北欧の古道具屋さんみたいなアロマテラピー教室 すぅのブログ

自称"攻めの癒し系"アロマテラピーインストラクターが綴る教室の事、日常の事。

「北欧の古道具屋さんみたいなアロマテラピー教室すぅ」



小田急線「相模大野」駅から徒歩10分 
静かな住宅街にある小さな教室です。 

北欧の古道具を使いながら気軽にアロマクラフトを作りませんか?


パーソナルレッスンを承ります(女性限定)。

個々の希望の香りを取り入れた

ブレンドオイルまたはルームスプレーなど作成いただけます。

お気軽にご相談ください。

(おひとり様3,000円 お時間1時間30分ほど)


講座のお申込み・お問い合わせはaroma_suu@yahoo.co.jpまでメール(茶)


次回は・・・


テーマ:
昨年春に植えた背丈10センチほどだったローズマリーが
1年で6,70センチまで大きく育ち古枝には淡い青色の花が咲きました。


品種はミスジェサップといい立性タイプですが
枝の重さでオニヒトデの様に広がって来たので
収穫も兼ねて梅雨に入る前の剪定をしました。


乾燥地向きで水やりもお天気任せ、
ここぞという時だけお世話をすれば良いローズマリーは
短期決戦型の私にぴったりのハーブですが
ここまで大きくなったのには驚きました。

ローズマリーの学名Rosmarinusが「海のしずく」を意味する様に
濃淡は様々ですが青い花を咲かせます。
またその青には、聖母マリアがイエスを伴いエジプトに逃れる途中
ローズマリーの上にマントを広げ身を隠したところ
それまで白かった花がマントと同じ青色に変わり
追っ手の目を欺き2人を守ったとされる伝説があります。
そのため私達がよく知る英名
「ローズマリーrosemary=マリアの薔薇」になったとか。
この伝説が転じたのでしょうか
イギリスでは魔除けとして庭に植える習慣があった
と、教科書にあったコラムで読んだ事があります。

マリアの伝説の真偽はさておき
ローズマリーの原産地は地中海沿岸の乾燥地です。
春の訪れと共に乾いた大地がまるで海のように青い花で満たされたなら
その昔見た人は特別な高揚感や
神秘性を感じずにはいられなかったかもしれないと想像し
一連の話がこのハーブを心に深く印象づけるきっかけとなりました。

さて、収穫したローズマリー。
新枝の葉を使ってハーブソルトを作りました。


レンジで軽く熱して乾かし(500Wで40秒~1分)
刻んで塩とミックスペッパーと混ぜて出来上がり。


生の葉より香りが柔らかくなる気がするので
お料理の脇役として使うのが良いと思います。
私はラム肉を焼いて…と思っていたのですが
当てにしていた先で完売していたので(ジビエ人気?)
ニジマスのムニエルに使おうかな~。



<ボケないらしい>
近年、認知症予防の香りの1つにも挙げられたローズマリー。
寝起きの香りに良いそうですが…
寝起きから肉料理にぴったりの香りを嗅がされたら
お腹が空いて飛び起きます。
(効果には個人差があります。)

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
早くも我が家で満開になったラベンダー。

早いのは気のせいかもしれないと記録写真を遡ってみたら
例年より1ヶ月も早かったようです。
昨年最後に剪定した時期が早かったから?
それとも気候?
いまいち理由がわかりません。

満開を迎えたラベンダーは刈り取って束にまとめ
エアフレッシュナーとして玄関に吊るします。


今年はバスケット仕立てにしようかと
可愛らしい事を考えていたのですが
刈り取り、刈ったラベンダーの葉の処理をしたら
すっかり疲れたので束にするだけにしました。
4,50本ともなると茎から葉をそぐのもなかなか時間がかかります。

ほらねナチュラル最高!(必死に自画自賛)
おそらく来年もバスケット仕立てにすることはないでしょう。

ラベンダーのエアフレッシュナー作りは毎年の恒例行事になり
この時に昨年吊るした物と交換しますが
1年経ったものもまだまだ良い香りがするので
処分に少し躊躇ったり…

まぁこのおかげで玄関がすっきり良い香りです。
湿度が高くなると良く香るので
ラベンダーを育てている方がいらしたら是非。

精油を含んだ油胞を沢山持つ植物ですから
剪定鋏が油っぽくなったり、手もベタつくのですが
良い香りに包まれて作業するのは楽しいです。


<やっぱり剪定の時期?>
2株あるラベンダーですが
そのうちの1株が今年は花芽をつけませんでした。
切りすぎたのか時期を間違ったのか…。
じぶん不器用なんで。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

桜が咲きましたね。


今年は三寒四温のおかげか
つぼみも徐々に開いて満開までの期間が長く感じられ
桜の花を楽しむ期間も存分に楽しめている気がします。
また、葉桜ではなく花盛りの入学式を迎えられれるかと思うと
当事者ではないのに安心した気持になるのは
自分の記憶に満開の桜の中で入学式の写真をとってもらい
嬉しかった記憶があるからでしょうか。

毎年お花見と言えば近くの小学校の立派な桜を見て終わりなのですが
最寄りの女子大で桜の見学ができるよう一般開放していると知ったので
お散歩がてら久しぶりの女子大生気分(笑)でお花見してきました。


まだ8分咲きではあったものの枝垂れ桜「100年桜」が圧巻でした。


後で日本で4番目に古い女子大で創立から100年以上経っていると知り
なるほどそれで100年桜!と気付きました。

お花見気分に火がついたので千本桜を見に引地川にも行って来ました。
最寄駅「桜ヶ丘」の名のとおり桜が川の両岸にずっと続いておりとても綺麗です。


のんびりとした地方出身だからか
プライベートにおいては人混みが大の苦手で
都心の混雑したお花見をTVで見るだけですっかり疲れてしまうタイプなので
時々、顔を出した木の根に足を取られながら土の上を歩き
ぼぉーっと(音がしそうなくらい)口を開けて
いつまでも見上げていられるお花見が出来るこの場所は最高です。


ですが、ゲリラ豪雨による決壊防止のため
川の拡幅工事が始まり桜の伐採が決まっている
と、お散歩中の老夫婦から聞きました。
今の姿は今年で見納めらしく
残念ではありますが未来の千本桜に向けて植樹もされるそうなので
長い気持ちで待ち、成長を楽しむことも素晴らしいだろうなぁと思います。

ピンク色の花と言えば我が家の狭いながらも楽しいお庭では
ムスカリのピンクサンライズが咲きました。


まだ数は少ないですがこれから増えると嬉しいです。
そういえば庭もそうですが、新しく植樹される千本桜も
未来を想像するから待ち遠しく、楽しいものになりますね。

新入学、フレッシャーズの皆様にもこの先が楽しみな新生活が始まりますように。


<新しい生活>
100年桜が見られる女子大では桜と共に山羊も愛でられます。
なんと臨月。
彼女も新しい生活が始まります。

実にめでたい!!

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。