みかんの皮は適当にむけばでたらめな形にむきあがります。

しかし説明通りにむくなら驚くほど精巧な形に仕上がります。


人生や夫婦の関係もそれに似たものがあります。


このブログがみなさんにとって最高の人生をむきあげることの手助けになればと思います。

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ  にほんブログ村 家族ブログへ   .

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-09-20 13:22:04

ブドウの最高の食べ方に見る人生の指南

テーマ:雑感
ぶどうの皮、どうしてる? ブログネタ:ぶどうの皮、どうしてる? 参加中

私の家でもっとも一般的に食べられているフルーツはみかんを別にしたらぶどうです。
とはいえ、干しぶどうという形ですが。

生のぶどうを食べる際に問題にあるのが皮の処理。

最初にヨーロッパに行ってびっくりしたのは
みんなぶどうを皮ごと食べているということ。

でも良く見たらヨーロッパで一般に食されているブドウは皮が薄い、しかもはがれにくい。
したがって必然的にブドウを皮ごと食べることになります。

でも、日本の通常のブドウはそうはいきません。
というわけで、皮をむいて食べることになるのですが、
これがまた、面倒です。

面倒なだけならまだいいのですが、皮をむくときに、実もすこしはがれてしまうのですが
実のその部分が一番おいしくて甘いのです。
というわけで、皮をむいて食べるのは非常にもったいないのです。

しかし、それを解決するいい方法があります。
それは、実を凍らせるのです。
特に巨峰を食べるには特にこの方法がベストです。

凍らせてから、表面をぬるま湯にさっとくぐらせると、あら不思議、皮の部分だけがするっとむけるのです。
凍っているので実を包丁で切り刻むことが出来ますし、種ありブドウでも種を取り出しやすいです。
この刻んだ実を、味の付いていないプレーンのヨーグルトと絡めてたべると大変おいしいです。
ぜひお試しください。

このように、ちょとした工夫だけで、これまで不可能だったことが可能になります。
私たちの人生にも同じことが言えると思います。

凍らせると言う行為は、それまで、区別があいまいだった実と皮をはっきりと分けさせます。

動揺に私たちの多くの問題も、スピリットと心の区別があいまいだったために、感情にスピリットが引きづられたりして、余計複雑になってしまうのですが、それらが区別されるときに、より扱いやすくなり、問題の解決が与えられるのです。

聖書に次のような言葉があります。
神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。(ヘブル人への手紙 4:12 )

聖書を読むときに、それによって私たちの心の中のもやもやが晴れてくるのです。


AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>