エ ジプトで猫の姿の女神発掘 プトレマイオス朝で初
AD

アメリカでベストセラーとなった児童 文学「パーシー・ジャクソン」シリーズを、「ハリー・ポッター」シリーズの第一弾と第二弾でメガホンを取ったクリス・コロンバス監督が映画化した奇想天外 なファンタジー・アドベンチャー『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』のメインキャストが明らかになり、そのビジュアルが公開された。その中で目を 引くのはなんといってもスーパーモデル並のスタイルを持つ『キル・ビル』のユマ・サーマン演じるギリシャ神話に登場するヘビの髪の毛を持つメドゥーサだ。

メドゥーサは、ギリシャ神話に登場する怪物でゴルゴーン三姉妹の一人。語源は女支配者という、ものすごいパワーの持ち主だ。見たものを石に変える魔力を持 ち、海の神ポセイドンの愛人。監督のクリス・コロンバスも「ユマは世界最高の美女の一人だが、恐怖と脅威をも引き起こす女優。彼女は人を動かす力があっ て、自分の目を見させるように誘惑できた」とユマがメドゥーサのイメージピッタリであると称賛している。

また、半神半馬のケンタウロス族 の賢者ケイロンに『007』のボンドを演じたピアース・ブロスナン。ピアースは蛍光性のスパンデックス製レオタード姿というかなり恥ずかしい格好のまま撮 影を行っていたとのこと。ピアース・ブロスナンはそのことを「かなりの度胸が必要」と語っている。自身の息子たちもこの原作の大ファンだという。

そのほかゼウスに『ロード・オブ・ザ・リング』のショーン・ビーン、主人公のパーシーを演じるローガン・ラーマンは、その演技力と容姿から次世代のファンタジー映画を担うハリウッドの実力派若手として注目を浴びている。

物語はギリシャ神話の神の息子であると告げられたアメリカの寄宿学校生、パーシー・ジャクソン(ローガン・ラーマン)が仲間とともにゼウスの雷撃を探す旅 に出ることになるところから物語は展開。予言の神は4つの神託を下すが、旅の途中にはオリンポスの神々との出会いや敵との戦いが待ち受ける。

映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』2010年2月26日(金)よりTOHOシネマズ スカラ座ほかにて全国公開

【関連情報】
映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』オフィシャルサイト
映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』
アメリカでは「ハリー・ポッター」より売れている児童書!「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」の映画が上陸!
ギリシャ神話を題材にした人気児童書の映画化作品にピアース・ブロスナン、ユマ・サーマンが出演
ユマ・サーマン、婚約者の支配的な態度が婚約解消の理由?

http://news.livedoor.com/article/detail/4554061/
AD

ジョセフ・キャンベルの神話理論とある映画大作 ~ 神話のミーム

古今東西、
数々の英雄伝説や神話がある。

その英雄伝説の研究として有名なのは
神話学者ジョセフ・キャンベルである。
http://kuwadong.blog34.fc2.com/blog-entry-398.html

言霊(心豊かに、言葉を生み、人生を潤す)

************************

ジョゼフ・キャンベル

ジョゼフ・ジョン・キャンベル(3月26日,1904生 ー10月30日,1987没)はアメリカの神話学者,作家,講師で比較神話学及び比較宗教学の分 野での功績において最も良く知られる.彼の研究は多岐にわたり人類の知識のあらゆる側面に及び,また彼の哲学はよく彼自身の言葉;「汝の至福に従い給 へ」("Follow Your Bliss"),と同一に認識される.
http://ogi.cbc-net.com/?eid=44

SYSTEMS WILL FAIL


************************

ジョセフ・キャンベル
『千 の顔をもつ英雄』上下
1984 人文 書院
Joseph Campbell : The Hero with a Thousand Faces 1949
平田武靖・ 浅輪幸夫 監訳


超有名な本。有名になったのはいろいろ理由がある。
俗っぽいところからいうと、ジョージ・ルーカスが大学でキャンベルの授業をうけて大いに感動し、その英雄伝説の基本構造を『スター・ウォーズ』3部作に そっくり適用して大成功を収めた。何が基本構造であるかは、あとで述べる。
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0704.html

松岡正剛の千夜千冊

***********************

ジョーゼフ・キャンベルの本から懇々とインスピレーションが湧き上がる

あのスターウォーズに影響を与えたとされる神話学者(神話の比較)のジョーゼフ・キャンベルの本に夢中だ。というか、読むほど実際に身の回りに変化 が起こる体験を繰り返している、特に連絡の滞っていた目上の師や精神的な友人たちから連絡がかかってくるようになったり、流れが動き出した。

http://seeker.air-nifty.com/weatherman/2009/03/post-3194.html

weatherman

************************

スター・ウォーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スター・ウォーズのロゴ

スター・ウォーズ』(Star Wars )シリーズは、ジョージ・ルーカス が温めていた構想を元に映画化された、スペースオペラ の代表作であり、SF 映画 の金字塔である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BA


************************

ス ターウォーズ Ⅰ ~ジョゼフ キャンベル神話学~

■ジョージ ルーカスの秘密■
映画『スターウォーズ エピソード3 シスの復讐』が好調だ。この作品は、ゲームソフトや、キャラクターの版権ビジネスも同時進行しているので、世界的な成功をおさめることは間違いない。 ジョージ ルーカスが他の映画監督と決定的に違うのは、キャラクタ版権へのこわだりにある。そして、この版権こそが、彼に巨万の富をもたらしたのだ。スターウォーズ の過去5作で、グッズの売り上げは映画の興行収入の2.5倍にもなり、もうすぐ1兆円という額である。映画の世界ではありえないこの歴史的記録こそが、彼 の正体を言い当てている。ジョージ ルーカスは商売上手なのだ。

http://www.benedict.co.jp/Smalltalk/talk-6.htm


■神話学者ジョージ ルーカス■
著名な神話学者ジョーゼフ キャンベルは、「わたしはスター ウォーズが大好きだ」と公言していた。ジョセフ キャンベルは、映画スターウォーズの世界に、神話の本質を見出したのだろう。
スターウォーズ第1作(エピソード4)で、主人公のルークとその仲間が、巨大なゴミ捨て場に落ちるシーンがある。そこには、水がはられていて、その中に 怪物が潜んでいる。ジョセフ キャンベルは、水は無意識を意味し、水の中の生き物は無意識の領域に閉じこめられたエネルギーをあらわすという。この無意識のエネルギーは、強力で危険な ので、意識でコントロールしなければならない。そして、この行為こそ英雄の重要な試練であると説明している。この『無意識の巨大なエネルギー』については ユングも言及しているが、ジョセフ キャンベルはこれを神話における英雄の試練と結びつけている。ジョージ ルーカスがそこまで考えて、このシーンを撮ったとすれば、この映画の見方もずいぶん変わってくる。

http://www.benedict.co.jp/Smalltalk/talk-7.htm


ベネディクト・ロゴ


AD

北欧神話

テーマ:

北欧神話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

北欧神話の神々は死ぬ運命にあるため、最終戦争であるラグナロク まで老いることのないよう、イドゥン黄金の林檎 を食べなければならない。1890年、J・ペンローズ作

北欧神話(ほくおうしんわ、アイスランド語 Norræn goðafræðiノルウェー語 Norrøn mytologiスウェーデン語 Nordisk mytologiデンマーク語 Nordisk mytologi)とは、キリスト教化 以前のゲルマン人 が持っていた神話ゲルマン神話 )のうち、ノルウェースウェーデンデンマーク およびアイスランド に伝わっていたものの総称。普通、フィンランド神話 とは別系統のものとされる[1]

神話は主にキリスト教化以前に存在した現地の宗教、そして北欧神話の文書としての典拠が大多数集められていた地、アイスランド に定住していた人々を含む、スカンディナヴィア 人の伝説と信仰で構成されている。北欧 以外のゲルマン人は、早くからキリスト教化されたため、民族独自の神話思想 を示す書物がほとんど残っていない。そのため北欧神話は、年代の古い一般的なゲルマン・ペイガニズム が最良に保存された訳書であり、ゲルマン人の古来の習俗や精神を理解する上で貴重な資料となっている。このゲルマン・ペイガニズムは、アングロ・サクソン 神話と極めて密接に関連した内容を含んでいる。ゲルマン神話は、初期のインド・ヨーロッパ神話から発展したものである。

北欧神話は北ゲルマン民族によって共有されていた信仰や物語の集約である。神話は詩の形で口承により伝えられ、現在人々が持つ神話についての知識は主にスノッリ・ストゥルルソン により書かれた『エッダ 』や、キリスト教化中またはその後に書き下ろされた、中世における他の版本に基づいている。北欧神話は基本的に古ノルド語 で著わされているが、『デンマーク人の事績 』などラテン語 で書かれたものもある。

北欧神話の中にはスカンディナヴィアの伝承の一部となったものもあり、現在まで残存してきた。その他は近年、ゲルマン・ネオペイガニズム として再考案・構築されている。ステージでの上演劇や映画に同じく、神話は現在も様々な文学での着想として残されている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%AC%A7%E7%A5%9E%E8%A9%B1

ゾロアスター教

テーマ:

ゾロアスター教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この項目には、一部のコンピュータや一部の閲覧ソフト で表示できない文字が含まれています(詳細 )。

ゾロアスター教(ゾロアスターきょう、英語:Zoroastrianism、独語:Die Lehre des Zoroaster/Zarathustra、現代ペルシア語:دین زردشت [Dîn-e Zardošt])は、古代バルフ(Balkh、ダリー語ペルシア語 بلخ Balkh )の地に始まる宗教 である。バルフ は現在のアフガニスタン 北部にあり、ゾロアスター教の信徒にとっては、始祖ザラスシュトラ が埋葬された地として神聖視されてきた。

ゾロアスター教は、二元論 を特徴とするが、善の勝利と優位が確定されている宗教である。一般に「世界最古の一神教 」と言われることもあるが、これは正しくはない。ゾロアスター教の中では、アムシャ・スプンタ など多くの神々が登場する。開祖はザラスシュトラ(ゾロアスター、ツァラトゥストラ)である。その根本教典より、アヴェスター の宗教であるともいえ、イラン古代の宗教的伝統の上に立って、ザラスシュトラが合理化したものと考えられる。

光の象徴としての純粋な「火」を尊んだため、拝火教(はいかきょう)とも呼ばれ、また祆教(けんきょう)ともいう。他称としてはさらに、アフラ・マズダー を信仰するところからマズダー教の呼称がある。ただしアケメネス朝の宗教をゾロアスター教ではないとする立場(たとえばエミール・バンヴェニスト )からすると、ゾロアスター教はマズダー教の一種である。パーシ(パールシー)教徒とも呼ばれる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BE%E3%83%AD%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E6%95%99