今日は、FMドラマシティの放送内容です。

 

前回は抹茶のお話から、存在を知らなかった、粉末茶の話まで広がりましたね。
よく考えたら、我が家では、お茶の種類がたくさん、あるんだなあと、実感しました。
普段から、緑茶・麦茶・紅茶にウーロン茶はあるし、ルイボスティーに黒豆茶、

ごぼう茶、ハーブティもいろいろあるし。
そういう意味では、気分やシチュエーションによって、飲むお茶も選べる時代なんですね。
皆さんのおうちには、どんなお茶がありますか?

 

今日はまた、アロマのお話をしましょう。
私は見なかったんですが、

先日のテレビで、「認知症の方にアロマテラピーがいい。」

というような内容があったそうですね!

 

その番組を見ていなかったので、ローズマリーが欠品していたり、

以前から、アロオイルを入れるペンダントはあったのですが、

やたらとネット上で、アロマオイル用のペンダントの広告を見るなあ?

と思っていたのですが、それも、テレビで紹介していたんですね?

テレビの力は恐ろしいものです。

 

私のアロマセラピストたちが、地道に、アロマテラピーの良さをお伝えしても、

なかなか、広まらないのに、テレビでは一発で広がるんですもんね!!
それだけ、認知症をかかえている方が多いのと、

認知症への不安があおられているんでしょう。


普通に買えたエッセンシャルオイルが、手に入らなくなるんですからね。

さて、テレビで取り上げられたことで、

アロマテラピーの力が認められたのはいいのですが、
そのなかで、危ない情報も混じってしまったのも、確かなので、

今日はそこをお伝えしようと思います。

 

テレビの番組内では、朝に使うと良いエッセンシャルオイルは、ローズマリーとレモン、

夜に使うとよいエッセンシャルオイルはラベンダーとオレンジだったそうです。


普通はそれでよいのですが、認知症にかかる方の年齢は、

たぶん、若者ではなくて、高齢の方が多いと思います。
でも、日本人の中高年以上の3分の1くらいの方は、

高血圧症と診断されていますよね。


先日、日本人間ドック学会が示した、将来に向けての見直し案で、

「男性の血圧は、上が147までなら、大丈夫。」というように、

高血圧症などの判断基準がかなり、下げられました。

 

今までは140を越えたら、高血圧症の薬を飲まなくては、いけない。と、

医者が言ってきたわけですが、それも、変わるようです。

 

で、その基準とは、なんだろう?ということも、気になるのですが、

 

その高血圧症に方に使ってはいけない、アロマオイルがあるのです。
それが、「朝に使うと良いアロマオイルは…」のローズマリー、なんです。

 

エッセンシャルオイルは、植物のエッセンスを、ぎゅっと、濃縮して集めたものですので、
基本的には、薄めて使うとか、○○のときの使い方は何滴まで、などと、

注意して使わなくてはいけないところがあるんです。


日本の厚労省では、エッセンシャルオイルは「雑貨」扱いですから、

濃度がどうとか、肌(粘膜も含む)に触れるような使い方をするとは想定していませんが、
エッセンシャルオイルそのものの力としては、

化学反応をする薬理成分の分子の集合体ですので、
欧米では薬品並みの扱いで、効果もあるものなのです。

 

日本で言う「薬」ではありませんが、それに順ずる作用が起こるのも確かなことなのです。

 

ですから、もちろん、○○の場合に使用してはいけない物も、もちろんあるということです。
様々な病気に処方している薬の成分を、妨害することもあるからです。

 

その一つが、ローズマリーで、高血圧症やてんかんの方には禁忌=使ってはいけない、

オイルです。

他にペパーミントも、高血圧症やてんかんの方に禁忌なオイルです。

 

でも、いったんテレビで、、「認知症の方にアロマテラピーがいい。」なんて、

言ってしまったら、
その情報が先行して、注意事項は置いてきぼりにされている状態で、

非常に危険です。

 

ですので、この放送をお聞きになって、周りに「認知症の方にアロマテラピーがいい。」と、
舞い上がっている方がいらっしゃったら、

ぜひ、ローズマリーは止めた方がいいよ。と、教えてあげてください。

 

私だったら、朝に使うエッセンシャルオイルの目的が、集中力アップなどでしたら、

頭脳明晰効果のある、マージョラムをおススメします。
高血圧症でしたら、血圧を下げるのが得意ですから。
このオイルは、逆に低血圧の方には向かない、眠気を誘うものになりますね。

 

だからといって、多量に使うのは、控えましょう。
何事も、《適当》が大事なことを、お忘れなく。

 

他に紹介されたレモンやオレンジ・ラベンダーは、

割と、皆さんにもなじみあるオイルですので、
認知症のためだけでなく、生活に取り入れていただいて、

親しんでいただければ、うれしいですね。

 

ただ、ここで、一つ、忘れていただきたくないのが、光毒性(ひかりどくせい)です。

たぶん、テレビの内容を想像すると、

アロマペンダントに朝は、ローズマリーとレモン、
夜はラベンダーとオレンジをコットンなどに含ませて、首から提げるといいよ。
ということなのでしょうが、


エッセンシャルオイルを使い慣れていない方が、ほとんどですので、

お話しておきたいと思います。

 

今回、紹介された、レモンとオレンジは、柑橘系のオイルですので、

万が一、それらのオイルを肌などについてしまって、

そのまま、太陽光線に当たると、赤くなってただれたり、しみになったりすることがあります。
これを光毒性といいます。

 

ですから、付いてしまったら、しっかり洗い流すとか、

その箇所を布で覆うとか、日の当たらないときに使うとか、など、に注意してほしいんです。

これは個人差がありますが、24時間後に日に当たったのに、

ひどくしみになってしまうこともあるようです。

 

大抵は、今日、エッセンシャルオイルでトリートメントしても、

明日には、影響が出ないのですが、
個人の代謝によってや、アレルギーなど、様々な要因が重なったりすると、

そういうトラブルになってしまうこともあるのです。

 

こんなことを書くと、「アロマって、とても危険だ」と、思われてしまうかもしれませんが、
私たちの体も、化学成分ばかりでなく、

ウルシにまけたり、かぶれたりするのと同じだと思ってください。

 

先日、映画「テルマエロマエⅡ」を見てきましたが、

これは、古代ローマと、日本の風呂のお話ですが、

その中で、温泉も病気によっては、病を悪化させるとの描写がありました。

 

映画の中では、結核かもしれない人が、温泉は体にいいから。と、

たくさん温泉に入るのです。
やはり、温泉も治療のひとつという描写です。

でも、温泉は結核の人には禁忌だと、ヒロインが教えていました。

 

でも、結核の人が注意して入ればいいだけで、温泉は湯治場があるくらいですから、
温泉はやはり、体にいいんですよね。

アロマテラピーもそう言うことです。

ちょっと、理解していただけたでしょうか?

 

使い方、扱い方に注意して、人間と自然と調和し、

植物からの恩恵をうけるのが、アロマテラピーだということを知っていただきたいと思います。

 

 

お知らせ

NEWリラコワでシンクロニシティカードリーディング

NEW宇宙循環gallery@札幌 ヲシテアート作家のMIYOと仲間たち

NEW北海道の女性がつながるプロジェクトでプレゼンルンルン

NEWオンサセラピーモニター募集中ルンルン

NEW【シェア歓迎】レイキ遠隔ヒーリング 募集中♪

 合格シンクロニシティカード 100人リーディング 募集中

 

----------------------------------------
札幌市営地下鉄琴似駅徒歩3分
リラクゼーションスクール&サロン アロマ ルナ

http://www.aromaluna.jp/
携帯 090-8708-2511
北海道札幌市西区琴似2条3丁目

----------------------------------------

AD

今日は、FMドラマシティの放送内容です。

 

さて、今日は前回の続き、抹茶と粉茶の違いについて、お知らせします。

 

まず、抹茶の製造工程ですが、「てん茶」という、主に抹茶の原料となるお茶を作ることから

始まります。 

通常のお茶とは異なり、茶葉を揉まず、そのまま乾燥させたお茶です。 

  

玉露の栽培とと同じように、茶園をヨシズやワラで覆い(被覆栽培)、

日光をさえぎって育てた生の葉(一番茶といいます。)を原料としますが、

蒸した後、揉まずにそのまま乾燥し、茎や葉脈などを除いた後の、

細かいものがてん茶(碾茶)です。

 

一般に、玉露の被覆=ひふく(直射日光をさえぎるために覆う)期間である20日前後より、

長く被覆されます。

茶摘みの2週間ほど前から茶畑に直射日光を避けるようにするそうです。

名称の「碾(てん)」は挽臼を表していて、挽臼で粉砕するためのお茶であることから

「てん茶(碾茶)」と呼ばれます。

  

「 抹茶 」 

先ほどのてん茶を、出荷する直前に石臼で挽いたものが「抹茶」となります。

茶道のお点前(おてまえ)で使用される、濃茶(こいちゃ)用の抹茶は、

以前は樹齢100年以上という古木から摘採=てきさい した茶葉が使われましたが、

近年は濃茶に適した品種(さみどり・ごこう・あさひ・やぶきたなど)の選定や、

肥培=ひばい 管理・被覆期間などの検討を行い、良質なものが濃茶用とされています。 

 

 

「粉茶」   

細かな茶葉だけを選別した「粉茶」  

玉露や煎茶の仕上げ加工工程で、廻しふるいなどで選別された、

細かい粉だけを抽出したお茶です。

茶葉そのものが抽出液に多く含まれるので、

水に溶けない有効成分を効率的に摂取することができます。

お茶をいれた時の色合いは鮮やかな緑色で、味も濃く出ます。 

 

飲んだことがないという方も多いかと思いますが、お寿司屋さんなどで見る

すごく濃い緑色のお茶といえばピンとくるのではないでしょうか。

 

こうやって、調べていると、「粉末茶」というものに、出会いましたよ。

 

「粉末茶」  

「粉末茶」は、お茶の葉を粉末状に加工したものを言います。

「粉末煎茶」や「粉末玉露」などがあり、お湯や水に溶かして飲用しますので、

茶殻が出ることはありません。

先ほどの「粉茶」は粉ですが、水にとけず茶殻が出ますので、

そこに違いがあります。 

 

前回のコーナーでお話しましたが、カテキン・タンニンなど、

お茶にはたくさんの体に良いと言われている成分がありましたよね。

しかし、普通に急須でお茶を淹れると、栄養素の3割程度しか摂れず、

残りの7割は茶殻として捨てられてしまいます。 

 

お茶の葉をそのまま、料理に使えるとか、PRしているのですが、

それでもなかなか、毎日は摂りづらいものです。 

 

粉末茶は茶葉そのものを粉末にしていますから、

普通のお茶では抽出されない栄養成分を、効率的に摂取できるのですが、

味と香りは、急須で淹れたお茶にはかないません。 

 

もし健康のために意識して日本茶を飲んでいらっしゃるなら、

普通のお茶:粉末茶=5:1はにしてみてはいかがでしょうか。 

 

粉末茶のメリット。 

・混ぜるだけ、お茶をいれるのが簡単 

・急須がいらないから片付けるのが楽 

・茶殻が出ないので生ゴミが出ない 

・茶葉の風味があって美味しい 

・お茶の成分まるごと摂取できるので、体にいい 

・飲みたい時にすぐ作れる 

・一度にたくさんのお茶をいれるのも簡単 

急須で何回も何回もいれる煩わしさがありません。 

・少しの量でたくさんのお茶が作れる 

こうやって調べていくと、お茶にもいろいろ、あるんですね。

粉末茶だったら、てんぷらなどの衣にしたり、

ケーキやクッキーに生地などにも入れたりできますし、

青汁をわざわざ買わなくても、いいのかもしれません。

 

私が最近、はまっているのが、昆布茶漬けなんですけど、

キャベツなどの野菜に昆布茶を好みで入れて、しばらく置くと、

簡単に浅漬けができるんです。

その昆布茶と一緒に、粉末茶も入れても、いいかもしれませんね。

 

他にも、面白い使い方が出てきそうです。

 

山田さんからの質問で、粉茶と抹茶の違いを調べてきましたが、

大変、勉強になりました。

ありがとうございました。

現代の日本は、ペットボトルのお茶の普及によって、

茶葉から入れる本当のお茶から、離れしつつありますが、

便利で使いやすい粉茶たちを見直すのも、一つの方法かもしれませんね。

そして、たまには本格的に抹茶を楽しむ時間を持つのも、風流かもしれません。

 

 

お知らせ

NEW7月7日 ハアトサロン出店します音譜

NEWオンサセラピーモニター募集中

NEW【シェア歓迎!】遠隔ヒーリングいたします。

合格レインドロップ講座  募集中
合格シンクロニシティカード 100人リーディング 募集中

 


----------------------------------------
札幌市営地下鉄琴似駅徒歩3分
リラクゼーションスクール&サロン アロマ ルナ

 http://aromaluna.jp
携帯 090-8708-2511
北海道札幌市西区琴似2条3丁目

----------------------------------------

 

AD

今日は、FMドラマシティの放送内容です。

 

「(略)

それもあって、先日、桜餅を買って食べましたが、そのとき、久しぶりに抹茶を飲みました。

ここしばらくは遠ざかっていますが、

一時は裏千家の小さなお教室で、茶道を習っていたせいもあって、

ちょっとした茶道具で、点ててみたんです。

 

私、緑茶は苦いので苦手なんですが、お抹茶って甘味があるから、好きなんですよね。

茶道のお手前には、濃茶と薄茶があるのですが、

濃茶は、薄茶より抹茶の量を多く、

薄茶を作るより少ないお湯で、練るように点てるのですが、

使う抹茶は、薄茶よりいい物を使うので、

もっと甘みがあるんですよ。

 

そんなこともあって、今日はお抹茶の様々な効果について、

調べてみました。

 

そもそも、緑茶は有効成分を豊富に含むため、

薬効が高い食品であるとその効能が注目されているのは、

ご存知ですね。

 

 

でも、近頃は、急須でお茶をいれる家庭が少なくなっているせいもあって、

最近の新入社員は急須でお茶を入れることができないというか、

知らなくなっているようですね。

 

 

ペットボトル入りのお茶って、生産してから販売して、

私たちが買うまでにどれだけの時間がかかっているのでしょう。

 

それなのに、オリも無いし、変色もしないし、おかしくないですか?

そんなペットボトル入りのお茶で、

「緑茶成分が摂れている」と思っているのは、どうなんでしょうね?

 

 

そんなことを頭に入れながら、お聞きくださいね。

 

 

お茶の有効成分として、豊富に含まれているビタミンA、ビタミンEは脂溶性であるため、

 熱湯ではほとんど溶出されません。

 

これらの成分が水に溶けない成分であるということは、

緑茶が健康に良いからといって、緑茶を飲んでいるだけでは、

体内に取り入れることが出来ないということになります。

 

これらの脂溶性物質(ビタミンA・ビタミンE)を摂るためには、 

茶葉をまるごと摂取できる抹茶は、

最適な飲みものであると言えます。

 

☆抹茶の美肌効果

 

抹茶に豊富な栄養成分の中でも、ビタミンとサポニンには美肌効果があります。

ビタミンCは、美容には欠かすことができないコラーゲンの生成に大きく関与している栄養成分です。

 

そして、抹茶に含まれるビタミンCは、みかんの4~7倍もあると言われています。

 

また、このビタミンCには、お肌の水分が減少するのを防ぎ、

肌の弾力を保つ働きがあります。

さらに、ビタミンCには、ストレスに対する対抗力をつくる力もあるのです。

 

抹茶を飲むことは、美肌効果の高いビタミンCを、

効率よく摂取できることになるのです。

 

また、サポニンといえば大豆というイメージがありますが、

抹茶にもサポニンがあるそうで、

サポニンには浄化作用がありますから、

ビタミンEがもつ体内の酸化を防ぐ、抗酸化力があるのです。

 

抹茶には、このような美肌効果のある成分が、

豊富に含まれています。

 

 

☆抹茶のダイエット効果

 

この抹茶に含まれているカテキンには、

脂肪を燃やす作用がある、

ということでダイエットにも効果があると言うことです。

 

それは、抹茶に含まれている成分には、食物繊維もあり、

その食物繊維は水に溶けないので、それも摂ることができるからです。

 

抹茶の成分であるタンニンは、脂肪の吸収を抑制して、

脂肪を分解する酵素の働きがあります。

 

そして、抹茶といえばカテキンですが、

カテキン=タンニンの一種なのです。

そのタンニン=ポリフェノールの一種です。

 

ポリフェノールには、血中コレステロールを軽減させたり、

脂肪の酸化を防いでくれたり、皮下脂肪や内蔵脂肪の燃焼を促してくれる効果もあるのです。

 

 

☆抹茶で便秘改善

 

抹茶は、お茶の葉を粉にしたものですから、

食物繊維がたっぷりと含まれていて、

腸の働きを良くしてくれます。 

そのため、日常的に飲むことで便秘を改善してくれる効果があるのです。 

 

そもそも食物繊維とは、

体内では消化することが出来ない成分です。

そのため、食物繊維を積極的にとることは、

便の量を増やすことになるのです。

 

また食物繊維には、便の量を増やすだけではなく、

腸内の悪い菌を減らして良い菌を増やす働きがあります。

これはつまり、腸内環境をよくしてくれる働きがあるということで、

便秘改善にも役立つのです。

 

さらに食物繊維は、血糖値があがることを抑制してくれたり、

コレステロール値をさげてくれたりといったように、

体にとってさまざまな良いことをもたらしてくれる成分なのですね。

 

また、抹茶にはカフェインも含まれています。

適度にカフェインを摂ることによって、

体内に吸収された栄養成分の中で、

内臓脂肪が優先して使われるようになります。

 

カフェインは、ボディトリートメント後に摂取するのを、

極力控えてもらうようにお知らせするものの一つですが、

それ以外のタイミングで、

カフェインを摂取することが大事なんですね!

 

そして、抹茶にはカテキンも含まれています。

カテキンは、便のニオイを消してくれる作用もあります。

 

さらに、カテキンには、たんぱく質とくっつきやすく、

消化吸収を助けるアミラーゼと結合して、

でんぷんの分解を阻害する働きがあるのです。

そのため、分解されなかったでんぷんは、

便として排出されやすいというわけなのです。

 

このように、抹茶の食物繊維やカテキンは、

便秘を改善してくれる効果もあるのです。

 

 

☆抹茶には抗菌効果や殺菌効果もある。

 

さらに抹茶には、抗菌効果や殺菌効果があります。

 

例えば、腸管に感染するコレラ菌や赤痢菌などの菌、

そして呼吸器に感染する菌、

さらに食中毒を起こすサルモネラや黄色ブドウ球菌、

そして、水虫を起こす白癬菌などの抗菌効果、

殺菌効果があるのです。

 

普通の濃さの1/10のお茶1mlでも、

1万個の細菌を殺菌する力があると言われています。

 

そして、薬とは違うので、腸内の悪玉菌にだけに作用して、

逆に善玉菌を増やしてくれるという働きがあるのです。

さらにカテキンには、殺菌作用以外にも、

細菌が出す毒素を解毒する作用もあるのです。

 

そのため、よく耳にするコレラ毒素や百日咳毒素、

黄色ブドウ球菌の腸管毒や、

大腸菌O157のベロ毒素などを、解毒する力があります。

 

ということは、抹茶を飲むことは、

解毒効果があり食中毒を軽減してくれる可能性がある

ということなのです。

 

まだまだカテキンには、いろいろな効果があります。

カテキンには、他にも、インフルエンザウイルスなどにも

抗ウイルス作用を示してくれるので、

インフルエンザウイルス予防の効果もあるのです。

 

☆抹茶のガン抑制効果

 

お茶を習慣的に飲んでいる人は、お茶を飲まない人にくらべて、

ガンが少ないと言われています。

 

お茶に含まれているポリフェノールは、

ガン予防効果が検討され、

発ガン物質の作用を打ち消したり、

ガンの進行を遅らせたり、

他の臓器への転移も遅らせる効果があることも

報告されているそうです。

 

その上、緑茶に含まれているカテキンは、

他のガン予防物質と併用することにより、相乗効果によって、

さらにガン防止効果が増すといわれています。

 

さらに、お茶の葉には、カテキンやビタミンCといった、

抗酸化作用やラジカル補足作用がある成分が

たくさん含まれています。

 

カテキンはポリフェノールの一種なので、抗酸化剤の働きがあり、

水溶性なので、ビタミンCと同じように、

体液中で大きな抗酸化作用があると言うわけなのです。

 

また、お茶の葉には、ビタミンEやベータカロチン、

そして食物繊維といった、ガン予防に効果がある成分が

多く含まれています。

しかし、これらの成分は熱湯では抽出することが

出来ない成分なのです。

 

そのため、単にお茶として飲むだけでは、

その効果は充分ではありません。

お茶の葉を粉にして、そのまま飲むことになる抹茶は、

ガン予防の効果があると言えるのです。

 

☆抹茶のリラックス効果

 

抹茶に最も多く含まれている成分には、

旨みを感じる基となっているテアニンという成分があります。

このテアニンには、リラックス効果があるのです。

 

テアニンを摂ることによって、

リラックスしている時に出る脳波、

アルファー波が出る頻度が多くなってリラックスできるのです。

 

テアニンは、体内のタンパク質を構成しているアミノ酸の一種です。

 

そして、このテアニンは、緑茶以外の植物にはない、

緑茶独特な成分なのです。

また、緑茶の中でも、玉露やかぶせ茶、

そして抹茶といった

高級茶ほど多く含まれている成分で、

脳をリラックスさせる効果があるのです。

 

そう言えば、抹茶を飲むなんとなく落ち着いた感じがしませんか。

それは、テアニンのおかげだったのですね。

 

ある大学の研究グループの実験によると、

人間がテアニンを摂ってから、

10分おきに脳波を測定したところ、

約40分後には、ほぼ全員の脳にリラックス状態を示す

α波が強く出るという結果が出たそうです。

 

 

☆抹茶の老化防止効果

 

抹茶に含まれる成分の中で、

老化防止効果のある成分にもいくつかあります。

 

まず、抹茶に含まれるカテキンとビタミンEは、

抗酸化作用、動脈効果抑制作用があります。

この作用には、老化防止効果があります。

 

しかし、ビタミンEは、お茶の葉には多く含まれている成分ですが、

熱湯ではほとんど溶出されない成分です。

つまり、抹茶としてお茶の葉自体を飲むことは、とても老化防止効果が高い、

ということになりますね。

 

さらに、抹茶に含まれる成分の中には、甘みの元になる、

テアニンがあります。

この成分は、脳の老化防止にも、効果がある成分なのです。

 

脳の老化は、脳細胞を死滅させて、脳の萎縮や老化を起こす

コルチゾールにあると言われています。

そして、テアニンには、このコルチゾールの分泌を抑制する働きがある、

セトロニンという物資の増加を促す力があるのです。

さらに、テアニンには、記憶を司る神経細胞の働きを正常に保つ働きもあります。

 

このように抹茶には、薬にも負けないくらいの老化予防効果があるのです。

 

 

このように、お抹茶を飲むことは、緑茶では摂ることができない、

様々な恩恵をまるごといただくことができるんですね。

 

先ほども言いましたが、

こんなにたくさんの恩恵をペットボトルの緑茶でも、

摂れているのでしょうか?

何%かの緑茶+着色+香り+人工のビタミンC=ペットボトルの緑茶?

 

じゃないでしょうか?

 

皆さんも、便利だといって、ペットボトルのお茶に頼らないで、

なるべく、本当のお茶を飲むようにしてくださいね。」

 

 

※放送後に、判明しました。

ペットボトルのお茶を茶渋がついているお茶碗にしばらく、入れていたら…

なんと、入っていた部分まで、白くなってしまいましたガーン

 

…という事は、漂白されたってことですよねもやもや

 

皆さんも、気をつけてくださいね爆 笑

 

 

お知らせ

NEW【スカイプSkype開催】 自分を知って、悩み解決「おしゃべりサロン」

レインドロップ講座  募集中
シンクロニシティカード 100人リーディング 募集中
  

winwinさんのお茶会で、シンクロニシティカードリーディング

九州地方にお住まいの方へ

【シェア歓迎!九州地方にお住まいの方 無料!!】「シンクロニシティカードリーディング」

 


----------------------------------------
札幌市営地下鉄琴似駅徒歩3分
リラクゼーションスクール&サロン アロマ ルナ

 http://aromaluna.jp
携帯 090-8708-2511
北海道札幌市西区琴似2条3丁目

----------------------------------------

 

 

AD