ミワプランニングオフィスのブログ

女性のためのインテリア設計「一級建築士事務所ミワプランニングオフィス」代表者のブログ.

インテリアをこよなく愛し、主婦であり二児の母であり浦和レッズのサポーター.
家具・雑貨を販売するネットショップ[アロマとインテリアのお店]も運営しています!

<ブログお引越しのお知らせ>


一級建築士事務所ミワプランニングオフィスのブログは、下記にお引越しをいたします。
引き続き、ご覧いただけますとうれしいです!
http://miwa-planning-office.com/category/blog/




ミワプランニングオフィスのホームページ

ミワプランニングオフィスのfacebookページ

ミワプランニングオフィスが運営する家具・照明・雑貨販売のonlineショップ

ミワプランニングオフィスが運営するセルフDIYショップ




テーマ:
久しぶりのブログとなってしまい申し訳ございませんガーン

一級建築士事務所ミワプランニングオフィスのブログは、下記にお引越しすることとなりましたのでお知らせしますアップ

http://miwa-planning-office.com/category/blog/

今後は、事務所ホームページ内の「ブログ」カテゴリーに、事務所での日々のお仕事のことや、代表者淀川の普段の様子などを更新していく予定ですキラキラ

右上のボックスにメールアドレスを登録していただくと、ブログや実例が更新されたときにお知らせがメールで届きますので、よろしければご登録お願いしますラブラブ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



先日、スイスの漆喰をDIYで塗る講習を受けてきました音譜
訪れたのは、八幡工業さんという左官屋さん左官
ナチュラワイズという、しっくいがふんだんに使われたショールームとカフェが隣接されている素敵な場所でしたキラキラ

まず、前半はしっくいについての講義を受けます本

しっくいは、ヨーロッパでは古代から使われてきた非常にポピュラーな壁材ですアップ
今回講習に使われたスイスのしっくいは、アルプスから採れた石灰岩を原料にしており、天然成分100%晴れ
カビのエサとなる素材を含まない100%天然素材ということに加え、強アルカリ性という性質上カビの発生が抑えられるという大変健康に良い素材です星

色味については、日本のしっくいと比べても非常に白さが際立つのが特徴です白

講義が終了したら、ランチの後こんなスペースで実技ですアップ




1人1スペースが割り当てられ、まずはマスキングで養生セロハンテープ替芯・使用前






次にしっくいの準備として攪拌をします混ぜる
手順を先生が教えてくれます目




私も挑戦させてもらいました!!
パワーのある機械なのでしっかりバケツを押さえないと持っていかれてしまいますが、女性でもなんとかできましたニコニコ
機械がない場合は手で混ぜる方法もあるそうですが、機械のほうが断然早くて確実だと感じましたチューリップオレンジ




攪拌できたら、塗っていきますコスモス
まずは、左官で一番難しいかもしれない、コテ返しを教えてもらいます得意げ




なごやかな雰囲気の中、コテ返し練習中あし
何度か挑戦して、やっとコツをつかみましたチョキ




そばで先生たちが見守ってくれていますにひひ




実際に塗り始めますしっぽフリフリ
うまくできるか心配でしたが、しばらくすると慣れてきますお月様




仕上げ厚は2.5mmが目安とのことで、厚塗りになりすぎないよう気をつけますあせる
コテについては色々種類があるそうですが、DIYではステンレスの薄手のものがオススメとのことドキドキ
サイズも女性なら小さ目を選ぶと使いやすいです合格




周りのスタッフさんが楽しい雰囲気を作ってくれて、楽しく講習を終えましたニコニコ




今回は建築業に携わるプロユーザー向けの企画でした!!
当日は私と同様建築士の方、リフォーム会社の方、大工さんなどと一緒に講習を受けましたレンチ

企画をしていただいた会社の方々、教えてくださった職人の皆様方ありがとうございましたアップ




※こちらの講習は一般の方でも受けて頂くことが可能とのことです
当事務所では、しっくいの他、塗装や壁紙貼りのDIYサポートもしておりますので、ご興味があればお問い合わせ下さい。

いつも応援ありがとうございます。
気に入って頂けたらクリックして頂けますと大変励みになります

人気ブログランキングへ




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
次に棚の取り付けですアップ

材料はこちら



棚板、電動ドリル、取り付けビス、ブラケット。
あと、画像に入れ忘れましたが、下地を検知する道具があると便利ですキラキラ


まず、正確に寸法をはかり、取り付ける棚板の位置に鉛筆で印をつけますメモ




次にブラケットの取り付け位置を決めます星

通常、壁紙は石膏ボードの上に張ってありますが、石膏ボードに直接ビスを打つことはできません。(柔らかいのでボロボロっとなってしまいビスが入らないため)
アップ
そのため、石膏ボード壁にビスを打つ方法は2つ2

1つ目は、間柱やベニヤなどの下地を探してそこに打ち込むことレンチ

壁の中に一定間隔で立っている間柱を探すには、大工さんや職人さんたちはたたいて音で探し当てたりしていますが、我々一般人には難しいので、専用の道具を使うと簡単で確実です!!

私が使ったのは、木の間柱には針で、軽鉄の間柱にはマグネットで検知できるというすぐれもの目




ブラケットをつけたい場所に下地が入っていなかったので、今回は2つ目の、アンカーボルトを使う方法にしましたひらめき電球


まずは、ブラケットの取り付け位置を決め、ビスを止める位置を正確に鉛筆で印をつけますメモ




印をつけたところにアンカーを打ち込みますグー




アンカーボルトが打ち込めたら、ブラケットをビス止めしますレンチ
アンカーボルトを正確な位置に打ち込まないとうまく取り付けできませんので、サイズの計測は慎重に!!




棚板は普通のビスで取り付けをして、完成です音譜



DIYを楽しむコツは、失敗を恐れないことです爆弾

普段やりなれないことをするので、失敗することもあるかもしれません汗
ですが、プロではありませんので、それはあたり前なのですお月様

失敗しながらも、自分の手で作り上げる自分の家に住む、その満足感を感じながら、DIYを楽しみましょう~晴れ


いつも応援ありがとうございます。
気に入って頂けたらクリックして頂けますと大変励みになります

人気ブログランキングへ




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
世の中はDIYが流行中!!ということで、土日にホームセンターへ行こうものなら、部材をカットしてもらうサービスは1時間待ちもザラです叫び

皆さん、何を作っているのしょうはてなマーク目

と気になる私ですが、自分も自宅をあれこれいじるのがとっても好きで楽しくDIYをしています音譜

先日はリビングに棚を付けてみました!!

棚は白がいいなぁと思い、白く塗装することに宝石白

ただの白ではなく、少しアンティーク感のある「エイジング塗装」に挑戦してみることにしました!!

材料はこちら



・棚板 (つける場所に応じて幅を決めて、ホームセンターでカットしてもらう。今回はSPF材を使いました。軽くて角が丸くなっていて作業しやすくDIYでは人気の材料です。)

・サンドペーパー (塗装前と、エイジング加工の際と2度使います。)

・ハケ (塗装に使います。広い面を塗る場合はローラーのほうが使いやすい場合もあります)

・軍手

・塗料 


塗料は、今回はバターミルクペイントを使いました。こちらもDIY好きの方には定番の塗料ですアップ
エイジング塗装では、まず下地に濃い色を、上に薄い色を塗り、乾いてからサンドペーパーでこすって経年劣化風の加工をします。

私が購入したのは、下に塗るこげ茶色と、上に塗るアイボリーのような白の2色ですベル




まず塗装前の準備。
塗料を塗る面にサンドペーパーをかけますビックリマーク
塗料がのりやすくなるためです波
使ったのは、240番の目が細かいものですキラキラ

次に、下地の濃い色を塗っていきます星




小口も忘れずにしっぽフリフリ




上に色を重ねるので、むらになっても上手くぬれなくても気にせず、がんがん塗りましょうチューリップ赤

少し乾かします晴れ




乾いたら、白を重ねて塗っていきます宝石白




うちでは、子供にも積極的にDIYに参加してもらいますレンチ
小さなことでも、家作りに関わるのはとてもいい経験になるはずだと思いますチューリップ赤
「これは私が塗ったんだよー」と誇らしげに話しているのを見てると、こちらもうれしくなりますニコニコ




上塗りといっても、あとでやすりがけをしますので、失敗を恐れずにがんがん塗りましょうコスモス

子供の手直しをしたので、少し厚塗りになってしまったかもしれませんパンダ




厚塗りをすると、後のやすりがけの作業が大変になるので、ほどほどのうす塗りがいいと思いますチューリップピンク


また乾かします星




乾いたら、やすりをかけて、下に塗った濃い色が出るようにエイジング加工をしていきます!!
ダメージ感をたくさん出したかったら、たっぷりとやすりがけをしてくださいドンッ

私は、ほどほどの感じでやめておきました合格

やすりについては、塗装前に使ったものよりも目の粗めのものを使ったほうが、色が出やすいですアップ




うっすらと下地の色が見えてアンティーク風に仕上がりました音譜




棚板を取り付ける編に続く・・・

いつも応援ありがとうございます。
気に入って頂けたらクリックして頂けますと大変励みになります

人気ブログランキングへ




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。