テニス中居のマニアック通信

【テニス中居のマニアック通信】
アートスポーツ契約選手である中居のブログです。
アートスポーツはスポーツ人間を応援します


テーマ:

娘の大学の学園祭に行く為に、お台場に行きました。

 

そこでテレビの街頭インタビューを受けました。

ここはフジテレビのお膝元、お昼の情報番組「バイキング」でした。

色々と答えたのですが、映ったのはほんの数秒でした。

自分が答えたところはカットされてました。

 

 

その後、学園祭で耳年齢を検査するイベントに参加したのですが、

なんと耳年齢は80歳と診断されました。

 

 

奥さんは耳年齢25歳で、ほとんど聞こえたといってました。

内容は高周波のモスキート音を10段階で再生し、聞こえるかどうかをテストするものでした。

 

1段階目から聞こえませんでした。

コンビニの外にたむろしないように、若者にしか聞こえない「キーン」という音を出していると聞いたことがありますが、自分には全く聞こえないわけです。

大音量で音楽を聞いたりしていると、耳の機能が衰えると言ってました。

10代の頃はヘッドホンで音楽聞いていたので、そのせいかもしれませんね。

 

発売から2ヶ月半、

遂に、プロスタッフRF97をGETしました。

初めて試打してから、5ヶ月経ち待ちに待った時を迎えました。

初めて打ったのは、ラフィノさんとの合同試打会のときで、打つまでは、340gは無理だろうと勝手に決めていました。しかし、打ってみると、、、

重さがあることで、スイングフォームが安定し、いいボールが打て、打っていて気持ちいいのです。

 

30年前の話ですが、初代プロスタッフ85を使用していて345gはあったと思います。

エドバーグを真似していたその当時のことを思い出し感慨にふけながら試打しました。

デザインも、どストライクだったので315gのプロスタッフ97に行く気はありませんでした。

ただ、さすがに340gは、サービスからの組み立て命の最近の自分のテニスには重た過ぎですので、なるべく軽いものをチョイスしようと考えました。

 

そこで、335g以下の個体を選び、

標準で巻かれている天然レザーをシンセティックレザーに変え、320g台にすることを決めました。しかし、発売前の予約が殺到し、そのほとんどがウエイト軽めを希望するものでした。

当然、お客様優先ですので、残ったものは、340g以上の個体ばかりで、次回の入荷を待っていたのです。

 

そして、遂に先週、第二弾の入荷があったのです。

334gの個体を2本見つけました。そのうちの1本を選び、シンセティックレザーに巻き替えると、なんと326gになりました。

 

 

アートスペシャル×ティモ110(中居ブリッド)を45/45で張り上げ、翌日にはコートデビューを迎えました。こんなにウキウキしてテニスをするのは、なん年ぶりでしょうか。

 

心配していた「重さ」は全然大丈夫でした。

それより、重さに逆らわないコンパクトなテイクバックに、手首を使い過ぎないインパクトからフォロースルーが自然にでき、ボールの伸びがいつもと違います。

心配していたサービスもなんの問題もなく、逆にサービスのフリーポイントが増えました。

スピンサービスの頻度を下げ、スライスサービスを増やしました。

スライスも回転量を少なめにし、推進力を上げるようにしたことで、重さに逆らわず、自然に打てていたようです。

 

ミスが出る場面は、バックに高く弾んできたボールを無理してスピンで返そうとしたときや、アングルに振られてやっと届いたボールを無理してストレートにエース狙いにいったときに大きなミスになりました。無理をしちゃいけないと反省し、バックに高く弾んで来たボールに対し、スライスで返球したところ、重さがあるので、威力のあるスライスショットが直線的に返球できました。

また、フォアに来たアングルショットをスライスでクロスにドロップ気味に返したところ、予想していなかったのか、エースになってしまいました。

 

重さに逆らわないことで、ミスが減り、相手にプレッシャーをかける伸びのあるボールが打てています。今日はシングルス2時間でしたが、疲れはなく、体力的に全く問題ない結果になりました。

 

いいえ、ひとつだけ、問題がありました。

プレーしたのはオムニコート。

いつもはシューズのソールに付いた砂をラケットで叩いて落としているのですが、プロスタッフRF97の美しいデザインに傷を付けたくない一心で、一度も叩きませんでした。

いつもなら、ポイントごとにやっている癖みたいなものだったのですが・・・

 

この日は運悪く砂が湿っていて、ビッシリとソールにくっついていて、逆を突かれたときにズルっと滑ってしまい、取れるはずのボールが打ち返せませんでした。一度キズが付いてしまえば、その後は気にならなくなると思うのですが、キズは付けたくないというジレンマとのせめぎ合いです。

次回はダブルスの速い展開でどうなるか実験してみようと思います。

 

自分はガットを切ることはまずないので、同じラケットを2本揃えたりせず、色々なラケットを使う派なので、334gのラケットが1本余ってます。

このブログが投稿されてから、1週間だけキープしておきますので、ご希望の方は渋谷店の中居までご連絡ください。特典として巻き替え用のシンセティックレザー(私物)を差し上げます。

いいね!した人  |  リブログ(0)

アートMANIAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント