サンディエゴ発 Happy Moms 応援レシピ

みんなちがって、みんないい
 子どもたち一人一人のホンモノの輝きを大切にする
 そんな子育てを応援する様々なレシピを紹介します



⭐️個性診断&子育てカウンセリング⭐️
随時お申し込み受付中


⭐️アロマオイル活用ワークショップ 5月⭐️

#38 春はデトックスに最適な季節です!
5月7日(土)10:00-12:00 Convoy

#39 アロマオイルの基礎知識
ビギナー向けの初級講座です。
5月 27日(土)10:00-12:00 Convoy

詳細の場所については、
お申し込み時にご案内いたします。


矢印メニューA
矢印メニューB
矢印メニューC

 こんにちは。

プロファイリング子育てインストラクター

小野塚 美知穂です
本日も当ブログにお越しくださり、ありがとうございますラブラブ

**************************

 

土曜日の午前中のアロマオイル活用ワークショップ

いつもの常連メンバーさんに加え

今回は、はじめましての参加者の方をお迎えし、

「アロマオイル基礎講座」

を開催しました!

 

 

今回は

1歳のお子さんを持つまだ初々しいママから

小学生&中学生のママたちが揃いました。

 

ライブ感覚のワークショップは

私が大好きな仕事の一つ♪

 

今回はファミリーフィジシャンキットの10本の

アロマオイルの基本的な説明を私の方から

させていただきましたが、

ワークショップの醍醐味は

常連メンバーさんからの具体的な活用事例や感想

意見交換などが飛び交うところ!

2時間が本当にあっという間!な感じで、

話が途切れることがありませんでした。

 

どの商品が好きか?

どんな風に生活の中で使ってみて

役立っているか?

ということを、

みなさんそれぞれの言葉で語ってくださるので、

初めての参加者の方も

とても興味をもって、分かりやすい

内容だと思ってもらえたよう

とても良い時間を過ごせました。

 

本当に感謝です。

 

今回ご紹介した10本のオイルです。

 

 

久しぶりの基礎講座。

ドテラのアロマオイルを使いはじめた

5年前のことを思い出しながら

基本に戻る、初心に戻る大切さを感じた

2時間でした。

 

この10本で様々な体調不良を改善して来れたし

家族の健康を守るDr.Momの役割を果たして来られたのは

ドテラのアロマオイルのおかげだなーと

改めて思いました。

 

ワークショップのお申し込みはこちらから → ⭐️

 

***********************

本日もお読みくださり、ありがとうございました!

今日も素敵な1日をお過ごしください音譜

ごきげんよう

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

プロファイリング子育てインストラクター

小野塚 美知穂です
本日も当ブログにお越しくださり、ありがとうございますラブラブ

**************************

 

今日のクラスは新規の生徒さん&体験レッスン初参加の方

3組での右脳レッスン。

ここ1年ほど全く宣伝をしてないのですが、

ブログの読者の方や生徒さんのご紹介で

新規のお問い合わせが来ており

本当にありがたいことだなーと感感謝ですラブラブ

 

初めての方にとっては

まだ赤ちゃんみたいな子供のレッスンって

 

どんなことをするの?

 

どんないいことがあるの?

 

 

 

と疑問もいっぱいですよね?

 

今日は右脳レッスン 

を書いてみたいと思います。

 

Q.右脳レッスンを始めるのは

  早すぎませんか?

 

A.右脳レッスンは早ければ早いほど、効果が高い

 と言われています。

 脳科学の研究や社会学の調査などでも

 「才能逓減の法則」証明されています。

 人間の脳は3歳までに飛躍的な成長を遂げ、 

 基礎はほぼできあがります。

 3歳を過ぎると脳の成長はゆるやかになるため、

 始めるのは早いほうがいい、というのが

 右脳教育の考え方です。 

 「3歳までの育て方次第で、生まれも遺伝も関係なく、 

 どの子でも無限の才能を開花させることができる」

 とも言えます。

 

   1つの機能(知性)の臨界期

 (臨界期とは?

  発達過程においてその時期を過ぎると

  ある行動の学習が成立しなくなる限界の時期のこと)

 は、一生のうちで1回切りと言われ、

   各知性ごろに時期は異なりますが

 総じて12歳ごろとされています。

       言語(0歳〜9歳)

    運動能力(0歳〜4歳)

    絶対音感(0歳〜4歳)

    数学的能力(1歳〜4歳)と言われています。

 

 

Q.なぜ3歳までが大切なのですか?

 

A.生まれてから3歳くらいまでの子どもは、右脳優位で過ごしています。3歳以降になると左脳がどんどん発達して優位になってくるので、物事を理屈(論理的に)で考えるようになります。

右脳の活性化を刺激するには、左脳の発達してくる前に右脳教育を行うことが効果的だからです。また、3歳以降は右脳と左脳の連携を意識した「全脳教育」へとつなげていくことが大切です。

 

Q.右脳レッスンには

   どんなメリットがありますか?

 

A.胎児から3歳までの右脳が急激に発達する時期に適切に右脳を刺激していくと、ものすごい勢いでどんどん物事を吸収し成長していきます。また、その吸収したものが、その後の格や情緒に大きく関わってきます。

右脳が急速に成長する時期(胎児ー3歳)に、右脳教育を受けることにより、感性が磨かれて、天才的な能力を発揮する子どもがあらわれます。

音楽、芸術、語学、運動能力、記憶力

集中力、鋭い直観力、洞察力

リーダーシップ

(物事を俯瞰して見ることができる)

などの才能が花開きます。

 

 

関連する記事

 

右脳教育の真髄

 

 

赤ちゃんからこどもへ 

2歳児は「天才期」

 

1-2歳児のレッスン風景

 

 

**************************

本日もお読みくださりありがとうございました!

素敵な1日でありますようにラブラブ

ごきげんよう音譜

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

プロファイリング子育てインストラクター

小野塚 美知穂です
本日も当ブログにお越しくださり、ありがとうございますラブラブ

**************************

 

先日「生きる力」を育む5つのしつけ

という記事を書きました。

 

この記事では

主に乳幼児期に意識して取り組むべき5つのしつけ

を取り上げましたが、

子供達が少し大きくなっていくと

「社会の中で自立して生活できるために」

「自主性」ということが大切になってきますね。

 

幼稚園、小学校、中学、高校、大学といった学校生活や

地域の活動など、

様々な社会やコミュニティとの

関わりができていく中で

 

「自ら考えて行動する力」

 

というのはとても大切です。

 

子供というのは本来

「学びたがっている」もの。

「自主性」というものは

既に持っているものです。

 

「これ、やりたい!」

「面白そう!」

「やってみたい!」

「できた!」

という

子供達の気持ちや感性を

周りの大人たちが応援し、励まし

行動へつなげていくお手伝いを

少ししていけばいいのだと思います。

 

 

初めはやり方が間違っていたり

うまくできなかったり、

失敗もたくさんすることでしょう。

 

失敗はチャレンジの証ですから、

失敗を責めないこと、

叱らないことが大切です。

 

むしろ「失敗」「間違い」をした時こそ

多くの学びがある

と受け止めてあげてください。

 

そして少しでも「できたこと」

をしっかり認めて褒めてあげて欲しいなと

思います。

 

褒めるって

「観察力」が入ります。

お子さんのことをよ〜く観察して

できたことを見逃さず

褒めてあげてくださいねラブラブ

 

褒められると

ますますやる気が出てアップアップアップ

自分で行動したくなるアップアップアップものです。

 

 

「人は自分で考えて行動したいのだ。

 人に言われて動くのはいやなものである。

 数々の困難も厭わず受け入れてくれるような人たちも

 みんな、強制される仕事はきっといやがる。

 誰だっていやだ。誰だって偶然おこる不運は

 嫌だし、必然の運命に強いられるのもいやだ。

 ところが、困難を進んで受けて立つと、

 たちまち幸せになるのだ。」

           アランの幸福論より

 

**************************

本日もお読みくださりありがとうございました!

素敵な1日でありますようにラブラブ

ごきげんよう音譜

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

プロファイリング子育てインストラクター

小野塚 美知穂です
本日も当ブログにお越しくださり、ありがとうございますラブラブ

**************************

 

数年前の子育てセミナーで聞いたお話ですが、

 

どんな子に育って欲しいですか?

 

という質問に対して

日本🇯🇵のママたちは、

「素直ないい子に育って欲しい」

と従順さを求める割合が多いのだそうです。

 

一方アメリカ🇺🇸のママたちが求めるのは

「自分の意見をしっかり

   持った子に育って欲しい」

なんだそうです。

 

うちの息子は生まれも育ちもサンディエゴ

なので、本人が認識しているアイデンティティは

アメリカ人75% 日本人25%です。

 

素直でいい子な部分はもちろんありますがラブ

それよりも

3−4歳の幼児の頃から

自分だけのオリジナルの意見やアイディアを

持った子だったなーと振り返って思います。

 

育てる環境の影響はとても大きいです。

 

小学生の頃から、スピーチやディベートなども

 

 

たくさん経験しますので、

親に対してだって、弁が立ちます。

ああ言えばこう言うですチーンチーンよ。

 

プレ思春期、思春期の反抗期は

もう大変でしたあせるあせるあせる

ディベートでは親に勝ち目なしダウンダウンダウン

 

もちろん

子供の言い分がいつも正しいわけではありませんし、

親として譲れないと思うことは

きっぱりその度に話をして来ましたが、

彼の意見やアイディアは

できるだけ尊重するように心がけて来ました。

 

日本的なものの考えで

「親の言うことは聞きなさい!」

と言ったところで

途端にコミュニケーション不全に陥るだけなので、

親の思いを押し付けない努力が大切だと

アメリカでの子育てで日々感じることです。

 

日本🇯🇵「出る杭は打たれる」

   vs

アメリカ🇺🇸「出ない杭は生きていけない」

 

です。

 

 

例えば、最近も

日本の学校イベント準備を巡り

こんなやり取りがありました。

 

ある保護者は忘れ物を防ぐために

出来上がった衣装や道具を

取りまとめの親が一括管理で、

練習のたびに親が持ってくることを提案。

 

私は全員配布にして、

後は自己管理でいいんじゃないのかな?

と思ってたので、

 

「君はどう思う?」

息子の意見を聞いてみたところ

 

「各自自己管理でいいんじゃない?

そうしないとみんな自分の持ち物に

Responsibilityを持たないでしょ?」

との答え。

 

日本のママはきめ細かく世話を焼いて

それはそれで愛情深い行為なのですが、

やりすぎも弊害を生みます。

 

自分のことは自分でなんでもできる!

そんな自信をつけてあげたいなーと思います。

 

 

 

そのためには

子供の成長プロセスに合わせて

あえて手を貸さない

あえて口を出さないということは

大切なんじゃないのかな?と思っています。

 

 

**************************

本日もお読みくださりありがとうございました!

素敵な1日でありますようにラブラブ

ごきげんよう音譜

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

こんにちは。

プロファイリング子育てインストラクター

小野塚 美知穂です
本日も当ブログにお越しくださり、ありがとうございますラブラブ

**************************

 

日頃は乳幼児のお子様のレッスンや

乳幼児から思春期子育てのお母様の対応が

多いのですが、

小学生の学習サポートをさせていただくことも

あります。

 

学校の教科書やワークに沿って

コツコツ読んで書いての学習スタイルしか

これまで体験してこなかった生徒に

とっては、

 歌を歌ったり

 フラッシュカードで覚えたり

という私の教え方は

最初はびっくりしたり、

戸惑ったりするようです。

 

でも、

子供達は順応性が高いので

「歌で覚えると楽しい!」

「すぐ覚えられる!」

「勉強って楽しいんだ!」

という反応に変わる瞬間がすぐきます。

 

一番楽しい、嬉しい場面です。

 

中には、

「なんでできないの?」

とママや先生に叱られながら

泣きながら勉強した 

なんてお子さんもいて

 

 

えらかったね

頑張ったね

辛かったね

といってあげたくなるケースも

結構あります。

 

もちろん、お子さんの性格によっては

悔しさをバネに頑張る!

というケースもある

と思いますが。。

 

一般的には、

叱られてばかりだと

自己肯定感が低くなり

自分に自信が持てなくなっていき

あまりいいことはありません。

 

また、脳科学的に解釈すると

 泣きながら

 苦しんで

という感情に支配されているときは

脳の働きが低下ダウンダウンダウン

してしまうのです。

 

じゃあどんな時がよく働くかというと

  笑っている時

 楽しい!

 面白い!

 嬉しい!

という時に

脳の吸収力は格段にUPアップアップアップ

します。

 

特に脳の「海馬」

という器官は、
新しいことを学習するときに働き

笑うとその容量が増えて、

記憶力がUPアップアップアップ

すると言われています。

 

病気治療の一つの取り組みとして

「笑い」を導入することで

免疫力がUPした研究データもあります。

 

「笑い」によって
アルファ波が増え、

脳はリラックスするので、
意志や理性をつかさどる
大脳新皮質に流れる血液量が増加し、
脳の働きが活発になるのです。

 

笑うことで

   免疫力UP

   やる気UP

   記憶力UP

 集中力UP

といいことばかりですね音譜音譜

 

乳幼児はもちろん

プレ思春期ー思春期の子供たちでさえ

親や先生に褒められることは

嬉しいんですよ!

 

照れくさそうにしてても

褒めると「笑顔」になります。

 

どんなお子さんも

好きなこと、得意なこと

その子だけの素敵なところが

必ずあります。

 

苦手なこともあるでしょうけど

まずは

「長所伸展法」

できているところ

得意なこと

を徹底的に褒めて伸ばしてあげると

苦手な分野への意欲/やる気も

自然と伸ばしていくことができます。

 

 

先生って、

ある種エンターテイナーであるべし!

と私は思っています。

楽しい、面白い!

があってはじめて

「あ、先生分かった!!!」

「もっと頑張ってみる!!」

という次のステップに

必ずつながっていきます。

 

これからも

「楽勉」(楽しい学び方)を

教えていきたいなーと思っています。

 

**************************

本日もお読みくださりありがとうございました!

素敵な1日でありますようにラブラブ

ごきげんよう音譜

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。