2大展覧会とペルー料理

テーマ:

ゲストのさやかさんと、国立新美術館にて「ルノワール展」と「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち展」を続けて鑑賞しました。
これだけ大きな2つの企画展を同時開催できるなんて…国立新美術館の規模に驚きます。
どちらも大変な人気で平日にも関わらずお客様も多く、展示されている名画の数々に心躍りますきらきら

 

 


ルノワール作品の穏やかで暖かい色使いに心が癒されます。ルノワールの時代の女性ファッションは今見てもオシャレ。こんなに美しいドレスを身にまとって過ごせたら優雅でしょうね。女性の作品を見るたびに、ゲスト様がドレスをお召しになった姿を想像して惚れ惚れしていました。
高校生の頃に母と一緒にパリへ旅行をした際、オルセー美術館に立ち寄りました。当時オルセー美術館にて鑑賞をした作品のいくつかが来日していて、日本でも鑑賞出来たことがとても嬉しく感動しました。


ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち展は大迫力!!
写実的で細部まで描かれた筆使い。どうやったらこんな風に描けるのか不思議です。宗教を題材にした作品が多く並びます。その中で、ティツィアーノ・ヴェチェッリオの大作「受胎告知」は天井にくっついてしまうのでは?と思う程、大迫力でした。


2大展覧会を見て心を満たした後は、お待ちかね、お腹を満たす番です(*^0^*)ハート
この日のお夕食は、乃木坂にあるペルー料理の「ジャイタイ ナスカ」さん。ペルーの家庭料理を味わえるお店です。

 


ジャガイモにクリームソースをかけた「パパ・ア・ラ・ウァンカイナ」や、豚の三枚肉をからっと揚げた「チチャロン」。見た目はこってりとしていますが、食べてみるとあっさりとしてペロッと完食してしまいました。海老のスープはじみ深い味わい。どのお料理も美味しかったです(*^ω^*)

 

 

 


ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち展は10月10日まで開催中です。ルノワール展は会期終了となりましたが、9月14日よりダリ展がスタートしました。六本木に伺う機会がございましたら、国立新美術館にも足をお運びになってみてはいかがでしょうか。

 

 

AD