MC's Art Diary

* アート以外の日記はhttp://tourdefrance.blog62.fc2.com/にて * (写真・文章 Copyright@Naco)


テーマ:

◆    ミステリアスな画家シャセリオーの疑問が一気に氷解する網羅的な展覧会

◆  若干16歳の自画像は、ルーブル所蔵品の主要作品の中で最も若い画家の絵

 

 

テオドール・シャセリオーは、なかなか捉えがたい画家だ。

 

ルーブルに行くと、フランス絵画特集の部屋がゆったりとあてがわれ、

なんてメジャーな画家なのだろうと驚く一方で、

日本では滅多に目にする機会がない。

 

(以前東京都美術館で開催された地中海展にアラブの女たちの絵が

きているのは見たけれど。)

 

 

ルーブルではアングルとドラクロワの展示に隣接して置かれており、

画風的にも時代的にもそのあたり、

つまり印象派が台頭する少し前の19世紀初頭から中盤にかけて

活動したことは見当がつくのだが

私の中ではアングルともドラクロワともいえない流派不明の画家だった。

 

 

そんな不思議な画家シャセリオーを特集した展覧会が

東京・上野の国立西洋美術館で開催されている。

 

 

行ってまず知ったのは、このシャセリオーは37歳で夭逝したということ。

 

だからこそ、作品もそれほど多くはなく、

画壇を席巻するほどの大旋風を巻き起こすこともなかった。

知名度が日本で低い理由だろう。

 

 

さらなる不思議はその画風。

 

数年前にルーブルで見た「エステルの化粧」には

独特の雰囲気があって、流派が特定できなかった。

(事前にあれこれ調べて絵を見ないせいだ。)

 

 

でも今回の展覧会でようやく謎が解けた。

 

彼がアカデミズムの権化アングルに師事しながらも

ロマン派のドラクロワに傾倒したと知ったのだ。

 

なるほど、新古典主義とロマン主義がキャンバスの上で時に混ざり合い

時にせめぎあっているからこそ、どこか中間的なイメージに

包まれていたのか!と、新発見にわくわくした。

 

 

だから、主題も一筋縄ではいかない。

肖像画や宗教・神話画だけでなく、シェークスピアの作品まで混在し、

アラブ系のエスニック画などにも到達している。

 

エスニック、といってもシャセリオーのアラブの女たちは、日常風景の女たち。

ハーレムで優雅に膝を崩す美女たちではないから

ドラクロワの系譜であることには気づきにくい。

 

 

年譜にはクレオール生まれと書かれていて納得した。

彼の異国は異国趣味ではなくて、日常に近い身近なものだったのだ。

 

 

個人的に興味があったのは《アポロンとダフネ》。

月桂樹に変えられていくダフネをロマンチックに描いていた。

 

 

ロンドン・ナショナルギャラリーにあるポライウオーロの有名な絵は、

以外に小ぶりだけど、

ダフネの両手が幹に変貌していて、画面いっぱいに悲壮感がみなぎっている。

 

 

ボルゲーゼ 美術館のベルニーニ作《アポロンとダフネ》は

手先と脚から木と化して、目には涙。

なんとも痛ましい。

 

片やシャセリオー。

足が根を生やし、悲しさというより画面のドラマ性が強調されている。

 

三者三様の解釈だ。

 

 

《泉のほとりで眠るニンフ》は、肌や布地の質感はわりとおおざっぱで、

やはりアカデミズムとは一線を画していると感じるけれど、

顔の描き方は丹念。

新古典主義の一面が見えるような気がした。

 

 

これまた初めて知ったのだけど、

ルーブル所蔵の自画像は若干16歳の時の作品だそう。

 

西洋美術館の担当者の方によると、この絵は

ルーブルの中でも最も若年の画家によるメジャーな作品なのだとか。

 

でも残念ながら、37歳で生涯を閉じたので、

老年の作品はない。

 

 

もし彼が長生きしたのなら、

どんな発展形が見られたのだろう。

そう思わずにはいられなかった。

 

 

関連エントリー

● シャセリオー @ルーブル美術館

● パリのサン・ロック教会で見られるシャセリオーの壁画

 

 

以下は展示会場内の風景。ただしー

 

*展覧会主催者から提供の公式写真です。

(背景は、上述の《泉のほとりで眠るニンフ》)

 

****

シャセリオー展―19世紀フランス・ロマン主義の異才 展

場所: 国立西洋美術館

会期: 2017年2月28日(火)~2017年5月28日(日)
開館時間: 午前9時30分~午後5時30分
毎週金曜日:午前9時30分~午後8時
※入館は閉館の30分前まで
※シャセリオー展は土曜日の夜間開館はありません。
休館日: 月曜日(ただし、3月20日、3月27日、5月1日は開館)、3月21日(火)

公式サイト: http://www.tbs.co.jp/chasseriau-ten/

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

Nacoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。