アートテラー・とに~の【ここにしかない美術室】

美術を、もっともっと身近なものに。もっともっと楽しいものに。もっともっと笑えるものに。

アートテラー・とに~の【ここにしかない美術室】-タイトル  明日行きたくなる美術展情報をあなたに

星星星(3ツ星)
  ・若冲と蕪村 江戸時代の画家たち   岡田美術館(~12/18)
  ・ゴッホとゴーギャン展   東京都美術館(~12/18)
もうすぐ…ダリ展   国立新美術館(~12/12)

星星(2ツ星)
NEWIt's a Sony展   ソニービル(~2017/2/12)
NEW江戸の遊び絵づくし-おもしろ浮世絵版画   うらわ美術館(~2017/1/15)
  ・新宮 晋の宇宙船  横須賀美術館(~12/25)
  ・メナード美術館コレクション名作展   メナード美術館(~2017/1/29)
  ・北斎の帰還-幻の絵巻と名品コレクション-  すみだ北斎美術館(~2017/1/15)
  ・文人として生きる―浦上玉堂と春琴・秋琴 父子の芸術   千葉市美術館(~12/18)
  ・第2回ホキ美術館大賞展  ホキ美術館(~2017/5/15)
  ・世界に挑んだ7年 小田野直武と秋田蘭画   サントリー美術館(~2017/1/9)
もうすぐ…漆芸名品展 ―うるしで伝える美の世界―  静嘉堂文庫美術館(~12/11)
  ・色の博物誌 -江戸の色材を視る・読む   目黒区美術館(~12/18)
  ・Les Parfums Japonais ―香りの意匠、100年の歩み―  資生堂ギャラリー(~12/25)
  ・円山応挙 「写生」を超えて  根津美術館(~12/18)
  ・特別展「世界遺産 ラスコー展」   国立科学博物館(~2017/2/19)
  ・ヴェルサイユ宮殿《監修》 マリー・アントワネット展   森アーツセンターギャラリー(~207/2/26)
  ・あそぶ!ゲーム展 ステージ2:ゲームセンターVSファミコン   映像ミュージアム(~2017/3/12)
  ・拝啓 ルノワール先生 ― 梅原龍三郎に息づく師の教え   三菱一号館美術館(~2017/1/9)
  ・クラーナハ展―500年後の誘惑  国立西洋美術館(~2017/1/15)
  ・蜘蛛の糸   豊田市美術館(~12/25)
  ・レオナール・フジタとモデルたち  DIC川村記念美術館(~2017/1/15)
  ・デザインの解剖展:身近なものから世界を見る方法   21_21 DESIGN SIGHT(~2017/1/22)
  ・デトロイト美術館展~大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち~   上野の森美術館(~2017/1/21)
もうすぐ…さいたまトリエンナーレ2016   さいたま市各所(~12/11)
  ・ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ―境界線への視線   ポーラ美術館(~2017/3/3)
  ・特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」   東京国立博物館(~12/11)
  ・篠山紀信展 「快楽の館」   原美術館(~2017/1/9)
  ・宇宙と芸術展   森美術館(~2017/1/9)
  ・オープン・スペース2016 メディア・コンシャス   ICC(~2017/3/12)

星(1ツ星)
NEW仙厓ワールド   永青文庫(~2017/1/29)
NEW日本におけるキュビスム-ピカソ・インパクト   埼玉県立近代美術館(~2017/1/29)
  ・戦国時代展 -A Century of Dreams-  江戸東京博物館(~2017/1/29)
  ・柳幸典 ワンダリング・ポジション   BankArt Studio NYK(~12/25)
  ・粟津則雄コレクション展  〝思考する眼″の向こうに  練馬区立美術館(~2017/2/12)
  ・追悼特別展 高倉健  東京ステーションギャラリー(~2017/1/15)
  ・「つくることは生きること 震災 《明日の神話》」展   川崎市岡本太郎美術館(~2017/1/9)
もうすぐ…日本近代洋画への道 山岡コレクションを中心に   中村屋サロン美術館(~12/11)
もうすぐ…ピエール・アレシンスキー展  Bunkamuraザ・ミュージアム(~12/8)
  ・BODY/PLAY/POLITICS   横浜美術館(~12/14)
  ・クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス―さざめく亡霊たち   東京都庭園美術館(~12/25)
  ・本の中の江戸美術展  東洋文庫ミュージアム(~12/25)

  
  
NEW !
テーマ:
昨日は、広島市現代美術館で現在開催中のコレクション展をご紹介しましたが。
本日は、広島市現代美術館の現在開催中の特別展、
“世界が妙だ!立石大河亞+横山裕一の漫画と絵画” をご紹介いたします。

世界が妙だ


フォントが妙に 『テラスハウス』 っぽいですが、
『テラスハウス』 のようにオシャレな展覧会ではありません (笑)
漫画と絵画を融合させた2人の妙なアーティスト、
立石大河亞と横山裕一さんの妙な作品の数々で会場が埋め尽くされたカオスな展覧会です。


さて、2人のアーティストを簡単に紹介いたしましょう。
まずは、立石大河亞 (1941~98)。
またの名を、タイガー立石。
ちなみに、本名は立石紘一です。
美術家としてデビューするも、いつの間にやら、漫画家として連載を持つまでに。
しかし、完全に漫画家に転向するわけではなく、
漫画の手法である 「コマ割り」 を取り入れた妙な絵画を発表し続けました。

「コマ割り」を絵画
立石
(注:館内の写真撮影は、特別に許可を頂いております。)


続いては、漫画家の横山裕一さん。
目的不明の大土木工事を描いた 『ニュー土木』 や、
不思議な鉄道旅行の一部始終を描いた 『トラベル』 といった彼の漫画は、
そのあまりにも独特な世界観から、ネオ漫画と呼ばれています。

ネオ漫画


特に接点があるわけでもない、そんな2人のアーティスト。
それぞれの作品が、それぞれに展示されているのかと思いきや、

会場
会場


何の躊躇もなく (?) 、一緒くたに展示されていました。
立石大河亞の世界と横山裕一さんの世界が混ざり合っていたわけですが。
意外と違和感はありませんでした。
こうした2人展の場合、それぞれの作品世界が化学反応を起こしがちですが、
今回の展覧会に限ってはそんなことはなく、2人の作品世界が溶け合って融合していた印象でした。
絶妙かつ軽妙なマッチングです。


ちなみに、展覧会には、立石大河亞の作品を横山裕一さんが模写した新作も。
模写の対象となった作品は、画面中央の 《ミクロ富士》 です。

ミクロ


これを、横山裕一さんが模写すると、こうなります。

模写
模写


・・・・・・・・・・・・・。

模写って何かね?


だいぶ妙なことになっていますが。
立石&横山ワールド全開の会場にいると、不思議なもので、
“まぁ、こういう模写があってもいいかもね” と、すべてを受け入れる心境に。

また、鑑賞者が布をめくらないと読めないという妙な漫画も展示されていましたが。

漫画
漫画


会場では、普通に受け入れている僕がいました。
・・・・・ツッコミ芸人なのに。


とにもかくにも、いい意味で “クセがすごい” 展覧会。
世にも妙な展覧会です。
星星




1位を目指して、ランキングに挑戦中!(現在7位ですアップ
下のボタンをポチッと押して頂けると嬉しいです!

Blogランキングへ  にほんブログ村 美術ブログへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。