アートテラー・とに~の【ここにしかない美術室】

美術を、もっともっと身近なものに。もっともっと楽しいものに。もっともっと笑えるものに。

アートテラー・とに~の【ここにしかない美術室】-タイトル  明日行きたくなる美術展情報をあなたに

星星星(3ツ星)
  ・三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館   渋谷区立松濤美術館(~11/26)
  ・「怖い絵」展  上野の森美術館(~12/17)
  ・興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」  東京国立博物館(~11/26)
  ・開館120周年記念 特別展覧会 国宝  京都国立博物館(~11/26)
  ・驚異の超絶技巧!―明治工芸から現代アートへ  三井記念美術館(~12/3)

星星(2ツ星)
NEWTHE ドラえもん展 TOKYO 2017  森アーツセンターギャラリー(~2018/1/8)
NEW北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃  国立西洋美術館(~2018/1/28)
  ・古代アンデス文明展  国立科学博物館(~2018/2/18)
  ・ゴッホ展 巡りゆく日本の夢  東京都美術館(~2018/1/8)
  ・遥かなるルネサンス  東京富士美術館(~12/3)
  ・パリ♥グラフィック -ロートレックとアートになった版画・ポスター展  三菱一号館美術館(~2018/1/8)
  ・安藤忠雄展-挑戦-  国立新美術館(~12/18)
もうすぐ…没後20年 麻田浩展 ―静謐なる楽園の廃墟―  練馬区立美術館(~11/19)
  ・制定80年記念 文化勲章受章の作家たち  足立美術館(~11/30)
  ・シャガール 三次元の世界  東京ステーションギャラリー(~12/3)
  ・猫百態―朝倉彫塑館の猫たち―  朝倉彫塑館(~12/24)
  ・草間彌生 My Soul Forever展  フォーエバー現代美術館 祇園京都(~2018/2/25)
  ・東方見聞録展─モリソン文庫の至宝  東洋文庫ミュージアム(~2018/1/8)

星(1ツ星)
NEW野生展:飼いならされない感覚と思考  21_21 DESIGN SIGHT(~2018/2/4) 
NEW鏨の華 ―光村コレクションの刀装具―  根津美術館(~12/17)
NEW超絶記録!西山夘三のすまい採集帖  LIXILギャラリー(~11/25)
  ・皇室の彩 百年前の文化プロジェクト  東京藝術大学大学美術館(~11/26) 
  ・典雅と奇想―明末清初の中国名画展   泉屋博古館分館(~12/10)
  ・ディエゴ・リベラの時代 メキシコの夢とともに  埼玉県立近代美術館(~12/10)
  ・フェリーチェ・ベアトの写真 人物・風景と日本の洋画  DIC川村記念美術館(~12/3)
  ・近代香粧品なぞらえ博覧会  伊勢半本店 紅ミュージアム(~12/10)
  ・表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち  パナソニック 汐留ミュージアム(~12/20)
  ・日本パステル畫事始め  目黒区美術館(~11/26) 
  ・重要文化財 長谷川等伯障壁画展 南禅寺天授庵と細川幽斎  永青文庫(~11/26)
  ・オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代   Bunkamura ザ・ミュージアム(~12/17)
  ・「1968年」 ―無数の問いの噴出の時代―  国立歴史民俗博物館(~12/10)
  ・八木一夫と清水九兵衞 陶芸と彫刻のあいだで  菊池寛実記念 智美術館(~12/3) 
  ・描かれた女たち 女性像に表された現実と夢  中村屋サロン美術館(~12/10)
  ・ウィンザーチェア-日本人が愛した英国の椅子  日本民藝館(~11/23)
  ・田原桂一「光合成」with 田中泯  原美術館(~12/24) 
NEW !
テーマ:
森美術館で開催中の “レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル” に行ってきました!

レアンド


こちらは、国際的に活躍するアルゼンチン出身の現代アーティスト、
レアンドロ・エルリッヒ (1973~) の過去最大クラスとなる個展です。
出展作は、新作を含む44点!
しかも、その8割が日本初公開の作品です。

「レアンドロ・エルリッヒ?誰??」

という方でも、彼の代表作の一つである・・・

スイミングプール
レアンドロ・エルリッヒ 《スイミング・プール》 2004年 コンクリート、ガラス、水
280x402x697cm 所蔵:金沢21世紀美術館 撮影:木奥惠三画像 提供:金沢21世紀美術館 ※参考図版

プール

金沢21世紀美術館にある 《スイミング・プール》 は、
きっと何らかの形で一度は目にしたことがあるはず。
もはや金沢21世紀美術館のメインビジュアルとでもいうべきあの作品の作者がレアンドロです。

《スイミング・プール》 もそうですが、
彼の作品の多くは、“鑑賞する” というよりも、“実際に体験する” ものとなっています。
しかも、小難しい理屈抜きに、子供から大人まで楽しめるのが最大の魅力です。

例えば、こちらの 《試着室》 という作品。

試着室


一見、何の変哲もない試着室です。

試着室


鏡の向こうに、ちゃんと僕が映っています。
しかし、作品の中に、一歩足を踏み入れ、左右を見渡してみると・・・

「!!!」

試着室


なんと試着室が無限に続いていたのです。
鏡かと思えば鏡でなく、空間の向こうに反転した試着室があったり。
反転した試着室かと思えば、今度は本当に鏡だったり。
まさに試着室の迷路。
抜け出すのに苦戦しました。
試着室なのに、入る時よりも出たときのほうが、着衣が乱れていました。


また、こんな作品も。

美容室


タイトルはHAIR SARON、《美容院》 です。

美容室


こちらも一見何の変哲もない美容院なのですが・・・

鏡


鏡を見て、ギョッ!
自分が映っていません。
それもそのはず、これは鏡ではなく、ただの穴 (?)。
鏡に映った光景ではなく、向こう側に同じ広さ反転した美容院の空間があるのです。


レアンドロ・エルリッヒの作品に仕掛けられたトリックは、とてもシンプル。
なのに、驚きは最大限。
費用対効果に優れた作品です (←?)。
まず、あり得ない世界にハッとさせられて、
そのあとで、実は単純だった仕掛けのタネがわかってニヤリとさせられて。
一粒で二度美味しいのが、レアンドロ・エルリッヒ作品の最大の魅力。
我ながらこの例えでいいのか疑問はありますが、
ナポレオンズやマギー司郎の手品に近いものがあります。


さてさて、今回のレアンドロ・エルリッヒ展は、写真撮影OK!
特にインスタ映え間違いなしなのが、《建物》 という作品です。

インスタ


子供が風船で飛んでいきそうになったり、
お母さんがジャッキー・チェンばりのアクションをしていたり。
思わず二度見、三度見する光景です。
(ちなみに、映っているのは内覧会時にいらっしゃったエキストラの皆さま)
こちらの作品も仕掛けは・・・

床


いたってシンプル。
なるほど、こうなっていたのですね。
せっかくなので、僕もチャレンジしてみました (笑)

チャレンジ


他にも、会場には、楽しい体験型作品がたくさん。
一人よりも二人。
二人よりも三人。
みんなで行くのがオススメ。
テーマパークのような展覧会です。
星星


ちなみに、会場でたくさんの作品を体験すると、こんな副作用が。
ただのエレベーターやトイレなのに、
「何か仕掛けがあるのでは?」 とイチイチ疑ってしまうのです。
森美術館にたまたまあったコレですら、

会場


レアンドロの作品かと思って、わざわざ写真に撮ってしまいました (笑)
家に帰るまでが、いや、家に帰ってからもレアンドロ・エルリッヒ展。




1位を目指して、ランキングに挑戦中!(現在7位ですアップ
下のボタンをポチッと押して頂けると嬉しいです!

Blogランキングへ  にほんブログ村 美術ブログへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。