オージャス王国・山梨甲府のルンルンまいこです~音譜

いつもお読みくださりありがとうございますドキドキ

レイキをお手当療法だけだと思ったらもったいないあせる
レイキティーチャーとして思うことを書いています。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


レイキって何?
アチューンメント(伝授)してもらったら
どうなっちゃうの? 何ができるの?

初歩的なことを私なりに書いています。

今回は2ndの2回目。題して

魔法使いになっちゃおう音譜

です!



2ndは遠隔療法といって今、目の前にいない遠くの人へ
レイキヒーリングをすることができる、と書きました。

その仕組みを知りたくて量子物理学を学ぶうち、
私たちの意識がひとりひとり個別に分断されているのではなく
大きな海のように広がっていて、
みんなそこを共有して同じところにいる、
ということがおぼろげながら分かってきました。



でも、「に何がいいのか知りたい!」
というのが本音かもしれませんね。

2ndのアチューンメントを受けたら
どんないいことがあるの!?

とっても素直な質問です。

だってレイキって「人の力」ですから、
自分自身が得しちゃうこと、楽しめちゃうことに
じゃんじゃん使っていいのですからビックリマーク



以前書いたように世界で起こることを
私たちはありのままに受け取っていません。

なぜなら脳が知覚できる範囲に限度があるからです。

可視光線と呼ばれる赤から紫までの光の範囲しか見えません。
赤外線や紫外線は暑さやシミになる~と感じられますが
光線としては見えません。

モスキート音、と呼ばれる高周波の音は
若い時は聞こえますが年齢とともに聞こえなくなります。

人は犬の嗅覚にははるかに及びません…



それだけではなくて、私たちは自分に起こった出来事について
脳内で言語による思考を通して「物語」化しなければ
消化することができません。

何か初めてのことが起こってたのだけど、
それななんなのか、まったくその「概念」がなければ
「経験」そのものが起こっていないことになってしまうのだそうですビックリマーク

つまり、私たちが「経験した」と思っているのは
その経験を脳内で「こういうことだったんだ~」と
言語(思考)に落とし込めてはじめて経験となりうるのですね。



体験を脳内で意味づけして自身の経験にしている時、
今、私たちが持っている「信念・観念」が狭い範囲に偏っていたら…

だから居心地悪く、窮屈に感じていたのかもしれませんね。

その信念・観念を未来へつながる方に拡げていったら
もしかしたらその体験は今まで思っていたものと
まったく違う「経験」に「再体験」されるかもしれませんひらめき電球

世界が広がりラブラブ
内的経験が豊かになりますラブラブ




2ndのテクニックは自分自身に使えます。
外の世界は何も変わらなくても、同じ人間関係でも、

あなたの中身が変われば、内側の経験世界が変わるのです音譜

今、いるその場所で、その仕事で、その人たちと

豊かにしあわせに暮らしましょう~合格

自分の人生にマジック(魔法)をかけられるんです~ドキドキ



ペタしてね
AD