いつまでどうしていたい?って話をセラピストの友達と話す機会があって
その友達は「70歳まで現役でいたい」と

将来何をしているか仕事の形態はどうなっているかは、きっと変わるかもしれないけど、あたしも現役にこだわっていたいところが強い。

やはり身体に触れているのが好きなんですよね。

”施術の時の姿勢”はとても大事って話になりました。

スポーツ選手もそうだけど、怪我や故障がない又は少ないっていうのは長く活躍できる秘訣だと思っています。

わたしは雇われサロン勤めを合わせたら10年程のセラピスト歴。

もっと長く活躍されている先輩方の多くは皆さん身体を痛めていないし元気だなぁと感じます。

ベットの高さひとつも凄く大事な環境で、今のところ腰や膝、腕をひどく痛めた記憶はない…多分(笑)
リフレクソロジーもしてますが指も大丈夫。身体を使っているから。

といっても、ハードワークが続いた時は疲れが出たり腰もだるかったりしてます^^;

その時はひどくならないうちのケアと休息なのですが、わたしの場合は鍼かメンテナンスのトリートメント、あとは温めて良く寝るってことかな。

寝ると大概のことは良くなると真面目に信じています。

そして、身体を痛めないのは、施術の姿勢とぶれない土台が大事。あとは柔らかさと力を抜くってことでしょうか。

食べる物もだけど、歳を重ねる毎に自身の身体にも気遣いが必要ですね。

まだまだ現役でいきたいものです。

{D7195F6A-548E-485F-8C04-D94235BE93A7}


AD