アートテラー・とに~の【ここにしかない美術室】

美術を、もっともっと身近なものに。もっともっと楽しいものに。もっともっと笑えるものに。

アートテラー・とに~の【ここにしかない美術室】-タイトル  明日行きたくなる美術展情報をあなたに

星星星(3ツ星)
NEW技を極める—ヴァン クリーフ&アーペル   京都国立近代美術館(~8/6)
  ・大原美術館
  ・ピカソとシャガール~愛と平和の賛歌~   ポーラ美術館(~9/24)
  ・ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法   日本科学未来館(~9/24)
  ・大英自然史博物館展   国立科学博物館(~6/11)
  ・ミュシャ展   国立新美術館(~6/5)

星星(2ツ星)
NEWニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展   Bunkamura ザ・ミュージアム(~6/25)
  ・何必館コレクション 北大路魯山人展   大分県立美術館(~6/11)
  ・ムットーニ・パラダイス   世田谷文学館(~6/25)
  ・19世紀パリ時間旅行―失われた街を求めて―   練馬区立美術館(~6/4)
  ・エリック・カール展 The Art of Eric Carle   世田谷美術館(~7/2)
  ・【企画展】花 * Flower * 華 ―琳派から現代へ―   山種美術館(~6/18)
  ・快慶 日本人を魅了した仏のかたち   奈良国立博物館(~6/4)
  ・魅惑のガラス ガレ、ドーム展 ―東洋の美に憧れて―   岡田美術館(~7/21)
  ・ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展   東京都美術館(~7/2)
  ・フランス絵画の宝庫 ランス美術館展   東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館(~6/25)
  ・ファッションとアート 麗しき東西交流  横浜美術館(~6/25)
  ・特別展「茶の湯」   東京国立博物館(~6/4)
もうすぐ…浮世絵動物園  太田記念美術館(~5/28)
もうすぐ…村上隆のスーパーフラット現代陶芸考   十和田市現代美術館(~5/28)
  ・MAKI-E・美の万華鏡展   東京富士美術館(~7/2)
もうすぐ…篠田桃紅 昔日の彼方に   菊池寛実記念 智美術館(~5/28)
  ・大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち   森アーツセンターギャラリー(~6/18)
もうすぐ…シャセリオー展   国立西洋美術館(~5/28)
  ・N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅  森美術館(~6/11)

星(1ツ星)
NEW中村彝 生誕130年記念~芸術家たちの絆展~   中村屋サロン美術館(~6/4)
NEWAlan Chan「HELLO GINZA!」  ポーラミュージアム アネックス(~6/4)
NEWよみがえる画家-板倉鼎・須美子展   目黒区美術館(~6/4)
  ・アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国   東京ステーションギャラリー(~6/18)
  ・特別展「没後150年 坂本龍馬」   江戸東京博物館(~6/18)
  ・てくてく東海道-北斎と旅する五十三次-  すみだ北斎美術館(~6/11)
もうすぐ…自転車博覧会2017 自転車とモード展   青山アートスクエア(~5/28)
もうすぐ…坂本龍一 | 設置音楽展   ワタリウム美術館(~5/28)
  ・館蔵品展 絵画は告発する/特別展示 板橋の日本画   板橋区立美術館(~6/18)
  ・日本、家の列島   パナソニック 汐留ミュージアム(~6/25)
  ・片山正通的百科全書 Life is hard... Let’s go shopping.   東京オペラシティ アートギャラリー(~7/25)
もうすぐ…椿会展 2017 -初心-   資生堂ギャラリー(~5/28)
  ・ヴォルス――路上から宇宙へ   DIC川村記念美術館(~7/2)
  ・TARO賞20年/20人の鬼子たち   岡本太郎記念館(~6/18)
  ・アスリート展  21_21 DESIGN SIGHT(~6/4)
もうすぐ…スケーエン:デンマークの芸術家村   国立西洋美術館(~5/28)
  ・ダン・フレイヴィン展   エスパス ルイ・ヴィトン東京(~9/3)
NEW !
テーマ:
今年、開館40周年を迎えるちひろ美術館・東京
それを記念して、8月20日までスペシャルな展覧会が開催されています。
しかも、2つ。同時開催で!
星星


1つは、“高畑勲がつくるちひろ展ようこそ!ちひろの絵のなかへ”
日本を代表するアニメーション映画監督・高畑勲さんが演出したいわさきちひろの展覧会です。

“いわさきちひろの絵をアニメーションにした作品が見れたりして”

そんな期待を抱きつつ、展覧会を訪れたのですが、どうやらそういうことではありませんでした。
今回、高畑勲さんが演出したのは、
いわさきちひろの作品世界に入り込める、言うなれば “体感型” の展覧会。
ちひろ作品とマンツーマンで向き合うコーナーや、

マンツーマン
(注:館内の写真撮影は、特別に許可を頂いております。)


ちひろの絵を壁画サイズの大きさに高精細に拡大したコーナーが設けられていました。

ちひろ


“なんだ、アニメじゃないじゃん!”

と、はじめは思っていたのですが。
しばらく、ちひろ作品と向き合ってみていると、不思議なことに絵が動き始めたような気が!
まさに、脳内アニメーション!!
高畑勲さんの演出と知った上で展覧会を観ているせいもあるのでしょうが、

かぐや姫の物語 [DVD]/出演者不明



脳内で再生されたちひろアニメーションは、『かぐや姫の物語』 と通じる世界観がありました。

また、高畑勲さんが 『火垂るの墓』 を制作するにあたって、
戦争を知らない若いスタッフに、想像力を高めるために見せたのが、
ちひろがベトナム戦争のさなかに発表した 『戦火の中の子どもたち』 だったそうで。
会場には、その原画の数々がありのままの状態で展示されています。

戦火
戦火


ちひろが描いた少女が、節子の姿とオーバーラップしてしまいました。
涙なしには見られない展覧会です・°・(ノД`)・°・



さて、同時開催中のもう一つのスペシャルな展覧会は、“奈良美智がつくる 茂田井武展 夢の旅人”
こちらは、世界的な現代アーティスト・奈良美智さんが全面協力した展覧会です。
と言っても、奈良美智さん自身の作品は1点もなく、
奈良さんがセレクトした戦後日本で活躍した童画家・茂田井武の作品の数々が展示されています。

8.茂田井武画帳「続・白い十字架」より
茂田井武 画帳「続・白い十字架」より 1931-35年

11.茂田井武『セロひきのゴーシュ』より
茂田井武 『セロひきのゴーシュ』(福音館書店)より 1956年


さてさて、ちひろ美術館・東京が所蔵する茂田井武作品は、1000点以上!
奈良さんは、それらすべてに目を通し (!) 、
今見ても、「新しい」 と感じる作品を選んで、今回の展覧会を構成したそうです。

会場


茂田井武の作品の魅力は、アートテラーの僕がとやかく言うよりも。
茂田井テラーである (?) 奈良さんの言葉のほうが説得力があるので、そちらを紹介しておきます。

紹介
紹介


・・・つまり、そういうことです。

ちなみに、個人的に一番印象に残ったのが、下の2点。

江


可愛いけれど、どこか悲しさもある。
なんとなく、奈良美智さんの作品に通ずるものを感じました。
色合いも、なんとなく奈良美智さん風です。




1位を目指して、ランキングに挑戦中!(現在8位ですアップ
下のボタンをポチッと押して頂けると嬉しいです!

Blogランキングへ  にほんブログ村 美術ブログへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。