テニス中居のマニアック通信

【テニス中居のマニアック通信】
アートスポーツ契約選手である中居のブログです。
アートスポーツはスポーツ人間を応援します


テーマ:
熱心にテニスに取り組むベテラン集団「JARDIN」のメンバー北林さんは、足繁くアートスポーツに通っていただいています。
東京に会社のある北林さんは、ちょくちょく試打ラケットをレンタルしては最新のモデルを手に入れていますが、他のメンバーの方は遠方ということもありアートスポーツまで来ていただけません。
それならばということで、こちらから押しかけることにいました。
場所は栃木県足利市です。
40本のラケットを積んで、朝9時に足利総合運動公園に到着しました。
四方を山々に囲まれ、16面あるテニスコートが横に連なっており、全てのコートが人にあふれている様は気持ちのいいものですね。
{AA64C320-EBDF-4CCA-A1DC-EDCBBF2D991A}

中学校、高校からの同級生中心に同世代のベテラン男子のテニスチームなのですが、普通、女子や若手がいるものですが、自分より年上のおじさん8名です。
ただこのおじさん達はただの親父ではありませんでした。
{DE496D39-0D78-4E43-839A-D28E391E0F89}

「中居さんも入りなよ」と北林さんの優しいお言葉に甘えて練習に混ぜさせていただいたのですが、半端なかったです。
全員上級の腕前で、さらに体力が若者並みです。
3時間ひたすら練習です。
いつになったら試合やるのかと思って聞いてみました。
北林さん「試合はやらないよ、ひたすら練習あるのみ」
中居「きついですね、もうヘトヘトです。」
北林さん「今日は試打会だから、大分楽な感じだよ、いつもはもっと走る練習やるよ。」
3時間の試打会が終わって、8人中3人の方からラケットの注文をいただきました。
それだけでも嬉しいのに、足利市40周年の記念品の話しも持ちかけていただきました。
本当に来てよかったです。
{80D6800D-9AB8-42D4-8E32-28B22568C4E9}

でも、これだけでは終わりませんでした。
北林さん「中居さん、午後はあらかじめ声かけておいたビッグチームに乱入しましょう。」
会員数120名の足利市で一番大っきいチームに北林さんがアポイントを取ってくれていて、4、5面を使っている端っこにラケットを並べさせていただきました。
すると次々に人が群がってきます。
ある年配の女性は試打会ラケットリスト(あらかじめ北林さんに渡しておいたものですが、気をきかせて配ってくれたそうです)を片手にラケットを吟味しています。
高校生の男の子は、「動画に出てる人だ、フェデラーのお面かぶってましたよね。」
と親しげに近づいてきました。
気にいったラケットがあったようで、今度お父さんと渋谷店に来るそうです。
途中から参加の40代くらいの男性は、買う気満々で試打しています。
40代男性「今日来る前に、カミさんから『ラケット買ってきなさい』と言われて来ました。」
試打する度に、これいいですねを繰り返し、最終的にスリクソンレヴォCV3.0に決めました。
買う前提の試打は楽しそうです。
今回は、メンバーの結婚式がかさなり、参加者は少なかったということですが、それでもたくさんの方に試打していただきありがとうございました。
仲介していただいた北林さんには大変感謝しています。
年齢層も高かったこともありますが、人気があったラケットは、スリクソンレヴォCS10.0と8.0、ウイルソンウルトラXP110S.ウルトラXP125、プロケネックスQ30などの軽量でフェース面の大きいラケットでした。
かなりハードヒットする人でも、うまいことスピンをかけてコントロールしていました。
上級クラスの方が、パワーのあるラケットを使うことで、若者に負けないパワーと若者にないテクニック両方を手に入れることが可能になり、やっかいな親父プレーヤーが誕生するのです。
足利試打会も無事終了し、車で高速に入った途端に睡魔に襲われ、最初の佐野インターで少し休むことにしました。
仮眠のつもりが爆睡してしまい、気がつけばあたりは、真っ暗です。
その後は眠気もおさまり、無事帰宅できました。
往復200kmの旅は北林さんのおかげで大成功でした。
いいね!した人  |  リブログ(0)

アートMANIAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります