1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2006-07-05 14:25:22

タイヨウのうた

テーマ:ブログ


夜勤明けだったのでかなーり眠い状態で中川コロナに見に行きました。

何度も予告を見てただけあってストーリは大体把握していたから、

うちで押してる作品だし 、それを確かめに見に行こうぐらいのスタンスでいったわけでした。


結果的にオススメ度は★★★★☆!!って感じです。


ストーリーはありきたり??でも泣いてしまうのです ステキな映像と歌、支えている人の愛に


重い病気を運命づけられた少女。

でも少女には社会に自分の存在を証明する手段があった。

それが「音楽。うたを歌うこと」

少女が好きな男の子はそのうたに感動し、少女を支えていく。

YUI(少女)が最後に歌うシーンは涙が止まりませんでした。(涙 。涙)

ひとつの歌が世に送り出されるまでのストーリー、

映画を見ていないで聞く『Good-bye days』と、

見た後に聞く『Good-bye days』は感じ方の密度が違った。

この1曲が世にでる重み、音楽の力

残された父、母、親友、そして彼はこの曲を通して彼女をずっと感じるのでしょう


YUIの歌い方がとても好き

感情が歌う表情で伝わってくる

鬼束ちひろ、ミスチルの桜井さんとも同じような感じ


映像も透明感があって好きな感じ

YUIが部屋の窓辺に座って弾語りするシーンが一番好きかなー


塚本高史、岸谷五朗もいいキャラしてました。

塚本くんは売れっ子になる!間違いない。


AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2006-06-21 13:46:11

マルコムX

テーマ:ブログ

1992年/監督 スパイク・リー/主演 デンゼル・ワシントン


スパイク・リー監督が、自身も尊敬する、近代アメリカきっての偉大な思想家であり、キング牧師と並ぶ黒人解放運動のリーダー、マルコムXの生涯を描いた伝記的作品。原作は、マルコムXが著わし「ROOTS/ルーツ」のアレックス・ヘイリーがまとめた『マルコムX自伝』。チンピラだったマルコムが様々な葛藤のなか自らの信念を貫き、そして暗殺されるまでを描く。



社会に対して何らかの自らの信念をかざそうとしている人はこの映画は絶対見ておくべきです。

社会起業家にオススメの1本。

このぐらい訴えかけるプレゼンができるようになりたい。


デンゼル・ワシントンかっこいい☆


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-06-21 13:42:24

アイズ ワイド シャット

テーマ:ブログ

1999年/159分/監督 スタンリー・キューブリック /主演 トム・クルーズ 、ニコール・キッドマン


巨匠スタンリー・キューブリックが、トム・lクルーズとニコール・キッドマンというスター夫妻を迎えて描きあげた愛と性のダークファンタジー。ニューヨークに住む内科医のウィリアム・ハーフォードとその妻アリスは、互いに愛し合い幸せに暮らしていた。しかし、ある日妻から、「過去に心が奪われた男性がいて、求められたらすべてを捨ててもいいと思った」と聞き、ウィリアムは衝撃を受ける。それをきっかけに性の妄想にとり憑かれていく彼は、夜の街を徘徊する。やがて、昔の友人に誘われるまま、秘密の乱交パーティに潜入するのだが……。


妻の一言から秘密のパーティへと導かれていく恐ろしいファンタジー??

結婚を考えている人!

結婚してまもない人!見ておきましょう。

反面教師として。

妄想はせずに相手を信じましょう。

危険なパーティーにはいってはだめ!!




AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-05-24 03:46:05

学びは自分への期待

テーマ:ブログ

大学院に行くべきか、社会人になるべきか?

迷った。


でも自分の年齢、置かれてる環境を考えると投資が大きすぎるとひるんでしまった。


大学院での学びの2年間 =学費100万~200万

フリーター 時給800円 300日×2年×8時間=約400万円

社会人=約600万


大学院に行く人は、自分への投資に将来、是非こたえて欲しい。

2年間分働いたお金を社会の問題を解決するために寄付するよりも、

自分は将来大きな変革をするんだ!!と思いながら、学んでいて欲しい。


単なる行きたかったけど、行けなかったための愚痴?僻み?


1ヶ月で20万円の仕事

20万+学費分の学び


時間の使い方って切羽詰ってはじめてわかる。

1秒でも自分は無駄にしてはいけないのではないか?

1秒間で何人の人が苦しんでいる?

その1秒を俺は何もしていない人ではいたくない。

いつでも全力疾走。いつでもよりより自分を求めていかなければー。

ケニアでのHIV感染のドキュメント番組を見てそのことを忘れていたことに気づいた。

このままじゃ行けない。

もっと一日の中で考えろバカ松。(俺)


そろそろ社会人の環境に慣れてきた。

これからは自分が学べる時間を1秒でも作って行こう。

将来の自分の期待のために。


ひとついいこと。

ART STANDARD.NAGOYAができそうなパートナーを見つけた。

名古屋芸術大学 人間発達学部 子ども発達学科 

アプローチ開始します!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-16 10:16:11

東京都現代美術館

テーマ:ブログ

久々に美術館行こうっと!


東京都現代美術館
http://www.mot-art-museum.jp/


「カルティエ現代美術財団コレクション展」

2006年4月22日(土)~7月2日(日)



「ディズニー・アート展」

2006年7月15日(土)~9月24日(日)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-16 08:03:25

理想とする夫婦!?

テーマ:ブログ

「ふたりは最高!ダーマ&グレッグ」これ大好き!!

誰かビデオとか持ってませんかー

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-05-12 07:49:14

名古屋港水族館

テーマ:ブログ


ショーを見て、イルカって頭いいーってつくづく。

家で買いたい。。。

シャチもかわいい。

ベルーガもいい。


癒されました☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-31 18:21:18

ルームシェア

テーマ:ブログ

新生活、最低限度の準備は整いました。

3人共同生活のはじまりです。

ネットがなーい。ガーン。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-03-24 23:59:59

助成金申請書カキカキ

テーマ:ブログ

今日は助成金の申請書カキカキ

ぎりぎりセーフで区役所に提出してきました。ふぅ。


色々質問された。やはり一筋縄ではいかんな。

「アートがどう街づくりに繋がるのですか?」

「どんな成果が?」

「これってアートですか?」

「企業の広告大きくないですか?企業の雑誌みたいですね」


去年の「ひととき」がどう街づくりに関与したのか?成果はあったのか?

カタチにしずらいこのアートによる街づくりへの貢献。

明らかな成果を説明しなければ敗退する。


なんかすごく嫌な応対だった。

責められている気がしてならない。

企業とコラボすることが悪いことなのか?

公共性は企業との連動を排除することではない。


去年のプレゼンのときもそうだった。まぁ去年はいろんな事情が込み入っていたし、構想段階でのプレゼンだったから地に足がついていなかった。


でも今年は事業自体は明確。

でも不安がつきまとう。

助成金をもらってどんな成果が生み出すことができるのか?


数字としてない分、プレゼンでイメージを共感してもらわないとな。

あと取材先の反響をまとめたり、今までの感想をまとめたりしないと。




夜は今日も色々社会人になってからのことを考えた。


■社会人になっての目標

・600人の社員の中で幹部に早くなる!!

・ヘイディズ!高齢者アートスクールを立ち上げる!(絵画、社交ダンス・・・)

・市民演劇施設を内包する 演劇は多くの人々の力でできあがる。つまり多くの人が集うコミュニティ。練習を繰り返し、発表する。今の10-BOXのような施設がコロナの中にできればなぁ。練習後は温泉?食事?


いろいろ調べていたらやっぱり俺に合った企業である。いろんな可能性を秘めている。



■読みたい本
会議の技法―チームワークがひらく発想の新次元 吉田 新一郎 (著) 中公新書
「学び」で組織は成長する 吉田 新一郎 (著) 光文社新書

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-24 02:57:36

読みたい本

テーマ:ブログ

「市民の政治学-討議デモクラシーとは何か-」篠原一著 岩波新書
「日本人の歴史意識―「世間」という視角から―」阿部謹也著 岩波新書
「逆システム学―市場と声明のしくみを解き明かす―」金子勝・児玉龍彦著 岩波新書
「知の編集術」松岡正剛 講談社現代新書
「当事者主権」中西正司・上野千鶴子 岩波新書
「情報デザイン入門/インターネット時代の表現術」渡辺保史 平凡社新書
「元気の出る経営学」米倉誠一郎 ちくま新書
「社会起業家/「よい社会」をつくる人たち」町田洋次 PHP新書
「公共事業は止まるか」五十嵐敬喜・小川明雄編著 岩波新書
「ダムと日本」天野礼子 岩波新書
「無責任の構造/モラルハザードへの知的戦略」岡本浩一 PHP新書
「会社人間、社会に生きる」福原義春 中公新書
「知的生産の技術」梅棹忠夫 岩波新書
「よみなおし戊辰戦争/幕末の東西対立」星亮一 ちくま新書
「演劇入門」平田オリザ 講談社現代新書
「芸術立国論」平田オリザ 集英社新書
「ワークショップ」中野民夫 岩波新書
「ファシリテーション革命」中野民夫 岩波アクティブ新書
「自分『プレゼン』術」藤原和博 ちくま新書
「『社会調査』のウソ/リサーチ・リテラシーのすすめ」谷岡一郎 文春新書
「まちづくりの実践」田村明 岩波新書
「社会的ジレンマ/「環境破壊」から「いじめ」まで」山岸俊男 PHP新書
「仕事が人をつくる」小関智弘 岩波新書
「SOHO新時代が始まった」花田啓一 岩波アクティブ新書
「インターネット的」糸井重里 PHP新書
「民族とは何か」関曠野 講談社現代新書
「<戦争責任>とは何か」木佐芳男 中公新書
「人間交際術 コミュニティ・デザインのための情報学入門」桂英史 平凡社新書
「メディア・リテラシー」菅谷明子 岩波新書
「未来をつくる図書館~ニューヨークからの報告~」菅谷明子 岩波新書
「『世間』とは何か」阿部謹也 講談社現代新書
「<対話>のない社会」中島義道 PHP新書
「市民科学者として生きる」高木仁三郎 岩波新書
「ボランティア/もうひとつの情報社会」金子郁容 岩波新書
「会議の技法」吉田新一郎 中公新書
「YOSAKOIソーラン祭り/街づくりNPOの経営学」坪井善明・長谷川岳著 岩波アクティブ新書
「市民の日本語/NPOの可能性とコミュニケーション」加藤哲夫著 ひつじ書房
「誰にも知られず大経済オンチが治る」三輪芳朗 ちくま新書
「紛争の心理学」アーノルド・ミンデル 講談社現代新書
「在日韓国人の終焉」鄭大均 文春新書
「既得権の構造/「政・官・民」のスクラムは崩せるか」松原聡 PHP新書
「税金の常識・非常識」平野拓哉 ちくま新書
「発想する会社!」トム・ケリー&ジョナサン・リットマン早川書房
「近代の労働観」今村仁司 岩波新書
「儲かる古道具屋裏話」魚柄仁之助 文春文庫
「経済大転換―反デフレ・反バブルの政策学―」金子勝著 ちくま新書
「平和構築とは何か」山田満著 平凡社新書
「エコロジカルな経済学」倉阪秀史著 ちくま新書
「作ると考える/受容的理性に向けて」今村仁司著 講談社現代新書
「誰のための仕事」鷲田清一著 岩波書店
「貨幣とは何だろうか」今村仁司著 ちくま新書
「地域再生の経済学」神野直彦著 中公新書
「「希望の島」への改革」神野直彦著 NHKブックス
「セーフティネットの政治経済学」金子勝著 ちくま新書
「市民版 行政改革」五十嵐敬喜・小川明雄著 岩波新書
「メディア・コントロール/正義なき民主主義と国際社会」ノーム・チョムスキー著 集英社新書
「現場主義の知的生産法」関満博著 ちくま新書
「ビジネスチャンス発見の技術」大澤幸生著 岩波アクティブ新書
「ゆとり教育から個性浪費社会へ」岩木秀夫著 ちくま新書
「自己決定権は幻想である」小松美彦著 洋泉社新書
「<子育て法>革命」品田知美著 中公新書
「<私>の愛国心」香山リカ著 ちくま新書
「判断力はどうすれば身につくのか」横江公美著 PHP新書
「『伝統』とは何か」大塚英志著 ちくま新書
「教育と国家」高橋哲哉著 講談社現代新書
「経済再生は『現場』から始まる」山口義行著 中公新書
「生き方人類学/実践とは何か」田辺繁治著 講談社現代新書
「環境再生と日本経済/市民・企業・自治体の挑戦」三橋規宏著 岩波新書
「阪神淡路大震災10年/新しい市民社会のために」柳田邦男著 岩波新書
「刑法三九条は削除せよ!是か非か」呉智英・佐藤幹夫共編著 洋泉社新書

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。