• 03Feb
    • 半年放置しました。。。汗

      こんばんわ。半年も放置しました。ちゃんと生きております。むしろ絶好調です。FXトレードに、ドはまりしていました。これは想像を超えて面白過ぎた。。。まるで麻薬。。。何がそんなに面白いか?結論から言います。トレードは、究極の、魂磨きトレーニングでした!なぜかと言うと、目の前でお金の残高が急上昇急下落を繰り返すわけです。嫌でもウォ~ッ!!!!ってなります。血圧が上がっちゃって、なれるまでは、大変でした。(笑)くも膜下出血とかならなくて、本当に良かったです。それだけじゃなくて、何かにつけ面倒くさい。セオリーが面倒くさい。ツールが面倒くさい。面倒くさいことを乗り越えないと、勝負が始まらないのです。馬券なら、馬券場に行けばすぐ変えるけど、FXは、買うことすらままならない。やらなきゃ始まらないけど面倒くさい。やりたくない。。。となった時、その面倒くささって、そもそも何?いらなくね?ってなりました。ってことで、自分の中で邪魔してる何者か?不要な価値観やら思い込みやらをつきとめて、消し去る、、、、こんな作業を、永遠に繰り返して、いったわけです。だってわたし、スピリチュアルマスターだし。ブロック解除のプロだし。オーリングテスト得意だし。やるしかない時、前に進むしかない時、面倒くさい、とか、まじ洒落ならん!怖い!とか、まじ洒落ならん!かっこ悪いし!とか、まじ洒落ならん!なんでめんどくさくなっちゃうのか、原因究明と消去。延々何千回も繰り返していました。この作業が、結局、魂磨きだったってことです。まぁ出るわ、出るわ、自分の本性。。。。思い込みやら、生まれ持ったものやら、場合によっては前世やら、その他、別な人から仕向けられたものだったり、ご先祖様やら、ウザい悪魔ちゃんとか。まぁ、やったやった、記録してるだけで数千回分あるので、実質2万回はやっただろうなって思ってます。そんなこんなで、この半年、家に閉じこもって修行してました。合間に、海で洗濯したり、山で芝刈りしたり。天国と地獄を行ったり来たり。。。今年に入り、だんだん落ち着いてきて、ついに自分の本質も見極めがついてきて、そろそろ俗社会に復帰しようと思い立った次第です。そんな話を根ほり葉ほり、また報告していこうかと思っております。チャレンジしたいはやまやまだけど、どうにも動けねー!っていう人に参考になるように書いてみたいと思います。続きはまた!

      5
      テーマ:
  • 12Aug
    • だいぶ頑張ったね♪

      今日もSUPで海の上を散歩しました。そもそも体力がないので、海に出たとしても、ほんの小一時間しか遊べません。しかも、緊張しすぎでチカラを抜けないので、中腰でバランスを取っているのは、ほとんど電気椅子状態です。そりゃぁプルプルします。。。おなかに力を込めて、膝から下は柔らかく。。。なんて言われても、なんのことだか分かりません!!!汗全身カッチカチです。周りを見る余裕はありません。一点を見つめ、前へ!前へ!こんな私ではありますが、なんと今日は、一度も海へ落ちませんでした!なんということでしょう!!!必死の形相で漕いでいる時、近所のSUPスクールの先生が声をかけてくれました。『だいぶ頑張ったね~♪』この前は、違うSUPスクールの先生が立っている私を見て声をあげました。『おっ!?』自分で言うのもなんですけど、逗子湾で、SUPやってる人の中で、日帰りスクールの人も含めて、私が一番下手くそだったと思うんですよね。(笑)間違いないです。(笑)小さい湾ですから、バレバレです。『あの人、ヤバイな。。。』ってなります。『なんであんなに立てないんだ?』ってなります。そのヤバイわたしが、プルプルカチカチしてるとはいえ、立って漕いでるわけです。まぎれもなく、だいぶ頑張ったのです。ちなみに、ライフジャケット着てますが、いまだ、足の付かないところへは行かれません。落ちたらボードに這い上がれないからです。ボードに這い上がるためには、バランス感覚ではなく、今度は股関節の柔軟性が必要です。前途多難です。

      25
      テーマ:
  • 09Aug
    • これが私の真実か。。。_| ̄|○まさかの感謝じゃん♪

      さて、話を戻そうかと考えて、書きかけてほったらかしだったチャートを眺める。21年も続けた会社員は、私の人生の半分近くを占めるものなのに、なんか、消化試合みたいで、なんの思い入れも感じない。ちょっと待てよ!?と考えた。あれだけイヤイヤしながらでも、21年も辞められなかったには、きっと何か意味があるに違いない。何かしらの快な感情があったはず。。。いや、あるわけないか。。。ずっと新規事業部門で、ルーティーンがなくて、いつも迷子になってて、自分で考えて動かないと一歩も前に進めなくて、いつも追い込まれていて、思うようにいくことなどなく、出たとこ勝負の毎日。なんだけど、恐ろしいことに、よくよく考えたら、考えること、調べること、分析すること、仮説立てること、ロジックを見つけること、やってみて確かめること、それって全部、私にとっては遊びでしかなく、宝探し感覚。とても悔しいことに、そういえば楽しかったのだと、いまさら思い出す。ショック!(+_+)じゃぁ、かずたまは、どうだったのか?かずたまの計算結果で人生が解決するわけじゃない。その人の言葉、声の響き、目線などから、その人の波動を読み取る。波動が上がってこない時は、何か違くね?と聞く言ってることが、実は根底から違ってたりする。それを見つけ出して、再構築するのが、私にとっての快の感情。かずたまも、楽しかったなぁ。私の楽しい状態=宝探しお題が与えられると、喜んで考え始めてしまう。。。まじか…これが私の真実か。。。_| ̄|○宝探しが大好きだから、それを手放すのが怖くて、なんだかんだで21年も、辞められなかったのね。。。_| ̄|○会社を辞めてしまえば、二度と宝探しをする場など見つからないと思っていた。出世とか、評価とか、私にはどうでもよくて、宝探しの現場にいることが大切!なんだ、楽しかったんだ!(爆)そういえば、何度も何度も、考えすぎ!って言われるね。(笑)考えるの好きだから辞められるはずないじゃんね(笑)上司はまったくイケてなくて、文句ばかり言っちゃったけど、それだからこそ、私が好きに考える=遊べるチャンスをもらえていたんだなと、今更ながら気付く。。。_| ̄|○なぁ~んだ~そうだったのかぁ~(爆)まさかの感謝じゃん♪

      15
      テーマ:
  • 07Aug
    • メンタルブロックはSUPに影響してた!

      前回のSUPチャレンジのお話ですが。。。なんでこうも立てないかな~?と思ったので、メンタルブロックをリサーチしました。【私は失敗を過度に恐れて、不自由になっている】と出ました。で~す~よ~ね~♪(笑)いつもの悪い癖が出ていたようです。慎重さんで、怖がりさんです。怖いのは失敗です。ぶざまが恥ずかしいのです。なので、恥ずかしいを外して、勇気をもってチャレンジする楽しさを知っている!という感覚をダウンロードしました。(私は、シータヒーリングと、シナジーコンディショニングをミックスして使ってます)すると、面白いことに、その時座っていた瞑想用クッションは、もともとバランスディスクだったことを思い出しました。もう5年くらい、当り前のように座布団として使っていました。↓こんなやつ【その上に立って練習すればいいじゃん♪】と、思いました。案の定、3日くらい練習して海へ出たら、あっけなく立てるようになりました。多分、インナーマッスルが固まってて、バランスの調整が効かなくて、極端に動きが大きくなっちゃってて、板がドタバタ暴れちゃってたものと思われます。何故だか普通に出来ないことは、心の荷物が邪魔してるかも?ってのを、改めて身をもって体験しましたよ。メンタルって大事です。

      12
      テーマ:
    • 五十にして立つ

      孔子は論語の中で、三十にして立つ、と言いました。私は、五十にして立ちました。二十年遅れですが、立ちました。海の上に立ちました。SUP(スタンドアップパドルボード)にチャレンジしました。セルフイメージは、あくまでこんな感じ。ナナコを乗せて、優雅に海の上を散歩!せっかく逗子に住んでいるのですから、なにかしら、マリンスポーツなるものを!!と思ったのです。逗子はウインドサーフィンのメッカです。が、ウインドはあまりにも難しそう。。。ならば、誰でも出来るという、SUPにしよう!そう思いました。誰でも出来る!すぐ出来る!一日で出来る!っていいますけどね、二カ月もかかって、やっと、かろうじて立てたという。。。苦笑。。。見るとやるとじゃ、大違いですよ~自分がやってみるまで、毎日のように開催されているSUPスクール見てたんですよね、ビーチから。みんながみんな、軽く立てちゃうんですよ。で、月に一人くらい、どうやっても立てない、ぶきような子がいるという。。。(笑)まさか、自分がそっち側の一員とは!(笑)なんてったって、アラフィフチャレンジですからね、体力ないです。一度落ちるとボードにのれない。。。脚力ないです。足首固いです。バランス取れないです。揺れるボードの上で立っていられない。。。っていうか、立ち上がれない。。。立ち上がる瞬間に、プルっプルに震えて、生まれたての小鹿状態。そのまま、なすすべなく、一人胴回し回転蹴り状態で落水。いや~、見るのとやるのじゃ、大違いだ~!水の中では、ごまかし効きません!(笑)ということで、やってみたいな~って思ったことは、やってみることにしたのです。生きてるうちに。動けるうちに。きっと、ここまでくると、この先はあっという間ですよ。しばらく使わなかった筋肉が動き始めると、考えがスッキリとまとまってくるみたいです。いろんな呪縛が外れます。思いがけないアイデアが湧きます。なんでもいいから、やってみちゃうのがいいみたいです!!

      21
      テーマ:
  • 01Jul
    • 今日は渚橋コーヒー

      世の中、どこでもお勉強ができて、どこでも仕事が出来るようになって、本当に便利。使うか使わないか?その選択は自由。今日は渚橋珈琲。本当に美味しい♩

      8
      テーマ:
    • ターゲットが決められなくてスタートできない時

      アラフィフの本気のチャレンジを応援したい野呂亜紀子です。起業しようとすると、必ず聞かれること。誰の為にやってるの?とか、どんな人を応援したい?どんな起業塾でも聞かれる。これが明確でないと、その後のマーケティング活動がことごとく組み立てられない。そして、これがすんなり答えられる人はとても少ない。だから、答えられなくて普通なんだと思う。特に、何かのメソッドを習ったからこれで起業できる♪と思ってる人は、200%答えられない。わたしの考えとしては、ターゲット像が、分からなかったら、分からないままで、数稽古したらいい、と思う。なんとかして、自分にお金を払ってくれる人を見つける。人に手伝ってもらう。応援してもらう。応援してもらえる人であるよう心掛ける。そうやって場数を踏む。そのうち、一生懸命になれる相手と、やだな~って思う相手が出てくる。そうなってから深堀すれば自然に、誰の為なら頑張れるかがわかる。もしかしたら、職種自体が嫌かもしれない。やればわかる。だから、仮決めでいいから、まずは何か決める!数稽古の場をつくる。見切り発車しないと、永遠に起業準備中になっちゃう。起業願望だけで終わっちゃう。何度も何度も方向転換しながらゴールに近づいていけばいい。完璧主義の人は、一発でカッコよくスタートを決めたがる。でも、やってみなけりゃ始まらない。これは真理だ。そして、この部分を、人に決めてもらいたがる人の多いこと、多いこと。それを求めて、かずたまに来る人もたくさんいた。もし仮に、あなたはこういう人のために働きなさい!って言われたら、それやるのかね???やれるのかね???しょうがないじゃん、わかんなかったら。わたしなんか、何度組み立てなおしたことか…まぁ、今もだけど…(笑)やってみて、少しずつ確信にせまっていく感じは、謎解きの冒険みたいで楽しい~とも思える。そうなるのに4年かかった。(笑)やってみて、自分の感覚を確認して、結果を分析して、次の仮説をたてて実行する。PDCA回すってそういうこと。覚悟さえ決まれば、がむしゃらにやることは出来る。でも、結果を振り返って、分析するってことは、なかなか出来ない。こんがらがっちゃう。自分のことってそんなもの。そこは、他人の脳ミソを使う。それが、かしこい。だってアラフィフだったら、もうまわり道してる時間ないじゃん?!今日は横須賀のさかなごっそへ。産直野菜のマーケット。葉付き人参とか、新鮮な野菜がいっぱい!ななこさんは、トウモロコシが好きです。

      16
      テーマ:
  • 28Jun
    • 自己紹介⑧ どんな人を応援したい?の答え

      いざ鑑定を始めてみると、数霊っていうモノを説明することの難しさったりゃありゃしない。なんていうか、占いみたいな。。。姓名判断みたいな。。。なかなか説明がつかない。ということで、なかなか売上につながらない。(笑)これは厳しい、と思って、もっと現実的で分かりやすい、コンサル方面の仕事を増やしていった。つまり、逃げた!そんなとき、中井隆栄先生と出会った。私の出会い運、最強。(笑)コンサルビジネスのいろはを教えてくれるというので、経営塾の中井塾に通い始めた。そこで、いろんな気付きをもらった。かずたまを説明しよう!という考えが違ってることに気付いた。マーケティングの盲点を教えてもらった。何より、人生最大の転機といえる事件が起きた。(何回目?)中井塾の合宿の時だった。声が聞こえるというか、映像が降ってくるというか、実際はその両方なのだが、不思議な体験をした。合宿所の裏山を一人で散策中、唐突に映像が降りてきた。ダイイングメッセージをもらった瞬間から、ここに至るまでの、要所、要所を切り取った映像が浮かんできた。結局、あの日からずっと、自分は自分が何者か?何のために生きているのか?知りたかった。なのに今は、使命探しも忘れて、、短期的に、何をしたら、うまくお金につながるかな?そんなことばかり考えている自分に天から喝を入れられた気がした。そこから一気に、いろんなことが変わっていった。使命を感じて仕事をしている人と出会うようになった。使命に生きる人たちの事業の言語化を手伝うようになった。人の本音、本心に触れると、鳥肌が立つということを知った。自分の使命について、より深く考えるようになった。結局、コーチングも、かずたまも、中井塾も、とても重要な、パーツだったと気付いた。その後、思い切って、数霊鑑定士の看板に絞ってやってみることにした。自分の役割を、わかりやすく絞って打ち出してみたかった。使命を探したい人に相手を絞った。 そしたら、自分と似たような人が来てくれた。みんな真面目な良い人だった。考えすぎて迷子になってる人を見ると、ちょっと前の自分みたいだと思った。素直にがんばれ!って思えた。結果、コーチングスクールでも中井塾でも、答えられなかった質問の答えが分かった。わたしは、真面目に頑張っているけどうまくいってない人の応援をしたい、と思った。続く

      11
      テーマ:
    • 自己紹介⑦ グダグダの中、数霊に出会う

      その後、モルツはあっけなくなくなってしまった。さびしくて仕方がないので、保護犬を引き取ることにした。その時の話は、以前のブログに!ナナコさんとの出会いのまとめななこさんは、神様からのプレゼント。で、とにかくその年の年度末に会社を辞めた。辞めたはいいものの、後がない。何もやる気が起きない。自分史上最高にグダグダした半年。そして、数霊(かずたま)なる、不思議な鑑定のことを知った。名古屋まで行った。わざわざ新幹線を使って。内容は、あまり、ピンと来なかった。そして、計算結果のタイミングに愕然とする。『今から二カ月、なにをやってもうまくいかない。待つべし。』いやいやいや、今、追い詰められてるから!動かない選択とかないから!と思った。帰ってきてからも、待つなんてできず、あれやこれや動いてしまう。そして、やっぱりうまくいかない。半月ほどあがいて、観念した。信じてみることにした。ということで遊ぶことにした。←オイ!行ってみたかった、スプーン曲げのセミナーに行ってみた。これが、まさかのスピ系デビュー。なんか、不思議な世界だなーと思った。その後もチョイチョイ、セミナーなるものに行ってみた。で、いわゆる、メンターに出会った。わたしの概念は、著しく崩壊&再構成されることになる。この出会いがないと、私の人生、 ヤバかったと思う。凝り固まった概念や思い込みは、自分の力では外れない。ましてや気付くことすら出来ない。気付くチャンスを得る=出会い。 人生を動かすなら、まずここから。本音で向き合ってくれる人に出会い、素直に聞く。変える。これ大事。そんなことがあったから、本気で困ってて、真面目に相談してくれた人には、私も真面目に、精一杯、答えることにしている。反面、真摯に相談出来ないタイプの人は、相手にしない。こっちは真剣勝負。あわよくば。。。という波動が溢れている人とは関わっていられない。で、休憩の2カ月を過ぎたら、数霊のカレンダーではスタートの絶好の時期だった。ところが。。。遊びすぎて、何も用意していなかった。←バカそれでも、タイミングは逃したくなかった。苦肉の策で、セルフコーチングのために作っていた、プログラムを発表した。苦肉の策だったのに、、、当たった!この時の話も、以前のブログに書いた。→見つけて後でリンク張る見つからない。。。(笑)この件があって、不思議で不思議で、結局、かずたまを習ってしまった。で、鑑定士になった。かずたまは、本当に不思議。古い文書には、森羅万象映し出す秘術、とあるが、本当かもしれない。↑運用する人次第。私が読めるのは、基本的なところだけ。でも、それで充分!何の為にそれを使うのか?目的が分かっているか?そこが重要!正しい目的の元に使うと、神様の計算機は、神様のメッセージを届けてくれる。金になるんじゃねーの?みたいな、邪神で使う数霊は、ただの計算結果しか与えてくれない。なんの解決にもならない。どんなツールもそうなんだろうけど、結局そういうこと。どんな目的で、誰が使うか?ここ大事!!続く

      12
      テーマ:
    • 自己紹介⑥ 神風が吹くって何?

      なんといっても20年分の歴史なので、まとめて書くと抽象的になりすぎて、なんのことだか伝わらない。が、詳細書くと、たぶん何か月かかかってしまう。なので、ちょっとインチキくさいと思われたであろう、神風が吹いた例を紹介する。物言いがつくので、実名は避ける。ある時、新規事業で、ITシステムの販売を命じられた。言っておくが、勤めていたのは紙製品のメーカーだ。嫌がらせか?周りは超諦めムード。でも、わたしは出来ないと認めたくない。果敢に攻めたが、空回り。『●●●のシステム?紙で出来てんじゃねーの?ゲラゲラゲラ♪』お客さん高笑い、わたし苦笑い。けっこう、ピンチだった。そんな時、ヒーローが現れた。ベンチャーのシステム会社の社長が、最高にイカしていた。顏じゃなくて、魂が。(笑)その社長が、最高のシステムを作ってしまった。わたしからすれば、一から十まで、SIの仕事を教えてもらった社長だから、なんとか報いたい気持ちでいっぱい。ひたすらに、それを伝えるための資料を作った。お得意の見える化だ。神さまと仲良くするには、紙と仲良くすることだ。そして、勇気を振り絞って、泥臭い営業をした。ある時、超大手企業からお呼びがかかった。喜び勇んで出向いた。コの字に配された会議室に通され、そこにはお偉いさんが、ズラーっと並んでいた。『あれ?様子がおかしいぞ。。。』と思ったら、裁判のような、取り調べのような会議が始まった。当時、その企業には、超有名SI企業が、同じようなシステムを提案していた。で、そのSI企業の提案資料を、わたしがパクったという疑惑だった。~超機密資料なのに、なんでお前が、持ってるの?しかも、ずうずうしく、丸ごとパクッて営業してるし。名のある企業の社員が、そんなことしていいの?~という罪状だったと思う。『いやいやいや、、、わたしが作った資料だし。。。パクッてないし。。。』疑惑をかけられたまま釈放となった。後日当然、それは、あちらさまのパクリで、こちらに非はないことが証明された。で、それがきっかけとなり、関係性が出来、結果的にうちが受注することになる。そのシステム、紙で出来てるんじゃねーの?って言われてた人が、いきなり億を超える受注。そして、事例として、雑誌に特集された。問い合わせが続いた。あんなに門前払いされてたのに。。。その年、わたしはMVPで表彰される。一応数千名の社員の中から選ばれたことになる。確かに努力はしたが、そこじゃない。自分でも意図してない変化球で、波に乗った。ラッキーパンチか?神風か?(笑)もちろん、その直後、担当替えがあったことは言うまでもない。苦笑。なんでそんなところで戦っちゃったの?もっと将来的に人生見つめなよ!って、今の私なら、言いたい。でも、こういう経験があるからこそ言えることもあるわけで。。。苦笑。つまりは、思わず失敗ルートを選択してしまう気持ちも、落とし穴も分かるわけで、それを正当化してしまう言い訳も予測が付くわけで、多分、同じような、ややこしい人の手助けをしなさいよってことなのかしら?と、今のわたしは、思ったりするのです。続く

      15
      テーマ:
  • 25Jun
    • 自己紹介⑤ 辞めると決める

      その後、21年も会社にしがみつくことになる。そもそもが、『ぜったい見返してやる。。。』が原点だし、使命とかわかるはずないし、面倒くさい使命探しから、逃げ込んでるわけだし、そこに使命感もビジョンもあったもんじゃない。そして、楽しむ余裕もあるわけない。そんなんで、周りとうまく行くわけがない。簡単な話だ。■この間、繰り返していた、私のパターン。1.迷子&ピンチ2.ヒーロー現る3.徹底的に研究&分析4.見える化で楽しく演出5.波に乗る6.手放す(没収)ほとんどずっと、新規事業の立上。字面はカッコいいが、ものすごく辛い。いつも根底にあるのは、『チクショー』という気持ち。だけど、なぜだか、ピンチになると、ヒーローが現れる。そう!タイガーマスクのように、私を魅了する、ヒーローが現れる。『あぁそうか!こういう風にやればいいんだな!』気付きをくれる。後はがむしゃらに研究し倒す。そして、伝わりやすいように、見える化する。すると、神風が吹く。期せずして波に乗る。と、担当交代。マジか。。。そもそもが敵が多く、狙われてるわけだから、当然、そうなる。そうやって、使命探しもどこへやら、私の中に、これでもかという程の怒りと悲しみが積み重ねられる。ヘトヘトに疲れ果てる。やらなきゃいいのに。。。。周りはみんな出来ない!ってさじを投げてるんだから、自分もやらなきゃいいのに。。。出来ない!って言いたくない。。。この自分のエゴが、自分を追い詰めただけの話。。。そんなことより、真っ先にやるべきことはあったのに。。。バカバカバカバカ。。。今考えても、バカすぎて涙が出る。。。心の支えは、愛犬モルツだけ。サラリーマン生活、20年たった時に、そのモルツがリンパ腫になる。余命3か月の告知を受けた段階で、泣きすぎて、気を失って、起きたら記憶喪失。もぉ最悪、もぉ最悪、もぉ最悪。。。今度こそヤバイと気付いた。で、有休休暇を全部使って、1カ月戦線離脱。日に日に弱っていくモルツをカートに載せて、ただひたすら、都内の桜を見て歩く。その時やっと覚悟をする。辞めよう。こんなことしてたら、きっと死んでしまう。どうせ死ぬなら、外の世界で死にたい。大げさだが、当時は本当にそう思って、死ぬくらいの覚悟で辞めると決めた。そして、辞めるまでの一年間、何をすればいいか分からないから、とりあえず、コーチングを学んだ。このコーチングが、私の世界を、飛躍的に変化させてくれることになる。続く

      17
      テーマ:
    • 自己紹介④ 使命探しのはじまり

      『何かを残したかった。生きた証を残したかった。』そんなこと、一言も聞いたことがなかったから、とてもビックリした。私の中では、お母さんは、お母さんで、お母さんをするのが役目だと思い込んでいた。お母さんだって人間で、人間である以上、生き方や、自分の存在意義について思い悩むことだってある、そういう、感情を持つ人間として見てあげることが欠落していたのだと思う。だから、ビックリした。しばらく経つと、こう考えるようになった。『この人は人生を後悔してたんだ。。』『本当は、何がしたかったんだろう???』と、同時に、『じゃぁ、わたしは何を残すんだろう?』『わたしの生きた証って何よ?』ということを、考えるようになってしまった。私の使命探しはここから始まったと思う。そんなこと、考えたこともなかった。人生に、なんら目的意識もなく、ただ流されるだけで、なんとなくセーフだった、私の人生の歯車が狂いはじめる。『なんか違う。。。』なんか違う病が始まる。『そもそもなんで生きてるの?』なんで生きてるの病が始まる。そんなこと、誰に聞いても解決するわけがない。が、自分で考えても分からない。『もっと一生懸命仕事したら、その先に何か見えるかもしれない。。。』という言い訳の元に、なおさら、がむしゃらに突っ走ることになる。そこに使命感もビジョンもあったもんじゃない。この時、仕事に逃げるのではなく、自分の生き方や、ビジョンっていうものにまっすぐ向き合えば良かったのに、と、今は思う。先延ばしすればするほど、後から回ってきたツケは大きかった。きっと、人生の目的について考えるということは、どこまで逃げても追いかけてくるのだと思う。先延ばしにしてる感がある人は、心してほしい。

      20
      テーマ:
    • 自己紹介③ 最初の転機

      最悪のスタートを切った社会人生活。なんとか仕事が出来るようになりたくて、だから仕事が欲しくて、だけど非力で何も出来なくて。。。そんな私が取った戦略は、メチャクチャ勉強すること。  ↑人生ではじめて、お勉強スイッチが入る。とっとと部署移動とかすればいいのに。あくまで、おかれた場所で咲こうとするところが昭和臭い。幸い、時間だけはたっぷりある。(笑)当時誰も分かってなかった、パソコンのネットワークの仕組を理解し、それを現実のオフィスの設計に落とし込むことを始めた。誰も出来ない技を身に着けることで、ややゲリラ的ではあったが、見事に仕事を作ることに成功。これは1992年のお話。windows95より3年前。誰もネットワークなんて聞いたことも無い。だから、業界ではまだ未知の世界。コンペはいつも、連戦連勝。そもそもが、『ぜったい見返してやる。。。』からはじまってるのだから、これで天狗にならないわけがない。あっという間に、とても扱いずらい人の出来上がり。(笑)そこに使命感もビジョンもあったもんじゃない。ただエゴを満たす為に、がむしゃらに時間を費やしていた社会人2年目、事件が起きる。母親がガンで急死してしまった。うちの父親は昭和ヒトケタ生まれで、病状を子供たちに知らせたら仕事に差し障るから伝えてはいけない!という独自の信念があったようで、結局私たちが知らされた頃にはほぼ意識がなく、一週間後に亡くなってしまった。ほぼ話しも出来ずじまい。そして、たまたま私がひとりで病室にいた時、母親のダイイングメッセージを受けとってしまうという。『何かを残したかった。生きた証を残したかった。』それから26年、私の人生は、このメッセージに翻弄されることになる。続く

      8
      テーマ:
  • 24Jun
    • 自己紹介② 就職したはいいけれど

      前回の続き大企業に入ると、給料がいい。←これは正解大企業に入ると、世間体がいい。←これも正解大企業に入ると、福利厚生がいい。←これも正解なのですが、大企業に入ると、颯爽とカッコよく、やりがいのある仕事が出来る!←これは不正解仕事がある⇒花形部門仕事がない⇒日陰部門日陰部門ばかり渡り歩きましたよね。(笑)建前はカッコいいんです。【新規事業戦略部門】経営者のジュニアの為に、急あつらえした、有名無実の部署です。有名無実だから、仕事がない。(笑)存在意義がない。こういう時のデカい企業はちょっとアレです。余裕があるから、存在しなくてもいい部門を、無駄に存在させておけるわけです。お金をじゃんじゃん使って、派手なイベントを開催したり、花火を打ち上げてるだけで、なんの収益もない部門の新人。いやぁ~、バカにされたよね~(笑)上司はというと、そろいもそろってアレで、御話しにならず。。。その辺で、わたしの闘争心に、ついにスイッチが入りました。『ぜってぇ見返してやる!!』まぁ、そうなる運命だったんでしょうけど、それにしても、視野が狭い。(笑)とっとと、辞めちゃえばいいのに、その囲いの中で、なんとかしなきゃならない!って思い込んでました。そしてその思い込みは、なんとその後、21年間続くことになります。続く■タイトルはこちら■ビジネスパートナーの江口祐子先生が、セミナーを開催されます。テーマは『パートナーを引き寄せるセミナー♡ 』。お申込みはお早めに!

      14
      テーマ:
  • 23Jun
    • 自己紹介① 私の子供時代

      こんにちわ、野呂亜紀子です。コチラのブログでは、本名でいってみたいと思います。最初なので、プロに作ってもらった、かっこよすぎるビジネスプロフィールではなく、等身大の野呂亜紀子の自己紹介をしてみたいと思います。北海道函館市に生まれました。父は公務員、母は看護婦という、ごく一般的なサラリーマン家庭で、3人兄弟の真ん中。兄と弟がいます。ありがたいことに、父も母も真面目で勤勉だったので、何不自由なく育ちました。反面、あまっちょろくて、ハングリーさや、根性には欠けるという。(笑)柔道も剣道も、痛かったり、負けたりすると、すぐに泣いて逃げる子供でした。勝ちたいとか、上手くなりたいとか、そういう意識は皆無。(笑)テレビっ子で、仮面ライダーシリーズやアニメが大好き。中学の頃、周りがアイドルに夢中になる中、はじめて憧れたのはタイガーマスク、プロレスラーです。変幻自在の空中殺法に夢中になりました。この頃から、ヒーローへのあこがれが強かったようです。↑前に飼っていた犬、名前はモルツ。わたしのヒーロー。中学でも、高校でも、大学でも、将来、どんな勉強がしたい?とか、どんな仕事がしてみたい?とか、どんな人生を歩んでみたい?とか、ま~ったく、ノーアイデア、ノービジョン。(笑)その割には、出会いとか縁に恵まれていて、運良く、一部上場企業に就職。当時女性の4大卒採用枠はとても少なく、確かJALに匹敵する500倍の難関だったように記憶しています。運が良かったのか?悪かったのか?(笑)そもそも、ベースがノープランなので、そういう人間は、それなりの部署に回されます。ろくに仕事がない!!!たまたま与えられた仕事を、ただガムシャラにこなすだけ。何のためにそれをしているのか?将来どうなりたいのか?ここでもやっぱりノービジョン。ただ、胸の内では、やりがいがあって、夢中になれるような仕事を、誰よりも欲していました。大きな企業に入れば、そういう素敵な仕事が与えられる、、、というほど、甘くはなかったです。続く

      19
      テーマ:
  • 21Jun
    • ブログをお引越ししました

      こんばんわ、野呂亜紀子(たまこ)です。この度、かずたまとは別なサービスを立ち上げるにあたって、ブログをお引越ししました。今後はこちらから発信をしていきたいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。

      22
      テーマ:

プロフィール