歴史を描く油彩画家、柳澤多恵ですニコニコ音譜



本当に久しぶりで、約2ヶ月ぶりの投稿ですえーん



巨匠のアトリエの門を叩いたと書きましたが、絵の技法ビデオの撮影のお手伝いをすることになり。



公私ともに走り回っており、ようやく心身共に落ちつきました




「音楽には巨匠の曲が必ず弾けるようになるバイエルがあるが、絵画の世界にはバイエルがない。



誰でも巨匠の絵が描ける、絵のバイエルを作りたい。」と。




食だけでなく、絵の世界にも蔓延する合成物質に待った!をかける巨匠。




100年後の画家たちに本当の材料と技法を残したい、と。




お手伝いをしていると、色=石や砂、大地なのだと改めて感じました。





蓋を開ければ、歴史に、神事に、精通されていて




「神様を描くなら土台も神様=自然でないと」と。





あぁ、この方だから過去の巨匠たちも絵の修復をこの方にと託すのだと、思いました。



目の前にある本物に何度も打ちのめされながらの撮影。

{872C0735-F574-444C-B941-537E0BFB5222}


でも。このビデオが、この一滴が、絵画界の歴史を変えるのが見える。


{1A50EC47-8E83-4799-82E8-3F360329F5AE}




きっと何世代後は、絵画も衣食住も自然に良いものにもどっている。




「私は神事と思って挑んでいる」と巨匠。




純粋な油を得る為に、ご神水を取りに行き、御礼に神社をお掃除したり。


{669530A7-2794-4E0B-8EA4-53AAA93D2FC4}



{20DC741D-CE49-49FE-981D-2782EEB48150}


真に、神事。かみごと。そんな2ヶ月でした。





描くために飛び込んだ巨匠のアトリエでまさか日本の歴史に深く繋がるとはで。




今まで、歴史を描く為に歴史も学んできましたが、全てが繋がりゆくのを感じました。




1㎜でもお手伝いできる。有り難き使命。





神奈川最古の有鹿神社奥宮から始まる海外版プロモーションビデオ。




絵の技法ビデオですが、利便性に走り、自然を置き去りにしてしまった現代人の心に訴えてきます。




本日エレメント編も公開されました。



海外版プロモーションビデオ・エレメント編


英語で書かれた日本の心。




日本人の自然を祀り大切にする姿が、世界の人々の心に種を植えられるのではないかと思います。





■巨匠たちの技法ビデオ


第一巻  「フェルメール・レースを編む女」



国内限定販売予約コーナー



俵屋工房ホームページにて。



資料提供・製作頒布認可

フランス国立美術館連合 (ルーブル美術館)

 

■La Dentellière Vermeer Johannes (1632-1675) Paris, musée du Louvre © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Gérard Blot / distributed by AMF









AD