テニス中居のマニアック通信

【テニス中居のマニアック通信】
アートスポーツ契約選手である中居のブログです。
アートスポーツはスポーツ人間を応援します


テーマ:
今日もいつものように、航空公園に来ています。
2面4時間6人でシングルスです。
以前に開始時間を間違えて遅刻したことがあるので、それ以降開始時間のチェックは欠かしません。
この日も、開始時間の20分前に着いて、先週痛めたハムストリング中心に入念なストレッチを行いました。
ところが開始時間になっても、誰もこないのです。
12面あるので、コート番号を間違えた可能性もあります。
主催者の岡村さんに電話してみました。
中居「今日、7番コートでしたよね。」
岡村さん「テニス明日ですよ。」
中居「えっ???」
頭の中が一瞬真っ白になりました。
テニス明日→休み明日→今日休んでる
中居「じゃあ今日は出勤ですかね。」
岡村さん「さあ、それはわかりません。」
中居「すみません、後でまたかけます。」
動揺して、仕事にまったく関係ない岡村さんにわけのわからないこと言ってしまいました。
焦って会社に電話しました。
中居「今日、もしかして出勤だった。」
中島「中居さん休みですよ。ノリさんと代わってたじゃないですか。」
中居「そっそうだった。ありがとう。」
思い出しました。
初めは火曜日休みで、奥さんの希望で休みを月曜日に変更してもらったのです。
テニスオフは火曜日休みの段階で予約していて、休みを変更した時点で気が付かず、いつのまにか月曜日にテニスオフがあると勘違いしてしまっていました。
開始時間ばかりに気がいっていて開催日の間違いに気が付きませんでした。
だから「今日テニスだよ」と言ったら奥さん怒ってたんだ。
岡村さんには事情を話し、明日のテニスオフはキャンセルしてもらいました。(キャンセル料は発生しますが、追加募集で応募があればキャンセル料は免除です)
仕事を無断欠勤するという最悪な結果にならず、良かったです。
これからは、開始時間だけでなく、開催日もチェックしないといけませんね。
皆さんの声「当たり前だよ。」


ヘッドから画期的なラケットが発売になると聞き、映画館に行ってきました。
なぜ?映画館?
なんと業界初の映画館を貸し切っての新作発表会です。
場所はららぽーと豊洲で4DXの映画館です。
もしかしたら、椅子がゆれるのかと期待しましたが、最後まで椅子は揺れませんでしたが、会場は熱気に溢れていました。
期待の表れか、会場は満席になり、立ち見、通路の階段に座る人などでごった返しています。
{064E613C-877F-4EC2-B855-2D7437AB4E2D}



今回大掛かりな発表会を行なったわけは、3、4年掛けてやっと完成したラケットがヘッドの社運をかける程の出来栄えだったからでしょう。
パワーがあるとコントロールが難しく、コントロールを重視するとパワーが抑えられるというのはテニス界の常識でしたが、今回「マグネシウム」を素材として
採用し、パワーとコントロールを両立させたMXG


MXG3&MXG5 
{B3C692A7-8FAF-4F48-AFE5-5E2AB7EA45DC}




の2機種が発表されました。 
映画館のスクリーンには、歴代の名プレーヤーが登場します。
アーサーアッシュ、ギレルモビラス、アンリルコント、アンドレアガシ、ゴランイバニセビッチ、マラトサフィン、グスタボクエルテン。
そして、MXGを試打する現役選手達。
ジョコビッチ、マレー、シャラポワ、ズベレフ。
ん、ん、ヘッド契約じゃない有名選手も映ってる!
会場がどよめきました。
その後、ゲストが呼ばれ、
増田健太郎プロ、岸僚太プロ、尾崎里紗プロにモデルの立野リカさんが登場しました。
司会の女性アナウンサーがそれぞれのプロに新しいラケットの使用感を聞いていきます。
増田プロさすがわかりやすく的確なコメントです。
岸プロ若手現役選手ならではのコメントです。
司会者「マイアミオープンベスト16の活躍も記憶に新しい尾崎里紗プロです。盛大な拍手をお願いします。
尾崎プロ、この新しいラケットはどうでしたか。」
尾崎プロ「まだシーズン中なので、試打していません。シーズン終了後打ってみたいと思います。」
打ち合わせしてなかったみたいです。
でも素直に答えるところが好感が持てました。
モデルの立野リカさんは、実はジュニアのころ全米ナンバー1になったこともあるテニスプレーヤーだったのです。
お父さんは、元テニスプレーヤーの立野彰一さんで、
長身で端正な顔付きの選手でした。
もし、怪我もなくテニスプレーヤーを続けていたら、日本のシャラポワになっていたかもしれませんね。

{9EE0E87B-0975-4CEE-B125-B6BE3BBD10CB}


次の休みの日、早速試し打ちしてみました。
今までにない打球感のラケットでした。
まずは100平方インチ295gのMXG3です。
硬い、飛ばないが第一印象です。
でも、振動はないので手には響きません。
最近のラケットはどのメーカーもマイルドな打球感で
欠点をうまく隠している感じですが、このヘッドの新しいラケットは隠すことなく打球情報がダイレクトに届きます。
いいところも、悪いところも包み隠さず伝わってきます。
やっぱりマグネシウムは金属なんだという硬さは感じます。
30年くらい前ですが、パットキャッシュがプリンスのマグネシウムプロというラケットを使用しており、硬くて弾きのいいラケットでしたが、ふとそれを思い出しました。
MXG5(105平方インチ、275g)を続けて試打してみました。
これは、いい感じ。
シャキッととした打球感で、パワーもあり、スピンもよくかかる。
サービスの威力とボレーの切れ味も素晴らしい。
一般的なこのスペックのラケットはベテラン向けの優しいラケットのはずですが、このMXG5は、ガンガン打ち込めるハードヒッターのためのラケットのようです。
若手のやや軽量を好む選手、ベテランだけどハードヒットしたい方、女性でバリバリ試合に出ている方などがターゲットだと思います。
MXG3はスイングスピードの速い人が打ったらとんでもない球が出るような予感がしましたが、まだ、内緒で試打しているので、他の方の情報はありません。
今後、どんどん評価が上がっていくラケットではないでしょうか。
発売は4/27を予定しています。



いいね!した人  |  リブログ(0)

アートMANIAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

最近の画像つき記事  もっと見る >>