香りとオーガニックで人生を変える!◆北尾菜保子◆福岡

化粧品・食品・香りのオーガニックコンサル&セミナー講師。
中小企業の売れる製品作りを消費者目線でサポートします。
肌につけるものと食べるものは、農園と台所で!が私の理念。
アロマふみふみ講座では、マイスター、インストラクターも誕生~



N'sアロマオフィス 北尾菜保子の考え方 

消費者目線での“オーガニックな売れる商品作り”コンサルや、セミナーで基材として使用したり、皆様へオススメする商品について以下のような考えに基づいています。

 N'sアロマオフィス  http://nahokos.com




・原料や基材は、天然のもので、自然栽培や有機栽培の植物を使用する

・石油由来のものを肌に塗ったり食べたりしない生活とその提案

・中小企業さんへ、石油からは勿論、植物から不自然に合成された食品添加物や化粧品原料を使わないで製品を作る提案

・1日で自然に返る素材を使用する

・動物実験をしない提案(自分や仲間で実験をする)

・化学的に合成された肥料、除草剤、農薬を使用していない農家を支援する

・持続可能なエネルギーを地域で創生する活動に協力する

・自分自身も毎日が環境を大切にした暮らし方をする







紫花美人石けん&オーガニック製品「福岡よかもん市場」 

https://www.yokamon.jp/ichiba/c200304/ 

テーマ:
アロマ&オーガニックコスメの専門家  北尾菜保子です
N'sアロマオフィス

ご無沙汰になってしまいました。

以前ご紹介していた コチラ の講座

も盛況の中終了しました!

そのときの様子は

参加頂いた皆様、有難うございました~!

西鉄さん、西鉄エージェンシーさんお世話になりました!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
少し前にFBで書いた記事ですが、好評でしたので、皆様にもお裾わけです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

時々、この人は神様か…という人を見ます。

その人は小雨の中小走りしながら、ゴミを見つけると、トングでさっと拾い持っている袋に入れながら、また小走り…

筑紫野市を車で走ると、時々出会う年齢不詳の男性立ち止まって話をしてみたいのですがいつも小走りに風のようにすり抜けてまた、走りながらゴミ拾い。

辛そうでもなく、怒ってもなく、楽しそうでもなくただ、淡々とゴミを拾い小走り日常のルーティン作業。

いえ、それ以上に空気を吸うようにただ、淡々と。

その年齢不詳の神様のような人は誉められることもなく、走りながらゴミ拾い。

今まで落ち込んだときに出会うと、この世にお役に立てることが1つでもあれば、それでいいではないかと何度慰められてきたことか。

どんなカウンセラーよりも偉大な肩書の人よりも私は名も知れぬ年齢不詳のこの人に元気をもらっています。

きっと、この人は神様だと私は信じています。

N’sアロマオフィス 北尾菜保子
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご質問:「石けん」と書いてあれば安全なのですか?

::::::::::::::::::::::::

まず、「石けん」と言っても、固形石けん と 液体石けんがありますよね。

 

大切なことですが、身体や顔を洗う固形のものは「石けん」で、

食器や洗濯洗剤のような液体を「石油由来の合成洗剤」と思っている人が多いようですが・・・・

 

それは大きな勘違いなのです。

 

実は、固形石けんにも、2通りあります。

分かりやすいように分けると、固形の純石けんと、固形の合成石けんということになります。

 

[固形の石けん]

原料は、水酸化ナトリウム(苛性ソーダー)+ 植物または動物オイル です。

動物脂や植物油に、アルカリを加えると「石けん」ができるのです。

(この作り方は5000年前から基本的に同じです)

 

洗浄成分は 脂肪酸ナトリウム となりますが身体用では表示が「石けん素地」ということになり、

これにハーブや植物エキス、天然香料(精油)をブレンドしたものもあります。

 

[固形の合成石けん]

原料は、洗浄成分に石油由来の合成界面活性剤を使っていいます。

 

合成界面活性剤の例:アルキル硫酸Na、PEG、PPG、コポリマー、コミカドMEA、ココアンホジ酢酸2Na、など

 

合成界面活性剤の他にさまざまな石油由来の防腐剤、合成香料、合成色素など原料が配合されます。

合成保存剤(ラウリル硫酸ナトリウムなど)、油剤として石油や合成油剤、合成

溶剤(BG,PGなど)、タール色素(黄色4号、赤色202号など)、合成香料(アルデヒドなど)が使用されています。

なので、固形だからといって全てが「純石けん」では無いということです

 

 弱酸性の洗浄剤も、純石けんではありません。

 

石けんは本来 弱アルカリ性でしか有りえません!

弱酸性の、あたかも石けんのような洗浄剤は、石油由来の合成界面活性剤が主成分の合成洗剤なのです。

 

洗浄成分が「石けん素地」「カリ石けん素地」と表示しているものだけが「純石けん」なのです。

 

「石油系合成界面活性剤は含んでいません」と表示されていても、植物+石油系の合成界面活性剤を使っている場合が殆どです。

 

同じく、植物性〇〇配合や、オーガニック、自然派としながらも、使用されている植物のみオーガニック栽培で、溶剤は石油系溶剤であったり、合成界面活性剤、合成防腐剤、合成香料が使用されていることも多いです。

 

なぜ、このような合成石けんが多いのかというと、石油由来の材料は安価で手に入りやすく大量に作ることができるからです。

 

では、なぜ石油系、または石油+植物の合成界面活性剤がお肌に良くないのか?

 

皮膚表面の角質層がお肌のバリア機能を持っています。

その下の角質細胞が規則正しく重なっている肌をキメが整った肌といいます。

正常なターンオーバー機能が働いていれば、自然と表面の角質へ押し上げられ垢となって洗い落とされていきます。

 

しかし、石油由来の合成界面活性剤は、角質層の細胞間脂質の間に浸透していきます。

そうなると細胞間脂質の機能が働かず、結果、まだ剥がれる時期に来ていない角質細胞や、未熟な角質細胞が残ったままの角質まで洗うたびに落として行き、結果的に、皮膚そのものが薄くなっていきます。

 

このような角質が薄くなったお肌では、多くの皮脂や水分が失われ、外部からの影響を受けやすくなってしまいます。

多くの女性がお悩みの慢性的乾燥肌となるわけです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。