皆さま、おばんです!

 

今日が最終日の九州旅行、

昨晩は大分県の湯布院町にある湯平温泉に宿泊しました。

いやぁ~、ここの温泉の良さは一口では語れませんよ。

本当に素晴らしい温泉地でした。

久大本線・鬼瀬駅

昨晩は、貸切露天風呂が楽しめるお宿に宿泊、

入浴後に湯平温泉のことをいろいろと調べたのですけど…

 

自分はここに来るまで知らなかったのですが、

久大本線の大分口の前身って、

大分市と湯平温泉を結ぶ(予定だった)大湯(だいとう)鉄道だったんですね。

 

大湯鉄道は大分市駅‐小野屋駅を結ぶ鉄道で大正4年に開業。

湯平温泉は今の由布院を超える規模の湯治場だったそうで、

大湯鉄道も湯平温泉目指して延伸を計画していたのですが…

結局は、自力での延伸は実現せずに大湯鉄道は大正11年に国有化。

湯平駅は久大本線(当時は大湯線)の駅として、

大正12年に開業したそうです。

そんな話を知ったら、久大本線と湯平温泉のことが気になっちゃいまして…

今日は駅巡りなどせずに、湯平温泉周辺をウロウロとてましたわ。

 

そんなことで、今晩は大湯鉄道が開通させた区間内にある

鬼瀬(おにがせ)駅をいっちゃいます。

 

鬼瀬駅は由布市挾間町の鬼瀬地区にある駅。

久大本線と国道210号線が並走する場所にあり、駅の正面を国道が横切ります。

久大本線・鬼瀬駅

 

駅前には「篠原入口」バス停がありますが、

篠原とは駅向かいの大分川の対岸にある地域。

篠原地区には温泉もあるみたいですね。

久大本線・鬼瀬駅

 

鬼瀬駅は築堤上にあり、ここから駅まで上り坂を伝っていくのですが、

この階段が長いなんのって。

久大本線・鬼瀬駅

 

この上り坂、長さは70メートルもあるそうですよ、しかも急。

坂の上からはこんな幻想的な景色も楽しめました。

久大本線・鬼瀬駅

 

駅に着いた~!

久大本線・鬼瀬駅

 

鬼瀬駅は大正4年、大湯鉄道時代に開業した駅です。

単式ホームが1本あるだけの無人駅で、

構内には待合室と、別棟の便所が設けられてました。

久大本線・鬼瀬駅

Wikipediaによると、鬼瀬駅は国有化後の大正11年に一旦廃止されて、

大正14年に再開業したとの記載があるのですが…

 

大湯鉄道時代の鬼瀬駅(鬼瀬停留所)

国有化に併せて廃止された旧線区間にあったために、

線路の付け替えに伴い旧線とともに廃止されたとのこと。

現在の鬼瀬駅は、新線区間に大正14年に設けられた新駅で、

大湯鉄道の鬼瀬駅とは別物というのが実態みたいですね。

 

大湯鉄道時代の旧線ですが、

廃止されてから94年が経過しているにも関わらず

今でも大部分が姿を留めているらしい。

久大本線・鬼瀬駅

国土地理院サイトより転載。

 

こちらは昭和23年に撮影された航空写真です。

久大本線・鬼瀬駅

 

大湯鉄道は国有化されて

久大本線(当時は大湯線)に編入されたわけですけど…

久大本線・鬼瀬駅

大湯鉄道がそのままトレースされた訳ではなくて、

多くの区間で線路の敷き直しが行われたようで。

再訪して、大湯鉄道の廃線跡巡りをしないと気が収まりませんって。

今回の旅はそこまで回る時間が無かったんす、無念!

 

なお、鬼瀬駅は昭和46年まで職員配置駅だったそうです。

敷地にコンクリートの土台が残ってますので、この辺りに駅舎があったのでしょう。

久大本線・鬼瀬駅

昭和49年撮影の航空写真には駅舎が写ってませんので、

無人駅化された直後に解体されたのでしょうね。

 

最後に駅名標をアップ。

久大本線の大分駅‐由布院駅間にある駅名標に注目ですよ。

久大本線・鬼瀬駅

 

上記の区間には水戸岡チックな駅名標が並ぶのですが、

中央部分には車両のマスコットが付いているのです。

久大本線・鬼瀬駅

鬼瀬駅はキハ47とキハ125なり。

 

マスコットはもちろん久大本線に所縁ある車両ですが、

車両が駅によって異なってますのよ。

他駅ではDE10や特急型車両もあり、これを見てるだけでも楽しめそうですね。

ただし鉄道ファン限定の話ですけど。

こんなん真剣に見てたから、時間が足りなくなったのかもかも。

AD