みかんの皮は適当にむけばでたらめな形にむきあがります。

しかし説明通りにむくなら驚くほど精巧な形に仕上がります。


人生や夫婦の関係もそれに似たものがあります。


このブログがみなさんにとって最高の人生をむきあげることの手助けになればと思います。

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ  にほんブログ村 家族ブログへ   .

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-01-08 17:13:00

親がしゃべれなくても3ヶ国語は大丈夫

テーマ:子育て
改めて考えると、本当にだまされていたと感じる事は
語学学習です。

いいたいことはいくつもありますが、

今日、書きたい事は
小さな子供に語学を教えるのに、親がその言語が出来る必要はありませんし、お金を投資する必要もないということです。

私の子供たちは3人とも三ヶ国語を話します。(日、英、西)

ですから、子供は誰だって出来るようになりますよ!

と力説しているのですが、

おたくは両親とも三ヶ国語を話しますからね~

などと言われては、説得力にかけてしまいます。

それで、はじめたプロジェクトは

親が話せない言語でも、子供が習得できるかどうか・・・ということで

子供に中国語を教え始めました。

その方法は、ただ、DVDを見せるだけ~

かれこれ2年が経とうとしていますが、その成果が十分上がっているように感じます。

それでちょっと思ったのですが、

あらゆる言語の中で、子供の早期教育が有効なのは(しかも親も出来ない言語を教える場合に)
中国語ではないかと思います。

というのも

中国語難易度の点では2つの極端な言語です。

発音について言うなら、メジャーな言語の中ではもっとも難しいものでしょう。

しかし、文法について言うなら、もっともやさしい部類です。

文法は大人になってからでも習得できますが

発音はそうではありません。

けれども、発音というのは、子供にとってなんの問題も無いものですから

とにかく、小さいときにその発音に慣れさせておけば

たとえ、子供の時にはたいして生きた会話に接する機会は無かったとしても、

大人になってから、自分で語学を学ぼうと思ったときにも、(文法そのものはやさしいのですから)驚くほど簡単に中国語を習得できるのです。




AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>