2015/10/05

テーマ:
こんにちわ
芸術祭実行委員の玲子です。

3日の土曜日に芸術祭スタッフでもある
綾ちゃんのW/S
「布ナプの会」に
参加してきましたニコニコ
と言っても時間があまりなく、
生地だけお買い上げしてきてあせる
自宅で仕上げる予定ですビックリマーク
皆さんはおしゃべりしながら
楽しそうにチクチク縫われていました。
参加したかったな~・・・

image

染め上げると完成品はこんな感じ。
染の会もあってそちらは
10月31日。
完全予約制とのことです。

来週には「ふんぱんの会」も
ありますよ。
最近噂の女性用ふんどしパンツを
ちくちく作成されるそうですビックリマーク
実物はこちら

image

ちょっと大きく感じますが
はくとそうでもないそうです。

子供連れでも子供達もなんだか
楽しげにちくちくしてました。
image

綾ちゃんのW/S
まだまだ続くよ~~
AD
こんにちは!実行委員のぴろりんです。





昨日、山本助産院さんで

ママ達の文化祭が開催されました!



実行委員が遊びに行ったので

写真でご報告です(o^^o)







午前中の泥染めで会場はすごい人だったよう!

ランチは限定30食、午後行ったらすでに完売でした(>_<)





チビッコ抱えながら楽しんでるママさん達はとってもパワフルでしたよ!
AD

Botanic Green Exhibition

テーマ:

11月1日(土)

パラパラと小雨降るどんよりな空模様。


寒さを肌で感じながらの緑色染めのワークショップになりました。


様ざまな植物の若葉で、緑色染めをしているBotanic Green(福ちゃんご夫婦)の指導の下、ススキでの緑色染めに挑戦しました。


ススキはスタッフのしょう君が準備をしてくれていました。


朝の雨に洗われていたのでしょう。キレイな緑色と草の香りが、アサバアートスクエアにひろがっていました。




まずはススキを葉と穂に分けて、それぞれを鍋で煮だします。


鍋でススキを煮ている間、用意されたモザイク風の布に自分のマークを刺しゅうしたり、ゴムやひもで縛ったりと、ちょこっと加工。


さあ、どんな風に染まるかな。





ススキの煮汁をざるでこし、その煮汁に加工した布を投入!! さらに煮込みます。

なんだかお料理みたいですね。



通常ならば20分くらい煮込むらしいのですが、この日は雨。

なかなか思うような火力が出ず、30~40分は煮込んでいたように思います。


スタッフの大ちゃんが、頑張って火を守ってくれていました。



そして色を繊維に定着させる媒染の工程へ。


穂で染めた布は鉄媒染液を、葉で染めた布はアルミ媒染液を使用。

媒染液を100倍に薄め、布を入れ約20分待ちます。ムラが出ないように途中、何度か布を天地返し。


浸けているうちに、穂&鉄媒染の布は黒っぽく、葉&アルミ媒染の布は黄色っぽく変化していきました。

葉の方は緑色に染まるのかな~とか思っていたのに、予想が外れました。


うわ~い、出来た~!と喜んでいたら、もう1度煮込み作業へ。

えっ、またやるの?  (@_@;)ノノ  びっくり。


Botanic Greenの品は十回二十回とこの工程を繰り返して染めていくのだそうです。

すごく手間暇かけて染めているのですね。


今回は2回の染色作業。

布の種類によっても染まり具合が異なるのですね。



(左:ススキの葉&アルミ媒染 右:ススキの穂&鉄媒染)



Botanic Green の商品も販売されました。


優しい風合いが素敵。

デザインも個性的でかなりこだわって作っているのが分かります。



試着させてもらいましたが、とても暖かかった~♪


もっと見たいと思う方はこちらをどうぞ。 http://botanicgreen.com/  



レポーター なえっち

AD
レポートが大変遅くなってしまいましたが、、汗

先日9月28日に、能見台地区センターで開催していた

ときめき工房さんのマグカップづくり体験に行ってきました!



制作したマグカップは後日焼き上げて自宅に送って下さるそうで

只今到着待ち中!届くのが楽しみです。

ハマMUG1



さて、当日のワークショップの様子を写真におさめてきました。

なんと予想以上に大盛況!

マグカップを作りにきた方の人数に驚きました!!



ハマMUG6


皆さん、世界に一つだけの自分のマグカップをつくるのに夢中です。


ハマMUG4


先生方のご指導にも自然と熱が入ります!


小学生も見本を見ながら

頑張って制作していましたよ。


ハマMUG5
ハマMUG3


六角形のマグカップの制作にも挑戦していますね。

この場合はろくろを使わないで作るみたいです。

ハマMUG2

こちらのペアはろくろを使った

大きいマグカップを作っているようですね!


ろくろを使わず先生が平らに伸ばした粘土を使って、

それぞれ思い思いのカップをつくる喜び。

私も焼き上がりが楽しみです。


ハマMUG0


街角アートラリーでは、9月の2日間のご紹介でしたが、

10月19日(日)も同じ場所で

午前9:30~と午後1:30~の2回あるそうですよ!



マグカップづくりにチャレンジしてみたい方、

予約してぜひ参加してみてくださいね!^^


レポーター まりこ

10月11日(土)アサバアートスクエアはいつもより大人のムード。

演奏機材を準備するアイヌアートプロジェクトの方々の横で、アイヌの木彫り体験はゆる~く始まりました。


お盆へ文様を彫るために、まずは鉛筆で文様を描きます。


文様には腐敗や病気を防ぐ意味が込められています。

この渦の様な文様の名は「モレウ」 

小さな曲りの意味があるそうです。とがった部分には魔除けの意味があるとか。



気分が良かったので、皆さん部屋から出て外で彫りはじめました。




木彫りは何年ぶりでしょう。中学生以来でしょうか・・・。

お世辞にもうまい出来ではありませんが、仕上げにオリーブ油を塗ってもらったら、それっぽく見えるではないですか~♪

なんだか嬉しくなります。



作品もできあがり、ひと息。

暮れなずむ空気の中、一杯呑んで待っていますと始まりました~♪


アイヌアートプロジェクトの方々の演奏です。


アイヌの伝統的弦楽器のトンコリは、琴とギターを合わせたような音色でとても味わい深い音でした。




筒の様な楽器はアイヌの楽器ではなく、アボリジニの民族楽器。

音が全く途切れないので不思議だな~と思っていたら、循環呼吸という特殊な吹き方で奏でるそうです。

息を吸いながら同時に吐く・・・・・・・・恐ろしい技ですね。




アイヌの文化に触れ、自然と共に歩む優しさ、厳しさ、美しさ。

そんな事を感じられたライブでした。

とても素晴らしかったです。





レポーター なえっち