マッドなうぃっちさんのブログ

オンラインゲーム『マビノギ』タルラークサーバーにて活動するマッドなうぃっち・キャスタリアのブログです。

タルラークサーバー6chで活動しているギルド【Divisionbell】ギルマスのギルメンに向けたギルマス公式ブログでございます。


テーマ:
ギルマス・サブマス共にリアル多忙の中3月に入ったので、早速ギル

ド機関紙を書いてみる。


ギルドミーティングの検討の結果、今回も募集をする!という意見多

数だった為に募集をかけたが・・・トントン拍子に3人決まったが1

名はすぐ脱退、しかしまた1名体験だが加入を頂いたので、募集はこ

れにて再び終えるものとする。


体験さんが残留か脱退かで、また追加募集はかけるが・・・そろそろ

Divisionbellもおいらがカバー出来る最大数のメンバーに到達したか

な、と思っている。一部ギルメンやサブマスには常々話しているが、

誰もが気さくに語り合えること・・・今の雰囲気が維持できる程度

は募集をするが、それ以上は募集はしない。これは前にも書いたと

思うが、隠れ家的バーみたいな雰囲気を大事にしたいという、おい

らの願望である。知る人ぞ知る、がいちばんいいのだ。活気を出す

ために人を入れる・・・当然の事だろうが、果たしてそんな一時し

のぎのカンフル剤注入だけでギルドは持つのだろうか?と甚だ疑問

を呈したい。ギルメンの入れ替わりが激しいギルドほど、居心地の

悪いとこはない・・・おいらはそう考えている。それに、ギルメン

がギルメンを把握できないほど、この人誰?では困るのだ。そんな

ことをすると、少しずつ糸が綻び始め・・・常にギルド募集をしな

いと人が定着しないという、プレ板でよく見かける常時募集のギル

ド様を思い浮かばずにはいられない。


ギルマス・そしてサブマスがしっかりしないと、ギルドの屋台骨は激しく

揺れるし、ギルメンもそんなギルドを見限って離脱する。ギルマスも今

回は本当に反省をして、ぴあののin率を極端に下げ、まずは

Divisionbellありき!の姿勢に移行したが・・・本当にオモロイ奴らが

集まったものだ。

昔と違い、色々制約を加えての募集だが、それでも加入を希望する人

はいたし、ギルドを楽しんでくれている人もいるのは紛れもない事実

だ。


そしてギルマスが注目したのは、合同イベントが終了して週末のギル

ハン以外に何もない空白期間に、ギルメン提唱のギルド内イベントを

行いそれが大成功に終わったことだ。更に注目すべきことは、他のメ

ンバーのそのギルメンプロデュースギルド内イベントを企画しようと

いう事だ。今までのギルドでは、ギルマスやイベ大好きなメンバー中

心でイベントを開催・運営していたが、今回はギルメンが自分で司会

・運営・賞品提供までしてくれたことだ。ギルマスも一メンバーとし

て大いに楽しませてもらったし、これなら毎月やってもいいな!と思

わしめた事は、特筆に値する。


ギルメンの自主性・・・とても大事な事である。昔の話だが、ギルマス

が放浪していた頃、入っていたギルドでギルイベがあり、トーナメント

を行ったのだが・・・。おいらは良かれと思って、何度もやった経験を

活かして、進行やトナメのやり方等を説明し始めたのだが・・・そこの

ギルマスから、あまり出しゃばらないでくれ!とメッセが飛んできて閉

口したことを思い出した。まぁ、そのギルマス、特定のギルメンと活動

chと違うchでいつも一緒だったしなwあとから聞けば直結厨と聞い

て、納得してしまった。無論、そんなギルドからはさっさと抜けたが、

かなりのメンバーも続々抜けてギルドは崩壊したと、風のうわさでき

いた。


ギルマスがワンマンでもいいが、それをギルメンが納得するなら問題

ないだろうが、普通は色々問題が起こるだろう。楽しむためにギルド

に加入して、ギルマスの一言で黒にも白にもなっては・・・ねぇ。

おいらが会話を大事にするのは、会話の中からその人の考え方や今

の心理状態などを探り当てるという伏線もあるからだ。ギルチャを

して、

『おや、この人今日はいつもと違うな・・・。何かあるんだろうか

?』

と考えて、さり気なく探りを入れてみて問題を見つけてみたり・・・。

リアルで顔を合わせられないからこそ、会話の中からギルメンの様子

をしっかり見定める事が、ギルマスとしてギルドの運営にとても大事

な事ではないか?と思っている。トークに始まり、トークに終わる。

リアルの話になるが、会社でもそうだ。かなり絶望的な忙しさで凹み

そうになるが、何気ない馬鹿話でみんながドッと笑い、よし!またや

るか!!という流れになって苦しい状況でも乗り越えられる・・・。

そういう経験をしているからこそ、ギルチャを大事にしている。サブ

マスも十二分にそれを承知してくれているし、その御蔭で、ギルメン

同士でギルチャしてくれる場面も多々見られるようになった。入って

間もないメンバー同士でのトークは、思わず目を細めている。間違い

ではなかった、そんな光景を見てギルマスは感慨深くなってしまうの

ですよ、奥さん。


相変わらずの長さだが、いつものことだwギルド内イベントは好評だっ

たことから、ギルド内というお手軽さから、月替りでやっていいと思う。

私が企画したい!という人がいれば、企画はすべてお任せしたいとお

もうし、賞品の予算が・・・ということなら、ギルマスが相談に乗る

さ。


大事な事は、強制されてやるイベントではないこと!あくまでも自発的

であること!これが肝である。合同イベは最早必須イベントとなってし

まったが、規模が大きいだけにギルマス同士で打ち合わせもあること

だし、おいそれとは出来ないが・・・ギルド内ならギルメンの交流を

更に温める事ができるし。ギルマスは大いに賛成である。


やっぱり長くなったが、今月もミーティングを行う。新メンバーは初のミ

ーティングだろうが、忌憚なく自分の思ったこと、感じたことを言って欲

しい。それが、ギルドの更なる活気に繋がるのだし。体験さんは、期間

内でギルドの雰囲気をじっくり味わって欲しい。それが水を得た魚にな

りえるか、やはり水があわなかったと出ていくかは自由だ。引き止めも

しないし、そんなことをして遺恨を残すなんて三流以下だしな。


今月の予定はミーティングとひょっとしたらギルメンさん主催イベントが

あるかも・・・だな。週末は先週逝けなかったドラゴンレイド、そしてペ

ッカ上級攻略戦、そしてそろそろロードや武道も逝かずんば・・・だし

な。

浄化・・・はフェスティバルフードを『忘れずに』用意して挑むことが

肝要だなwwwwwあとは、突発的に捜し物がある場合はウルラD攻略

も視野に、今月も自分を楽しみ、ギルドを楽しみ、マビを楽しんでいこ

う!
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
はいっ!最初から参加したメンバーも、途中から参加したメンバーも、

参加できなかったメンバーも改めてお疲れ様!ギルマスだ。

さて、今回行ったミーティングの内容を議事録という形で可能な限り簡

潔に報告しておく。


1. 茉莉花撫子さんが無期限でマビ休止に入りました。インすることも

あるが、全く無反応なので嫌な気分にならないよう前もって全メンバー

に告知しておく。

2. 2/22開催のギルハンは、メンバーの集まり具合をみてどこに逝くか

決める。但し、ぺ↑に行きたくてもこの日にインできないメンバーが居

るので、ぺ↑は除外とする。なお、ドラゴンレイドの場合はギルメンさ

んの好意で黒ドラ2枚提供の申し出あり。レイドに限り、フレさんの参

加大歓迎!!

3. 美波紫苑さんが3/2(日曜日)2100~に自主イベントを開催。内容

は当日のお楽しみ!!

4. 再びギルメン募集を開始(3名)それに関連して以下の事項を追加

・追記を行う。これはギルド規約にも明記する。

 * ギルメン募集時・応募者が来たらギルマスはギルメンに応募者の

   照会を取ること。ギルメンと応募者の間に問題がなければ、面談

   GOメモをギルマスが送ることとする。

 * 募集文のメンバー数は実働人数(実際に動いているメンバー数)

   と平日夜にインしているメンバー数を併記し、【深夜組(0000

   ~以降でもインしているメンバー)】が多いことも明記する。

 * 面談のメモを送る際、応募者に面談会場にギャラリー(ギルメン)

   が来ることを予め伝えておく。

 * 募集要項に次の文を書き加える事とする。

   ※音声メイン(VC【ボイスチャット】等)でマビをされる方は

    大変申し訳ありませんがお断りさせて頂きます。当ギルドはギ

    ルドチャットを重視するギルドですので悪しからず。

   
   ※体験入会も出来ますので、まずは体験でギルドを肌で感じ取

    る!という方法も可能ですよ!面談時にお申し出下さいませ。


あと、サブマス提議で【しろつめ草の野望~エ・リ・ン・版~】を計画中。

詳細はサブマスに聞くべし!!


以上がミーティングで決まったことである。各自、確認をお願いする!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さて、肩が凝り始めたので寝る!と称したはいいが、面談→歓迎会の

興奮からか数時間で目が覚めて寝られなくなったギルマスが微妙な

時間に起き出して、ニコ動でウルフチームの【轟】というWW2ゲ

ームのサントラを聴きながら今月号のギルド機関紙を書いているわ

けだが・・・。

早くも2月に入ったが、先月募集してギルメン3名の加入を受けたが1名

だけ脱落したものの、残る2名のメンバーが安定してギルドに定着しつ

つあるということは、サブマスやギルメンの奮起努力の賜物他ならない

とギルマスとして頭が下がる思いで一杯だ。無論、ギルドを楽しんでく

れている新メンバーにも絶大なる謝意を表したい。

【ギルドとは、楽しくなければギルドではない!】がおいらの持論でも

あるし、ギルドのありのままの姿を募集文に書き表すことで同じ考えの

方が話を聞きに来てくれる・・・そう考えてHPの紹介も含めた募集文

にしてからは、ギルメンと新メンバーの波長が高確率で合致してくれて

いることは、ギルドミーティングやHPの効果は絶大であるなと考えて

いる。しかし、それ以上に安定したin率でギルメン達を不安にさせな

いこと。ギルマス・サブマスあってのギルドである事は、殊更この1ヶ月

で痛感させられた。それ故、大人のひよこギルドに在籍していたジャイ

を再びDivisionbellに戻し、代わりに5人目のサブ(!)エルフをひよ

こに送り込んだ。

ギルマス自身も息抜きの時が欲しい時はある。しかし、ある程度の我

慢は必要である。サブマスが八面六臂の動きを見せる今、ギルマスが

座して見ているわけにはいかないのは自明の理である。かつての原点

である【ギルマスはギルドのエンターテイナーである】、

これに立ち返る時が今じゃないか?それをサブマスは暗においらに対

して示してくれた。

それはギルメン共通の思いでもある。無論、横の繋がり(ギルド同士の

連携)を声高に叫んでいるし、それも平行して行わなくてはいけない。

しかしだ、ギルメン募集をかけている以上はギルドに参加してくれた新

メンバーが一日でも早くギルドの中軸メンバーになってくれる・・・

つまり安定したin率を誇る頼れるギルメン・・・事を達成するために

は、まずはギルマス・サブマスの存在が不可欠である。そしてムードメ

ーカー・・・。既にギルマスがそれに該当している『らしい』が、

この存在の有無で会話も成り立つし話題も泉のごとく湧き上がる。

何事もまずは会話ありきであると思う。お通夜みたいなギルチャに未

来など見いだせない。インしてきて、ぽそっとした会話が始まり、そ

れに火がつき始めてギルチャが盛り上がってそれが大きな波になる。

その波はインしてきたメンバーをも巻き込んで全体を一体化していく。

人とは楽しいことに必然的に惹かれるものだ。会話が楽しそうなら絡む

のが人の性だ。おいらはそこを注目している。会話に参加することで無

意識のうちに仲間意識が芽生える。これが狙いなのだ!初めてのメン

バーはやはり緊張して会話にも参加できないし、絡みづらいのは至極

当然である。そこをしっかり汲み取って会話への参加の後押しをする

のがギルマスであり、サブマスである。きっかけさえ作り、話題に乗

ってしまえば、よしそれじゃどこか逝こうか!と状況に応じてギルハ

ンの流れを醸成できる。共に狩りをすることで更なら仲間意識が芽生

える。遠慮なんか要らん、大いに楽しめ!!そういうギルドの気風が

拍車をかけさせて知らず知らずギルドの礎たるメンバーが増えていく。

これこそ、【人は城、人は石垣、人は堀】である。武田信玄麾下の武

田二十四将の顔ぶれを見れば一目瞭然である。知らず知らずにその

気にさせる手法、微妙なさじ加減が必要だがリアルでの微妙な人間関

係を渡り歩いているおいらにとって、ギルドでもいい修業の場なって

いる。またギルドの経験が会社で活かせられることもしばしばなのだ。

大事な事は人に強いるのではなく、その気にさせること。豊臣秀吉が

人誑し(ひとたらし)たる所以はそこだ。そういう事が出来たから、

農民の小倅から天下人にまで上り詰めたのだ。たかがギルド、しかし

されどギルド。タルラークサーバー一のギルド!なんて烏滸がましい

野望は抱いてはないが、他のギルド様とは明らかに何かが違う!

事を内外に示すことにおいらは心を砕いている。だから、日々の経験

から色々学び、それをフィードバックしている。機関紙の初期の頃と

比べたら書いている内容もがらりと変わっている。これも試行錯誤を

繰り返した結果である。まずは内面を固めつつ、徐々に外部へと打っ

て出る。提携ギルドとの交流も平行して行えれば、よりグルーバルな

視野に立った行動や考えができるし。

そして今月はいよいよ第2回合同イベントだ。宿願でもあったファッ

ションコンテストを遂に開催するのは万感の思いがある。これを成功

させ、次に繋げること。他ギルド様との共同開催だけに、色々と真価

が問われるが1回成功したという自信が各ギルドにはある。また、その

為の合同ギルハン等で親近感も養いつつある。楽しいことは目一杯!

そしてみんなで楽しめば更に楽しくなる!

おいらも仕事の多忙具合でインできないこともあるが、顔を出すこと

で安心感を与えることも大事だなと感じている。決して無理はしない

し、もう出来ない身だw今は入ってくれたメンバーが、やっぱり

Divisionbellに入ってよかった!と言わしめるように全力で動く、

ただそれだけだ。

あと、ギルドミーティングは募集定員に達した後に行うので、

ギルメン各位にはメモにて追って連絡をする。公式イベントもこれ

からどんどん来るだろうから、大いにギルドを利用する便利じゃん

して欲しい!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。