アートスポーツ テニスBLOG

【アートスポーツ テニスBLOG】
アートスポーツはスポーツ人間を応援します


テーマ:

こんにちは

渋谷店中居です


トレーニンググッズメーカーのアレックスから連絡がありました


「今度NHKに出るんですよ

「何の番組ですか

まちかど情報室スピンプロが取り上げられます

「スピンプロ10個と関連POPを送ってください」


間髪入れずに注文したのには、訳があります


数年前に、同番組にスピンサーブマスターが紹介されるやいなや、
全国からの問い合わせが殺到したことがありました


1月28日朝6時46分に放送されました。
(再放送は29日朝5時46分


スピンが苦手な一般プレーヤーが、ストロークの練習をしています。


スピンがかかるときもあれば、
まったくかからず飛んでいく方向も不安定です。


そこでスピンプロが登場


スピンプロを装着し、
ストロークを打つと今まで不安定だったストロークが安定し、
綺麗な放物線を描いてスピンがかかっています。


球出ししているのは、アレックスさんです


スピンプロの原理は、
ラケットと腕の角度を強制的に90度に保つことで、
テイクバック、インパクト、フォロースルーが正しく行えます。


ラケットヘッドが上を向いたテイクバック、


手首が伸びない90度を保ったインパクト、


背中に向けたフォロースルーが簡単に再現されます。


ラケットヘッドか寝たままのテイクバックでインパクトで
手首が伸びてしまい、フォロースルーがネット方向に
まっすぐというのがダメなパターンです。

手首の角度を90度にするので、
バックハンドスライスやボレーの練習にも効果があります。


コツを掴めば、スピンプロを使用しなくても
同じ動きができるようになります。


始めは少し恥ずかしいですが、フォームが変わると
周りの人もスピンプロに興味津々になることでしょう


スピンプロ\2667+税





いいね!した人  |  リブログ(0)

アートTENNISさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります