テニス中居のマニアック通信

【テニス中居のマニアック通信】
アートスポーツ契約選手である中居のブログです。
アートスポーツはスポーツ人間を応援します


テーマ:

先日スタッフ須藤が結婚し、パーティを開きました。

最後の挨拶にて泣きあり、司会ヒロシの「ささやき女将作戦」あり、大関昇進の口上のような「精進」発言ありと面白かったのでここに報告します。

妻の名を汚さぬよう、「不撓不屈」の精神で夫道を精進してください

 

さて、去る12月8日、第2回 ルコックカップを開催しました。

 

 

昨年同様、千葉県柏市のTTCにてミックスダブルス大会となりました。

予定では16ペア、しかしこちらのミスで18ペアになってしまい、

運営担当→私の仕事が大変なことになってしまいました。

 

4チームによる総当たり戦だと6試合なのですが、5チームによる総当たり戦だと10試合になり、4試合も多くなります。トーナメントも含めると10試合も多くなります。

全日程終了予定時間が3時半と決まっており、非常に焦っています。

 

焦る理由は、なんと3時半にルコック契約選手の「日比野菜緒プロ」が来るのです。

参加者とサプライズイベントをやることになっています。

 

日比野プロと言えば、彗星の如く現れWTAツアーで優勝を飾り、オリンピックで勝利を上げたり、WTAランキングで56位までいった今乗りに乗ってる選手です。

 

そんな大事なイベントが控えているので、大会運営はもう大変です。

ところが、選手達はそんなことは御構い無しで、6-5の試合がいつも以上に多いのです。

特に伊藤/黒木ペアには参りました。

普通は勝者が結果報告にくるのですが、伊藤/黒木ペアは必ず、5-6で負けた報告にきます。確か、4試合中3試合が5-6だったような気がします。

 

そんなこんなで、ラウンドロビンが終わり、トーナメントに入る時間は予定より1時間オーバーしています。昨年に引き続き参加の田中/倉本ペアは、息の合ったプレーで1位2位トーナメント進出です。進化してますね。

ゴジャテニのメンバーも多数参加していただき、大会を盛り上げていただきました。

 

【集合写真】

 

コートは5面進行でやっているのですが、空きをつくるのが一番もったいないことなのですが、ラウンドロビンで順位が決定しないことには、順位別トーナメントに入れません。

 

 

特に、1勝2敗とか2勝1敗で2チーム、3チームが並ぶと得失ゲーム差で順位を決めなければなりませんので、全チームが終了するのを待たなければなりません。

 

日比野プロ登場の3時半には、まだまだ終わりが見えず、

サプライズ登場を予定しているので、こっそりとスタッフ池田と練習してもらうことにしました。

 

 

白熱した決勝が終わったのが、4時半。

コートを取っているのが5時までだったので、1面だけ6時まで延長してもらいました。

夕方からジュニアでいっぱいになるので、あぶないところでした。

遂に、日比野プロが登場し、自分が花束を贈呈しました。

 

 

参加ペア全員と打ってもらうために、2ポイント先取のポイントマッチにし、参加者がダブルフォルトで終わってしまうとプロと打てなくなってしまうので、日比野プロに了承をもらって全てプロにサービスを打ってもらうことにしました。

18チームに対して全てですので、中々大変です。

 

「全員倒します」の日比野プロの宣言により、

始まりました。

 

日比野プロのペアはアートスポーツナンバー1の池田です。

区民大会で優勝するレべルですが、プロが主役ですので、

 

中居

「エースを取るな、ミスもするな」

と難しい注文を出しました。

 

シーズンオフということで、サービスの改良に取り組んでいる最中らしく、トスアップのやり直しを数回続けることがありました。

 

ダブルフォルトの時は

「ポイントはそちらでいいのでもう一本お願いします」

という場面もありました。

 

ミスした時の叫び声からして、日比野プロはかなりの負けず嫌い・・

アマチュア相手でも本気モードでした。

 

結局ポイントマッチはひとつ落としましたが残りは全勝。

優勝ペア、準優勝ペアとのタイブレークマッチでは、2試合とも6-6までもつれましたが池田の頑張りもあり、日比野/池田が勝ちました。

 

 

それにしても、アマチュアのレべルはかなり高くなっており、見ごたえのある試合が繰り広げられました。観戦していた参加者、デサントの社員、取材に来ていたテニス365の記者の方々は大盛り上がり。最後にプロとのじゃんけん大会でまた盛り上がり無事大会は終了しました。

 

 

片付けを終え、帰るときに

 

中島

「そういえば、昼飯食べてなかった」

 

中居

「そうだね、それどころじゃなかったから、食べてないことを忘れてたよ」

 

来年は、アートスポーツ創業50年の節目の年。

第3回ルコックカップはさらに盛大にやる予定です。

日比野奈緒プロ、綿貫陽介プロガスケも呼べたら最高です。

あくまで個人的な希望ですが、その際は是非ご参加ください。

いいね!した人  |  リブログ(0)

アートMANIAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります