北欧の古道具屋さんみたいなアロマテラピー教室 すぅのブログ

自称"攻めの癒し系"アロマテラピーインストラクターが綴る教室の事、日常の事。




「北欧の古道具屋さんみたいなアロマテラピー教室すぅ」


小田急線「相模大野」駅から徒歩10分
静かな住宅街にある小さな教室です。

北欧の古道具を使いながら気軽にアロマクラフトを作りませんか?


パーソナルレッスンを承ります(女性限定)。
ブレンドオイルまたはルームスプレーなど作成いただけます。
お気軽にご相談ください。

(おひとり様3,000円 お時間1時間30分ほど)


講座のお申込み・お問い合わせはaroma_suu@yahoo.co.jpまでメール(茶)


次回は・・・

ヒマワリ7月9日(土)13:30~Fukuyaさんにて

 「北欧の夏の香りを楽しむスウィーツ石鹸」

http://www.fuku-ya.jp/SHOP/EV-1607-01.html


 



テーマ:

ハロウィンが終わったらクリスマスですね。

12月に北欧のヴィンテージショップFukuyaさんにて、北欧の冬にちなんだアロマ教室を開催します。

 

「北欧 冬の香りのクリスマスリース」

好きな香りが楽しめるアロマストーンと、北欧の冬に欠かせないオレンジやシナモンなどを組み合わせたクリスマスリースを作ります。

 

■開催日時

12月3日(土)13:30~

■場所

Fukuyaさん(世田谷区)★アクセス

■参加費

おひとり様 3,800円

■定員

7名(最小遂行人数3名)

■お申込み

11月3日(木・祝)12:30~

↓FukuyaさんWebサイト「暮らしを楽しむ1日教室」内

http://www.fuku-ya.jp/SHOP/319738/list.html

↓または下記の申込サイト

http://kokucheese.com/event/index/434839/

よりお申込みくださいませ。

 

クリスマスリース(直径17,8㎝程)とアロマストーンで楽しむ精油を数種類の中から2ml(約40滴、ブレンドも可能)をお持ち帰りいただけます。

温かいお飲み物とお菓子がついた楽しい教室ですのでふるってご参加下さいませ。

皆様のお申込みをお待ちしております。

 

 

クリスマスに向けて忙しい忙しい!

 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週の土曜、森百合子さんの新刊「北欧ゆるとりっぷ」発刊にあわせて

お台場で開催された「北欧ぷちとりっぷ Vol.7」に出かけてきました。

 

 

北欧をゆるく楽しむ極意を著者の森さんノルウェー夢ネットの青木さんFukuyaの三田さんが教えてくれるのですが

ノルウェーの散歩は高低差も装備も登山並みであったり

一見のどかに見えるサマーハウス住まいといえば隣家は遥かかなた、

ベリー摘みやきのこ狩りは手つかずの森に分け入りるサバイバル。

いずれにしても何かあったら命にかかわるワイルドライフ・・・

と、なにやらちっともゆるくない楽しみ方ですが

便利で何もかもそろう都会の暮らしとは全く別のスタイルで過ごすことに夢中になることで

リラックスができるのだそう。

「普段の暮らしとは違う達成感を得る」なるほどと思うと同時に

まるで小学生の時の林間学校やキャンプで感じた無垢な感動だけど

それを大人でも感じていいんだ!と、はっとさせられました。

自分がスイッチを切り替えられる方法を知っていて

かつそれに臆せず没頭する事が北欧の人達は上手く

その過ごし方こそが私達に「余裕があってゆったりしている」と見えるのでしょう。

周囲や身内の視線を気にしてしまう気質の日本人にはハードルが高くも感じます。

 

人気の北欧男子へ質問のコーナーでは各国の「社会の窓」の表現が盛り上がっていました。

まぁいわゆる社会の窓ですが・・・・

「チボリ公園が開いてる(デンマーク)」だそうです。

 

私は下の写真の人達の貴重品の管理はどうなっているのか?

と質問を投げたのですが

かなり危険なので貴重品は枕にして寝ているのだそう。

危険を冒してまでも太陽のもとで昼寝・・・・

これもスイッチの切り替えの一つなのですね。

ちなみに貴重品を枕に寝ることよりも

カフェでバッグを置いていることの方がかなり危険で

カフェの外に赤子だけを置いているのはかなり安全なんだそうです。

※身体を強くするために寒い冬でも赤ちゃんをベビーカーに乗せ屋外に出す習慣があります。

 

北欧ぷちとりっぷも7回目を迎えるのにも関わらず

新しい情報が満載で今回も楽しく参加出来ました。

 

そして7回目にして(皆勤出席ではないけれど)

奇問難問珍問で有名な北欧検定でトップ通過をいたしました!!!

マニア垂涎のフィンエアーマリメッコ機をいただきました。

おかげさまで普段の暮らしとは違った達成感を得ました。

 

第8回もあるのかな?楽しみです。

 

 

<これもゆるく楽しむ?>

ゆるとりっぷの流れで作風がメルヘンで時々くすっとしてまう(主観です)

スウェーデンの切り絵作家アグネータ・フロックの展覧会に行ってきました。

「自分にはとても困難な事でも作品の中では可能になる」

何故だか心が解き放たれるような気持ちになりました。

これもゆるとりっぷです。

11月3日(祝)までなのでお時間ある方は是非。お勧めです。

 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

タイトルがラブリーな印象ですがそうではありません。

 

 

先日、(社)日本アロマ環境協会主催の専門セミナー

「アロマトリートメントを科学する」に参加してきました。

 

私は普段から施術をしているわけではないので

アロマトリートメントは専門ではないのですが

香りだけではない「触れること」の癒しのメカニズムに興味がわきました。

 

触れられることで癒しのホルモンが分泌され情緒が安定する。

と、おおかた皆さんが予想する内容ですが

◎いつ誰がどのように触れるの?

◎そもそも癒しのホルモンて何?

◎どんないいことあるの?

といった内容が盛り込まれていました。

 

人の一生を、乳児期、幼児期、思春期、青年期、成人期、壮年期、老年期に分けた場合、

必要なスキンシップの量はどう変化するか?

「乳幼児と老年期が高くその他の期間はまぁまぁほどほどに」

多分誰もが予想した答えと思いますが

注目した点はスキンシップが必要ない時期は存在しないこと、

そしてスキンシップの相手としてそぐわしい対象が時期によって変わることでした。

 ・乳児期~幼児期は両親から

 ・思春期~壮年期は恋人、配偶者から

 ・老年期は身の回りにいる親しい人から

人には様々成長期があり、関わる周囲の人も変わるので当然の事ですが

確かにこういった対象でないと思いやりを持った触れかた

具体的には「呼吸を合わせたリズム、重み、温かさ」で触れることは難しく

言われてみて改めてあぁなるほど!と思ったのです。

 

そして人はその時々に大切な人(信頼できる人といった方がいいでしょうか)から触れられると

ホルモン「オキシトシン」を分泌し安心したり癒されたりします。

オキシトシンと聞いて条件反射で乳汁分泌促進、

さらには子宮収縮、を真っ先に挙げてしまうのがアロマテラピー従事者のさがですが

「癒す」側面から見ると物理的、精神的な痛みの緩和を促すホルモンでもあります。

捻挫した、お腹が痛い・・・・

そんな時に両親からあるいは愛する人から患部をなでられて

痛みや精神的な落ち込みが軽減した経験のある人は少なくないはずです。

イタイのイタイの飛んで行け~!やりましたよね。

また自分で自分をなでたりさすったりしてもオキシトシンの分泌量は上がります。

どこかにぶつけたときに自分で患部をさすってしまうのも納得できますね。

こういった経験が愛情や信頼を形成し、人の相互間活動を活発化することにつながるというわけです。

 

最近では不安感をぬぐえない人の為に

噴霧するオキシトシンが販売されており、これには大変な効果があるそうですが

継続すると今度は体内から分泌されるオキシトシンの量が減ってしまうこともわかっているので

ホルモンの分泌量を増やすことにフォーカスしてもスキンシップの役割は大きいでしょうね。

 

何気なくやっているスキンシップが人間形成の大きな役割を果たしているし

さらに人は誰かがいなければ満たされることも、また自立することも難しいとは面白いです。
 

医学的には私も壮年期に足を突っ込みまくっていますが

悪態も付きつつ夫を大事にしようかな・・・・と一瞬思ったりもしたのでした。

 

よかったらスキンシップの時間を演出する心地よい香りの相談受け付けます(笑)

 

 

<オキシトシンの実験>

夫婦36組を対象にオキシトシンの噴霧実験をしたところ

※過去のイザコザ話をします

噴霧された部屋→お互いに非を認めあいこれからの愛を語り合う

ままの部屋→取っ組み合いのけんかが始まる

(A○azonへ発注が増えそうだ・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。