パン教室 横浜~パン理論とコツ~自家製酵母/ハード系/バゲット/カンパーニュ/微量イースト/ポーリッシュ/中種/湯種/高加水/老麺

パン理論・製法・自家製酵母・ハード系を主軸に製パン理論・製法を伝えます(ハード系・バゲット・カンパーニュ・フォカッチャ・リュスティック・チャバタ・山食)製法も老麺・ポーリッシュ・中種・湯種・長時間発酵・冷蔵発酵・サワー種・ルヴァン


テーマ:

1・アルーチの7つのポイント

2・コースの説明

3・講師プロフィール

4・講師挨拶


1・アルーチの5つのポイント

①なぜに応える


疑問や質問に徹底的にお答えします。疑問はそのままにしない!!解決しましょう。


②自分の作りたいパンを組み立てられるように学びます。


もっとふんわりさせるには?もっとしっとり日持ちさせるには?

自分の好みのパンを作る為にどのようなレシピにしたらよいのか、方法にしたらよいのか、

そんなことをきちんと学んでいきます。

理論と製法を学ぶことにって、自分の目指すパンを考えて自分でレシピを作りだせるようにすることが最終目標です。

そのための理論と製法を学びます。

コースで「製法」と「理論」に分けてきちんと考えていきましょう。


③失敗しないパン作りの為の理論構築

失敗経験豊富な講師が、失敗しないためのコツやポイントを丁寧に説明いたします。

失敗しないための理論をきちんと構築するレッスンコースが用意されています。


④ミックベーカー(デッキオーブン)を使ったパン作り



家庭用のコンベクションオーブンとは構造の違うデッキオーブンで焼いていただきます。もちろん家庭用のコンベクションオーブン(ガスと電気)の焼き方についてもいろいろお伝えいたします。


⑤初心者からパン講師の上級者まで全国からいらっしゃいます!

家庭向けの製パン教室の先生や、パン上級者の方がパンの理論などをきちんと学びにいらっ

しゃいます。初心者の方もやる気さえあれば、系統立ててお伝えするので上達は早いです。またプライベートレッスンでは特別レッスンやお友達と楽しく作るレッスンも承ります。


⑥こだわりの素材

アルーチ岡本が美味しい!使って欲しいと思う食材で作ります。地産地消・身土不二を意識して、国産の出来るだけ生産者さんの見える食材を使うように心がけています。


⑦ランチで召し上がっていただくフランスの地方の家庭料理をお伝えします。
本日の夜から作れる手軽だけど添加物を出来るだけ使わない食学の考えを取り入れたレシピです。


Aruch Life(アルーチライフ) パン教室 横浜市港北区 綱島/大倉山

2・パン教室コース説明
Aruch Life(アルーチライフ)失敗はイヤ!「なぜ」に応えるパン教室~ハード系の絶品パン~

今までのレッスンの様子をご覧になる事ができます!→こちらをクリック


3・講師紹介

Aruch Life(アルーチライフ) パン教室 横浜市港北区 綱島/大倉山

岡本智美(おかもと ともみ)

1976年 埼玉県生まれ&育ち
2002年 結婚後、パン作りにはまり独学で勉強
2008年 某製パンスクール師範科卒業
2010年 自宅にて「アルーチ」を立ち上げ、パン教室・パンとお菓子の販売を始める。
2011年 エートル・パティス・キュイジーヌ(大森由紀子先生のフランス地方菓子・料理の教室)

      (現在も学んでいます)

2012年 パリのリッツで製菓を学ぶ
2012年 コルドンブルーデュプロム取得

2013年 シニフィアン・シニフィエで研修

2013年 エートル・パティス・キュイジーヌ地方菓子デュプロム取得

2013年 IFCA国際食学協会「美容食学A級」合格

2015年 「手作り『ジュース酵母』のパンレシピ」を発売


4・講師挨拶



結婚後のパン作り

 初めまして、岡本智美と申します。私は結婚後に初めてパンというものを作りました。お友達がパン教室の先生をなさっていて数回教えていただきました。


ホームメイド教会の師範科を卒業

 出産後、ホームメイド教会の師範科を卒業しました。基本の家庭製パンの基礎を学びました。しかし、自分の作りたいパンが思うように作れなかったり、作れば作るほど「なぜ」という疑問が増大してきました。


「本」を片手にパンを作る日々

 その後はひたすら独学でした。「本」が先生という状態で、とにかく失敗を繰り返し研究しながら作り続けました。その日々が今のみなさんの「なぜ」を解決する気持ちにすこしでもお答えできるのではないかと思っています。


大森由紀子先生との出会い

 大森由紀子先生のエートル・パティス・キュイジーヌに通い、フランスの地方菓子と料理を教わり、そのお菓子の由来等を学びながら「お菓子やパンや料理の由来など」について興味を持つようになりました。特にフランスの地方菓子は本当に伝統や文化があります。そして少しお洒落で美味しいフランスの地方料理も学んでいます。


パリのリッツで製菓を学ぶ

 その後、フランスのリッツでお菓子を学んできました。リッツではフランス人のパティシエの生菓子の基本を学んできました。パリでの生活で日々のお菓子や料理に触れた本当に良い勉強になりました。


コルドンブルーでデュプロムを取得

 コルドンブルーでフランスパンを基礎から学びました。本場のフランスのパン作りについて基礎からきっちり学べました。フランスのドミニクシェフとステファンシェフに「フランスパン」の考えや文化や伝統について教えていただいたことは本当に私の財産です。初めてのフランス旅行で食べたバケットの美味しさの秘密についてすこしでも学べた気がします。


シニフィアン・シニフィエでの研修

 フランスのパンは「日々の食事」です。日本人でいう「白米」の感覚です。でも日本人の口に合わなかったり、家庭では作るのが難しいパンだったりすることが多いと痛感しました。やはり日本人は日本人の口に合うパンがあると思いました。私はそれが「高加水のパン」でした。シニフィアン・シニフィエのパンは本当に魂を揺さぶるようなパンだったのです。念願の「シニフィアン・シニフィエ」で研修を受けることができました。そして憧れの志賀勝栄シェフに教えを乞う事ができました。その中で「あなたはどんなパンが作りたいのですか?」と質問されました。私は本場の味にこだわるばかりに自分の作りたいパンが見えなくなっていました。


「美味しさの追求」

 シニフォアンシニフィエで教わった一番の事は「自分の美味しいと信じるパンを真摯に作る事」です。お店のレシピをまねしても、機材から何から何まで違うので結局は猿真似になってしまいます。家庭で作れる工夫をしながら、丁寧にこだわったパンを教えていこうという決意ができました。


私と一緒に「あなたの美味しいパン」を作ってみませんか?

そしてパンのいろいろな疑問「なぜ?」をすべて解決しませんか!!


最後にアルーチパン教室が現在のスタイルになった理由をお伝えいたします。長くなりますがお付き合いいただけると岡本の考えが少し伝わるかと思います。


このスタイルのアルーチパン教室になったのは、実は1年半前ぐらいからです。それまでは近所のお友達中心に行う子連れOKのパン教室でした。


でも今のスタイルにした理由は、楽しく作る教室は沢山あるけど、私が本当に学びたかったことは「パンをきちんと製パン理論を踏まえながら学ぶ」という事でした。


そう思った理由は、家庭製パンは数を作る事が出来ないからです。

「設備」「経験」「技術」「時間」「材料」が無くて当然の家庭製パン。

それを補うのは「知識」だともいました。


出来ないことをやろうって思っていませんか?

間違った考えでパンを組み立てていませんか?

見た目にとらわれて本質を見失っていませんか?


アルーチパン教室のコースをすべて受講された方は以下の2点が理解できるようになります。


①自分の作りたいパンを材料・工程を考えたうえで作る事が出来る(オリジナルレシピが作れる)

②他の方のレシピを読み込むことが出来る


そのための、製法・理論を系統立ててお伝えするプログラムを微調整しながらですが、私も学びながら一生懸命に考えてレッスンを組み立てています。私の現在の最善をお伝えしております。


1回で理解いただけると思っていません。分かったつもりでその一部だけでパンをとらえると痛い目に合います。生兵法は大けがの素です。忙しい皆様にコースで通っていただくことは心苦しいのですが、自分のつたえたい事はやはり単発では伝えきれない。そんなジレンマもあってコースを導入しました。


私自身もまだまだ勉強しながら紆余曲折しながらパン作りと向き合っています。

技術が無い分、みなさんに近い立場でお伝えする事が出来ると思っています。

でも、知識はきちんと学んで、皆様の「なぜ」にとことん付き合って成長していくパン教室でありたいと思います。

横浜 ハード系(バゲット・カンパーニュ)自家製酵母のパン教室Aruch~アルーチ~製パン理論とコツを伝授









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。