イメージの香り☆ラベンダー

先週、アロマサンプロテクトクリームのワークショップを開催しました。

{71C915A8-2FFA-4C80-BA99-9E7AEC09647C}


作成したのは日焼け止め2種。そして簡単にできる化粧水。
ランチタイム近くになったので、レーズンパンとキッズの飲み物も写りこんでいますね(笑)




どこのお店でもすぐに手に入ってお手軽な日焼け止め。
ですが、子供用として販売されている日焼け止めにもかなりの割合で紫外線吸収剤、合成ポリマー、合成界面活性剤など、お肌と身体に悪影響を及ぼす成分が含まれています。

今回作成したものは、上記の成分一切不使用。
UV-A波&B波から肌を保護し、肌本来の修復力も高めてくれるアロマサンプロテクトクリームキラキラ
ニューヨークで学んだ英国美容自然療法コスメクラフトの技術を元に、理学博士のアドバイスを頂いて完成した美容日焼け止めでした。





私が日焼け止めを作ろうと思ったのは、子供が生まれ、外に出すようになってからのことです。
肌が弱く、口の周りがすぐに荒れてしまう娘。
指しゃぶりをしてしまうので、顔に付いたものは舐めてしまう危険性もあります。


そもそも、なぜこんなにデリケートな肌なのか?
そういえば、母親の私自身が肌が弱い。
遡ると、私だけでなく、私の弟たち2人とも小さい頃肌が弱かったことを思い出しました。
そして、私たちの子供世代にはますますアレルギーを持つこどもが増えていますぐすん


食べ物の変化
肌に触れてきた洗剤類
強さが増している紫外線

いろんな要因で私たちの肌と身体はできています。
モノがあふれている中で、子供に、自分に、何を選んであげるか。
それは、未来の健康を左右することにも繋がると思っています。



そんな背景もあり、自分の肌につけるものは安全なものを。
アメリカだと日本人の肌に合うものを見つけるのも大変ですしね。。。涙

手づくりでできたら低コストでもあるので。
日焼け止め以外にも日々コツコツ試作中の私ですおねがい



とはいえ、市販されているものの中にも良品はありますし、使用するメリットもたくさんです。
私もまだまだ勉強中ですし、お世話になることもありますよ。
上手に使い分けたらいいし、選ぶ目を養うことが大切だと思うのですニコニコ



受講された方のご家族や、周りの方にとって「選ぶということ」「肌と健康を守るということ」を考えるきっかけになれば幸いです。
もちろん、アロマを楽しむきっかけにも。

これからもゆっくりペースではありますが、肌想い・身体想いのアロマクラフトたちをご紹介していけたらと思っています。





実は前日からアクシデントが発生し、ワークショップ終了後は数日抜け殻の私でしたチーン
参加者のみなさま、どうもありがとうございました!




AD