テニス中居のマニアック通信

【テニス中居のマニアック通信】
アートスポーツ契約選手である中居のブログです。
アートスポーツはスポーツ人間を応援します


テーマ:

美ノ源接骨院で三谷先生に言われました
「寒くなると体が硬くなるのが普通ですが、中居さん隠れてストレッチとかしてますか」

 

中居

「どうしてですか」

 

三谷先生

「夏のころの3倍は柔らかくなってますよ」

 

中居

「何もやってないですよ」

 

三谷先生

「膝も腫れがひいてますね」

 

中居

「先日3日連続でテニスしたのですが、確かに膝は痛くないですね」

 

三谷先生は、スネのある部分を押しました。
中居

「痛ててて、先生何するんですか」


三谷先生

「まだまだですね、右と左で硬さが違いますね。左の方が動きか悪いですね。」

 

自分で押してみると、確かに右と左で痛さが全然違います。
これから毎日カイロボールでコロコロします。

 

膝の痛みが引いたのは、もしかしたら、アスリートジョイントのおかげかもしれません。

 

 

テニスのときは毎回飲むようにしていて、そのときは痛みが軽減されて、5時間後くらいに痛みが戻ってくるのですが、そういえば最近はテニスが終わった後も痛くないような気がします。
プロテオグリカンが徐々に効いてきたのかもしれません。

 

しかし、人間という生き物は、すぐに忘れてしまったり、楽な方に行こうとするものです。
喉元過ぎれば熱さを忘れるという諺がありますが、膝の痛みがなくなってきたものだから、アスリートジョイントを摂らずに4時間ダブルスを敢行しました。
その結果、始めて1時間くらいで痛みが出てきて、残りの3時間は苦痛との戦いでした。
やめてみてアスリートジョイントの効果を実感したというお話。
しばらくは摂り続けないとだめですね。

契約選手の磯辺孝太郎プロが久しぶりに来店しました。
使用契約をしているテクニファイバーのTファイトが5本届いたので、

調整をしてほしいということでした。

 

2本合わせるのは簡単です、まず2本のウエイト、バランス、スイングウエイトを計測します。

 

Aラケット302g、320mm、285sw
Bラケット300g、319mm、282sw

 

仮に上記のデータとします。

重いラケットに合わせるため、Bのラケットに2gの重りを貼ります。そのときスイングウエイトが285になる場所を探して、貼り付けます。
結果バランスも320mmになることが多いのですが、バランスよりもウエイトとスイングウエイトを重視します。
静止している重さと動いてる重さが合っていれば、ほぼ違和感なく2本は同じように使えますが、バランスを合わせてもスイングウエイトが違うと違和感を感じてしまいます。

 

例えば、
Aラケット302g、320mm、285sw
Cラケット310g、320mm、290sw


だった場合、Aに8gのウエイトを貼ります。
バランスをなるべく変えないためにグリップに4g、フェースに4g貼りますが、この場合もスイングウエイトが290になることを優先するので、バランスの僅かな変化は気にしません。
結局は止まっている重さと、動いている重さが同じであれば、バランスは関係なくなるなのです。
さて、磯辺プロの場合ですが、5本をどう合わせるかとというと、すでに使用しているお気に入りの1本があり、それに合わせるというミッションでした。
今回はそんなに時間もかからず(1時間くらい)できましたが、以前はもっと大変でした。
10年くらい前、その当時ヨネックスの280gくらいの軽量モデルに30~40gの重りを貼って使用されていました。フレームが重りだらけになるくらい貼りまくってラケットが銀色になってました。
しかし、ラケットが衝撃に耐えられずすぐに折れてしまうことも多く、また新品にウエイト調整・・・と頻繁にやっていました。

 

初めから重いラケットにすればいいと思ってしまいがちですが、ラケットのしなりや打球感が変わってしまうので、その時は重りを貼ることがベストだったのです。


ジョコビッチのラケットもかなり重りが貼ってあります。疑問に思っている方もいるでしょう。
トッププロは特注で専用のモデルを作るのに、なぜ重りを貼っているのかと。
実は、カーボンの量を増やしてしまうと、硬くなりすぎたり、打球感が変わったりしてしまうのです。ジョコビッチが気にいる硬さと打球感のラケットを作るとウエイトが軽くなってしまい、重りを貼って調整をしているのです。
ジョコビッチはプロの中でもこだわりが強い選手で、シューズもナンバー1になったときのフットワークを変えたくないので、バリケード7を3、4年履き続けているのです。


お客様の中でも、ラケットの振り抜き感が違うと感じる方はラケットをお持ちください。
2本を同じように調整します。
ストリング、グリップテープはついたままで大丈夫ですので、そのままお持ちください。
1本につき300円プラス重り代でできます。
混んでいるときは1日いただくこともありますので、余裕をもって起こしください。


磯辺プロがトレーナーの方といっしょにご来店されました。
現在、駒沢大学テニス部のフィジカルトレーニングを指導している向井中剛志さんです。

 

 

通常は渋谷にある

「ザリアルフィジカル」http://the-realphysical.com/trainars/ で、

竹内研人プロ(17位)や桑田寛子プロ(6位)達を見ています。

渋谷店から近いので、興味のある方はご紹介します。
テニスが上手くなる近道かもしれませんよ。
当然怪我をしにくい体を手に入れることが一番です。

いいね!した人  |  リブログ(0)

アートMANIAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります