストラン、スパなど大規模な商業施設となっている。 まずは、腹ごしらえということでレストランへ。 二つのレストランがあるが、先に目に入ったガーデンレストランへ入る。 各々、違ったものを食べる。 父も、私も肝心のワインが飲めないのが残念。 食事後は、園内を散策。 新潟の古民家とドイツ建築の融合した薪小屋。 きれいに整備された庭 お次は、石油王の館・中野邸美術館 大きな日本庭園で、さすが日本の石油王が造った家だ。 日本の石油王 中野貫一翁の紹介 1903(明治36)年、苦難の末、機械掘りによる商業規模の油田発掘に成功。 これを契機に、石油ブームが巻きおこり、1910(同43)年の最盛期には新津油田は年産高約17万klに達し、名実とも日本一。 周辺には昔の面影が残る。 旅館へ 久しぶりの家族旅行はいい思い出となった。

      テーマ:
  • 06 Nov
    • 岐阜を巡る旅③

      昔を綴る巻 '10.05.01 白川郷→氷見→富山城→長野 すっかり雨はあがり、気持ちのいい朝となった。 このキャンプ場は、山に囲まれており、辺りの山頂には雪がかかっていた。 そりゃ、寒いわけだ。なんだか『陸の孤島』と呼ばれる意味を理解できた。 本日は、世界遺産の白川郷を訪ねる。 1995年に登録になったそうだ。 のどかな集落があり、合掌造りの家を初めて見た。 修復中の家 中でも規模が大きい和田家、長瀬家を拝見。ともに300円の入場料が必要。 どちらも何百年も続く家であり、当時の道具が展示してある。 ここ白川郷の魅力の一つとして、伝統の『どぶろく造り』がある。 普通、『どぶろく造り』は酒造免許制や酒税法により、農村や家庭でおいては禁止されている。だが、ここは例外であるという。バイクなので飲めないのが残念。 白川郷の次は、氷見でお寿司を堪能。 お店は『鮨よし』 カウンターでいただいたが、写真を撮る雰囲気でもなかったので、外観のみ。 とてもおいしかった。 長野に帰る途中で富山城に寄ったが、あまり面白くもなく、数分でまた走り出した。

      テーマ:
AD

お気に入りブログ

ランキング

総合ランキング
471365 位
総合月間
472197 位
歴史・仏像
1668 位
バイク
3386 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。