頑張る女性のためのアロマ屋さん つきのわ

~生理痛・生理不順・PMS・更年期・妊活をしている方へ~
女性ホルモンを調整して幸せに導くブログ☆
アロマテラピー活用方法や食事等、生活環境等を提案します^^


テーマ:

冷えが原因で生理痛・生理不順・PMSなどの不調がある方はとても多いと思います。骨盤内にある子宮や卵巣を冷やすと、また女性ホルモンバランスも乱れやすく悪循環になります。

骨盤内は特に冷えやすいので、全身の血の巡りをよくしていきましょう♪そのためには、お体を冷やさないようにする生活や対策を自分自身で気遣ってしていくことが重要になってきます。

 

【関連記事】
>>>温活・冷え取り生活~①お風呂に浸かる~
>>>温活・冷え取り生活~②手首・足首・首と腰を冷やさない~

 

 

◆温活・冷え取り生活~③冷たいお水は飲まずにお白湯を飲む~

 

冷たいお水を一気に飲むと、お水がス~ッと体に入っている感覚があると思います。それだけ胃を冷やしてしまっているのです。胃が冷えることにより、小腸・大腸・子宮などの臓器まで冷えてしまうのです!

内蔵は体の中で流れている血液に温められることにより活動しているので、冷えると活動機能が低下してしまいます。機能が低下して胃の負担が消化不調や新陳代謝を引き起こしてしまうのです。


◆お白湯は沸騰させてから冷ましたお湯のこと

お体に優しいお水の温度は、体温に近い35度~40度。一度沸騰させて冷ましたお白湯を飲むのがベストです。



お白湯のメリット

◎ 胃腸を洗浄する効果、毒素を取り除く効果があるとされています。
 →消化機能が向上して便秘の改善にも期待!

◎ お白湯を飲んで内蔵体温が1度高まると代謝が高まるといわれています。
 →基礎代謝が高まり、やせやすい体質に!

◎ 満腹中枢を刺激する効果があるといわれている。(温かい飲み物)
 →食前・食事中の摂取により、食べ過ぎを防ぐげる!

一気に飲むと効果が薄れてしまうので、「お白湯を少しずつ飲む」 飲み方が冷え招きにくくなります。

夏などは冷たいお水を飲みたくなりますが、一度沸騰させたお白湯が飲めない場合でも冷たくないお水やお湯、または、氷ぬきにする等、ちょっとした配慮ができる時はお体のためにケアしてあげると良いかと思います

(´∀`艸)♡


テーマ:

冷えが原因で生理痛・生理不順・PMSなどの不調がある方はとても多いと思います。骨盤内にある子宮や卵巣を冷やすと、また女性ホルモンバランスも乱れやすく悪循環になります。

骨盤内は特に冷えやすいので、全身の血の巡りをよくしていきましょう♪そのためには、お体を冷やさないようにする生活や対策を自分自身で気遣ってしていくことが重要になってきます。

 

【関連記事】
>>>温活・取り生活~①お風呂に浸かる~

>>>温活・冷え取り生活~③冷たいお水は飲まずにお白湯を飲む~

 

 

◆冷え取り生活~②手首・足首・首と腰を冷やさない~

「首」がつくところは冷やさない、と聞いたことはありませんか?その通りです。なぜなのかというと、首がつく箇所はくびれているところです。その分、血管が集まり束になっている箇所になるので、細い分、血流が悪くなりやすいので、血流が悪くなると、抹消まで血液が届きづらくなり、手足は冷えやすくなります。首の後ろには温暖を感じるセンサーを感じるものがあり、首が冷えることで冷えを感じやすくなります。首もとや手首・足首を温めることで、冷えを防ぐことができます。

また、女性は腰まわりを温めることで、骨盤内(子宮や卵巣)の循環が良くなります。お腹には太い血管が密集しています。お腹を冷やすと、冷えた血液が骨盤内を通り全身を巡っていくので、骨盤内を冷やす上に全身が冷えやすくなります。ですのでお腹が冷えやすい方は季節関係なくお腹を出すファッションはしない・腹巻などで温める対策をおすすめします。

へそ出し・生足は特にお体を冷やすので要注意ですよ~
(´。•ㅅ•。`)

 


◆一年中の防寒対策を

冬場はマフラーや手袋など、防寒対策のアイテムはお持ちだと思いますが、夏場の冷房のきいた部屋では、靴下をはいたり、カーディガンを羽織ったり、スカーフを巻いたりするなどの防寒対策が必要です。冷えを招く事で、生理痛や生理不順・さらには不妊の原因にもなりかねません!

 


【関連記事】
>>>温活・冷え症のアロマテラピー


テーマ:

冷えが原因で生理痛・生理不順・PMSなどの不調がある方はとても多いと思います。骨盤内にある子宮や卵巣を冷やすと、また女性ホルモンバランスも乱れやすく悪循環になります。

骨盤内は特に冷えやすいので、全身の血の巡りをよくしていきましょう♪そのためには、お体を冷やさないようにする生活や対策を自分自身で気遣ってしていくことが重要になってきます。

 

【関連記事】

>>>温活・冷え取り生活~②手首・足首・首と腰を冷やさない~
>>>温活・冷え取り生活~③冷たいお水は飲まずにお白湯を飲む~

◆温活・冷えとり生活~①お風呂に浸かる~

忙しかったり、夏の暑い時期はお風呂に浸かるのも面倒になり、シャワーだけになりがちです。入浴は、体を温める手軽な効果的な方法です。

また、ゆっくりとお湯に浸かることにより、副交感神経が優位になり、血流が良くなるうえ、疲れがとれてリラックス効果も得られます。水圧もかかり、むくみの解消効果もあるので、一石二鳥どころではありません!

ヽ(゚∀゚=゚∀゚)ノ

※お湯は自分が気持ち良く感じる温度で肩まで浸かるのが良いでしょう。のぼせやすい方は長時間は避け、半身浴をおすすめします。


◆アロマバスの活用

いつもの入浴に精油を垂らすと、アロマ効果がプラスされて、コリがほぐれやすくリラックス効果も相乗され、体も温まる効果が高まります。

アロマテラピー入浴方法
一般的なバスタブ(300~400リットル)での精油量は、6滴以内が目安です。お湯をはったバスタブに精油を垂らしてかき混ぜてから入浴します。はじめての時は1~2滴から試してみてくださいね~^^

※精油を入れるとお風呂が壊れてしまう場合があるのでご確認ください~(特に24時間循環風呂など)

精油はその時に嗅いで心地よい香りが、おすすめです! 精油が何本かあれば、嗅いでお体にス~ッと入っている香りの精油が良いでしょう~、心身ともにリラックスできます!

 

【↓お風呂に浸かりながら香りを嗅ぐとリラックス効果倍増!の仕組み】
精油が心と体に作用していくメカニズム~鼻から脳へ~

プラスで冷えに良い精油を入れて、温浴効果を高めると良いでしょう^^冷えに良い精油は下記の関連記事をご参考ください。

【関連記事】
温活・冷え症のアロマテラピー
 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。