昨日の東京は、この夏一番の暑さ。

 

外を歩いていると熱気と湿気で息苦しいほどでした。

 

でも体も慣れてきたのか、よく寝て、よく食べております。

 

こんにちは。

王子駅のアロマテラピーサロン&スクール

アロマベーネ 川瀬裕子です。

 

そんな暑い中、昨日は、「9/22W智子先生対談」の打ち合わせがありました。

 

(対談は既に募集を終了しております)

 

当日のファシリテーターの谷口晋一先生がテキパキとご提案をだしてくださり、

 

それについて

小澤智子先生、関口智子先生がご自身の考えをお話されていき、

 

まるで本番さながら。

 

近くで聴いていたわたしは、贅沢で貴重な学びをさせていただきました。

 

トップランナーとして道を切り開いてきたお二人の共通点もたくさんあって、

 

だから今のお二人があるのだな

 

たくさんの生徒さんにしたわれ、尊敬されているのだなと思うことばかりでした。

 

 

お二人のお話をきいているとセラピストとしての成功って

 

小手先のテクニックでは決してないことがわかります。

 

わたしも含め、サロンでは集客という課題が常につきまといます。

 

 

でも、それを解決する方法は、いかに目の前のお客様をしっかりと見るか

 

そしてお客様にとって必要なことをお届けするかにつきるのですね。

 

だからこそうまくいったときの喜びも大きいし、

 

仕事とともにセラピストは一人の人間として育てられるのだと思います。

 

 

お二人の智子先生のお話を

 

敬愛するセラピストのお仲間にお届けできることを

 

心から嬉しく思います。

 

セラピストとしての幸せをきっとお届けできると思います。

 

なぜか全員 黒

image

 

image

 

 

 

 

魅せる背中をつくる
夏のクレイパックキャンペーン (8月末まで)
*夏バージョン背中パック 3000円
 (背中上部のパック)
*背中のオイルトリートメントをプラス
 30分 3000円
 

 

ご予約お問合せはLine@からどうぞ

 友だち追加

@arg2237r

 

ポチッとお願いします


人気ブログランキングへ

 

 

こんにちは。

王子駅のアロマテラピーサロン&スクール

アロマベーネ 川瀬裕子です。

 

今日は板橋区のオレンジムーンさんでトリートメントを受けてきました。

 

セラピストの大久保真奈美さんは、エフェクティブタッチの卒業生で、

現在は上級コース(マイスターコース)で更に技術の研鑽にとりくんでいらっしゃいます。

 

私自身もエフェクティブタッチの技術を学んでいるので、マイスターコースで勉強している真奈美さんのトリートメントをぜひ受けてみたいと思っていました。

 

そんなとき、モニターの募集があると知り、応募させていただきました。

 

まずは、以前からホームページで見ていたお部屋の可愛さにテンション上がります。

 

トリートメントの前に丁寧に体をチャックしていただき、今日のトリートメントのポイントを決めます。

 

わたしは、そり腰きみで、太ももの前面、骨盤まわりの筋肉に緊張があります。

 

そこでアロマのトリートメントではあまり触れられない、お尻も時間をかけてゆるめていただきました。

 

エフェクティブタッチの技術なので、ソフトなタッチなのですが、密着感がある圧で、筋肉、骨を正確にとらえて触れてもらえるので、しっかりと圧が届く気持ちよさがあります。

 

今日はモニターとして感想をお伝えするため、寝ないで頑張ったのですが、

 

からだがゆるんで終わってから眠くなり、家に帰ってからしばらく寝てしまいました。

 

あと数回受けさせていただくので、からだが変化していくのが楽しみです。

 

真奈美さん、今日はありがとうございました。

 

 

{395A17F9-93AC-4F19-9086-602D77D8387E}

 

 

魅せる背中をつくる
夏のクレイパックキャンペーン (8月末まで)
*夏バージョン背中パック 3000円
 (背中上部のパック)
*背中のオイルトリートメントをプラス
 30分 3000円
 

 

ご予約お問合せはLine@からどうぞ

 友だち追加

@arg2237r

 

ポチッとお願いします


人気ブログランキングへ

 

 

きのうは1日事務仕事をしていたのですが、

午後に突然の豪雨!

 

大粒のヒョウがたたきつけるようにふってきて、

窓ガラスに当たってガンガン音がするので、急いで雨戸を閉めました。

 

近くの駒込駅では屋根に穴があいてしまったとか、ほんと驚きました。

 

こんにちは。

王子駅のアロマテラピーサロン&スクール

アロマベーネ 川瀬裕子です。

 

前回は、「わたしの自然療法との出会い」について書きました。

 

今日は、マッサージ好きの歴史について。

 

わたしがアロマテラピーに興味をもったきっかけは、香りではなくてトリートメントからでした。

 

なにか施術系のことが勉強したいと思い、何がいいか情報を集めていました。

 

そのころ野口晴哉さんや片山洋次郎さんの本を読んだり、気になる施術を受けに行ったりしていました。

 

そのなかで精油を使ったトリートメントとの運命的な出会いがあって、アロマテラピーを学びたいと思いました。

 

当時はホメオパシーを仕事にしており、自分でもレメディーを選んで飲んでいました。

 

でも、疲れてどうしようもない時、落ち込んでなにもやる気になれない時に行く先は、マッサージやリフレクソロジーでした。

 

そのころは、人とのコミュニケーションが苦手で、精神的にもかなりどん底だったため、

 

カウンセリングやホメオパシー相談のように、自分のことを話さないといけない場所は負担に思われたのですね。

 

ただ黙って触ってくれるアロマトリートメントには、こころも体もほぐれていくのを感じました。

 

アロマのトリートメントはそのころ初めて体験したのですが、マッサージが好きにはかなり年季が入っていました。

 

わたしは子供のころから肩こりがひどくて、父によく肩を揉んでもらいました。

 

父の肩揉みはとてもうまくて、わたしも自然に覚えていきました。

 

どう揉んでもらうと気持ちいいかがよくわかったので、両親の肩や腰を揉むと上手だと喜ばれました。

 

温泉に行けば、中学生のときから両親とともに按摩さんをたのんんでマッサージしてもらいました。

 

箱根では、後にマッサージ組合(正式な団体名は?)の会長さんとご縁があって、ほとんどマッサージ目的で年に数回箱根に泊まりに行きました。

 

中学に入る年にちょっとした病気をして、ずっと通院することになったのですが、父が聞きつけていた民間療法通いが始まりました。

 

学校の帰りに”電気を体に通して、アルカリイオン水を飲む療法”と”整体”の2つに交互に通いました。

 

この電気療法の方は、風邪のときなど抜群の効き目で、定期的にかかるほかに、ひどい風邪をひくと駆け込んでいました。

もう一つの整体の先生は、すごく上手な方で、まさにゴッドハンドでした。

 

腎臓の病気の影響と思いますが、いつも顔色が悪くて、唇はチアノーゼを起こしたような色だったのですが、整体にいくとしばらくはピンク色になるのです。

 

整体では、わき腹や殿筋、股関節をていねいにほぐしてくれて、ちょっと痛いのですが、すごく気持ちが良かったです。

 

”痛キモ”にはまるって、どんだけコリコリの中学生だったことか。

 

豪快な先生で、抜群の腕前でしたが、食生活は気にしていなかったようで、四ツ谷の治療院の近くの有名店で山のように鯛焼きを買ってきて食べていたのを覚えています。

 

それでなにが原因だったのかわかりませんが、あるときぽっくり亡くなってしまいました。

 

今でもあの先生の施術もう一回受けたいなと思い出します。

 

小学生のときのお灸の先生。

 

箱根の鍼灸マッサージの先生

 

ゴッドハンドの整体の先生

 

とすばらしい治療家から子供のころに治療を受けたことは、セラピストになる下地になっているのだと思います。

 

体が弱っている時、辛いときに助けてくれた様々な療法、今度は自分がどなたかの辛さを和らげるお手伝いをしていきたいと思っています。

 

 

魅せる背中をつくる
夏のクレイパックキャンペーン (8月末まで)
*夏バージョン背中パック 3000円
 (背中上部のパック)
*背中のオイルトリートメントをプラス
 30分 3000円
 

 

ご予約お問合せはLine@からどうぞ

 友だち追加

@arg2237r

 

ポチッとお願いします


人気ブログランキングへ