軽く• 楽しく• 美しく☆aromaco-aroma

【軽く、楽しく、美しく】をモットーに、ヨーロッパ生活や旅で得たシンプルライフを発信。アロマworkshop 、時に韓国人の母から学んだキムチ作り教室開催。

ヨーロッパ滞在の経験から『軽く、楽しく、美しく』をモットーにシンプルライフを提唱。
韓国人の母直伝のキムチ作りのワークショップや韓国料理を楽しむ会を開催しています。
また、私のライフワークでもあるアロマクリームの会も引き続き開催中。

テーマ:

今、私が関わっているのは、『ニュートリノ』という宇宙線の研究。
世界各国グループが日本に集まり、この目にはみえない、物資は通り抜ける幽霊粒子の研究をしているのです。

今も私達の身体を1秒間に1兆個が通り抜けるという全く想像のつかない話なんだけど、宇宙の誕生の秘密が分かる、新たな天文学にもなっているとか。


それはそれでとても素晴らしい事ですが、
その各国グループ秘書をしている私の雇い主、アメリカグループの代表が本当に心の温かい方で、人柄が素晴らしいのです。


先日無事に赤ちゃんを出産した前任者に対して、彼は世界中のグループにメールし、彼女と赤ちゃんを祝福しようと呼びかけた。


いかにもアメリカ人がすることなのかもしれないけど、産休明けて戻ってくるまで会社から音沙汰なしの文化よりもハッピーじゃない?


私は彼女が復帰するまでの短期雇用だけど、この数ヶ月だけでも働きやすい環境に感動してます。春休み中は午前中だけの勤務にしてくれたり、ランチタイムも拘束されているからって理由で時給が出るのも嬉しい。
優先順位さえ確実に把握していれば、時間がある時は本を読んでたっていい(そんな時間はあまりないけど)


何より目からウロコなほど、英語の勉強になってます。


5月が山場であり、最後。


こんな機会はなかなかあることではありません。
彼らにもっと積極的に英語で話しかけていこう。

頑張れ、私!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
カムジャタンを家で食べられる幸せ。

{7C59859A-F074-4887-907A-17EFF951AF06}

1月に購入して以来、ずっと我が家の冷凍庫の下段半分を占領していた「豚の骨付き背肉」で取った出汁は濃厚だけど脂っこくなく、ジャガイモとの相性がとても良いのです。
(カムジャとはジャガイモの事)


【ザックリレシピ】
1. 肉の血抜きをする(時間なければ数分茹で、流水で綺麗に洗います)

2. 深鍋に水、肉、ニンニク、生姜、ネギの青いとこ、煮干し(5本位)、お酒をいれて30分煮る

3. 厚輪切りしたジャガイモ、玉ねぎ、エノキを入れて5分経ったら、〔唐辛子粉大2、コチュジャン大1、醤油大1、魚醤大1〕とキムチを入れて30分煮込む

4. 日本の味噌大1入れて、セリ、ニラを加えて蓋をする

{123C897F-65EF-4FBC-8CDA-B5F5173ABFD0}

本場はエゴマの葉を使いますが、今日はニラ、セリを各1束。甘さは玉ねぎから。


御飯が合います。
御飯にスープをくぐらせて食べる。
一膳では済まないことでしょう。


背肉はなかなか手に入りませんから、スペアリブで代用しても。その場合はダシダが重宝します。



意外とアバウトな味付けだったけど、美味しく頂きました。
これから我が家の定番鍋になるかもしれません。
見た目ほど辛くないので、子供もいけるかも。
ま、今夜彼らは『パパ特製ロコモコ』。
 


みんながハッピーな日曜日の夜でした❤︎
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日はヤンニョムチキンを作りました。

ヤンニョムチキンといえば、
昔、ソウルで韓国人の友人とヤンニョムチキン屋さんでボウルに山盛りのチキンをベトベトギトギトになりながら、ひたすらむさぼり食べたのを思い出します。
(脳から『確実に太る、危険』のサインが出たため、それっきり行きませんでしたが💦)



これまた家で作って食べるという発想がなかったのですが、イモ(叔母)から作り方を聞いて作ってみたらもう、、、やっぱり美味しくて止まらない!
{BB99B13B-66FA-4124-B265-2634615D829C}

ヤンニョムチキンのレシピを検索すると、
ケチャップを入れているレシピが多いのですが、イモ秘伝(?)のレシピは〈コチュジャン、とんがらし、ニンニク、水アメ、醤油少々〉に、隠し味にワサビをほんの少し入れています。
(レシピ公開したら秘伝じゃないわね…笑)


{50F02AA7-709F-4D0E-A1B3-6135CFDBE611}
まあ、とにかくビールが進んで仕方ない❤︎
甘辛いと言ってもベースが激辛な上に、ワサビのシャープさが加わる大人の味。


辛いものって、痛いとも感じるくらい本来は危険なもの。しかし辛さって同時に快感ホルモンも出すそうです。いうなれば、恐怖を感じるジェットコースターに乗って爽快になる、ような。。
しかもね、適量のカプサイシンは胃の粘膜を守ってもくれるんですって!


さて、ヤンニョムといえど、色々あります。
今回作ったのはおかずになる甘辛ヤンニョム。
キムチの素となるヤンニョムは中身が全く違う。
浅漬けキムチも通常のキムチとはヤンニョムが異なります。

その辺りの違いを4/9(日)の『ヤンニョム作り』ワークショップでお伝えします。


==ワークショップのお知らせ==
Alohawarmee x 마코요리(マコヨーリ)
『キムチの素、ヤンニョム作りWS』
{2D0ADB41-8DE2-4364-A1AE-2E145FDFEA86}
日時:4月9日(日)10時30分~13時30分
場所:神奈川県藤沢市鵠沼
金額:7,344円(税込)※軽食・お土産付き
持ち物:筆記具、エプロン、保冷バッグ、保冷剤
定員:8名様 

*お申し込み、詳細はこちらから↓



キムチの素となるヤンニョムを作りお持ち帰り頂きます。ご自宅でお好きな野菜でキムチを作ってみて下さいね。当日は春キャベツのキムチを作る予定です。

すぐに食べられる浅漬けキムチ(コチョリ)も作るので、味の違いを食べ比べしましょう。
この浅漬けキムチと茹で豚を野菜で包んで食べるのも最高です。

毎回好評のキンパ(韓国海苔巻き)も皆さんと一緒に作る予定です。


内容盛りだくさんの今回のワークショップ、
残席3名様です。
気になる方はお早めに^ ^




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)