只見線三昧な一日。

テーマ:

皆さま、おはようございます!

 

昨日は1泊ドライブを楽しんできました。

目的は只見線の駅巡り!

実は今から4年前にも只見線の駅巡りを楽しんできたのですけど、

その日撮影した写真のデータを失くしてしまい、

リベンジのために再訪したかったのです。

奥只見は、我が地元・仙台から高速道路を使えば3時間ちょっとで行ける場所。

いつかこんなドライブが出来ることを、楽しみにをしていたんですよね。

 

奥只見に入る、その前に…

ドライブの良いところは道の駅の立ち寄りが出来ること。

正面に磐梯山が見える道の駅ばんだいに寄ってみました。

只見線

 

こちらの道の駅はユニークな点がありまして…

一角にガンプラのコーナーがあるのでした。

只見線

なぜ道の駅にガンプラかって?

 

ふっふっふっ…、なぜっここは磐梯ですよ。

磐梯、ばんだい、バンダイ…バンダイといえばガンプラじゃないですか!

只見線

 

ここに書かれているエピソードの真意はわかりませんけど

このような経緯から道の駅ばんだいにガンプラコーナーがあるのでした。

只見線

道の駅ばんだいに~ 栄光あれ~っ!!!

 

日を改めて、昨朝より只見線の駅巡りを開始しました。

最初に訪れたのは会津大塩駅です。

只見線

只見線の会津川口駅‐只見駅間が水害被害により不通になってから

既に5年半も経過してしまったのですね。

完全復旧には、復旧の決定から4年の歳月が必要とか。

只見川が交差する絶景の中を

鉄路から再び楽しむことが出来る日が来ることを心待ちにしております。

 

そしてこちらは、ホームから只見川の絶景が楽しめちゃう会津川口駅

現在、会津若松駅側から列車で乗り込むことが出来る終着駅でした。

只見線

 

JR東海エリア以外の各地で、今も活躍中の国鉄型気動車キハ40ですけど…

只見線

東北地域本社色が一番カッコいいと思うのは地元民のだからかな?

最近、西の方では屋上の水タンクを下ろした車両が増えた中で、

逆に、クーラーやらGPSアンテナやらで

屋上がゴテゴテになった東北色は力強く感じてました。

こんな重装備のキハ40がノロノロと走る只見線…堪らんです!

 

木造駅舎が残る会津宮下駅、ここは転車台が眠ってますよ。

只見線

 

こうして只見線の駅巡りを楽しんだ後は、

もう1カ所、今回どうしても寄りたかった駅に立ち寄りました。

只見線

磐越西線・広田駅です!

平成19年まで住友大阪セメントの専用線が生きてた駅で、

今でも駅からセメントサイロに繋がる線路が見られるのでした。

それと三菱製鋼広田製作所に繋がる線路もね。

とにかく構内が線路だらけで賑やかな駅なのですよ。

 

そんな広田駅を満喫した後に、

ふと駅の隣にあるタクシー会社さんを見ると、車庫に怪しげな車両が…

只見線

 

ボンネットバス!?

只見線

どうしても近くで見たくて、タクシー会社さんの事務員さんにお話ししたら

写真撮影を快諾してくれました。

それだけではありませんの。

なんと、ドアまで開けて頂き、車内も自由に見学させて頂けたのです。

ありがたや、ありがたや~

 

会社さんのパンフレットまで戴いちゃいました。

只見線

只見線

広田タクシーさん、ロンドンタクシーや

ユニークな車体のバスを数多く所有していて、

観光路線バスやスクールバス、貸し切りバスなども手掛けているそうですよ。

車庫を眺めているだけでご飯3杯はいけちゃいそうです。

この時の様子もいずれブログにUPしますね。

 

 

話は変わりますが…

 

今朝、youtubeを見ていたら

南阿蘇鉄道の見晴台駅が「午後の紅茶」のCMの撮影地になったみたいで。

ついに見晴台駅の人気も全国区か!

駅前でなびいていたこいのぼりは外されちゃったのかな?

 

 

只見線

 

読者登録してね

AD