2011-11-14 12:06:49

任田 教英 個展「BBit」

テーマ:レポート
金沢アートグミ特集ページ-1

野々市のギャラリー、ルンパルンパで開催中の、
任田 教英 個展「BBit」に行ってきました。

ルンパルンパはオープン以来、若手作家の企画展を精力的に行っている
要チェックギャラリー。作家さんのための宣伝やサポートもとても熱心です。

任田教英さんは、金沢で絵画の制作を続けている作家さんです。
「好み」と「独自性」が強く反映された作品が、任田さんの特徴であり、強みです。

任田 教英 個展「BBit」
任田教英によるTV ゲームをモチーフとしたペインティング作品展です。正方形のビット
によって描かれる任田の絵画作品は、少年時代、彼を夢中にさせたファミコンなどの初期
TV ゲームのイメージの世界です。しかし、これらの作品は、単にゲーム画像のパロディ
化ではありません。プレイを積み重ねた任田少年は、ついにそのゲームソフト一つ一つに
内在された世界観そのものを手に入れてしまったのです。その後長じた任田少年は、彼の
編み出した独自の絵画手法を用いて、それらの世界観をアーティスティックに表現するこ
とを試みるようになりました。つまり彼の作品は、かつて手に入れた世界観の秩序に従っ
て、創意工夫をこらし作られた、ゲームの中ではどのステージにも見られなかった未知の
画面です。
今日の日本のサブカルチャーの元になっているものの一つに、80 年代~ 90 年代初期に花
開いたTV ゲーム文化があります。それを支えたのは、ゲームクリエイターだけではなく、
当時ゲームに夢中になった日本中の少年たちでした。その少年の一人であった任田は、日本
のサブカルチャーが産み出した新しいタイプのアーティストです。

ルンパルンパ プレスリリースより

金沢アートグミ特集ページ-2

任田さんの作品は、過去のゲーム作品の世界観を彷彿とさせる、
いわゆる「ドット絵」の特徴を持っています。

限られた解像度や色数は、かつてのパソコンやゲーム機で
まだ今のように大きな容量の情報を扱えなかった時代にやむなく生み出された表現。
しかし、キャラクターの大胆なデフォルメや独特のデザインに魅力を感じる人も
ファミコン世代を中心に少なからず存在しています。
昭和後期~平成初期の「近過去」への郷愁も、そこには含まれているかもしれません。

ファミコンなどの初期TV ゲームのイメージの世界」は、
現実の世界に、ゲーム、視認性、キャッチーさ、
そして機材のデータ容量やソフトの解像度、制作側の条件などの、
目的と制約のフィルターをかけて生み出されました。

本来の目的やルールから解き放たれたゲーム絵の世界には、
マジカルで自律的な「力」があります。
まるで、それ自体で律動し、増殖しながら現実世界を呑み込み、
読み替え、変換していくような力は、作品の上部が「バグ」に浸食されている新作で、
特に感じられます。(写真:下)

金沢アートグミ特集ページ-3

この世界は何を指向し、どんなルールを作り出していくのか。
変換され、パラフレーズされることによって、現実世界から何が消え、何が残るのか。
大人になって、家庭用ゲーム機ではなく自分だけの「世界変換機」を手に入れた任田さん。
これからどんな世界を吐き出していくのか、とても楽しみになった展覧会でした。

BBit      任田教英個展
会期      2011年11月5日(土)~11月20日(日)
会場      ルンパルンパ 
時間      11:00 – 20:00
定休日     水曜日
入場料     無料
住所     石川郡野々市町本町1-29-1 スマイリー1F
電話番号 076-287-5668
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

金沢アートグミさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。