コスモス~30,40代はまだまだ!人生とお肌を語れるのは55歳から~
身体元気で!お肌キレイで!心とおサイフが膨らむ生活~


39歳で化学物質アレルギーを発症し42歳で動けなくなり、会社を辞めてウツでお籠りで激太り。

そんなどん底から、必要に迫られ、色々勉強研究、試してし回復!
リハビリのためにジワジワ起業し、今ではオーガニック消費者目線コンサル、食品・化粧品・アロマに特化したオーガニック専門家(福岡県)として、中小企業様に化学合成成分を使わない製品開発のご提案、指導と啓蒙をしております。
そんな お肌・心・身体・おサイフ・人生復活の経緯やお仕事にできた理由などもおりまぜて書いてます。

マイナスだと思っていたことが後にはプラスに働くこともあります。
人生は長い!イキイキ&なりたい自分になりましょう~!
そのためには、なるべく合成化学物質を体に入れない生活、「予防医学」「セルフメディケーション」「オーガニックケア」が大切。

 尚、私は、西洋医学や薬を全否定はしておりません。必要な場合もあります。
正しい選択と選択肢を増やすお手伝いの情報です。
(2013年以前より進化していますので記事もそのようにご理解いただき、お読み下されば幸いです。)


※アロマセラピーやハーブ、食品や化粧品の記事の内容は、皆様各自のアレルギーや体質に鑑み、自己責任の元ご使用ください。不都合なことが起りましても当方は一切の責任を持ちません。

  • 11 Nov
    • 植物エキス配合って?

      自然派化粧品やオーガニック化粧品、一般に売られている化粧品に「植物エキス」配合や、「全て植物エキス成分」という表示があるものがあります。オーガニックとアロマde人生好転 オーガニック・コンサルの北尾菜保子ですはじめましての方は、プロフィールをご覧ください! スマフォの方は コチラ から「植物エキス」というと・・・・植物って身体にもお肌にも優しいでしょう!自然の力をお肌につけると素晴らしいでしょう!となりますか?それは、言葉のイメージ戦略になっており、多くの人はそこに惹かれて購していきます。今日、某大手スーパーチェーンで「シャンプーは精油が決めてだった!」とかデカいパネルが飾ってあったので成分を見ると・・・なんじゃこりゃ?最後に「ラベンダー」・・・・のみこれだけ????ってカンジ(笑)確かに、紀元前より植物は美容や健康のために使用されてきました。植物の有効成分を利用した治療「植物療法」の歴史も長いです。※但し、植物には毒性があるものもあります。の植物にも成分的に少量の毒の成分も微量含んでいたりします。それが少量なので人にとっては良いこともあるからです。また、植物アレルギーの方は注意しなければなりません。 さて、その「植物エキス」とはなんぞや?どのように抽出して、どのように混ぜるのか?と、考えたことがおありでしょうか? では細かに見て参りましょう。植物は単一の成分だけではなく、数えきれないくらいの成分で構成されています。その植物の成分を抽出する溶剤には、どんなものが使用されているか・・・大きく分けると「水」「油」「アルコール」「BG」などがあります。現在、通常の化粧品原料会社では、BGを利用して植物エキスを抽出したものが多いです。BGとは、1,3-ブチレングリコールのことです。なぜBGが多く使用されるのかというと、植物の水溶性成分も油溶性成分のどちらも抽出できるからです。またBGには防腐性もあります。それは、非常に化粧品原料会社としては、使用しやすいものということでもあります。BGを植物由来と解釈してしている化粧品原料会社もありますが、BGの詳細原料は、「石油 + 植物の合成」です。その植物の部分が、サトウキビやトウモロコシ由来であろうとも、石油を使用していることに変わりはありません。石油由来の溶剤はお肌を乾燥させ、その防腐作用のためにお肌の常在菌も正常でなくしてしまう可能性があります。なんでもかんでも石油でできているとダメなのか?ヒステリーではないか?と言われる人がいますが、はい、私は基礎化粧品に石油は要らないと考えています。医療用やメイクには必要な部分もあります。植物の成分を抽出した「植物エキス」としてお肌に使用したいのであれば、本来は自然にある素材で抽出することが最も有効であり、植物の力を引き出すことにもなります。植物を利用した美容と健康法は歴史も古く、アーユルヴェーダ、中医学、日本の伝統的な植物療法など国内外をみれば一目瞭然です。基礎化粧品は、お肌や身体に良くないものであれば悲しい・・・なぜなら、植物の有効成分を上手に利用すれば、それで十分だからです。有効で安全な抽出方法で植物を有効活用したいものです。BGについては、コチラ************N'sアロマNatural&organic*「香ほうびセット」[福岡県経営革新計画承認] 販売*なりたい貴方になれる精油フレグランスオーダー(心理カウンセリグにより作ります)*化粧品・日用品成分、食品添加物を知るセミナー*植物と香りエイジングケアセミナー*手作り化粧品セミナーFacebookコチラ-------------ポチッとお願いいたします!

      30
      テーマ:
    • 和みつろうクリーム手作りキット

      毎年好評いただいているN'sアロマの「和みつろうクリームWS」!遠方の方や、家庭の事情で参加できない方向けに、今年はご自分で手作りできる「和みつろうクリームキット」を販売いたします。 販売サイトはコチラからAセットBセット和みつろうとは、日本蜜蜂のみつろうのことをN'sアロマ独自で呼んでいる名称です。日本蜜蜂は、本来日本にのみ生息していた蜂なのですが、今や絶滅しそうな状況です。明治時代に、養蜂が流行りはじめました。しかし、身体が小さく、植物しか食べず、農薬には敏感という日本蜜蜂は効率が悪いと疎まれ、西洋から西洋蜜蜂が輸入されました。西洋蜜蜂は、肉食でもあり、しばしば日本蜜蜂はエサにされてしまいます。また、農薬が身体につくと、蜂箱には帰りません。仲間に農薬の影響が及び、絶滅するのを避けるためです。で、農薬がついた日本蜜蜂は、蜂箱に戻らずどうするかというと・・・野垂れ死にを選ぶのです。健気としか言いようがありません。そんな中、自然栽培(無農薬)農家さんたちが、野菜や果物のために日本蜜蜂を飼って、受粉をさせ、ハチミツやみつろうを御裾分けしてもらっておられます。N'sアロマの日本蜜蜂のみつろうも、そのようなみつろうです。西洋蜜蜂のみつろうに比べ、クセがなく、滑らかで、精油や植物オイルとも馴染が良く、なによりお肌に優しいのです。ウチでも寒くなるこの時期に、和みつろうクリームを作ります。顔、肘、ヒザ、かかと、髪の毛と全身に使えます。リップクリームとしても使っています。※保存料も無添加なので、スパチュラや小さなスプーンなどを利用して容器からクリームをおとりください洗顔後、化粧水が乾かぬうちに、身体はお風呂上りに水分が完全に乾く前に手に取り、温めながら薄く優しく塗ってください!小分けしてバッグの中に入れておくのも便利ですよ!数に限りがあります。あなたも、里山の自然と、自然農農家さん、日本みつばちの生存のためにお力をお貸しください! 販売サイトはコチラから*N’sアロマNatural&organic*「香ほうびセット」[福岡県経営革新計画承認] 販売*なりたい貴方になれる精油フレグランスオーダー(心理カウンセリグにより作ります)*化粧品・日用品成分、食品添加物を知るセミナー*植物と香りエイジングケアセミナー*手作り化粧品セミナーFacebookコチラポチッとお願いいたします!

      1
      テーマ:
  • 09 Nov
    • 山羊乳とプロバイオティクス細菌叢

      私は「シェヴルチーズ」が大好きです。「シェヴルチーズ」とは山羊の乳のチーズです。原材料:山羊乳、塩、灰(植物性)独特で臭いと言われる方も多いのですが、ブルーチーズも好きなので、私は臭いモノ好きかもしれません(笑)「シェヴルチーズ」の中でも、トロトロに成熟させた「アフィネタイプ」が好きです。[写真]*************ヤギ乳は、母乳に近い成分だと言われています。牛乳と大きく違うところは、アレルギーの原因となる「aS1-カゼイン」という成分が含まれていないところです。タンパク質と脂肪に違いがあり、牛乳アレルギーを持つ人も山羊乳であればアレルギー反応を起こさない場合が多いようですまた、脂肪に関して山羊乳は脂肪球が小さい為、牛乳によりも消化吸収しやすく低脂肪です。ヤギのミルクの他の有益な側面は、オリゴ糖を大量に含まれていることです。ヤギのミルクは母乳と同様の組成を有する複数のオリゴ糖を持っています。これらの化合物は、プレバイオティクスとして大腸未消化と行為に到達する、それが消えること、それらが病原性細菌叢と競合するプロバイオティクス細菌叢の開発に役立ちます。お子さんもですが、これは我々世代の女性の味方ではないでしょうか?里山で山羊を飼い、チーズ作りませんか?栄養素:100g中のカロリーを食事摂取基準で評価した場合、14.8%含有し、296kcalです。食品の栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンB2(73.33%:0.88mg)、次は葉酸(41.67%:100μg)、そして、ビタミンA(41.43%:290μg)、蛋白質(41.2%:20.6g)、リン(33.75%:270mg)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。出典はコチラから*N’sアロマNatural&organic*「香ほうびセット」[福岡県経営革新計画承認] 販売*なりたい貴方になれる精油フレグランスオーダー(心理カウンセリグにより作ります)*化粧品・日用品成分、食品添加物を知るセミナー*植物と香りエイジングケアセミナー*手作り化粧品セミナーFacebookコチラ-------------ポチッとお願いいたします!

      8
      テーマ:
  • 08 Nov
    • 化粧品のナノ、日本と 世界の差?

      化粧品にもナノ化された物質が使われているものがあります。ナノ化された粒子は安全なのでしょうか?危険なのでしょうか日本と海外でのナノついての意識や研究の差は?あるのでしょうかナノについて考えてみましょう。出典元の英文も参考のために入れているので、本日は長文です。多くのナノサイズの製品は、下水システムを通じて淡水および海洋の生息地へ.....環境としては、藻類から動物プランクトンを介して魚へ....そうなのです。多くのナノ化されている物質が、人の体、海水から動物、魚へと人へも環境へもよくない影響を与えているという研究結果が出ています。ナノ物質は、肺に一番影響をあたえ、、腎臓、心臓、脳、骨格および軟部組織を含む他の器官および組織に到達することがわかっています。産業医科大学 -ナノ粒子のハザード調査-下の論文にも、「スイミングプールがナノ物質が使用された日焼け止めローション処方物中に見られるTiO2ナノ粒子上の保護Al(OH)3層の完全性に大きな影響を与えた」というものがあります。オーガニック化粧品は、どの国もナノ化、ナノ物質を認めていませんし使用もしていません。ナノ物質の毒性の研究は 2000年代になってはじめて行われるようになりました。今や、ナノ物質のための世界市場はすでに200億ユーロ(約2兆6,000億円)になると見積もられており、それは科学の研究より速く成長してしまっています。では、世界各国ではナノ物質について、どのようにとらえているのでしょうか?EU では、ナノ物質関連企業(例えば、製造者、輸入業者、など) は、化粧品製品及びそれらがナノ物質を含んでいるかどうかを化粧品製品届け出ポータル(CPNP)に届けなくてはならない。 欧州委員会は、ナノ物質一覧表をまとめるために CPNP への産業側の届け出を利用した。現在、それは43物質を含んでいる。http://www.safenano.org/media/127231/nanocatalogue_06_2017_en.pdf<EUの化粧品に関する規則のうちナノ物質に関連する項目>第14条:Annexes にリストされている物質の制限1. 第3条(安全)を損なわず、化粧品は次のものを含んではならない。(a) 禁止されている物質 ・Annex II に「リストされている禁止物質(b) 制限されている物質 ・Annex III に規定されている制限にしたがって使用されていない制限物質(c) 着色剤 (i) Annex IV にリストされているもの以外の着色剤、及びリストされているが、そのAnnexで規定されている条件に従って使用されていない着色剤。ただし第2項で言及されている毛染め製品を除く。 (ii) (b), (d)(i) 及び (e)(i) を損なわず、Annex IV にリストされているが、着色剤として使用されることが意図されておらず、また,そのAnnex で規定されている条件に従って使用されていない物質。(d) 保存剤 (i) Annex V にリストされているもの以外の保存剤、及びリストされているが、そのAnnexで規定されている条件に従って使用されていない保存剤。 (ii) (b), (c)(i) 及び (e)(i)を損なわず、Annex V にリストされているが、保存剤として使用されることが意図されておらず、また,そのAnnex で規定されている条件に従って使用されていない物質。(e) UV フィルター (i) Annex VI にリストされているもの以外のUV フィルター、及びリストされているが、そのAnnexで規定されている条件に従って使用されていないUV フィルター。 (ii) (b), (c)(i) 及び (d)(i)を損なわず、 Annex VIにリストされているが、 UV フィルターとして使用されることが意図されておらず、また,そのAnnex で規定されている条件に従って使用されていない物質。第16条:ナノ物質1. ナノ物質を含むどのような化粧品も高いレベルのヒト健康の保護が確保されなくてはならない。2. 本条の規定は、明示的に特定されない限り、第14条の下に規制されている(regulated)着色剤、UVフィルター、又は保存剤として使用されるナノ物質には適用しない。3. 第13条の下における届出に加えて、ナノ物質を含む化粧品は上市6ヶ月前までに責任者により電子媒体で欧州委員会に届出なくてはならないが、2013年1月11日以前に同じ責任者により上市されている場合を除く。後者の場合、第13条に加えて、上市されているナノ物質を含んでいる化粧品は2013年1月11日から同年7月11日の間に電子媒体で責任者によって州委員会に届出なくてはならない。第1項及び第2項は、Annex III(訳注:制限)に規定される要求に従っているナノ物質を含む化粧品には適用されない。欧州委員会に届出る情報は少なくとも下記を含まなくてはならない。(a) 化学物質名(IUPAC)を含むナノ物質の身元(identification)と、Annexes II to VIのPreamble(序文)(2)に示される記述(b) 粒子のサイズ、物理的及び化学的特性を含むナノ物質の仕様(c) 市場に出す意図のある化粧品中に含まれるナノ物質の年間当り見積もり量(d) ナノ物質の毒性学的プロフィール(e) 化粧品のカテゴリーに関連する製品中で使用されているナノ物質の安全性データ(f) 合理的に予知できる暴露条件------------英国王立協会・王立工学アカデミーの調査報告書「ナノサイエンスとナノテクノロジ ー : 機 会 と 不 確 実 性 (Nanoscience and nanotechnologies: opportunities and uncertainties)」欧州各国についても、研究開発と同様、社会的影響に関する活動がある。ここでは報告書 として国内外から大きな反響を呼んだ、英国の「ナノサイエンスとナノテクノロジー:機会 と不確実性(Nanoscience and nanotechnologies: opportunities and uncertainties)」(2004 年 7 月)(Royal Society & Royal Academy of Engineering, 2004)を紹介する。これは英国 政府の委託を受けて行われた英国王立協会および英国工学アカデミーによる調査の報告書で ある。数回のワークショップを経て、延べ 221 人の専門家、大学、企業など 151 機関から意 見を聴取し、さらに一般市民の意識調査も行われた。報告書のまとめとして、ナノテクノロ ジーの産業利用、健康・安全・環境への悪影響の可能性、規制問題、社会・倫理的問題、ス テ ー ク ホルダー お よ び 市 民 と の 対 話 、 責 任 あ る 研究開発 の 観 点 か ら 21 の 勧 告 (Recommendations)が提言された(小澤, 2004, Welland, 2004)。 ナノテクノロジーの産業利用の現状については、まだ既存製品の改良の段階としている。 健康・環境への影響については、ナノ粒子・ナノチューブの製造過程における労働者の吸入 や環境汚染が問題とされているとしている。これに対して勧告では、第三者によるリスク評 価、研究協議会の資金援助、リスク情報が不足している段階での有害物質としての取り扱い、 ライフサイクル全体にわたるリスク評価、情報公開、規制における新規化学物質としての取 り扱い、などが提言されている。-------------------海外論文または研究サイトより(下に訳あり)Nanomaterials are tiny particles, invisible to the human eye. However they are present in our daily lives in everyday products such as food, cosmetics, electronics and medicines.Some nanomaterials are natural, while others are the by-products of human activities, or are specifically manufactured for a particular purpose. Although nanomaterials have many beneficial properties, there are large gaps in our knowledge about their associated health hazards. Particular care regarding the management of these materials must therefore be taken while research continues.What are nanomaterials?Many organisations coincide in their definition of nanomaterials: they are materials containing particles with one or more external dimensions between 1-100 nanometres (nm). Read the European Commission’s definition of nanomaterials .Up to 10 000 times smaller than a human hair, nanomaterials are at a size comparable to atoms or molecules and take their name from their minute structures (a nanometre is 10-9 of one metre). Not only because of their tiny size but also because of other physical or chemical characteristics that include, amongst others, their shape and surface area, nanomaterials differ in their properties from the same materials at larger scales.Because of these differences, nanomaterials offer new and exciting opportunities in areas such as engineering, information and communication technology, medicine and pharmaceuticals, to name but a few. However, these same characteristics that give nanomaterials their unique properties to nanomaterials are also responsible for their effects on human health and the environment.訳ナノマテリアルは人間の目に見えない小さな粒子です。しかし、食品、化粧品、エレクトロニクス、医薬品などの日用品には、日々の生活の中で存在しています。いくつかのナノマテリアルは自然であり、他のものは人間の活動の副産物であり、特定の目的のために特別に製造されているものもある。ナノマテリアルは多くの有益な特性を持っていますが、関連する健康被害に関する知識に大きなギャップがあります。したがって、これらの材料の管理に関する特別な配慮が研究の継続中に行われなければならない。ナノ材料とは何ですか?多くの組織では、ナノマテリアルの定義が一致しています.1つ以上の外寸が1〜100ナノメートル(nm)の粒子を含むマテリアルです。欧州委員会のナノ物質の定義を読んでください。人間の髪の毛よりも10 000倍も小さいナノ物質は、原子または分子に匹敵するサイズであり、その微細構造(ナノメートルは1メートルの10〜9である)からその名前を取る。その小さなサイズのためにだけでなく、他の物理的または化学的特性、とりわけその形状および表面積を含むため、ナノマテリアルは同じ材料から大きなスケールでその特性が異なる。これらの違いのために、ナノマテリアルは、エンジニアリング、情報通信技術、医薬品、医薬品などの分野で、新しくてエキサイティングな機会を提供します。しかし、ナノマテリアルにナノマテリアルにユニークな特性を与えるこれらの同じ特性は、人間の健康と環境への影響にも関与しています。-------------------海外論文または研究サイトより(下に訳あり)Nanomaterials are tiny particles, invisible to the human eye. However they are present in our daily lives in everyday products such as food, cosmetics, electronics and medicines.Some nanomaterials are natural, while others are the by-products of human activities, or are specifically manufactured for a particular purpose. Although nanomaterials have many beneficial properties, there are large gaps in our knowledge about their associated health hazards. Particular care regarding the management of these materials must therefore be taken while research continues.What are nanomaterials?Where are nanomaterials found?Nanomaterials are present naturally in, for example, volcano emissions, or can be by-products of human activities, for example diesel exhaust fumes or tobacco smoke. But of particular interest are manufactured nanomaterials. These are already found in a very wide range of products and applications.Some such nanomaterials have been used for decades such as synthetic amorphous silica in concrete, tyres and food products. Others have only more recently been discovered, such as nano-titanium dioxide as a UV-blocking agent in paints or sunscreen; nano-silver as an anti-microbial in textile and medical applications; or carbon nanotubes, widely used for their mechanical strength, light weight and heat-dissipation properties and electrical conductivity in applications such as electronics, energy storage, spacecraft and vehicle structures and sports equipment. New generations of nanomaterials continue to be developed rapidly and the market for them is expected to grow.ナノマテリアルは人間の目に見えない小さな粒子です。しかし、食品、化粧品、エレクトロニクス、医薬品などの日用品には、日々の生活の中で存在しています。いくつかのナノマテリアルは自然であり、他のものは人間の活動の副産物であり、特定の目的のために特別に製造されているものもある。ナノマテリアルは多くの有益な特性を持っていますが、関連する健康被害に関する知識に大きなギャップがあります。したがって、これらの材料の管理に関する特別な配慮が研究の継続中に行われなければならない。ナノ材料とは何ですか?ナノマテリアルはどこにありますか?ナノマテリアルは、例えば、火山排ガス中に自然に存在するか、または人間の活動の副産物、例えばディーゼル排煙またはタバコの煙であり得る。しかし、特に興味深いのは、製造されたナノ材料である。これらはすでに非常に幅広い製品とアプリケーションに含まれています。そのようなナノ材料の中には、コンクリート、タイヤ、および食品中の合成非晶質シリカのような何十年にもわたって使用されてきたものがあります。塗料または日焼け止めのUV遮断剤としてのナノ二酸化チタンのような他のものが最近発見されただけである。テキスタイルおよび医療用途における抗菌剤としてのナノ銀;エレクトロニクス、エネルギー貯蔵、宇宙船、車両構造およびスポーツ用具などの用途において、機械的強度、軽量および放熱性および導電性のために広く使用されているカーボンナノチューブまたはカーボンナノチューブである。新世代のナノマテリアルは急速に発展し続けており、その市場は成長が見込まれています。-------------------海外論文または研究サイトより(下に訳あり)There are significant concerns regarding the health effects of nanomaterials. The Scientific Committee on Emerging and Newly Identified Health Risks (SCENIHR) found that there were proven health hazards associated with a number of manufactured nanomaterials. Not all nanomaterials necessarily have a toxic effect, however, and a case-by-case approach is necessary while ongoing research continues.The most important effects of nanomaterials have been found in the lungs and include among others inflammation and tissue damage, fibrosis and tumour generation. The cardiovascular system may also be affected. Some types of carbon nanotubes can lead to asbestos-like effects. As well as the lungs, nanomaterials have been found to reach other organs and tissues including the liver, kidneys, heart, brain, skeleton and soft tissues.As a result of their small size and large surface area, particulate nanomaterials in powder form may present risks of explosion, whereas their respective coarse materials may not.Read the European Commission’s review on the types and uses of nanomaterials, including safety aspects , and EU-OSHA’s literature review “Workplace exposure to nanoparticles”.ナノマテリアルの健康影響には大きな懸念があります。新興および新たに同定された健康リスクに関する科学委員会(SCENIHR)は、製造された多くのナノマテリアルに関連して、健康上の有害性が実証されていることを発見しました。しかし、すべてのナノマテリアルが必ずしも毒性作用を有するわけではなく、進行中の研究が続く間に、ケースバイケースのアプローチが必要である。ナノ物質の最も重要な影響は肺で認められ、とりわけ炎症および組織損傷、線維症および腫瘍の発生が含まれる。心臓血管系にも影響が出る可能性があります。いくつかのタイプのカーボンナノチューブは、アスベスト様の効果をもたらすことがある。肺だけでなく、ナノ物質は、肝臓、腎臓、心臓、脳、骨格および軟部組織を含む他の器官および組織に到達することが判明している。それらの小さなサイズおよび大きな表面積の結果として、粉末状の粒状ナノ材料は、爆発のリスクを呈し得るが、それぞれの粗い材料は、爆発のリスクを呈し得る。-------------------海外論文または研究サイトより(下に訳あり)Chemical Engineering Journalhttp://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1385894712003075In sunscreen lotion (SSL) formulations, titanium dioxide (nTiO2) nanoparticles are coated with an Al(OH)3 layer to shield against the harmful effects of hydroxyl radicals (OH), superoxide anion radicals (O2−), and other reactive oxygen species (ROS) (e.g. H2O2) generated when TiO2 nanoparticles are exposed to UV radiation. Therefore, it is crucial to ensure their structural stability in the environment where the protective layer may be compromised and adverse health and environmental effects can occur. The main focal point of our work was to research the stability of the Al(OH)3 layer in swimming pool water. Thus 2 g L−1 of SSL was subjected to treatment with swimming pool water (SPW) containing from 0.2 to 7 ppm chlorine (HOCl/OCl−) concentrations. The changes in the protective coating of TiO2 nanoparticles were analyzed using several X-ray based microscopic techniques in addition to Fourier transform infrared spectroscopy (FTIR) and Zeta potential measurements. Results indicated that an increase in chlorine concentration in SPW significantly affected the integrity of the Al(OH)3 protective layer and increased zeta potential from −64 mV to nearly −8 mV, rendering rather unstable TiO2 nanoparticles. The highest redistribution of Al (At%) from ∼4 to as high as 15.6 was achieved when SSL was subjected to 3.5 and 7 ppm of chlorine in SPW. Results strongly suggest that water chemistry influences the characteristics of TiO2 in sunscreen environment.Graphical abstractSwimming pool water (SPW) ingredients such as OCl− and CaSO4·2H2O significantly affected the integrity of a protective Al(OH)3 layer on TiO2 nanoparticles found in sunscreen lotion formulations.日焼け止めローション(SSL)配合物において、二酸化チタン(nTiO 2)ナノ粒子は、ヒドロキシルラジカル(OH)、スーパーオキシドアニオンラジカル(O 2 - )および他の活性酸素種の有害な影響を遮断するためにAl TiO 2ナノ粒子がUV放射に曝されたときに生成されたROS(例えば、H 2 O 2)を含む。したがって、保護層が損なわれ、健康および環境への悪影響が生じる可能性がある環境において、構造的安定性を確保することが重要である。我々の研究の主な焦点は、スイミングプールの水中のAl(OH)3層の安定性を研究することでした。このようにして、2gのL-1のSSLを0.2〜7ppmの塩素(HOCl / OCl-)濃度を含むスイミングプール水(SPW)で処理した。フーリエ変換赤外分光法(FTIR)およびゼータ電位測定に加えて、いくつかのX線に基づく顕微鏡技術を使用して、TiO 2ナノ粒子の保護コーティングの変化を分析した。結果は、SPWにおける塩素濃度の増加がAl(OH)3保護層の完全性に著しく影響し、ゼータ電位を-64mVからほぼ-8mVに増加させ、むしろ不安定なTiO 2ナノ粒子を生成することを示した。 SSLがSPWで3.5ppmおよび7ppmの塩素にさらされた場合、〜4から〜15.6までの最高のAl(At%)再分配が達成された。結果は、水の化学が日焼け止め環境におけるTiO2の特性に影響を与えることを強く示唆している。グラフィカルアブストラクトOCl-およびCaSO4・2H2Oなどのスイミングプール水(SPW)成分は、日焼け止めローション処方物中に見られるTiO2ナノ粒子上の保護Al(OH)3層の完全性に大きな影響を与えた。------------------------海外論文または研究サイトより(下に訳あり)Food Chain Transport of Nanoparticles Affects Behaviour and Fat Metabolism in FishNano-sized (10−9–10−7 m) particles offer many technical and biomedical advances over the bulk material. The use of nanoparticles in cosmetics, detergents, food and other commercial products is rapidly increasing despite little knowledge of their effect on organism metabolism. We show here that commercially manufactured polystyrene nanoparticles, transported through an aquatic food chain from algae, through zooplankton to fish, affect lipid metabolism and behaviour of the top consumer. At least three independent metabolic parameters differed between control and test fish: the weight loss, the triglycerides∶cholesterol ratio in blood serum, and the distribution of cholesterol between muscle and liver. Moreover, we demonstrate that nanoparticles bind to apolipoprotein A-I in fish serum in-vitro, thereby restraining them from properly utilising their fat reserves if absorbed through ingestion. In addition to the metabolic effects, we show that consumption of nanoparticle-containing zooplankton affects the feeding behaviour of the fish. The time it took the fish to consume 95% of the food presented to them was more than doubled for nanoparticle-exposed compared to control fish. Since many nano-sized products will, through the sewage system, end up in freshwater and marine habitats, our study provides a potential bioassay for testing new nano-sized material before manufacturing. In conclusion, our study shows that from knowledge of the molecular composition of the protein corona around nanoparticles it is possible to make a testable molecular hypothesis and bioassay of the potential biological risks of a defined nanoparticle at the organism and ecosystem level.魚類におけるナノ粒子のフードチェーン輸送が行動と脂肪代謝に及ぼす影響ナノサイズ(10-9-10-7m)の粒子は、バルク材料に対して多くの技術的および生物医学的進歩をもたらす。化粧品、洗剤、食品および他の市販製品におけるナノ粒子の使用は、生物代謝に対するそれらの効果の知識がほとんどないにもかかわらず急速に増加している。ここでは、藻類から動物プランクトンを介して魚に輸送される商業的に製造されたポリスチレンナノ粒子が、脂質代謝およびトップ消費者の行動に影響を及ぼすことを示す。少なくとも3つの独立した代謝パラメータは、対照と試験魚の間で異なった:体重減少、トリグリセリド:血清中のコレステロール比、および筋肉と肝臓との間のコレステロールの分布。さらに、魚の血清中のアポリポタンパク質A-1にナノ粒子が結合することにより、摂取により吸収された場合には、それらの脂肪蓄積を適切に利用することができなくなることが示されている。代謝作用に加えて、ナノ粒子含有動物プランクトンの摂取が魚の摂食行動に影響を及ぼすことを示す。魚が95%の食べ物を消費するのに要した時間は、対照魚と比較してナノ粒子に暴露された場合、2倍以上だった。多くのナノサイズの製品は、下水システムを通じて淡水および海洋の生息地で終わるので、我々の研究は、製造前に新しいナノサイズの材料を試験するための潜在的なバイオアッセイを提供する。結論として、我々の研究は、ナノ粒子の周りのタンパク質コロナの分子組成の知識から、有機体および生態系レベルで定義されたナノ粒子の潜在的な生物学的リスクの、試験可能な分子仮説およびバイオアッセイを行うことが可能であることを示している。--------------------食品、化粧品、エレクトロニクス、医薬品などの日用品に様々なものがナノ化されています。(良質の水などを安全なナノ化サイズにすることは良いことかもしれませんが)「ナノ 大学」 と入れて検索をすると多くの大学が出てきます。この化学者の卵の人たちが世界に目を向け、場合によってはナノを発展させない勇気と良心を持って欲しいと願います。------------ポチッとお願いいたします!

      33
      テーマ:
  • 06 Nov
    • オーガニックコスメ協会推奨品

      【オーガニックコスメ協会推奨品】日本オーガニックコスメ協会の基準は、あくまでも消費や中心であり、場合によっては、海外基準よりもかなり厳しいものです。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ その基準1 基本原料についてオーガニックコスメ推奨品に使われる、基本的な原料は、もともと自然界にあり、自然界で循環することが出来、自然界のバランスを壊すことがないものであるべきと考えています。 石油と石油由来合成成分を使っていないこと。資源的に有限であり、かつ自然界にない合成成分のもととなった石油を使っていない原料であること。(また石油を使わないもうひとつの理由として温暖化防止への配慮もある)。 植物、粘土、鉱石類のように、自然界の中で生まれ、循環することができ、自然のバランスを壊す懸念のない原料であること。 人為的な化学的操作によって、もともとの自然の組成を変化させることで新たに作られた、自然界にない成分は「使用不可」とする。 石けんのように、長年にわたって使われてきて、環境や肌に対して、無害であることがわかっている原料であること。 使用する植物については、認証取得の有無を問わず、実際に農薬や化学肥料を使わずに栽培されたものであること、あるいは野生植物を使用した原料であること。 脊椎動物を殺傷しなければ得られない原料ではないこと。 例)鯨油、馬油、鶏のトサカから得られるヒアルロン酸、サメから得られるスクワレンなど。 ※ただし殺傷しなくても得られる羊毛由来のラノリンなどは、動物愛護の精神を尊ぶEUの基準に準じて使用可としています。2 製造方法についてJOCA推奨品基準と製造過程は、基本原料が天然成分であることに加えて、その製造方法及び製造過程においても合成成分を使わないことを求めています。たとえば植物エキスの抽出溶剤は、「水、発酵醸造エタノール、植物油、グリセリン」など、天然成分の溶剤を使うことが条件になります。いっぽうで石油の合成成分などの溶剤の使用は認めていません。さらにオーガニックコスメ推奨品基準は、製造過程で、工場内で使用する器材が合成成分に汚染されていないこと、また工場内の環境が、揮発性の合成溶剤などによって、汚染されていないことを条件としています。さらに製造工場から外部に合成成分を排出するなどの環境に負担をかけないことを求めています。環境と共生できる製品作りは、未来の世代が健康に生きられるように汚染のない地球を残していくためにもぜひとも必要なことです。 完成品が、天然成分100%で製造されていること。 乳化方法について合成界面活性剤を使わずに天然成分で実現していること。 洗浄成分について合成界面活性剤を使わずに天然成分で実現していること。 防腐および保存性を高める方法について、合成防腐剤成分を使わずに天然成分で実現していること。 植物エキスの抽出、加工、漂白などにおいて、合成溶剤を使っていないこと。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 『紫花美人®石けん』は、このような審査基準をパスし、日本オーガニックコスメ協会より、その成分全てを確認いただき、推奨品といういうことで、公式サイトでもご紹介いただいております。*N'sアロマ販売サイト『N’s Natural&organic』https://nahokos.shopselect.net/で、紫花美人石けんご購入の場合は、送料が全国一律¥510(レターパック)となります。ポチッとお願いいたします!

      7
      テーマ:
    • 大分県中津市ホリスティックレストラン

      食べ物記事を連投しております(笑)成分などの固い記事ばかりではなく、少しいろいろ書いていきたいと思います。N'sアロマ Natural&organic主催の健康セミナーの講師をお願いしている、青果市場社長で、オーガニックや農薬不使用野菜や果物の会社コミディアの社長をなさっている 吉冨信長さんと、鳥栖のカフェ大きな木と別府血の池地獄のオーナーでもある松田さんを、お仕事のお取引関係で、お引き合わせする役目もあり、中津のホリスティックレストラン(本徳幸恵オーナー)へ参りました。海の側にあります。雨の海も風情があります・・・全て、オーガニック栽培の野菜と果物です。お肉はジビエでイノシシ。臭みが無いように処理され、とても美味しいです。イノシシのコンソメは、滋味あふれるお味。そのパワーと養分が体に吸い込まれていくよう・・・ベジタリアンやマクロブが合っている人は良いのですが、私のように、タンパク質や鉄分、コラーゲンをお肉がら摂取した方が良い場合は、お肉の質を選ばなければなりません。その場合、できれば、グラスフェッドや環境の良い野生の動物を食べたいもの。ホルモン剤や、飼料の遺伝子組み換えや肉骨粉、放射能の問題がありますので・・・私は個人的に50代後半からはお肉を食べることをおすすめします。年齢を重ねると、消化力も落ちてきますので、少量でその成分を効率的に取り込むことができるのはお肉だと考えています。また、筋肉を増やし、骨粗鬆症を防ぐのにも大切かと思います。

      2
      テーマ:
    • 博多With the styleにて「肉!肉!緑茶!ほうじ茶!の夕べ」

      オーガニックコンサルというと、ベジタリアンやマクロビアンだと思っていらっしゃるかのしれませんが、私はお肉やチーズもほどほどに食べます(笑)福岡県八女市はお茶で有名です。私も八女市の企業さんででもお仕事をさせて頂いておりますが今回は、製造・卸、 小売り「茶房 星水庵」の 株式会社 木屋芳友園 の木屋社長のお招きで、博多の「ホテルWith the style」の鉄板焼きのコースと、緑茶、ほうじ茶のハーモニーを堪能いたしました。ウィズザスタイル http://www.withthestyle.com/右から二人目が私ですまずは、冷製の緑茶を頂きました上品な茶わん蒸しと様々なオードブルの後は、目の前で一人分づつ仕上げてくださす「牛しゃぶしゃぶ」で・・・季節のお野菜を焼いて頂いたあとは、牛のステーキを焼いて貰いました。その後は、冷製のほうじ茶を味わい、温かいお茶も・・・お肉の後のほうじ茶はよく合います。口の中をさっぱりさせてくれます。木屋さんのほうじ茶は、苦みが殆どなく風味が高いので、ほうじ茶の印象が変わりました。-------------ポチッとお願いいたします!

      2
      テーマ:
  • 04 Nov
    • 身体のアミノ酸と、シャンプーや洗顔料のアミノ酸は同じなのか?

      アミノ酸系シャンプーや洗顔料は、お肌や髪に優しいというイメージですが、どうなのでしょうか?その「アミノ酸系」っていったい何なのでしょうか?アミノ酸って、動物や人の身体にも存在しているし、飲み物だってあるくらいだからお肌にもきっと優しくていいのよ~と思っている人が多いと思います。オーガニックとアロマde人生好転 オーガニック・コンサルの北尾菜保子ですはじめましての方は、プロフィールをご覧ください! スマフォの方は コチラ から身体の中にあるアミノ酸と、シャンプーや洗顔料に入っているアミノ酸系とは似ているけど違うのです。アミノ酸系・・・実は、これは新しい合成界面活性剤なのです。ヤシの木由来のアミノ酸だから、植物のアミノ酸だから安全で優しいのよね~とも思っていませんか?しかし、天然のアミノ酸だけで作られている ということはありません。アミノ酸系合成界面活性剤の構成= 脂肪酸 + アミノ酸 + アルカリ塩成分に「Na(ナトリウム)」「K(カリウム)」「TEA(トリエタノールアミン)」という文字がついていますが、アミノ酸系合成界面活性剤の中和剤として使用されている種類を表しています。これらがアルカリ塩となります。多くのシャンプーや洗顔料の裏側の成分名にある 「コカミド」や「ココ」とは ヤシ油脂肪酸の「ココアミド」を略したものです。ココ=COCONUTのことで、文字通りヤシが原料ということですこれが脂肪酸となります。他、石油由来の合成であったり、石油+植物や、植物由来といえど、ヤシ+サトウキビなど合成されたものは自然界には無い成分であることに変わりはありません。その影響も、まだ歴史が浅く分かってはいません。使用するアミノ酸の種類によって以下の様に名前が変わります。グルタミン酸系:ココイルグルタミン酸Na、ラウロイルグルタミン酸Na(N-ラウロイル-L-グルタミン酸Na)、水添タロウグルタミン酸Na、ミリストイルグルタミン酸Na、ステアロイルグルタミン酸Naなどリン酸系 :モノアルキルフォスフェイト、 ラウリルリン酸Naなどイセチオン酸系:ココイルイセチオン酸Naなどタウリン系:ココイルメチルタウリンNa、ココイルメチルタウリンK、ココイルメチルタウリンMg、ラウロイルメチルタウリンNa、ステアロイルメチルタウリンNa、ミリストイルメチルタウリンNa、 オレオイルメチルタウリンNa、 パルミトイルメチルタウリンNa、ココイルタウリンNaなどベタイン系:ラウラミドプロピルベタイン、コカミドプロピルベタインなどグリシン系:ラウロイルサルコシンNa、ココイルサルコシンNa、ココイルグリシンNa、 ココイルグリシンK,、ココイルグリシンTEAなどアラニン系:ココイルメチルアラニンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウロイルメチルアラニンTEA、 ココイルアラニンTEA、ミリストイルメチルアラニンNaなどサルコシン系:ココイルサルコシンNa、ココイルサルコシンK、ココイルサルコシンTEA、ラウロイルサルコシンNa、ラウロイルサルコシンK、 ラウロイルサルコシンTEA、ミリストイルサルコシンNaなどアミノ酸系の原料は高価だそうです。なので、商品価格もけしてお安くはありません。皮膚や身体に対してどうなのでしょうか?アミノ酸系は、「いらないものを洗い流し、必要なものを洗い流さない」という「選択洗浄性」があると言われていますが、いらないものとは埃や汗だけでしょうか?合成界面活性剤ですから、大切な角質も洗い流していないでしょうか?人の体内にあるアミノ酸だから、皮膚に残してあげようという考えでしょうが、所詮外から塗りつけられ洗い流されない、作られた、いわばよそ様のアミノ酸が皮膚を保護してくれるのでしょうか?この一見ぬるぬるして潤いが残ってそうな、優しそうなアミノ酸系界面活性剤は皮膚の上に残留しやすく、しばらくはまるで保湿剤のような気がするのですが、皮膚が弱っていきます。実は皮膚のバリア機能を破壊しどんどん乾燥がすすんでいきます。天然のアミノ酸は、人間、動物、植物にも備わっています。肌の天然保湿成分はアミノ酸です。但し、自分の皮膚にあるアミノ酸です。アミノ酸を外から染みこませるのではなく、食べ物や生活習慣でアミノ酸を増やすことが大切です。低刺激性で柔軟効果もあるとして、多くのアミノ酸系の製品に使用されています。リンスインシャンプーや子供用シャンプーなどにも使用されています。子供のころから、このようなお肌環境にしてしまうことに不安はありませんか?なんでもかんでもダメというのではありません。アミノ酸だから、人や動物の皮膚や身体にある成分だから・・・という広告で勘違いして使っている人は、成分まで知った上で納得してお使いください。-------------ポチッとお願いいたします!

      7
      テーマ:
  • 01 Nov
    • [脳]に影響を与える精油の品質は?

      皆様は香りを楽しまれることも多いのではないでしょうか?香りというとアロマセラピーなのですが、精油はどういう基準でお選びでしょうか?有名ブランドだから安心?デパートにあるから安心?私は、精油はオーガニック認証やトレーサビリティーのしっかりしている農薬不使用栽培の植物から抽出したものを使用すべきと考えています。その理由は・・・・分子が細かい精油は、合成界面活性剤などを使用せずとも、経皮により体内に入ります。それは、アロマトリートメントや積極的な吸入(芳香浴)によって体内の毛細血管に入った場合、「*血液脳関門」も通過してしまうのです。だからこそ、農薬、化学肥料、除草剤の成分を使用して栽培された植物や、合成溶剤を使用したものではなく、その植物の有効成分である芳香成分を純粋に活かしたいと考えました。食事は気をつけているのであれば、お肌につけるものやアロマセラピーに使う精油も気を使いましょう。食べるものは、肝臓や腎臓である程度解毒できますが、皮膚につけるものの合成された成分や、栽培された植物に使われた 農薬・化学肥料・除草剤 は血液脳関門も通過してしまう可能性が高いのです。[*血液脳関門]正常な脳組織には血液中のある物質,たとえば脳にとって有害な物質が脳内に侵入するのを防ぐ機構があり,毛細血管の内膜の働きによるとされている。この機構を血液脳関門と呼ぶ。オーガニック認証精油情報は コチラオーガニックとアロマde人生好転 オーガニック・コンサルの北尾菜保子ですはじめましての方は、プロフィールをご覧ください!スマフォの方は コチラから*N’sアロマNatural&organic*「香ほうびセット」[福岡県経営革新計画承認] 販売*なりたい貴方になれる精油フレグランスオーダー(心理カウンセリグにより作ります)*化粧品・日用品成分、食品添加物を知るセミナー*植物と香りエイジングケアセミナー*手作り化粧品セミナーFacebookコチラ-------------ポチッとお願いいたします!

      10
      テーマ:
  • 31 Oct
    • イベントのご紹介[11月3日 世界遺産ウオーキングin三池港]

      今日は、私が副理事長をしておりますNpo法人大牟田・荒尾炭鉱のまちファンクラブ関連のイベントをお知らせします。【11月3日 世界遺産ウオーキングin三池港を開催します!】11月3日文化の日に、福岡県大牟田市で毎年行われている「産業遺産一斉公開」をご紹介します。詳細は福岡県庁HPをごらんください!↓↓↓↓http://www.pref.fukuoka.lg.jp/event-info/walking-miike.html私どものNpo大牟田・荒尾炭鉱のまちファンクラブメンバーは、三池港クルーズガイドをしております。Npo法人大牟田・荒尾炭鉱のまちファンクラブ世界遺産パネル展、鉄道遺産出前講座、鉄道模型展示も同時開催!三池港は上から見ると、ナスカの地上絵のハチドリの形をしています。不思議なんですが・・・有明海の潮風を受けながら、クルーズも素敵ですよ!大牟田駅(大牟田駅はJR鹿児島本線と西鉄電車どちらも到着)からシャトルバスが、各ポイント間と送迎をしています。是非、一度行ってみてくださいね!

      4
      テーマ:
  • 16 Oct
    • お仕事にできる資格「アロマふみふみ」

      いろいろ成分などの固い記事が多いので(笑)、たまにはお仕事や、プライベートの記事もUPしていきたいと思います。私は「アロマふみふみ協会」というのも主宰しております。blogの左に飛べるリンクもあります。アロマふみふみ協会https://www.aroma-fumifumi.com/健康体操的に集まってやっておりましたが、ご要望に応えて資格が取得できる講座となっております。マイスター養成、インストラクターも養成中です。今回は、インストラクターになられた飯塚の宮原さんのサロン&スクールウーヴルへ、遠征してのブラッシュアップ!アロマふみふみサロン&スクール八女市 月足さんがマイスター資格を取得されました。頑張って、筑後~八女・久留米と活躍をお祈りします!アロマふみふみマイスター他人にアロマふみふみをすることができる資格です。サロン開業、出張サロン、ボランティア活動や、地域の公民館やカルチャースクールで健康体操としてアロマふみふみを教えることができます。アロマふみふみマイスターアロマふみふみインストラクター各地域で、「アロマふみふみマイスター」養成講座(スクール)を開催することができます。(自社スクールのみならず、公民館、カルチャースクールなどの場所でも可)まずは、マイスター資格を取得し研鑽を積んでいること。そこから他メンバーから教えるにふさわしいという認知や推薦があれば、インストラクター養成講座(理論6時間×4日)受講と課題図書、独自レジュメ作成(PowerPoint、Excel、Wordのいずれかで)、自己紹介、プロフィール完成を持って資格取得となります。アロマふみふみインストラクター どちらも技術的には難しくないのですが。。。。。片足で立つことができないと、ちょっと大変です。太極拳のように体重移動ができないと、お客様の体格、骨格、体調などに合わせて力を加減することができませんから(私は30代で太極拳、ハタヨガをやっておりました)また、相手を思いやる心、冷静に観察する心が大切です。興味本位ではなく、冷静にです。ボディーワーカーは、いつもニュートラルであること。これは精神的にもです。なので、心理学も勉強していただきます。というわけで、資格を取ることだけが目的や、その仲間とSNSでお友達や仲間がこんなにおおいのよ~、リア充よ~ということを競わないという、今の世の中の流行とは反した講座です(笑)SNSやリア充仲間の繋がりっていつまで続くのでしょうか・・・なかなか厳しい道ではありますが、お互いの繋がりや、活躍を喜び切磋琢磨して実りある人生になるようになることは間違いありません!-------------ポチッとお願いいたします!

      16
      1
      テーマ:
  • 12 Oct
    • 天然由来・植物由来とは?

      化粧品で「天然由来」「○○由来」という言葉をよく見ます。今はやりの「植物由来」と聞くと、お肌に優しいイメージですが、同じ天然由来の成分でも抽出の方法や溶剤、製法によって成分もすっかり変わります。天然に存在しているもの同士を合成したり、化学的な処理を施したもののことを「天然由来」と言いますが、植物由来と書いていても、抽出方法によりその成分も変わってきます。<抽出溶剤>水溶性成分の抽出=水油溶性成分の抽出=油水溶性成分と油溶性成分の抽出=アルコール水溶性成分と油溶性成分の抽出=BG(ブチレングリコール)と、それぞれ目的とする抽出成分によって内容が異なります。植物自体は有効成分を持っていても、抽出方法や溶剤によってせっかくの植物の有効成分が変化してしまう場合もあります。水、植物油、発酵エタノールで抽出する方法は、古代より現代までなされていますが、石油由来の溶剤で抽出する方法や単離する方法は、歴史的にも浅く、特に特殊な時に使用する薬ではなく、毎日使用したり食べたりする化粧品や食品に対しては長期に摂取すればどのような影響があるかは不明です。特に石油から作られたBGなどの溶剤では、植物の油溶性成分や水溶性成分は抽出できますが、有効成分がそのまま発揮できるかどうかははなはだ疑問が残ります防腐性もあるためよく抽出溶剤として使用されますが、BG自体がお肌の常在菌を阻害し、お肌のうるおいを無くしていく可能性があります。天然由来の化粧品なら絶対に肌への刺激がなく安心だ!と言い切れるものではありませんが、それは事前に調べることで安全安全を確認することが可能です。しかし、溶剤など何がどうしたものが使われたのかはキャリーオーバーということで表示義務がなかったりするので、その方がもっと調べにくく知らず知らずのうちに・・・というリスクはあると思われます。例:オーガニック好きマダム御用達の某オーガニックシャンプー(植物エキス入り)成分(成分表から)水 溶剤アロエベラ液汁 保湿性、抗炎性デシルグルコシド 合成界面活性剤、洗浄剤ラウロアンホ酢酸Na 合成界面活性剤、洗浄剤ラウリルスルホ酢酸Na 合成界面活性剤、洗浄剤ババスアミドプロピルベタイン 合成界面活性剤、洗浄剤パンテノール ビタミン類、育毛効果グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド 陽イオン界面活性剤ダイズタンパク 界面活性剤、乳化剤加水分解コムギタンパク 保湿剤、界面活性剤PCA-Na 保湿剤ヒアルロン酸 天然ポリマー、乳化安定剤ソルビトール 香味料、保湿剤、柔軟剤アルギニン アミノ酸類、アルカリ剤セリン 保湿剤トレオニン 保湿剤アマニ油 油剤、閉塞剤、香料ルリジサ種子油 油剤、エモリエント剤ヒマワリ油 油剤、閉塞剤ホホバ油 油剤、閉塞剤月見草油 油剤、エモリエント剤トコフェロール 酸化防止剤、V.Eコロイド性イオウ 殺菌剤コンフリー葉エキス 保湿性、収れん性ローマカミツレ花エキス 芳香性エキスラベンダー花エキス 芳香性エキス、抗菌性ウルチカジオイカエキス 保湿スギナエキス 保湿性、消炎性、収れん性セイヨウノコギリソウエキス 芳香性エキス、保湿性チャ葉エキス 保湿性、酸化防止剤セイヨウシロヤナギ花エキス 保湿性スイカズラエキス 保湿性、収れん性、抗菌性安息香酸Na 防腐剤、香料ソルビン酸K 防腐剤イランイラン油 香料、精油パチョリ油 香料、精油グレープフルーツ果皮油 香料、精油レモン果実油 香料ゼラニウム油 香料、精油アトラスシーダー樹皮油 香料、精油ビャクダン油 香料、精油これのどこがオーガニックなのでしょうか?使用植物をオーガニック栽培しているので、オーガニックコスメと名乗れているのです。エキス とあるものの抽出溶剤は省略してあり、香料、精油と書いてあるのは、香料が殆どで、精油は天然という意味合いを強調するために少量入れていることが想像されます。勿論、日本の法律的には違法でもなく大丈夫となっています。だから、オーガニックという言葉を信用してはいけないのです。-------------ポチッとお願いいたします!

      16
      テーマ:
  • 06 Oct
    • ローズの香りとウツ・認知機能

      自然療法でもあるアロマセラピーが抗ストレス作用があることは、日本でも十分とは言えませんが臨床レベルで多く報告されています。※ご注意とお願い:アロマセラピーで使用する精油は日本では雑貨であり、薬のような使い方や表現などを、他人に行ってはならないとされています。 逆に、医師や薬剤師のどなたもがアロマセラピーやハーブを熟知しているということでもありません。あくまでも、個人やご家族の日常の予防医学として手軽に使えるものであることが大切(元々はおばあちゃんの知恵的な使い方であることを考えても)だと考えております。また、体調不良が続くときは、医療機関での診断や治療を優先することを選択ください。blogでは、あくまでも私個人の研究や海外情報を踏まえた意見を書いておりますので、そのようにご理解ください。オーガニックとアロマde人生好転 オーガニック・コンサルの北尾菜保子ですはじめましての方は、プロフィールをご覧ください!スマフォの方は コチラから私も経験があるのですが、気持ちが落ち込んでいるときや不安で眠れない日が続くときは、物理的に原因を解消するということは勿論ですが、原因が分かっていてもどうしようもない時は、アロマセラピーの力に随分助けられました。また、中小企業の経営者様 男性でも、ローズのファンという方は多いです。書斎やクローゼットがローズの香りが・・・ということです。外で頑張っておられ、経営者は孤独でもあるので、ローズが味方になってくれたり、気分をリセットしてくれるというわけです。希少高価ではあるのですが、ローズの効果は精神的にも(スキンケアでも)随分役に立ちます。2~3万円のクリームを買うくらいなら、是非15,000円のローズオットー(水蒸気蒸留法で抽出したローズ)をお買い求めください。容量が1mlだとしてもドロッパー瓶20滴分はありますので、何本もの美容液やクリームをご自分で作ることができます。市販の化粧品のローズ配合は、申し訳ありませんが、殆どはニセモノか、本物が入っているとしても爪楊枝の先ほどでしょうか?またどれほどのクオリティの精油かも不明です。ローズのエキスを溶かし出した溶剤も石油系合成か、植物系でも自然界に無い形に合成されたものです。ボーナスも時期や、自分にご褒美に1本!(笑)ローズのお話しをしましたので、関連記事をどうぞ。学術誌「サイエンス」に調査結果独リューベック大学の研究チームが行った調査では、記憶力の向上にバラの香りが有効であることが分かった。8日発行の学術誌「サイエンス」に調査結果が掲載された。 調査は74人の被験者を対象に実施。トランプの神経衰弱と同様のルールのカードゲームを使い、一部の被験者だけにバラの香りを嗅がせることで、記憶力への影響を調べた。 また被験者らはゲーム終了後、磁気共鳴画像診断(MRI)装置の中で眠り、睡眠中の脳の働きも分析された。 翌日に同じカードゲームを実施したところ、バラの香りを嗅いだグループの正解率は97.2%だったのに対し、嗅がなかったグループの正解率は86%となった。出典:2010年3月9日配信 ロイター [ワシントン 8日 ロイター]  ローズの香りが認知機能を改善するというわけですね。ローズを使ったブレンド精油で作ったクリームやオイルを、デコルテに塗って眠ると、とても気分が良いです。体温で温められて、香りが漂いますよ。フローラル調の、良い香りといわれている香りには、ゲラニオールが含まれています。また、本物のバラの精油の特徴成分としては ローズオキサイド、ダマセノン、ダマスコン があります。ということはこの特徴成分が記憶に作用するのでしょう。眠っているときの『バラ』の香りが記憶力をアップするのですね。寝ている時に…というのが大切。眠っている間も、呼吸をしていますので、自然と精油成分を身体に取り入れていることになります。香りとは、人工的なフレグランスではなく本物のバラの香りというのが大切。作り物、人工的な香りには、天然の成分が含まれていませんから。ローズで女性としての幸せ感を高め、認知機能や記憶力を高めて参りましょう~!-------------ポチッとお願いいたします!

      19
      テーマ:
  • 05 Oct
    • オーガニック化粧品の裏側キャリーオーバー

      無添加化粧品、オーガニック化粧品の落とし穴は、キャリーオーバーにあります。キャリーオーバー(carry over)とは、持ち越すという意味です。2001年の薬事法改正の際に、全成分表示が義務となり、指定成分のみ表示する義務は終わりました。そのため、その後は旧指定成分という言い方をするようになりました。全成分表示義務の良いところは、使用成分の中から自分に合わない成分を判断することができるようになりました。しかし、そこに落とし穴があります。オーガニックとアロマde人生好転 オーガニック・コンサルの北尾菜保子ですはじめましての方は、プロフィールをご覧ください! スマフォの方は コチラ からキャリーオーバーとは、化粧品成分表に表示しなくてもよい成分のことです。通常、化粧品の製造会社は化粧品に使用した全成分表示を義務づけられております。なので、おかしいなぁーと思われる方も多いかもしれません。しかし、です。表示しなくてもよいとされている成分があり、そのことを「キャリーオーバー」と言います。その表示しなくてもよい成分の「キャリーオーバー」とは・・・・植物エキスを抽出する「溶剤、防腐剤、キレート剤」は表示しなくても良いと「薬事法」にも書いてあります。原料である植物を栽培する時に使用した農薬もキャリーオーバーとなります。植物エキスなどの植物由来成分を抽出する際には、前回お話ししましたようにBGなど化学合成の成分を使用することがあります。コチラの記事も合わせてお読みいただくと、より理解できます。この場合も、キャリーオーバー成分なので、表示せずに販売することができてしまいます。参考:[配合されている成分に付随する成分(不純物を含む)で製品中にはその効果が発揮されるより少ない量しか含まれないもの(いわゆるキャリーオーバー成分)については表示の必要はない]微量でもアレルギーを起こす人もいます。微量でも長期に使用すれば、発がん性や環境ホルモンとして影響を及ぼすものがあることを覚えておいてください。また、先ほど、植物を育てる時に使用した農薬もキャリーオーバーになると書きましたが、それが有機栽培(オーガニック栽培)の落とし穴なのです。また、これは野菜の栽培とも共通するのですが、有機栽培(オーガニック栽培)の有機肥料についても色々ありますが、その件は改めて書きます。まず、化粧品メーカー1社が全部を作っているわけではありません。「化粧品メーカー」は「化粧品原料製造会社」から原料を購入します。その調達した様々な材料を、独自に配合して化粧品を作るのです。このときに配合した成分は、全成分表示に明記しなければなりません。しかし、「化粧品原料製造会社」から購入した原材料に使用されていた添加物については、キャリーオーバー扱いとなり、表示しなくてもよいことになっているのです。海外のオーガニック認証については コチラ(海外は日本より良いということもいえません、読んでください!)例えば、「化粧品原料製造会社」から購入した原材で植物からエキスを抽出すゆ溶媒にBGが使われていても、、石油系溶剤不使用として売ることができるという事実です。クマザサエキスや、ワサビエキスエキスの抽出にBGやエタノール、ヘキサンが使われていても表示義務は無いということです。鉱物油不使用や石油系不使用と書いてあっても、裏の成分を見れば「全部石油や~~ん!」という場合も多くあり、全く意味が分かりませんが、同じように心配なのは、無添加やオーガニック化粧品として、実は原料製造会社レベルですでに入っている場合です。「キャリーオーバー」という意味を理解頂きましたら、化粧品の裏を見て「植物エキス」と書いてあった場合にも、石油系の合成の溶剤や合成防腐剤、キレート剤が使用されている可能性があることをこころしてください。微量でもアレルギーを起こす人もいます。微量でも長期に使用すれば、発がん性や環境ホルモンとして影響を及ぼすものがあることを覚えておいてください。-------------ポチッとお願いいたします!

      13
      テーマ:
    • 「レンダリング・プラント」(動物性脂肪精製工場)と化粧品・インスタントカレー・ペットフード

      マクロビアンや菜食以外の方は、お食事前の方は読まないでください!タイトルのレンダリングとは、脂肪を溶かし精製して油脂にするという意味です。何が行われているか・・・牛や豚などの家畜から食用となる肉類を除いて、直接食用にできない脂肪は、熱を加えて溶せば、牛脂やラードなど馴染みのある食用の油脂に、また石けんなどの原料にもなります。油脂を生産した後には、絞りかすとなる肉粉といわれる副産物ができ、ペットフード原料などに利用できます。参考:(一社)日本畜産副産物協会 http://www.jlba.or.jp/con08_3.htmlつまり食肉として出せないモノ(爪、角、ひづめ、骨、歯、くちばし、羽、など)や、病気で死んだ動物の体全てがここで処理されます。皮は鞣して様々な衣料、靴、バック類などの皮革製品になります。このレンダリング・プラントはアメリカから来たものです。「循環型社会に貢献」ということらしいです。熱処理によって、油脂と固形分(蛋白とカルシウムなど)が生産されます。今日は油脂に焦点をあてて見てみましょう。油脂は・・・石鹸や化粧品、ろうそく、ワックスなどの工業用と、皆さんがお好きな、一般市販の「インスタント・カレールー」や、「インスタント・ラーメンスープ」「マーガリン、ショートニング」などの食品にも使われています。本家アメリカでは、毎年、犬や猫を含む数約万頭の死体が、他の動物の死肉と一緒に、ドッグフード含む様々な商品の原料とされている。その中には、食肉処理場で不良とされ汚染された原料、車などに轢かれた路上轢死動物、野外で死んだ動物、病気を患った動物、障害のある動物、薬漬けになった動物が含まれている。それらの動物は死体回収業者によって集められ、「レンダリング工場」に運ばれる(※日本国内には141ヶ所のレンダリング工場が稼動しています。)その「レンダリング」では、想像を絶する作業が行われている。それは、動物の死骸から油脂分を搾り取る作業である。出典: http://benmrivera.com/?p=379日本では、安楽死させられた動物がレンダリング・プラント入れられているのかどうかは確認できませんでした。毎日、人間はこうしたものを食べて、塗り、ペットはもっとひどい輸入された糞便まじりの粉になったブツのペットフードを食べさせられているのです。オーガニック化粧品もクリームの基材や溶剤は原料が何なのか?あなたのお気に入りの香りの良い石鹸は、その原料臭を消して香りをつけられたのではないか?これが果たして、「循環型社会に貢献」なのだろうか?少し考えてみた方が良いかもしれません。以前、「動物実験をしていない会社」アピールには矛盾を感じるという記事を書きましたが、それがこのようなことなのですけど。動物全部使うことが良いことなのか?利用できるように加工の仕方(溶剤なども)はこれで良いのか?欲望と、時間と効率、動物を飼うということ・・・色々と考えさせられます。お願い:レンダリング工場で働いている人を非難しているわけではありません。大変なお仕事をして下さっているわけですから。------------ポチッとお願いいたします!

      3
      テーマ:
  • 15 Sep
    • 動物実験していない!の矛盾と真実

      時々刺激的なことも書いていますが、皆さんが知らないというか、気にもとめていないことの裏側の真実です。化粧品開発に動物実験を日本はしているのでしょうか?動物写真素材はコチラからいただきました日本動物実験代替法学会第30回大会 が東京であります。EUにおいては2013年3月に発効した規制により、化粧品開発に動物実験を用いることが禁止されており、この影響は世界に波及しつつあります。化学物質においても、欧州の化学物質の登録、評価、認可及び制限に関する規則(Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of Chemicals:REACH)や米国の改正有害物質規制法(Toxic Substances Control Act: TSCA)に動物実験代替法の利用が明記されるなど、世界的にも実験動物を用いない試験法を利用せざるを得ない状況となっております。オーガニックとアロマde人生好転 オーガニック・コンサルの北尾菜保子ですはじめましての方は、プロフィールをご覧ください! スマフォの方は コチラ から化粧品というのは販売されるまでに、医薬品でいえば「治験」のようなことをしているのでしょうか?治験とは コチラ(武田薬品のサイト)「化粧品」「医薬部外品」は、「医薬品」とともに、厚生労働省が所管する法律「薬事法」のもとで管理されています。それぞれ定義も規制も異なります。「化粧品」とは、「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なもの」(薬事法第2条第3項)と定義されています。ファンデーション、口紅などのメイクアップ化粧品、化粧水や乳液などの基礎化粧品のほか、シャンプーや石けんなどもこれに該当します。一方、美白化粧品やニキビ用化粧品などの「薬用化粧品」と呼ばれるものは、「薬用」という言葉のとおり、「医薬品」ほどではないけれど、「化粧品」よりも人体に対する作用(薬効)が認められるものであるため、「化粧品」ではなく「医薬部外品」の範疇に入ります。「薬用石けん」「薬用ハミガキ」、パーマ、カラーリング剤、脱毛剤や育毛剤もこれに該当します。これに対して「医薬品」とは、「人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物」(薬事法第2条第1項)を指します。薬事法改正に伴って、欧米との制度の整合性を図っていくために『化粧品基準』(平成12年9月厚生省告示第331号)が定められ、配合成分を禁止・制限する方式が導入されました。厚生労働省が公表する化粧品基準のリストに示されているものに違反しない限り、企業責任のもとで安全性を確保できれば、いままで使用されたことのない成分でも自由に配合して化粧品をつくることができるようになりました。たとえば「新たな紫外線吸収剤を開発したので、ポジティブリストに追加してほしい」「医薬品の成分だが、ぜひ化粧品の成分として認めてほしい」というように、すでに厚生労働省で定めているリストに新たに成分を追加してもらおうと、化粧品基準の改正を要請する場合に、12種類の毒性試験(以下の表を参照)が義務づけられています。2001年に旧薬事法が改正され、化粧品には全成分表示が義務づけられるとともに、事前承認制度はなくなり、メーカーは自らの責任において安全性を証明すればよいことになりました。そのうち、ヒトパッチ試験を除く11種類の試験で動物実験が求められているのです。2013年3月に発効した規制により、化粧品開発に動物実験を用いることが禁止されたのを皮切りに、世界的に動物実験は望ましくないという傾向にあり以下の様な方法でも検証されるようになりました。<三次元人工表皮(皮膚)モデル>ヒトの皮膚に近い構造をもつ「三次元皮膚モデル」人工皮膚モデルが数多く開発され実用化されている。Epiderm(エピダーム;クラボウ)、Test Skin LSE(テストスキンLSE;東洋紡)、LabCyte EPI-MODEL(ラボサイトEPIモデル;J-TEC)、Vitrolife- skin(ヴィトロライフスキン;グンゼ)など、日本の企業によっても市販されている。肌深部・基底層付近に存在するメラノサイトまで美白成分が届き、効いているか、その効果がどれくらいあるのかを検証するには、肌の表面から深部までを再現する必要があると考えたからです。しかし、3~4日で終わる単純な細胞実験と比べ、三次元皮膚モデルを使った実験は効果の判定までに2週間近くを要します。<NRU法(Neutral Red Uptake Assay)>96個の穴のあいたプレートに培養細胞を入れ、それぞれの穴に量を変えた試験物質を注入したのち一定時間後、赤色の試薬(ニュートラルレッド)を用いて生き残った細胞数を測定し試験物質の毒性を調べる方法。ニュートラルレッドの赤い色素が、生きている細胞のライソゾームに取り込まれるという原理を利用したもので、健康な細胞が多く残っているほど強く着色し、細胞膜が傷ついた細胞は色素が取り込まれなくなる。眼刺激性試験や急性毒性試験などの代替法として利用されている。モルモットを使った光毒性試験の代替法として、マウス由来の細胞を用いてこの方法に光照射を加えた3T3 NRU試験がOECDのテストガイドライン432として2004年に採用されています。現在、多くの化粧品会社は、動物への実験代替は禁止の方向にあり、人への実証実験はしていないことが殆どなのです。人に対しては、社内や研究室内で使い心地などマーケティング的に行うことはあるようですが、数年かけて結果を見るというようなことはしていません。なので、化粧品による被害が出てはじめて慌てることとなってしまうのです。このあたりは医薬品の治験とは全く違います。過去に、化粧品に使用されたことのない成分を、新たに化粧品に使う場合には動物実験が求められてきたのですが、現在はこの改正により、新規成分であっても動物実験は不要となっています。動物実験は良いこととは思いません。であれば、開発している研究員や社内の責任者が数年使用して結果を判断し、一般販売して欲しいものです。追伸:「動物実験していません!」というのをキャッチフレーズにしている会社さんも、クリームやシャンプーの原料の脂は・・・・ 動物の死体脂 かもしれません。そうではない、植物油を使っている方が少ないです。原料としては動物脂の方が入手しやすく酸化しにくいから。殆どをアメリカから輸入しています。矛盾していますよね。この件につきましては、長くなるので改めてかきます。------------ポチッとお願いいたします!

      20
      テーマ:
    • 日本伝統のデトックス(排毒)方法

      デトックスというと、どうしても海外から来たもののように感じますが、実は、日本にも昔からあるのです。大抵のご家庭にあるものなので、簡単にできます。外食が続いたり、お付き合いで添加物の多い食事をしたときにその時その時で早めにデトックスをすることが大切になってきます。毒は細胞に入り込む前に早く外へだすことです。写真は 大根湯です。  材 料 *大根*生姜*梅干し*お醤油だけです。すりおろした大根と生姜(少々)と梅干を器に入れ熱湯を注ぐ だけです。熱湯ではなく、マクロビで使用する 三年番茶 を使っても尚結構です。大切なことそれぞれ本物を使うことが大切です!本物とは?大根 と 生姜 は、無農薬梅干し は、お塩と紫蘇で漬けた昔ながらの漬け方のものお醤油 は、原料が大豆(米の場合もある)、小麦、塩 とシンプルであること伝統的な製法である「本醸造方式」の醤油を必ず使用すること参考:伝統的な「本醸造方式」の他に、アミノ酸液などを使って独特のうま味を生かして醸造する「混合醸造方式」、醸造したしょうゆにアミノ酸液などを加えてつくる「混合方式」があります。出典:https://soysauce.or.jp/koutei/index.html スーパーなどで一般的に販売されているものは、甘味やアミノ酸好きな日本人向けに作られた「混合醸造方式」「混合方式」のものが多いので確認して購入してください。また、使用されている穀物も遺伝子組み換えではないもの。塩も岩塩など自然塩であれば完璧です。 オーガニックとアロマde人生好転 オーガニック・コンサルの北尾菜保子ですはじめましての方は、プロフィールをご覧ください! スマフォの方は コチラ から------------ ポチッとお願いいたします!

      10
      テーマ:
  • 06 Sep
    • 破壊された細胞膜と子供(子供を守るために)

      へその緒は、フィルターの役目をしていて、悪いものは通さず、胎児を守ってくれるものでしたが、様々な合成された成分により、そのフィルターは効果を発揮できなくなっています。へその緒 (臍帯 )は、フィルターの役目をしていいます。悪いものは通さず、胎児を守ってくれるもの です。(胎児は胎盤を通して母側から酸素や栄養分を受け取り、老廃物を母体側に渡す)オーガニックとアロマde人生好転 オーガニック・コンサルの北尾菜保子ですはじめましての方は、プロフィールをご覧ください! スマフォの方は コチラ からフィルターであるへその緒は、なぜ効果を発揮できなくなっているのでしょうか?石油を原料とした化学物質は、脂肪と結びつきます。細胞膜を形成する主要な成分は「脂質」であり尾部は疎水性の性質を持っています。内側は疎水性の脂肪酸が並び、細胞を外部や内部と遮断しています。しかも酸素や二酸化炭素の分子は通しますが、電気を帯びた水分子は通りにくく、大きな分子は通過することはできません。しかし、合成界面活性剤はこのシステムを破壊してしまいます。どんどん親水性の良い合成界面活性剤を、メーカーは開発し使用していますので、浸透性がよくなり、細胞膜にあるタンパク質を変性させていきます。その結果、様々なものが細胞内に入り込み破壊されていくのです。女性の身体の脂肪の多いところは、子宮でありお乳です。結果、子宮がんや乳がんの女性が増えてきたわけです。それは胎児へ与える影響も同じです。昔は、へその緒は、フィルターの役目をしていて、悪いものは通さず、胎児を守ってくれるものでしたが、合成成分で、そのフィルターは効果を発揮できなくなっています。また、合成成分は分解されにくいため、今まで母体に蓄積し、さらにどんどん胎盤を通して吸収されるのですから影響が無いとは言えません。胎児は、脂肪タンパク質の塊です。想像できると思います。農薬にも合成界面活性剤が使われており、それを経口すれば肝臓の解毒作用にも影響を与えます。肝臓は本来解毒ができる臓器なのですが、新しく合成されたものを分解するDNAの記憶を持ちません。その場合、分解できず肝臓にさえ影響をあたえ解毒ができなくなってきます。そう考えると、シャンプーや石けん、化粧品、洗剤などに化学合成されたものを使わない。農薬や合成添加物の入ったものなるべく避ける。この2つしか、貴方やお子さんを守る方法は無いようです。------------ポチッとお願いいたします!

      17
      テーマ:
  • 03 Sep
    • 安全安心な「化粧品・食品選び」のコツ

      化粧品や食品そんなに良くないものが入っているはずは無いでしょ~!そんなのだったら国が許可するわけないじゃない!という反論を聞きます。では、なぜ国が認めているものなのに、身体に害を及ぼす製品ができるのですか?オーガニックとアロマde人生好転 オーガニック・コンサルの北尾菜保子ですはじめましての方は、プロフィールをご覧ください! スマフォの方は コチラ から私は、原料会社の化学者でも薬事専門家でもありませんが、無知なため過去ひどい目にあったことがきっかけで今のお仕事をしています。あくまでもユーザー(消費者)と環境重視目線です。 サステナビリティな世界とエシカル消費の啓蒙「薬事法」は、2014年11月25日「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」へ変更されました。略して「医薬品医療機器等法」といいます。その法律により「化粧品」、「医薬部外品」、「医薬品」に分類されています。「化粧品」は人体への作用が穏やかで、髪や皮膚、爪の手入れや保護などに用いられるものとされています。「医薬品」は厚生労働省によって効果・効能が認可された有効成分が含まれる、病気の治療などを目的とした「薬」です。作用が複雑なため医師の指導の元、量と期間を守って使用することとなります。「医薬部外品」は、治療を目的とする「医療品」と、人体への作用が緩和な「化粧品」の中間的な存在で予防を目的とします。化粧品は、人体への作用が穏やかで誰もが安心して使用できるものであること。効果・効能は認可されていませんので、効果・効能を表現した広告は医薬品医療機器等法(旧薬事法)違反となり罰せられたり商品回収となります。化粧品に良くないものが入っているはずは無いでしょ~!そんなのだったら国が許可するわけないじゃない!という方へ◇記憶に新しいところでは、小麦タンパク質が入った石鹸で訴訟になった例があります。石けん中の「加水分解小麦グルパ-ル19S」により、全身性コムギアレルギーでの診断確定例が2012年7月10日時点で777症例です。アナフィラキシーショックを起こす重篤な症例もあったということが判明しました。その石鹸の使用者が、小麦含有食品を摂取し、その後に運動した際に全身性のアレルギーを発症した事例が報告されました。このような「運動誘発性のアレルギー」は、食品で発生することがありますが、化粧品での発症例が大勢の人に起きたことははじめてでした。分子量の大きい加水分解コムギを使用することで(保湿剤、乳化安定剤)、あのもっちりした泡を作り出すことが可能でした。加水分解コムギは何も、あの石鹸だけに使用されているわけではなく、多くの化粧品に保湿剤・乳化安定剤として使用されています。ということは、国で化粧品に使用しても良いと認定されている成分だということですよね。あの石鹸メーカーは、現在はOEM先を変え、小麦由来のものを使用していません。しかし、消費者でアレルギーが発症した人は、小麦由来の化粧品は勿論のこと、食べ物も小麦使用や由来の成分の全てと接触したり食べたりすることが出来なくなり、これからの人生に多大な影響を与えてしまう結果となっています。◇もうひとつ、皆さんの記憶にあるのが、某社の美白化粧品が製造・販売した医薬部外品有効成分「ロドデノール」の配合された美白製品のユーザーの肌がまだらに白くなる白斑様症状が出たことです。白斑様症状が確認されたことを受け、2013年7月4日に自主回収を公表、当該製品の回収になりましたがこの商品は「医薬部外品」でした。医療費・交通費、精神的慰謝料、休業補償等の補償、後遺症慰謝料相当の補償をする旨発表しています。しかし、後日報道され某社側の最初の被害情報の認知時期が2011年10月頃であったことや、化粧品利用者の症状と化粧品との因果関係について医師から指摘された時期が2012年10月頃であったことで、社内で隠蔽されていた懸念が生じ、社会的信用も落ちました。このロドデノールの原料は香料などに使われるラズベリーケトンという物質です。実はラズベリーケトンも20年以上前、国内で白斑の被害を引き起こしていました。この某社はラズベリーケトンに水素を結合してロドデノールを生成。美白に有効だとして販売しました。この上記の2社の例を見ても分かるように、国では大まかな成分は決められていても分子の大きさや溶剤までのチェックはありません。ナノ化の問題も懸念されますが、どうやら日本も世界に遅れること10年、ナノ化にそろそろメスが入り法化される動きもあるようです。それぞれに、企業の商品作りの姿勢が問われるところです。安全・安心な商品選びのコツは、材料が複雑でないもの、聞いたことがないカタカナのもの、アルファベットの大文字(ADHBGなど)のもの、を買わない、使わないことです。------------ポチッとお願いいたします!

      17
      テーマ:
  • 29 Aug
    • シャンプーの主な成分は水と合成界面活性剤

      シャンプーと一言で言いましても、大きく分けると3つあります。純石けんで出来たシャンプー、合成シャンプー、ふのり・こんぶ・クレイなどの3つです。今日は、その中でもスーパーやデパート、大手薬局チェーンで販売されている一番売れている合成シャンプーを見てみることにします。オーガニックとアロマde人生好転 オーガニック・コンサルの北尾菜保子ですはじめましての方は、プロフィールをご覧ください! スマフォの方は コチラ から合成シャンプーの主な成分は、水と合成界面活性剤です。他には、とろみを出すための粘増剤。つやを与え、クシ通りをよくするための合成ポリマー。泡立ちをよくするキレート剤。保存するための合成保存剤。香りをつけるための人工香料 などです。付け加えますと、合成界面活性剤も1種類ではなく様々な種類の合成界面活性剤が使われています。どういうわけかわかりませんが、「髪に優しい」と言われている非イオン系の合成界面活性剤も使われております。勿論、髪に優しいわけではありません。また、台所の合成洗剤と同じ成分のものでシャンプーとして販売しているものも多くあります。このような成分を使い続けていれば、キューティクルは破壊され、細毛や薄毛となり頭皮の皮膚バリアは壊され、かぶれ、かゆみを感じます。また「経皮毒」で細胞の中へ浸透していく危険性もあります。そう考えると合成化学物質を使用していないシャンプーを使ったらどんなに安全か!と誰しも思うのですが、なぜ多くのメーカーは合成化学物質を使用していないシャンプーを作らないのでしょうか?そもそも、合成シャンプーをなぜ作るのかといいますと簡単で、コストがかからず、腐らず、消費者の満足する使い心地で、安価なシャンプーを量産しどのような環境、地域へも等しく提供することができるからです。 植物などの天然成分だけでシャンプーを作る・・・ことを考えてみましょう。第一次世界大戦前までの近年は、日本は、「ふのり」や「さいから」「むくろじ」などの植物や粘土、灰汁などで洗髪をしていました。ポマードなどの出現により、洗い粉や石けんも使用されることになります。 しかし、第二次世界大戦敗戦と同時にアメリカから石油文化がなだれこみ、そこでシャンプーだけではなく、石けん、歯磨き、クリームなど全てが石油を原料とするものにとって代わられ現在に至ります。昭和30年代には石油系合成界面活性剤で作られた「粉状のシャンプー」が主流になり、流行に乗ったかなり多くの人が使っております。そのころと少しも変っていません。  結論をいえば、自然の成分だけでシャンプーを作ることは可能です。それにはまずは、天然の界面活性剤を使用することになります。純石けんを使用すれば、もっと簡単にできます!(実際に販売されていますよね)植物の中には昔の日本で洗髪用に使われていた界面活性剤の成分を持つものもあります。他に、髪の毛や頭皮に良い有効成分を持つ植物のエキスを入れることになるのですが、そのエキスを抽出する溶剤も石油系のものではないもので抽出されたものを探さなければなりません。 また、大きな問題に「防腐」ということがあります。天然成分と水分だけですと、やはり腐りやすくなりますので、防腐・抗菌作用のある天然で安全なものを加えなければなりません。例えば、ローズマリーエキス、グレープフルーツ種子エキス、クマザサエキス、ワサビエキスなどです。これらのエキスの抽出には石油系溶剤ではないものでなければなりません。 もうひとつの問題に「使いここち」があります。今まで合成界面活性や石油系合成成分で作られた合成シャンプーを長く使用してきた人ほど、石けんシャンプーの使い始めはギシギシし、白い粉が出たりします。それも一定時期だけで、気にならないくらいの使い心地になるのですが、なかなか我慢と理解が無いのが多くの消費者でもあります。そこまで、天然の素材を探すだけでもかなりの月日がかかります。石油に比べれば格段お金のかかる素材を探し、抽出溶剤にまでこだわるとなると普通のメーカーは手間やコストが掛かりすぎることと、天然の防腐・抗菌効果のある植物を配合したからと言って、石油系合成シャンプーのように保存が効きません。そうなると、そこまでして消費者のためを考えて天然のシャンプーを作るなどとは、大きな企業では無理なのです。採算が合いません。コマーシャルベースに合いません。そこが中小企業さんのねらい目なのですが・・・------------ポチッとお願いいたします!

      10
      1
      テーマ:

プロフィール

香りとオーガニック*Nahoko_Kitao

お住まいの地域:
福岡県
自己紹介:
食品・アロマ・化粧品・のオーガニック専門家でキャスティングディレクター、セミナー講師の北尾菜保子です...

続きを見る >

読者になる

AD
N'sアロマオフィス公式サイト(2017年7月改定中)

アロマふみふみ協会公式サイト

メディア


□ 内閣府・あたらしい公共の場つくり 大牟田市~ふるさとの香り「香りのサシェ」~で西日本新聞福岡版、毎日新聞、有明新報に掲載 コチラ

NHK福岡放送 熱烈発信!「エコで涼しい空間作りアロマ」出演、スポットでも  コチラ
 雑誌「MONOQLO」 ~安心な男のリップクリーム~記事監修 コチラ


カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

月別

一覧を見る

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。