アートテラー・とに~の【ここにしかない美術室】

美術を、もっともっと身近なものに。もっともっと楽しいものに。もっともっと笑えるものに。

アートテラー・とに~の【ここにしかない美術室】-タイトル  明日行きたくなる美術展情報をあなたに

星星星(3ツ星)
NEWオルセーのナビ派展:美の預言者たち―ささやきとざわめき   三菱一号館美術館(~5/21)
  ・とことん見せます!富士美の西洋絵画   東京富士美術館(~3/20)

星星(2ツ星)
NEWカッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命   埼玉県立近代美術館(~3/26)
  ・N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅  森美術館(~6/11)
もうすぐ…新井卓 Bright was the Morning―ある明るい朝に   横浜市民ギャラリーあざみ野(~2/26)
  ・ティツィアーノとヴェネツィア派展   東京都美術館(~4/2)
  ・並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑―透明な黒の感性   東京都庭園美術館(~4/9)
  ・根付~江戸と現代を結ぶ造形~展  三鷹市美術ギャラリー(~3/20)
  ・特別展 春日大社 千年の至宝   東京国立博物館(~3/12)
  ・マティスとルオー展 ―手紙が明かす二人の秘密―   パナソニック 汐留ミュージアム(~3/26)
  ・吉岡徳仁 スペクトル   資生堂ギャラリー(~3/26)
もうすぐ…篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN   横浜美術館(~2/28)
  ・建築倉庫ミュージアム
もうすぐ…ガラス絵 幻惑の200年史   府中市美術館(~2/26)
  ・舘鼻則孝 呪力の美学   岡本太郎記念館(~3/5)
  ・第2回菊池寛実賞 工芸の現在   菊池寛実記念 智美術館(~3/20)
  ・第2回ホキ美術館大賞展  ホキ美術館(~5/15)
もうすぐ…ヴェルサイユ宮殿《監修》 マリー・アントワネット展   森アーツセンターギャラリー(~2/26)
  ・あそぶ!ゲーム展 ステージ2:ゲームセンターVSファミコン   映像ミュージアム(~3/12)
  ・ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ―境界線への視線   ポーラ美術館(~3/3)
  ・オープン・スペース2016 メディア・コンシャス   ICC(~3/12)

星(1ツ星)
NEWパロディ、二重の声 ――日本の1970年代前後左右   東京ステーションギャラリー(~4/16)
NEW江戸と北京-18世紀の都市と暮らし-   江戸東京博物館(~4/9)
NEWスケーエン:デンマークの芸術家村   国立西洋美術館(~5/28)
  ・花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼   世田谷美術館(~4/9)
  ・I♥LOVE SAKE日本酒マニアック博 in 東京   パルコミュージアム(~3/5)
  ・浮世絵に魅せられた外国人絵師たち   アダチ伝統木版画技術保存財団 常設展示場(~3/5)
  ・第20回岡本太郎現代芸術賞   川崎市岡本太郎美術館(~4/9)
  ・江戸の絶景~雪月花   太田記念美術館(~3/26)
もうすぐ…太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影 カール ラガーフェルド写真展   シャネル・ネクサス・ホール(~2/26)
  ・すみだ北斎美術館を支えるコレクター   すみだ北斎美術館(~4/2)
  ・ダン・フレイヴィン展   エスパス ルイ・ヴィトン東京(~9/3)
もうすぐ…青木美歌「あなたに続く森」   ポーラ ミュージアム アネックス(~2/26)
  ・超・日本刀入門 ~名刀でわかる・名刀で知る~  静嘉堂文庫美術館(~3/20)
  ・コレクターの眼 ヨーロッパ陶磁と世界のガラス   サントリー美術館(~3/12)
  ・エリザベス ペイトン:Still life 静/生   原美術館(~5/7)
  ・光と動きの「ポエティクス/ストラクチャー」   ICC(~3/20)
  ・DAVID BOWIE is  寺田倉庫G1ビル(~4/9)
もうすぐ…「曖昧な関係」展   銀座メゾンエルメス フォーラム(~2/26)
  ・画と機 山本耀司・朝倉優佳   東京オペラシティアートギャラリー(~3/12)
NEW !
テーマ:
現代アート界のスーパーアイドル (?) 草間彌生さん。
その過去最大級の個展として、開幕前から大注目を集めていた展覧会、
“草間彌生 わが永遠の魂” が、いよいよ国立新美術館にて始まりました!

草間彌生


“どうせ、クサマー (※) のオシャレ女子向けの展覧会でしょ(; ´_ゝ`)”
(※ 草間彌生が好きで、草間彌生のグッズを1つ以上持っている人。草間作品を、FacebookやTwitterのアイコンにしがち。とに~氏による造語)

と、斜に構えて、展覧会を訪れたのですが。
会場に足を踏み入れ、草間作品の洪水が目に飛び込んできた瞬間・・・・・

草間


「これはスゴいわ!!」

と、いきなりのノックアウト。
作品からグングンと押し寄せてくるパワーに、完全に飲み込まれてしまいました。


こちらの大空間の一面に展示されているのは、
2009年から現在に至るまで手がけている絵画シリーズ 《わが永遠の魂》
そのシリーズのうちの約4分の1にあたる約130点が日本初公開されています。

展示


何が描かれているのだろうか、とか。
何でこれだけたくさんの絵描いているのだろうか、とか。
いつも絵の前に向き合う時には、そんなことを大体考えているのですが。
草間さんの絵に向き合った時は、そんなことを考える余裕はありませんでした。
そこに絵がある。
で、向き合っていたら、なんだか心が躍る。
それでいいじゃないか、といった感じ。
草間アートはテラーする必要なし。
アートテラーは手も足も出ません (←?)。


この巨大な草間空間を体験するだけでも、絶対に行く価値ありですが。
この巨大な草間空間をぐるりと取り囲む回廊型の展示も必見です。
初期の作品から、

初期
(注:館内の写真撮影は、特別に許可を頂いております。)


ニューヨークで活躍していた時期の作品、

ny
ny


帰国後の1970年代以降の作品まで。

帰国
帰国


草間彌生が草間彌生になるまでが、余すことなく紹介されています。
息苦しさを覚えるくらいに濃密な空間でした。

こういう表現をすると、芸がないということは重々承知していますが。
それでもあえて言わせてくださいませ。
草間彌生展は、スゴい。
星星星


さて、水玉や網の目で画面を覆い尽くす作品も、
おびただしい数の男根をイメージさせるぬいぐるみ (?) を使った立体作品も、
現在も毎日制作し続けている 《わが永遠の魂》 も、すべて 「増殖」 というキーワードが根底にあります。
今回の草間彌生展は、館外にある作品はもちろん、

木
かぼちゃ


《わが永遠の魂》 で埋め尽くされたメインスペースも写真撮影OKとのこと。
FacebookやTwitter、Instagramなどを通して、
ネット上に、草間作品が 「増殖」 するのは確実です。

そして、お土産コーナーには、展覧会オリジナルの草間彌生グッズが増殖。

草間


これらを購入する人々のおかげで、さらに草間彌生グッズが世の中に拡散増殖していくのも確実。
なんだか世界は草間彌生を中心に回っているような気さえしてきました。
かくいう僕も、この日を境にクサマーです。

草間
(写真はプレス内覧会時の草間彌生氏です)




1位を目指して、ランキングに挑戦中!(現在7位ですアップ
下のボタンをポチッと押して頂けると嬉しいです!

Blogランキングへ  にほんブログ村 美術ブログへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。