少し前から通って頂いているちょっと年配のお客様。
日頃からいろいろなことに積極的にチャレンジされてます。
 
男性セラピストのトリートメントを受けると、女性ホルモンの分泌が増えてより若々しくなるのではないかと一念発起。
勇気を出してトリートメントを受けに来て下さいました。
 
★本当に女性ホルモンの分泌が増えるのか?
 
女性ホルモン(エストロゲン)は卵巣で作られますが、閉経後は卵胞が成熟しないのでエストロゲンの量は極端に少なくなってしまいます。
人によっては男性よりもエストロゲンの量が減る場合もあります。
男性は男性ホルモン(テストステロン)からエストロゲンを作っていますが、閉経後の女性は卵巣と副腎で僅かな量のエストロゲンしか作られません。
ですから、トリートメントで女性ホルモンが増加するかは実際のところ疑問ではありますが、可能性としては無いわけではありません。
 
トリートメントの刺激による高揚感は、適度なストレスとなり副腎皮質ホルモンの分泌を促します。
それによって副腎で僅かに生成されているエストロゲンの量が増える可能性があるからです。
確かに、女性ホルモンが増えると若々しく綺麗になるので、それを期待したいところですね。
 
 
でも、トリートメントで増加すると考えられるホルモンは実は沢山あります。

★セロトニン
 
乱れた心を鎮静し、心を平静にしてくれるホルモン、リラックスホルモンであるセロトニンは、トリートメントでリラックスした時に大量に分泌しています。

★ドーパミン
 
気持ちが良いと感じる時に分泌される快楽ホルモンであるドーパミン。
時として依存症の原因になるホルモンでもありますが、行動への意欲、モチベーションを高めるのに必要なホルモンです。

★オキシトシン
 
愛情ホルモンとも呼ばれているオキシトシン。
オキシトシンは他者を慈しむ、愛する気持ちを高めるホルモンです。
スキンシップによって分泌が増加することが立証されています。

★βエンドルフィン
 
身体が死ぬほど苦しい時に分泌され、苦しさや激痛を遮断するホルモンです。
マラソンの時に苦しさが無くなってしまうランナーズハイ、大怪我をした時に痛みを感じさせないなどの働きがあります。
また、このホルモンは多幸感をもたらし、快楽の絶頂であるエクスタシーの時にも大量に分泌されていると言われています。
生存欲、睡眠欲、食欲、性欲など本能が満たされた時にも分泌されます。

これら、内面の乱れを整え、外部に対して積極的になれる多くのホルモンが分泌されるので、トリートメントで心も体も美しくなることは間違いありません。
何よりも、未知の体験にチャレンジする気持ちを何歳になっても持ち続けることが、若々しさの秘訣ですね。
 
 
さて、このお客様はどこまで若返ることができるでしょうか。
楽しみです。
 
 
AD