北欧の古道具屋さんみたいなアロマテラピー教室 すぅのブログ

自称"攻めの癒し系"アロマテラピーインストラクターが綴る教室の事、日常の事。

「北欧の古道具屋さんみたいなアロマテラピー教室すぅ」



小田急線「相模大野」駅から徒歩10分 
静かな住宅街にある小さな教室です。 

北欧の古道具を使いながら気軽にアロマクラフトを作りませんか?


パーソナルレッスンを承ります(女性限定)。

個々の希望の香りを取り入れた

ブレンドオイルまたはルームスプレーなど作成いただけます。

お気軽にご相談ください。

(おひとり様3,000円 お時間1時間30分ほど)


講座のお申込み・お問い合わせはaroma_suu@yahoo.co.jpまでメール(茶)


次回は・・・

ヒマワリ7月9日(土)13:30~Fukuyaさんにて

  「北欧の夏の香りを楽しむスウィーツ石鹸」

  http://www.fuku-ya.jp/SHOP/EV-1607-01.html

  ※満席のためキャンセル待ちを受け付けております。


テーマ:

今日は夏至ですね。
夏至と言えば北欧に伝わる
「7つの野花を摘んで枕の下に入れて眠ると未来のパートナーに会える」
という伝承を思い出します。


似たような伝承がハーブのセントジョーンズワートにもあり
夏至の前日に摘み枕の下に入れて眠ると
夢に聖人が現れご加護を約束してくれるか
未婚の女性の場合は未来の伴侶が夢枕に立つ。
また夏至に摘むセントジョーンワートは薬効が強く治癒力が高い。
などなど.・・・。
ヨーロッパでは古くから外傷治癒、利尿、月経困難症などに使用されていたこともあり
とてもポピュラーなハーブのようです。



セントジョーンズワートとはセイヨウオトギリソウの事で黄色い花が特徴の植物です。
クリスマス時期になると赤い実をつけた「ヒペリカム」が店頭に並びますが
それを指した方がピンとくる方も多いかもしれません。


近年では抗うつの薬効が認められ
季節性感傷障害への効果が高いとされるハーブと認知され
サプリメントとしてお目にかかかることも多くなりました。

買い付けなど北欧諸国に長い期間行かれる方々からは
「日の長さが毎日15分刻みで変わっていくように思う」と聞いたり
私も旅行に行っては深夜0時過ぎの夕焼けを見て驚いたりするわけで
日の長さの緩急がスゴイ国なのだから
「季節性感傷障害に効果あり」がすんなり腑に落ちた事例でもあります。

ハーブティーでいただくのが手軽かと思いますが
シングルではこれといった特徴のない草っぽい味・・・(私の主観)なので
紅茶と一緒に淹れると違和感なくいただけます。

【注意】
セントジョーンズワートには薬物代謝酵素を誘発(薬効を弱める)ので
抗HIV薬、強心薬、免疫抑制剤などを服薬している場合は医師の相談が必要です。
また、子宮収縮作用があるので出産時や月経困難の場合には有効ですが、
妊娠初期や月経過多の場合には不向きです。

面白く思ったのは「サンシャインサプリメント」という別名です。
理由は諸説あり
・暗い気持ちを明るく照らしてくれるハーブだから
・太陽が最も当たる日に薬効が高まるハーブだから
どちらもなるほどなと思うのですが
厳しい冬を耐え、太陽を待ち焦がれるイメージを刷り込まれてきたので
私は後者かなぁと思っています。

未来のパートナーが夢に現れる。
これも聞く人が“効いた”らサンシャインサプリメントかもしれませんね。

一晩遅れですが・・・・良い夢見ろよ!


<日差しラブ>
写真は夜7時頃のヘルシンキ。






AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自分のワークショップだけに夢中になってしまうと
内容がパターン化してしまって面白くなくなってしまうかもしれないなぁ・・・。
なので時には誰かのワークショップに参加してみたいもの。
そこで数年もご無沙汰にしていた
白樺の樹皮を編みこんで作品を作るワークショップに参加し
コーヒーフィルターホルダーとポットマットを作ってきました。


ちなみに以前参加した際には直径13,4センチくらいのカゴを編んだのですが
正直簡単かと思っていた作業がえらく大変で
終わる頃には汗だくだったことを覚えています。

こちらが編む前の白樺の樹皮でテープ状になっています。


井桁に編んでゆきますが隙間なくきっちりと
とにかくきっちりと編むことがポイントです。


コーヒーフィルターホルダーを編んでいますが
ここから折り返しながら全ての面が2重以上になるように編みます。


井桁に編む、井桁に編む・・・・
わかってはいるものの途中で別の網目がバラけ
それを直すうちに今何処をどういった向きに編んでいるのかわけがわからなくなり
私の脳内は暫く白樺の森に迷い込みました。

時間ぎりぎりになりましたがなんとか2つとも出来上がりました。


ここだけの話ですが
とにかくきっちり隙間なく仕上げようとギュッと締めていたら
途中で白樺のテープを引きちぎってしまった
(※樹皮はしなやかで丈夫だから切れることは稀らしい)
のですが無事乗り越えました。
ちゃんと出来上がってよかったです。
初参加の方も何度か参加された方も
「舐めてかかるとひどい目に逢うね・・・」とぐったりした様子で可笑しかったです。

作業をしていて気がついたのですが
夢中になると人は無口になってしまいます。
ただ主催者側としては静まりかえった雰囲気はちょっとさみしいもので
つい「何かしゃべってもいいですよ」と言ってしまうのですが
実際そう言われてみると、いや無理だなと思ったので
出張教室でもBGMを用意した方がいいかしらと思ったり。
そうですね、ワークショップ中に私が急に鼻歌を歌い始めたら
そういうことなんだなと思ってください(笑)。

ワークショップ自体も楽しいですが
その場で会った方との何気ないコミュニケーションも楽しいものです。
私もそういった楽しさのあるワークショップが出来ていたらいいなぁ・・・
と改めて感じました。


<数年経ってみると・・・>
以前作った白樺のカゴは現役で活躍中で
樹皮のコントラストがくっきりしてきました。
話によると30~50年くらいは使えるとのことで
これからの経年がますます楽しみです。

しかし改めてみてみると浮いている編み目があったり・・・
舐めてかかったのがよくわかります。









AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
来月7月に北欧のヴィンテージショップで人気のFukuyaさんにて開催する
アロマ教室のお知らせです。

「北欧の夏の香りを楽しむスウィーツ石鹸」


夏のフィンランドを訪れて忘れられない光景は
フェリーで渡ったスオメンリンナ要塞にある教会のそば、
林を埋め尽くしていた満開のリンデンフラワーです。
夏とはいえ日本よりも低い位置から差し込む太陽光が、下向きに咲く黄色い花を照らし
風に吹かれて何千何万という花が翻るさまはなんとも目に心地よい良い光景でした。


この黄色い花、リンデンフラワーの精油を主役に
北欧のコーヒータイム「Fika(フィーカ)」に登場するスウィーツ
ハッロングロットルとダムスーガレを模した
可愛らしいハンドソープを1つずつ合計2個(1個約30グラム)作ります。

リンデンフラワーの香りは「まさに石鹸!」。
フローラルでありながら清潔感ある清々しい香りで
リラックス効果が大変に高いといわれる精油です。
またスウェーデンの液体石鹸の香りに使用されていたこともあり
梅雨を忘れるような気持ち良い香りの石鹸が出来上がること請け合いです。

北欧の夏をギュッと閉じ込めたアロマテラピー教室を是非お楽しみください。
Fukuyaさんオリジナルブレンドコーヒーとお菓子のFikaタイム付きです。

■開催日時
 7月9日(土)13:30~
■開催場所
 Fukuyaさん(世田谷区)→アクセス
■参加費
 おひとり様 3,800円
■定員
 お申込み先着7名(最小遂行人数3名)
■持ち物
 筆記用具
■お申込み
 下記サイトより6月9日(木)12:00~お申込み開始します。
 Fukuyaさんサイト「暮らしを楽しむ1日教室」内
 →http://www.fuku-ya.jp/SHOP/319738/list.html
 または
 →
http://kokucheese.com/event/index/402023/

皆様のご参加をお待ち申し上げております。


<記念日>
7月9日はFukuyaさんの10周年アニバーサリー記念日だそうで
この日にアロマ教室を開催できることを嬉しく思います。
可愛らしいアニバーサリー限定ポーチを下記サイトで販売中ですよ。
http://www.fuku-ya.jp/SHOP/AC-WFP-10.html







AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。