音楽活動戦略コンサルタント・大関勇気のブログ ~音楽活動は会社経営だ!!~

音楽活動戦略コンサルタント・大関勇気が、新しい音楽活動戦略を提案いたします。
1レーベル・1アーティスト、セルフプロデュース、ブランディング、集客ノウハウなど、あなたの音楽活動の充実にお役立てください。


テーマ:
突然ですが、あなたに質問です。

プロとしてやっていきたいですか?

「はい。」と答えた方は次の質問です。

では、プロとはなんですか?


プロとは、

品質・集客・売上

です。

このバランスを保てなければ、プロではありません。


そこで、大事なことは、この3つを意識した活動です。

あなたは普段、どのような音楽活動をしていますか?

・ライブ
・レコーディング、CD制作
・事務所
・メディア
・ホームページ、ブログなどネット関連


多くのミュージシャンが、ライブをすることで、ファンが増えると思っています。

また、多くのミュージシャンがCDを作れば、収入が得られると思っています。

また、多くのミュージシャンが良いモノを作れば、チャンスが来ると思っています。


これは大きな間違いです。

もちろん、音楽の品質を上げることは大事です。

しかしながら、ただ、ライブをやったり、CDを作ったりするだけでは、なかなかチャンスには巡り会えません。

そこには、チャンスに結びつく正しいやり方、正しい行動が必要です。


そして、時代は変わりました。

CDは売れなくなりました。

現在のオリコンチャートをご存知でしょうか?
http://www.oricon.co.jp/rank/

1万枚売れれば、トップ10に入る時代です。


では、CDによりアーティストがどれだけ収入を得るのか、説明したいと思います。

まずはCDの収益分配図を見てください。


契約の内容にもよりますが、だいたいこの分配率だと認識していただいて問題ないと思います。


この中で、アーティストの収益となるのが、


1.著作権使用料6%のうち、作曲者(1.5%)、作詞者(1.5%)で、残りを音楽出版社(3%)で分配します。


2.原版印税のうち、アーティスト印税として1~3%、残りを原盤製作者に分配されます。


新人アーティストの場合は、アーティスト印税1%と思っておいた方がいいでしょう。



仮に3000円のアルバムをリリースすると

メジャーの場合


■もしあなたが、4人組のバンドで、一人のメンバーが作詞・作曲を担当し、他の3人のメンバーは作詞も作曲もしてなかったら、


アルバム1枚売れて、


・作詞・作曲をしてないメンバー3人は、

3000円×アーティスト印税1%÷4人=7.5円の収入

・作詞・作曲をしているメンバーは、

3000円×(著作権使用料:作曲者1.5%+作詞者1.5%)+アーティスト印税7.5円=97.5円

オリコン10位(1万枚)で、

・作詞作曲をしてないメンバー3人は、75000円の収入

・作詞・作曲をしているメンバーは、975000円の収入



■もしあなたが、作詞・作曲も手がけるシンガーソングライターなら、

アルバム1枚売れて、

3000円×(著作権使用料:作曲者1.5%+作詞者1.5%+アーティスト印税1%)=120円の収入

オリコン10位(1万枚)で、120万円の収入

となります。

実際には著作権の管理手数料を支払うので、これよりも若干少なくなります。



インディーズの場合


■自主レーベルで全国流通した場合、


流通以外の55%から、レコーディング費用、CD製造費(プレス代やジャケット費用など)、販促費などを出し、残りがアーティストの取り分になります。

アルバム1枚売れて、

3000円×55%=1650円の売上

1000枚売れたとすると、165万の売上

制作コストを45万以下に抑えることで、オリコン10位のアーティスト以上の収入となります。



■もし、ライブ会場で手売りした場合、

売上100%から、レコーディング費用、CD製造費(プレス代やジャケット費用など)、販促費などを出し、残りがアーティストの取り分になります。

アルバム1枚売れて、

3000円×100%=3000円の売上

1000枚売れたとすると、300万の売上

となり、制作コストにもよりますが、オリコン10位のアーティスト以上の収入も可能となります。


どうでしょうか?

時代は変わったのです。

ここで、少し休憩として、Bob Dylanの「The Times They Are A- Changin'」でも聞きながら話をすすめていきましょう。



はい、時代が変わりました。

音楽活動の仕方も様々です。

そこで、あなたは現代にあったやり方、活動をする必要があります。


もし、従来のようにライブやCDだけに力を注ぐと、ライブやCDを良くするために、ミュージックスクールに通ったり、教則本や音楽雑誌などで、音楽の品質を上げる勉強をするでしょう。

そうすることで、品質は上がります。


しかしながら、集客や売上が上がるとは限りません。


プロとは、品質・集客・売上です。


あなたが、プロとしてやっていくためには、集客と売上を考える必要があります。

あなたには、今後、幅広い知識を見につけることを求められるでしょう。


ミュージックスクールでは、楽器や演奏技術は教えてくれても、「どう集客するか」、「どう売上を上げるか」は教えてくれません。


教則本も同様です。

集客や売上を学ぶには、授業料の高いビジネススクールやセミナーに参加するか、分厚いビジネス書を読むこです。



あなたは、集客にチャレンジしますか?



3月31日(土)私は、「ミュージシャンのためにfacebookセミナー」を開き、そこで、集客の公式についてお話します。


あなたは、集客の公式を知っていますか?


ファンになるには、決められたプロセスがあります。

いきなり、「CDを買ってください。」と言っても、買ってくれません。

だからこそ、まず曲を聞いてもらいます。

では、曲を聞いてもらうには、どうしますか?

ライブやyou tube、マイスペースなどを活用します。

では、それを見てもらうにはどうしますか?


私は、このように、掘り下げて考えていくと、ある一定の公式に出会いました。

集客の公式を知れば、曲を聞いてもらえるようになります。

そして、ライブに来てもらえたり、CDを買ってもらえたりすることが可能になります。


集客ができれば、売上が上がります。


3月31日(土)「ミュージシャンのためにfacebookセミナー」にて、集客の公式について話します。
http://guitarnote.web.fc2.com/index.html


是非、ご参加ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

大関勇気さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。