アートスポーツ ラン&フィットネスBLOG

【アートスポーツ ラン&フィットネスBLOG】
アートスポーツはスポーツ人間を応援します

NEW !
テーマ:

こんにちは

1Fスタッフの川添です。

 

お待たせしました!

 

本日からトライアスロン商品が販売開始です。

 

私は10才からトライアスロンをやっていました。

昨年までエリートレースに参戦していました。選手として一区切りして現在は日本体育大学トライアスロン部のコーチ、パラトライアスロン強化スタッフとして指導を中心に活動しています。

 

その中で私がオススメする商品を紹介します。

 

当店での取り扱いブランドはHUUB、2XU、Aqua Sphereの3ブランドです。

ウェットスーツ、レースウェア、オープンウォーター向けのスイムゴーグル、ランニングキャップ、レースナンバーベルト、トライアスロンでは荷物が多いので一式入るほど大きなリュックなど。

レースで必要なものが当店で揃えられます。(バイク以外)

どれも性能が良く初心者の方からエリートの方まで満足していただける商品ばかりです合格

 

 

2XU アクティブウェットスーツ

クリックすると新しいウィンドウで開きます

\24000

 

トライアスロン界では人気なブランドでこちらのウェットスーツは胸の中心にボディポジションを引き上げてくれる性能、前腕部にはストロークの効率を高めてくれる性能が装備。水の抵抗を低減するシリコンコーティング素材になっています。

サイズ展開はXS~L、さらに胴周りが大きい方とスラりとした方のサイズ展開もあるので自分に合ったサイズを選ぶことができます。

 

 

 

Aqua Sphere スイムゴーグル(Kayenne)

 

カイエン レギュラーフィット

STANDARD LENS \3000

 

カイエン レディー ミラーレンズ

 MIRRORED LENS \4000

カイエン レディー 偏光レンズ

 

POLARIZED LENS \5000

 

大きめの独特なレンズで上下左右の視界を広く見る事ができます。

トライアスロンはプールと違い人との接触や目印を自分で把握し泳がないとならないため広い視界が必要です。

また太陽の強い光から目を守ってくれるミラーレンズと太陽などの光でぎらついた視界をクリアにしてくれるポラライズドレンズ(偏光レンズ)があります。

女性向けの小さいサイズ展開、カラーも豊富にあります。

 

 

トライアスロンシーズンが始まり前半シーズンも終盤に差し掛かろうとしています。

準備不足だった方、これからレースに出場しようと思っている方!

ぜひこの機会にお買い求めください。

トライアスロンの商品で不明な点などがあればお気軽にスタッフにお尋ねください。

 

 

 

商品以外でも国内で開催される大会はなにがあるのか、都内でのトライアスロンスクールはどこにあるのか、都内、関東圏内などでトレーニングでオススメの場所があるのか、どんなトレーニングをすれば良いかなどトライアスロンに関して些細な疑問は私、川添がお答え致しますニコニコ

 

シーズン中は指導や遠征の関係でご来店いただいてもいない日が多く、夕方までしかいない日もある為、1日店頭にいる日をブログにて公開します!

 

7月は以下の日程です!!

10日(月)、21日(金)、22日(土)、24日(月)

 

 

ご来店お待ちしております!

 

 

 またアートスポーツではランニング、アウトドア用品を取り扱っております。詳しい店頭案内は→こちらをクリック

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは。本店の若林です。

 

暖かくなってきて走る機会が増えたり、ウルトラマラソンなどの練習で走行距離が伸びる方が多くなってきているようです。

 

最近お店に立っていて耳にする機会の多いお悩みについて今回はお話ししようかと思います。

 

 

まずお客様から一番多いお悩みが

「走っていると膝が痛くなるんですが、良いシューズはありますか?」

というお悩みです。

 

練習量が増えて足に負担が掛かっているのでクッション性のいいシューズをお探しの方が多いようです。

 

ですが、なかにはシューズを変えても改善しないという方もいらっしゃるようです。

 

問題なのが「膝」とひとえに言っても膝の中にもいろいろな場所があり、その箇所によって対策が変わってくるという事です。

 

例えばよくあるお悩みで膝の外側や膝のお皿の下が痛くなるということをよく聞きます。

 

膝の横が痛くなる方に関してはクッションを柔らかくしても痛みの改善は難しいと思われます。

逆に膝のお皿の下が痛くなる方はクッションの良いシューズを履いていただく事をお勧めしています。

 

この痛みの違いについて少し詳しくお話しします。

 

まず膝のお皿の下の痛みについてですが、

ここの痛みがある方は最近は比較的少なくなってきていると感じます。

 

というのも、この痛みに関して問題になってくるのは、いかに走る際の衝撃を受け止めるかという点だからです。

 

写真のテープのように膝のお皿を支えるためにお皿の下にクロスした腱が着地の際の衝撃により下がろうとするお皿を支えたり、衝撃を受け止める際にふとももの前の筋肉が収縮し腱が引っ張られることが主な原因です。

雑なテープですみません。一応腱のつもりです。

 

よく言われるのは、走る際には体重の約3倍の衝撃を受け止めながら走っているということです。

僕で体重が55kgなので走るごとに165kg

 

走るたびにこの衝撃を受けているのであれば体が痛むのも納得できる気がします。(笑)

 

ですのでこの衝撃を和らげてくれるようなクッションのシューズを履いていただくと衝撃を受け止める筋肉への負担が減り、お皿の下へのダメージもすくなくなり、痛みも出づらくなります。

 

 

 

 

 

そして最近よくあるお悩みNo1が膝の横側が痛くなる方です。

 

よくインターネットなどで調べると腸脛靭帯炎やランナーズニーという言葉で出てきます。

詳しく見ているとオーバープロネーションだとか過剰回内が原因だとでてきますが、イマイチ分かりずらいので簡単に説明すると、

 

写真のテープの部分に長脛靭帯があるのですが、

膝が内側に入ってしまうことによりその筋が引っ張られ、

膝の軟骨と擦れることにより炎症になり痛みが出るということです。

写真で言うとこんな感じ。。

女性であれば内股で走っているかたや、男性であればガニまたな方に目立つ症状です。

 

 

なぜこうなってしまうかというと、、、。

 

ほとんどはくるぶしから下の問題によって膝に影響が出てしまっています。

 

走っていると足の裏の筋力が低下し、足底のバランスが悪くなります。それにより足首の角度が変わってしまい内側にねじってしまいやすい足の向きになってしまいます。

 

写真で言うと

土踏まずのある足

上から見ると

疲れてきたとき、偏平足の方の足

上から見た時

 

足首が内側にねじれているのが分かるかと思います。

足首が内側にねじれていると膝が内側に入ります。

この時にふとももの外側の筋が引っ張られることによって膝の外側の痛みに繋がります。

 

 

 

最近のシューズは軽くてクッションのいいシューズがたくさん発売されています。

重心が高く柔らかいということはそれだけバランスがとりづらいということです。

極端にいえばバランスボールの上に乗っかっている状態ですので、

高い重心で足元が柔らければ体はぐらぐらと安定しません。

すごく極端な例でしたが、これがクッションのいいシューズを履いても改善が難しいというところにつながります。

 

 

むしろ欲しいのが安定感です。

 

体の表面のうち、足の裏の面積はなんと約7%

 

このたった7%で全身を支えているので、ここのバランスが崩れてしまうと体のバランスが崩れてしまうという事です。

その際に左右のバランス調整ができるのが関節部分になりますので、膝や腰など疲れがたまりやすい体となってしまします。

 

そこで足の裏から安定感を与え、膝などの膝のぐらつきなどを抑えてくれるのがこのインソール!

 

 

ヽヽ SUPERfeet //

 

 

アメリカでは偏平足は足の病気としてとらえられています。

その足病医がつくり、もともと備わっている身体の機能を引き出してくれるインソールです。

 

このインソールの特長は他のメーカーの物に比べ非常に硬いという点です。

写真だと伝わりづらいですが、樹脂でかかとのカップが出来ており、簡単には曲がらないような作りになっています。

お話しした通り走る際には大きな衝撃が掛かります。

その衝撃に負けてしまうインソールでは身体を支えることができないので非常に硬い作りになっています。

また、バランスを保つと同時に土踏まずが潰れづらくするサポートもありますので、偏平足や疲労により土踏まずがつぶれてしまい、足のバランスを崩す事も防ぎやすくなります。

 

立ち仕事には重宝しています。。。

 

またこのインソールのいいところはほとんどのランニングシューズに対応可能という点です。

今のほとんどのランニングシューズは中敷が外せる作りになっています。

 

もともと入っているインソールを外すことによりスーパーフィートを入れてもサイズ感が変わりません。

また、カラーによりサポート具合やかかとの厚さが選べるので足とシューズの両方に合わせてフィッティングが可能です。

 

そしてなによりそれぞれの足型に合わせて作成するカスタムフィットがあるという点です。

通常のトリム(既製)タイプもありますが、足やバランスは左右非対称なもの。そのひとりひとりの足やバランスに合わせて整形することができるのでより足に合わせやすく、パフォーマンスアップを狙えます。

 

講習を受け資格を持ったスタッフが責任をもってお作りします。

 

ちなみに僕も愛用しています!

かれこれ4~5年ほど使用していますが、まだまだいけそう。

 

 

この膝の痛み一つに対していろいろなアプローチにて痛みを出づらくすることができます。もちろん個人差により合う合わないはありますが、

これはたった一例ですのでぜひこのようなお悩みをお持ちの方は店頭にてご相談ください。

 

お客様にあった改善策をご提案させていただきます。

 

ただ一点気をつけていただきたいことがあります。

先日「痛みが出るということは体の危険信号の中の黄色でも赤でもなくそれを超えた黒です。」というお話を聞きました。

それだけ体が危険を訴えている証拠です。

また、今回ご紹介をしたインソールはあくまでも痛みの鎮静効果などがあるもではございません。

あくまでも痛みが出る原因と思われる動きを出づらくするもです。

痛みを治すにはまずは休養です。

体を勞ってあげることも練習の一環ですのであくまでも無理をなさらないことをおすすめします。

 

ながながとお付き合いいただきありがとうございました。

それではっ

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます!!本店1F宮野です

 

本日はスポーツブラをご紹介致します。

 

皆様スポーツブラは使用されていますか?

スポーツ時のバストの3大ストレスは「ユレ、ズレ、アセ」ですあせる

スポーツブラを着用することで、バストのストレスを軽減し、快適にスポーツを楽しむ事ができますグッド!

 

バストには「筋肉」がなく、運動などで鍛える事が出来ません。

その為外部からの刺激を守る必要があります!!

例えばランニング。「走る人のブラ」では、上下左右に弧を描くように動くバストに合わせてサポートラインを配置。(5方向サポート機能)

ユレを分散し、バストの負担を小さくしてくれます!!

吸汗速乾

 

CW-X ワコール

HTY168 \5600+税 (ランニング、トレイルラン、テニス、バスケットボールなど走ったり、跳んだりする動きにベスト!!)

 

更に美しいシルエット、アウターにひびきにくいタイプ

HTY108, HTY118  \5900+税

(ランニング、トレイルラン、テニス、バスケットボ-ルなど走ったり、跳んだりする動きにベスト!!)

 

 

HTY057(\4600+税),  HTY087(\4900+税

バストにフィットするカップ構造。様々な動きによるズレを軽減。    踊ったりひねったりする動きにベスト!!

(フィットネス、ヨガ、ゴルフ、ダンス、ジムトレーニングなど)

メッシュで涼しい

 

 

カラダにフィットし、目的にあったスポーツブラを選ぶことが大切ですビックリマーク

研修を受けたスタッフが採寸もさせていただきますので、是非お声掛け

下さい。

 

CW-Xのタイツとスポーツブラを同時にご購入の方に、只今オリジナルポーチをプレゼント中です音譜

 

 

皆様のご来店心よりお待ちしております。

いいね!した人  |  リブログ(0)