むいている職業…。

テーマ:

「Artistになればイイんじゃない。」




今日言われた衝撃の言葉。

その人が動けば政治家の一人や二人作る事が出来るくらい

凄い人に会いました。それくらい行政に力を持ってる人です。

そして教育委員会にも影響力を持っていて、

現在本業は建設業の経営者という…とんでもない人です。


若くして世の中を渡り歩いて、社会と上手く付き合って

いく事を、知り尽くしている方でした。



そんな方と話していたら、「君は芸術家向きじゃないの」と言われ、

見るからにそんな顔をしている、と…。

これまで、恐ろしいほどの社会経験をしてきたその人の言葉には

とても説得力がある。…なんか、怖い感じだった。


「なぁんか、人とは違う雰囲気じゃない。独特っていうか。

人のためにホントにモノを作りたいの?自分の表現したい

モノを極限まで追い求めてみたらイイじゃない。」




ArtistとCreatorは別物だと、俺はずっと教えられてきた。

自分の感性で自分の好きな表現を追い求め続けるのがArtistで、

そこのビジネス的要素は求めない。

Artistで生きていくには、パトロンがいなければ成り立たない。

Creatorはクライアントの求めている者を創るために制作活動をする。

人のために動くから、そこにはお金が発生してビジネスが成り立つ。


俺は創る事で、満足できる人間じゃない。

俺は昔から、それを人にあげたりして、喜んでもらう事が好きだった。

人のために何かを創る時がとても楽しくて、

そこに"相手"が存在するから、制作に本気になれる。

…だから、学校で創る作品はいつもイイものが出来上がらない。

誰かのためにってのがないから。


そんな性格を汲み取ってくれたのが、今の社長だった。

芸術家を育成する大学に入ったのはいいけど、

お前は本当に芸術家になる事を望んでいるのか、と。



「お前はArtistというより、"人のため"があるCreatorなんじゃないか。」



それで、今の仕事をさせてもらっている。

クライアントがいて、その要求に合わせて何かを作るCreatorの仕事。


でも、今回そんなオオモノに、世間を上手に渡っていけるタイプ

じゃないだろと言われて、少し困惑している。

その人に言われた言葉一つ一つは、かなり的を得ていて、

チクチクと心に刺さってきた。

確かに、まだ社会に出るコミュニケーション能力がなく、

営業やプレゼンの場で上手に話して、人付き合いを

上手くやっていく弁論術も、俺にはない。

それなら、人をベースにした仕事ではなく、自分の世界に入り込んで

制作を黙々と続けていくようなArtistの方がむいていると言うのだ。

「デザイナーとかクリエイターは自分の作りたいものを作れないだろ。

本当にそれでいいのか?せっかく君の個性があるなら、それを十分

発揮できるような自分の作品を作った方が楽しいじゃない。」






俺はいったいどっちなのだろう。


確かに自分のやりたい事が出来ないのはキツい。

個性よりも相手を常に優先させなければならない。


周りに影響されずに、もう一度自分自身で考え直してみたい。

でも、気づきや発見は行動の中からしか生まれないとも学んでいる。

黙って考えても絶対に答えは見つからないという事だ。


今はCreatorの道をとことんやってみて、その行動の中で

確かめていきたい。もし、そこでダメなら、また違う方向を

考えればいいと思う。


信じてやってみるしかない。






「まぁ、Actionをやめなければ常に発見がある。

自分を見つめなおすのも、やってみなきゃ解らないだろっ。」


と社長も言ってくれた。

とりあえず突き進んでみようと思う。Creatorの道♪

AD

InPutとOutPut。

テーマ:

OutPutの場があるからこそ、リアルに学びを受ける事が出来る。



今日はキャリアサポートセンター本部へ言ってmeetingをしました。

社会の中で経験を積むことが大切だとよく聞きます。

俺も実際に体感して思いました。確かにそうです。


知っている事とやれる事は違う


これは、東京に市場を持っていて、現在中国展開までしている

農業経営者の方から学んだ言葉です。

いくら知識理論があっても実際に指が、手が、体が動かなければ意味はない。

そして、理論を学び続けている人ほど、実践ができなかったりすると。

東京大学卒で農業研究やってた人が、その人の所に働きにきたらしいのですが、

「全く現場では使えんやつだった」…と言ってました。(笑)

テニスフォームのポイントをいくら本で読んでも、

すぐ上手くなるなんて無いよね…。

なんだかんだ言って、頭で考えた事よりも、

体で経験して覚えた事の方が実践で使えるんだよなぁ。





だから、OutPutの場が大切なんだという話だった。

レイアウトはこうして、色はこれで、サイズは…って学んだ事も、そのInPutだけで

終わってしまったら、学んだ意味が無いですよね。

何のために学んでるかって、使うために学んでるんだから。

でも、その使う場面が学校の作品じゃダメだとセンターの人が言っていました。

作品を作る事が目的で、評価のためとか、作るために作るんじゃ、

それは技術を学んでいるだけだと。=それもInPutであると。


OutPutの場は、本当の実践、社会の中での仕事として作る時の事。

知識や技術をInPutしたら、それを使う(OutPutする)場所は社会であり、

そこで初めてInPutした事を外に出せるというのです。

そして、その時、社会では何も出来ない自分に気づくそうです。

学校でいくら作品を作っていても、社会に出て、仕事として作るもの

はそんなに甘くない。知っている事とやれる事は違う…。

デザインの技術と知識と理論をどれだけ持っていようと、それを本当に

実践の場で使えるのかは別問題である。


そのために現場の経験が必要で、学んだ事を外で発揮する事が大事。

そのOutPutがあるからこそ、大学での講義を真剣に聴けるし、

実体験があるから、リアルに学びを自分のものに出来る。





でも、実際学生には実践のチャンスが少なくて、講義をサボるヤツも

寝てるヤツも多くいる。実戦経験が無いからInPut(講義)の大切さも

解らないんだと、キャリアサポートセンター課長は頭を抱えていました。

そして逆に、現場を知っている人は大学の講義のレベルの低さを知って、

余計に出てこなくなる場合もある。

「こんなの現場では通用しないんだから、やらない」って。

これも事実で大学で学んだ理論は現場では使い物にならない事も多々ある。


しかし、両方大切であるのは確かで、

どちらも全力でやるべきなんだと今日教えられた。




プレゼンの講義なんてのは、直にビジネスにリンクする内容だった。

だから、真剣に聴いたし、それを即実践に活かす事も出来た。

現在の日本のシステムでは「InPutが完全に終了してから、OutPutする」

という感じだ。大学・専門学校で完璧に学んでから、就職してやっと実践できる。


しかし、InPutとOutPutは同時進行していくのが理想だと思う。

それを実現できるのがインターンシップで、

キャリアサポートセンター本部でも去年の10月からインターンシップ活動に

力を入れ始めたらしい。

InPutとOutPutはお互いの足りない部分を補い合いながら、

更にお互いのいい所を伸ばしていく事ができると思う。






経済産業省が3年計画でスタートしたチャレンジコミュニティ創成プロジェクトも

今年度で終わる。しかし、インターンシップの必要性はなくならないと

思う。俺もまだまだ可能性にチャレンジし続けたいと思うし。




InPutとOutPutの同時進行を現実のものに出来るインターンシップが

もっと日本で当たり前になればイイのにと思う今日この頃でした。

AD

デザイナーとは。

テーマ:

デザイナーの仕事って常に自分との戦いな気がする…。


最近、仕事をしながらそう思う。




俺はまだまだ19歳のコゾーで、社会からみればただのアマちゃんらしぃ。

プロのクリエイターとか現役経営者の人達に会って話しをしていると、

自分なんてまだまだだなぁって、思い知らされる。


デザイナーは完全なるビジネスマンです。

クライアントの要求が全て。

それに100%応えるために、ものを作るのです。

だから、俺はまだまだらしいんです。こう言われました。

「デザイナーに自分の表現や思いなんて無いんだよ。」




………重い。(笑)

重く深い言葉でした。

自分のしたい表現だとか、自分の伝えたいものとか、そんなものは表に出してはいけない。

相手がしたい表現、相手の伝えたいもの、相手の好きな色、相手の意図したレイアウト…。

その人から“仕事”として、デザインを受注している以上、

デザイナーが作るものは、頼んできたその人が作りたいものなのです。

決してデザイナー自身が作りたいものではない。

クライアントの気持ちがデザイナーの全てです。そこに“自分”を出してはいけない。


プロは、そうやって社会の中で働いているそうです。

うちの社長もよく言っています。

「仕事は人のためにするものだ。」と。

自分のためにするものは全て趣味で終わる、「人のため」ってのが仕事だと。

そう考えるとデザイナーは本当にビジネスマンで、

人(クライアント)のためにものを作っているだなぁって痛感しました。


自分の表現が作品に入っている俺は、まだまだデザイナーにはなりきれていないみたいです。




友達に、そんな話をすると、

「そんな人達と話せるだけでも凄いじゃん」

と言ってくれた。


…確かにそうかも。実際、デザイン会社の社長さんとなんて、

普通に学生やってたら会う事も出来ない。

そういう経験を出来て、気づく機会を得る事が出来ているだけでも

俺は幸せ者なのかな。





そんな未熟者だって解った俺にも、仕事はある訳で…。

いつか俺に教えてくれたプロの人達に追いつけるよう、

今ある仕事を精一杯、本気でやっていこうと思います。


デザイナーは自分との戦い。

「どれだけ“自分”ってものを押し殺して、相手のために仕事が出来るか。」


これが今回学んだ事です。

AD