テーマ:
15年前の12月、小さなかごに入って沖縄からやってきた
我が家の大切な娘、ミニチュアピンシャーのクッキー。
 
昨夜19時に天国へ旅立ちました。
 
同い年のわんこちゃんたちが、数年前からどんどんと先立つのを見送りながら、
最後に残ったクッキー。
 
2年前から全盲となり大好きなかけっこもできなくなりましたが、
それでもしっかりと「私は大丈夫!」と、毎日の散歩を続けてきました。
 
息を引き取る10分ほど前に、細くなってもう歩けない足ですくっと立ち上がり、
まるで「ママ、サッカーしよう!」と言わんばかりに少し床を走り、
ぱたんと倒れたクッキー。
電話の先の子供たちに声をかけてもらい、
いつものおやすみの時と同じように私が子守唄を歌い、
最期のお別れをしました。
 
6歳の時からまるで兄妹のように一緒に大きくなった息子は、
今朝急いで名古屋から帰宅して、
崩れ落ちるようにクッキーの亡骸にすがりついて泣いていました。
 
我が家の子供になって幸せだっただろうか。
もう一度、思いっきり走りたかっただろうに。
もっとおいしいものを食べさせてやればよかった。
あちらの世界は寒くはないだろうか。
 
いろいろな思いが、頭の中を思巡り、
まだ彼女がこの世からいなくなったことを信じることができません。

 
楽しかった映像が走馬灯のように流れます。
スキーに一緒に行ったよね。
船に乗ってお正月に河豚も食べに行ったね!
桜の季節、花びらを追って桜並木を走り抜けるのが好きだったよね。
モフモフの緑の草が大好きで、転げまわって遊んでた。
 
お姉ちゃんと、お庭の小さなクランベリーを摘んで食べるのが好きだった。
一度聞いてみたかったんだ、酸っぱくなかったの?
未設定
 
 
クッキーは、私のアロマスクール「Selene」看板犬でもありました。
生徒の皆さんが争うようにクッキーを抱いて、
可愛がりながら授業を受けてくださいました。

彼女も愛されていることをよく知っていて
皆さんにいつも甘えて、
まるで生徒の皆さんは自分の家族のように思っていたに違いありません。
そして、ペットアロマの授業では
いつもお利口にモデルを務めてくれました。

私が彼女を支えて世話をし、大きく成長させたと思っていましたが
いなくなってしまってから
私が彼女に支えてもらっていたことに気づかされました。
小さな身体のクッキーでしたが
彼女の存在は何物にも代えがたい
とてもとても大きなものとなっていたのですね。

まだ亡骸は、クッキーが好きだったお外が見える窓際にいますが
それも今夜限り。
明日の朝には、クッキーの好きだった海の見える霊園で荼毘に付す予定です。
 
クッキー 
こちらの世界ではもう会えないけど、
もう少ししたらママもそちらに行く時が来ると思うんだ。
その時は、いつものように
「ママ~~~!!」って、向こうの方から思いっきり走って迎えに来るんだよ。
忘れちゃだめだよ。

楽しい15年をママや家族にプレゼントしてくれて
ありがとう。
クッキーが私たちの家族になってくれて
本当に嬉しかったよ。
ありがとう
ありがとう
ありがとう

愛してるよ 
ずっとずっと・・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
15年前の12月、小さなかごに入って沖縄からやってきた
我が家の大切な娘、ミニチュアピンシャーのクッキー。
 
昨夜19時に天国へ旅立ちました。
 
同い年のわんこちゃんたちが、数年前からどんどんと先立つのを見送りながら、
最後に残ったクッキー。
 
2年前から全盲となり大好きなかけっこもできなくなりましたが、
それでもしっかりと「私は大丈夫!」と、毎日の散歩を続けてきました。
 
息を引き取る10分ほど前に、細くなってもう歩けない足ですくっと立ち上がり、
まるで「ママ、サッカーしよう!」と言わんばかりに少し床を走り、
ぱたんと倒れたクッキー。
電話の先の子供たちに声をかけてもらい、
いつものおやすみの時と同じように私が子守唄を歌い、
最期のお別れをしました。
 
6歳の時からまるで兄妹のように一緒に大きくなった息子は、
今朝急いで名古屋から帰宅して、
崩れ落ちるようにクッキーの亡骸にすがりついて泣いていました。
 
我が家の子供になって幸せだっただろうか。
もう一度、思いっきり走りたかっただろうに。
もっとおいしいものを食べさせたやればよかった。
あちらの世界は寒くはないだろうか。
 
いろいろな思いが、頭の中を思巡り、
まだ彼女がこの世からいなくなったことを信じることができません。

 
楽しかった映像が走馬灯のように流れます。
スキーに一緒に行ったよね。
船に乗ってお正月に河豚も食べに行ったね!
桜の季節、花びらを追って桜並木を走り抜けるのが好きだったよね。
モフモフの緑の草が大好きで、転げまわって遊んでた。
 
お姉ちゃんと、お庭の小さなクランベリーを摘んで食べるのが好きだった。
一度聞いてみたかったんだ、酸っぱくなかったの?
未設定
 
 
クッキーは、私のアロマスクール「Selene」看板犬でもありました。
生徒の皆さんが争うようにクッキーを抱いて、
可愛がりながら授業を受けてくださいました。

彼女も愛されていることをよく知っていて
皆さんにいつも甘えて、
まるで生徒の皆さんは自分の家族のように思っていたに違いありません。
そして、ペットアロマの授業では
いつもお利口にモデルを務めてくれました。

私が彼女を支えて世話をし、大きく成長させたと思っていましたが
いなくなってしまってから
私が彼女に支えてもらっていたことに気づかされました。
小さな身体のクッキーでしたが
彼女の存在は何物にも代えがたい
とてもとても大きなものとなっていたのですね。

まだ亡骸は、クッキーが好きだったお外が見える窓際にいますが
それも今夜限り。
明日の朝には、クッキーの好きだった海の見える霊園で荼毘に付す予定です。
 
クッキー 
こちらの世界ではもう会えないけど、
もう少ししたらママもそちらに行く時が来ると思うんだ。
その時は、いつものように
「ママ~~~!!」って、向こうの方から思いっきり走って迎えに来るんだよ。
忘れちゃだめだよ。

楽しい15年をママや家族にプレゼントしてくれて
ありがとう。
クッキーが私たちの家族になってくれて
本当に嬉しかったよ。
ありがとう
ありがとう
ありがとう

愛してるよ 
ずっとずっと・・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

汗ばむことも少なくなって
私の住む夙川もすっかり秋らしくなりました。
あちこちから金木犀の香りが漂い、

夙川は「金木犀通り」となっています。

 

 

今日は、久しぶりにテレビ局時代の秘書の先輩と芦屋でお食事でした。

最後に会ったのが、3年前の夏。
私がスカイツリーに上りたいと言って(笑)、二人で出かけた。。。らしく

そのあと、新歌舞伎座に行って、KITTEでお寿司を食べて呑んだ。。。らしい。

 

いろんなことがありすぎて

3年前だというのに

もう、ずいぶん昔のような気がします。

 

この3年の間、年賀状以外で彼女に連絡を取ったのは一度くらいかな。
東京で仕事があるかもしれないから、会いましょう!って。

でも、結局実現せず。

 

その間、彼女は偶然に私のブログを見つけ、私の身体の状況を知ったそうです。

でも、「ブログ見たよ」とメールをすることもできず

年賀状に大丈夫なの?とも書けず

「元気なの?大丈夫なの?」という気持ちをどのようにして私に伝えようかと
悩みに悩んで、今日に至ったそうです。

 

きっと、ブログにアップされる私の状態を見てほっとしたり

ブログが途絶えると「何かあったのかしら、どうしよう・・・」と

心悩ませたのであろうと

申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

「今日会えて元気な笑顔を見て本当にほっとしたわ」と
写真の「栗の珈琲風味茶わん蒸し」を美味しそうに頂きながら
おっしゃってくださいました。

 

右も左もわからないまま秘書として入社した私を

陰日向となりいつも支えてくださった先輩。

苦しくて辛い時、

夜遅くまで何も話さず一緒にコーヒーを飲んで下さったこともありました。

彼女の「相手の想いを汲む接し方」が
今までの私の「人との関わり方」のお手本となっているのだなあ

と感慨深い再会でした。
 

そして

私が私が!!と前に出るわけでもなく

それでもずっと私を思ってくださっていた先輩。

こういった方々の「想い」に支えられて今の「わたし」があるのですね。

 

 

彼女の生きる姿勢に「香り立つような女性の生き方」を感じるのは

きっと私だけではないはず。

表面的な美しさを磨くことも大切だけれども

やはり

心を「研ぎ澄ませて磨き上げる」ことが一番大切なんだと
彼女に再び学ばせていただいた素敵な時間でした。

 

 

さてさて、

先輩があの頃の私(20代)の印象を教えてくださいました。

 

「爽やかな柑橘系の香り」

 

なんと香りで表現!!

 

柑橘系の香りかあ・・・

香りのインパクトは強いけど、あとに残らない柑橘系。

さすがわかってらっしゃるな。

「柑橘系」

若い頃から「潔さ」「凛として」をモットーとしてきた私そのものだと思う。
(それに、今、若い頃に使っていたレモンのコロンを必死で探している(笑))

 

先輩

「あなたとの仕事は楽しかった」

と言ってくださって、

本当にありがとうございました。

 

私も、とっても楽しかった。

先輩との仕事は私の一生の宝物です。

*********************************************

病気をして、辛い治療を耐えて
辛い体験や誰にも言えない思いを吐き出す場所として

「小鳥ガーデンカフェ」を開催しています。

もちろん、そんな思いを共有することも可能ですし
今日の私のような
「心が温まる」「勇気をもらった」「応援してもらっている」
そんなお話も是非聞かせていただければと思っています。

次回は、12/8 11:30~13:30 芦屋にて

詳細はこちらをご覧くださいね。


 

 

慶子

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お久しぶり 

香り立つ暮らしのレッスンの香西慶子です。

(写真は7月に行った北海道のゴルフ場)

 

随分とブログをほったらかしにしていました。

 

だって・・・暑かったんだもん。

 

夏の間、怠惰に暮らしている私のもとに

 

「元気?最近ブログもFacebookも更新されてないけど・・・」

 

と連絡をくれる友人もいて

本当に申し訳ない気持ちでいっぱい。
皆さんありがとうございます。

 

なんだかね

SNSから遠ざかりたい気分だったのです。

この夏の間は

上記の写真のような清々しい気分にはなかなかなれなかった。


そう

この2か月ほど

「書こうという気持ちにならなかった」。


会うのはリアルに接することのできる人だけ。
メールやLINEじゃなくて電話か本当に会ってからお話することに限定していました。
 

文章や情報の独り歩きが怖かったのです。

 

 

少し前に小林麻央さんのブログが公開されました。

それと同時に

テレビで大きく取り上げられ

専門家という人たちが

ブログの写真や内容から

がんの進行度や余命まで

まるで国民全員に伝えなくてはいけない重大ニュースのように

伝えられていました。

 

「けこさんの意見もブログで聞けるかと思いました」

というメッセージを数名の方からいただいたりもしたのですが・・・

 

わたし、小林麻央さんのブログが読めないんです。

心臓をわしづかみにされたような

蹲りたくなるような衝動に駆られて

彼女や海老蔵さんのブログが

怖くて全く読めません。

テレビも見ることができません。

彼女の状態と自分の状態を重ね合わせ

あの時の痛みや辛さがまた自分に戻ってきそうだから。

 

そして

同時に自分の余命を数えてしまう。

あとどれだけ生きるのかではなく

あとどれだけで死んでしまうのか
と、指を折り数えている自分がいる。

 

 

 

 

私が子宮体がんの手術をしてちょうど2年。

2年前の今頃は、

抗がん剤の副作用による痛みと痺れで

「もう死んだほうがいい」と思うほど

辛い毎日でした。

 

家族が

身体の自由が利かない私に

当たり前の生活をあたりまえに過ごさせてくれ、

 

多くの友人が

私のわがままを嫌な顔一つせず全身で受け止めてくれ、

 

やっとやっと2年経ちました。

髪も生えそろって

全身の浮腫みも徐々に少なくなってきて
普通に暮らすということは
こんなにも快適で
心穏やかに過ごせることなんだと。

「普通のあたりまえの暮らし」は
本当は簡単に手の届くものではないんだと

ほんの少しのことで

「普通の暮らし」は

私たちの手の中からするりと抜け落ちてしまうんだと

実感するこの2年でした。

 

さてさて

 

このまま再発も転移もなく

病気のことなんてすっかり忘れて

何もなかったかのように

主人と、

娘や息子や彼らの未来の家族たちと

穏やかに暮らせることを夢見ながら・・・

 

明日は病院に行ってきます。

 


***今日のAromaRecipe***

これからの季節、病院に行くときには

感染症予防のために

 

ユーカリラディアタ

ティートゥリー

ペパーミント

をハンカチに一滴ポトンと落としてお出かけください

(一種類でいいですよ 簡単でしょ?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
子供の頃に聞かれて一番困ったことが

「大人になったら何になりたい?」
 
 

いつだったか


「大人の私です」


って答えて、

変な子供だわ・・・

と言われたことがあります。

だからいつも、

質問する大人が安心するような答えを

無理やり答えていました。


「学校の先生」とか「ケーキ屋さん」とか。




いろいろなことをスタートする私に
 
「結局飽き性なんだよね」
 
とか
 
「けこちゃんってどうして一つのことに集中できないのかしら。
まあ、私なんて、
これしか才能がないからずっとこれだけをやってるのよ。
でもさ、だからこそ○○のプロだって世の中に認知されてるんだと思うけどね」

とか
 
「一つのことをとことん追求してみたら?」

とかね

いろいろ言われました。
 
一つのことをとことん追求する前に
だいたいのことはわかっちゃうし。

だいたいわかっちゃった先に
私はあまり興味がない。
 
それよりも

何かと何かを融合させて
自分らしい新しいものを作った方が面白い

だから仕方ないじゃない

って思うんです。



 
金子みすずだって言ってるじゃん

「みんなちがってみんないい」

って。
 
私とあなたは違って当たり前じゃない。



ただ

私って少々変わり者で

社会適合性がないのか…

と少し悩んだこともあります。
 
(少しです)
 
一つのことを追求し、

長く続けていく事の出来る人にとっては

私はきっと


「困ったひと」


そんなことで物事成功するはずがないじゃない!!

と思われているに違いない。



 
でもそんな私に
 
朗報!!

[フォトドレスマーケティング」のKikkaさんのブログ
「中途半パーズに捧ぐ」


Kikkaさんのブログによると

私みたいな人は
「飽き性」ではなく
「中途半端」でもなく

多くに興味を持ち想像を追求する
「マルチポテンシャライト」
と呼ばれるそうです。


「ウェルスダイイナミクス」においての
「クリエイター」の位置かな。
 


ああ、私だけじゃないんだと思ったら

気持ちがとっても楽。
 
今日から

正々堂々と

「マルチポテンシャライト」として

自分を生かす道を探って行けそうです!!



次回の「小鳥ガーデンカフェ」

7/21(木) 11:00~13:00

スパッツィオ・イノ (SPAZIO INNO)
兵庫県芦屋市公光町9-3 izaビル 3F




*お名前、お写真など個人的なものはブログ、Facebookなどで一切公表をいたしません。
  会終了時にアンケートをお願いいたします。
  会へのご感想は使わせていただくことがあるかと思いますが、
  もちろんお名前等は公表いたしません。
  頂いた個人情報は、厳重に管理させていただきますのでご安心ください。

お申し込み・小鳥ガーデンカフェの詳細については
こちらをご覧ください



 
にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ  
ブログランキングに登録しております。ぽちっとしていただけるとうれしいです。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。