アートスポーツ トライアスロンBLOG

【アートスポーツ トライアスロンBLOG】
アートスポーツはスポーツ人間を応援します


テーマ:
トライアスロンやOWSで使うウェットスーツ古くなっていませんか

外見上損傷がなくても、3~4年経過したウェットスーツはゴムの劣化により、新品時と比べると相当硬くなっているはずです。
こればかりは素材の性質的なものなので、ほとんど使用していないウェットスーツでも関係なくゴムの硬化は進行します。
科学的な限界とでも言いますか、どのメーカーのどのモデルでも硬化します。
硬化すると動作を阻害するだけでなく、呼吸を妨げることがあるので、重大事故につながる危険性もあります。

最近では、硬くなったりきつくなったりしたウェットスーツがスイム中の重大事故の原因の一つではないかと言われております。
きつくなったウェットスーツを着用することにより、胸部が締め付けられ、肺活量が減少することもあるようです。そのような状態で泳いだら苦しいのは容易に想像できます。
脅すつもりはありませんが、怖いですよね・・・

なので、新品から4年以上経過したウェットスーツや、体型の変化によりきつくなってしまったウェットスーツは買い替えをお勧めいたします。

もったいない気もしますが、命の値段として考えれば決して高くはないですよね!?

そして、追加でもう一点


↑アクアシリコーンスプレー (¥1,200 税別)でウェットの硬化の進行を遅らせることができます
ウェットの日常メンテナンスにオススメですよ



ANNEX 松本
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
大人気商品につき欠品続きだったMETのセミエアロヘルメットが入荷いたしました


MET : RIVALE HES ¥16,600 (税別)

軽量でフィット感バツグンです
また、最適化されたベンチレーションにより、クーリング性能とエアロ効果の両立を果たしています
セミエアロでありながら、普通のノーマルヘルメットとほぼ同等の230gという軽さです

また、コストパフォーマンスも魅力的
他ブランドのエアロ系ヘルメットとなると、2~3万円はするのが標準的ですが、1万円台におさまっているのもポイントです

「エアロヘルメットを使ってみたいけど、高くて。。。」という方にもオススメのモデルです


ANNEX 松本


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
トライアスロンやOWSシーズンに入り、ウェットスーツが活躍する時期ですね
そこでウェットスーツを長持ちさせてくれるアイテムをご紹介いたします

アクアシリコーンスプレー(100ml) ¥1,200 (税別)

ウェットスーツ表面のゴム素材の劣化を防いでくれるほか、ファスナー部分の潤滑にも効果があります
ウェットスーツを使った後、そのまま放置しているとすぐに傷んでしまうので、メンテナンスは重要です

スプレーするだけでウェットのケアができるので、これを使わない手はないですよね


ANNEX 松本
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
エアロヘルメットで大人気のCASCOがお買い得です

CASCO : SPEEDSTER TC PLUS
       ¥32,000 → ¥18,000 (税別)
        *ホワイト/オレンジ(写真中央)はMサイズのみ

シールド一体型のエアロヘルメットです
軽量で、通気性も良好なので、長時間の使用もイヤになりません
シールドは不要であれば、スライドさせて跳ね上げたり、取り外すことも可能です
また、シールドは眼鏡の上からでも被せられるようになっているので、度付きのスポーツサングラスをご使用の方にもオススメです

各種エアロ系の装備の中で、少ない投資で大きな効果が得られるのがエアロヘルメットですある研究データによると、ノーマルヘルメットからエアロヘルメットに変えるだけで、バイク本体をエアロ化する以上の効果が得られるそうです

このチャンスお見逃しなく


ANNEX 松本
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
6月26日に北海道で開催された「サロマ湖100kmウルトラマラソン」を走ってきました

当日はスタート直後から断続的に雨が降り続き、低温でした
(個人的には暑いより、ちょっと寒いくらいの方が好きですが
また、足に故障を抱えた状態でのチャレンジだったので、苦戦を強いられましたが、どうにかゴールできました

ウルトラで気持ちを支えてくれたのが、絶え間なく距離を刻み続けるGPSの存在でした
長時間に及ぶウルトラレースでも、余裕のバッテリー駆動時間を誇るGARMINのモデルを使っています


↑GARMIN : Fore Athlete 920XTJ

ウルトラで単調なコースに入ったりすると、「自分は前に進んでいないのではないか。。。」と錯覚し、落胆することがありますが、GARMINがずっと距離を刻んでくれるので、励みになります
また、別売りのハートレートセンサーを使うことにより、心拍数の管理もできるので、レース中の自分のコンディションを客観的に把握することができます


ウルトラのみならず、トライアスロン・トレイルランや普段の練習でも大活躍しますよ


ANNEX 松本

いいね!した人  |  リブログ(0)