アートスポーツ サイクルBLOG

【アートスポーツ サイクルBLOG】
アートスポーツはスポーツ人間を応援します


テーマ:

Zwift対応のTacxローラーで遊んでました。

と書くと仕事をサボっていると思われるので、追記すると閉店後です。

今回、日直商会さまよりTacxの固定ローラーをお借りしたので少しではありますが、書きたいと思います。

Tacxの最上位モデルT2800!

207600円(別)

最大負荷2200W(25%勾配相当)

下り坂5%再現ありのモデルをお借りしました。

取り付けた感じはこんな状態で、スプロケットは別途ローラー様で必要となります。

使ってみると負荷装置がモーターなので思っていた以上に静かでした!

全力で回しても、周りで話が出来るレベルです。

マンションなどでも安心して使えるモデルだと思います。

ちなみに最大Wをたたき出したのは、メカ水垣!

サドルの高さも合っていない、仕事で使っているシューズで985W!!

ガシガシもがいても、ローラーで左右の動きを吸収してくれるのでフレームにも優しいです。

更にお借りしたのはT2180!

こちらはダイレクトではなくタイヤドライブのモデルで金額的にも63000円(別)で手の出しやすい価格となっています。

気になる音は…

思っているよりも静か!

通常の速度なら個人的には気にならないレベルかと思います。

60キロ以上になると音が大きくなってきた!と感じますが、全体的には静かな部類だと思います。

負荷装置はエレクトリックマグネットで最大負荷950W(7%勾配相当)

さらに負荷が欲しい方には、

T2780 94300円(別)

1400W(15%勾配相当)

負荷装置 モーター

T2080 125700円(別)

2000W(20%勾配相当 下り5%再現あり)

負荷装置 モーター

などもあるので選択肢にいれてみるのも良いかもしれません。

個人的にな感想で書いてしまうと、下り勾配の再現ある方が楽しかったです。!

最後にT1100 3本ローラー 35900円(別)

ローラー本体が前後に動いてくれるのでペダリングが悪くても安定して走る事が出来るモデルです。

パワートレーニングに固定ローラー

トレーニングだけでなく走れない日でも楽しんでローラーをしたい方にはZwift対応モデル!

特に負荷が自動で変わるモデルをオススメします。

今回書かせて頂いた、

T2800 2200W モーター駆動 下り再現あり

T2080 2000W モーター駆動 下り再現あり

T2780 1400W モーター駆動

T2180 950W エレクトリックマグネット

は自動で負荷が変わります。

 

ペダリングトレーニングにT1100と言う選択をしても良いかもしれません。

T1100の場合、前後にローラーが動かなければスムーズにペダリングが出来ている証ににもなるので目安が出来て良いと思います。

 

ANNEX 田子

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

アートCYCLEさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります