皆さま、こんにちは!


今回も、わたらせ渓谷鉄鐡道の駅をいかせて頂きます。
歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c06270

わたらせ渓谷鐡道・通洞(つうどう)駅です!

足尾銅山観光の玄関駅ですよ。

すぐそばには旧・足尾銅山通洞坑の遺構はあるし、

国内では稀な油力変電所の廃墟はあるし、

通洞駅の沿線風景、本当にやばすぎですって。
歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c06273


歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c06232

通洞駅は大正元年、足尾線開通とともに開業した駅です。


それにしても通洞駅の駅舎のデザイン、どこかで見たような…

偶然だと思うんですけど、

昭和34年に完成した東北本線・三沢駅の2代目駅舎に、

本当にそっくりなんですよ。

気になる方は、ぜひともググってみてくださいね。


歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c06271

歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c06276

通洞駅は出札窓口・改札口ともぜーんぶ、

国鉄・足尾線時代のままの姿で残されております。

しかも嬉しいことに、観光地の玄関口のためか、

現在も無人化されずに、駅員配備駅のままなんですって。

関東地方にも未だに、こんな風情がある駅が残っているんですね。


歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c06274


歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c06275

通洞駅は単式ホーム1本だけの棒線駅です。


わたらせ渓谷鐡道が第3セクター化される以前の、

国鉄・足尾線から貨物列車が姿を消したのは昭和57年のこと。

大間々駅、足尾駅、足尾本山(貨物)駅の他に、

なんと通洞駅にも、貨物専用線が延びていたようなんですよ。


資料によると、通洞駅から距離にして0,3キロ、

移動機の他、国鉄機関車によっても

入れ換え作業が行われていたようです。


ただ、狭い通洞駅の構内のどこで、

貨物の取り扱いが行われていたのか気になりました。

そこで例のごとく、

昭和50年に撮影された航空写真をチェックしてみました。
歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c06277

わかりますでしょうか。

画面中央の広い空き地に貨車が留置されている姿を。


現在の地図で示すと、この場所になります。
歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c06278

ちなみに、上の地図の足尾歴史館の下にある四角いエンドレス、
館内で保存中のガソリンカーを走らせるための線路だったんですね!

自分、すっかりこの場所はノーマークでした。

こんな鉄道スポットが足尾にあるとは…

今度は水沼駅の温泉じゃなくて、ここでまったりしたいですよ。


最後に味のある通洞駅の観光案内版。
歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c06272

描かれている電車が、

妙に東武日光軌道線っぽかったのが気になります (;^ω^A


歩王(あるきんぐ)のLet’sらGo!-c06279



わたらせ渓谷鐡道


桐生駅(平成27年5月1日)

下新田駅(平成24年6月24日)

相老駅(平成24年6月24日)

運動公園駅(平成24年6月24日)

大間々駅(平成24年6月24日)

上神梅駅(平成24年6月24日)

本宿駅(平成24年6月24日)

水沼駅(平成24年6月24日)

花輪駅(平成24年6月24日)

中野駅(平成24年6月24日)

小中駅(平成24年6月24日)

神戸駅(平成24年6月24日)

沢入駅(平成24年6月24日)

原向駅(平成24年6月24日)

通洞駅(平成24年6月24日)

足尾駅(平成24年6月24日)

間藤駅(平成24年6月24日)

AD

コメント(4)