諏方 紅音

2012年4月15日 · 

基本FB放置なくせに嬉しかったから投稿しちゃうんだ☆

『マウスの使い過ぎなんだか肩甲骨あたりから腕が痛い』って言う社長秘書さん♂、ハンドスキャンで脇のあたりが反応したので前鋸筋調整したら痛み取れちゃった!肩腕背中には触れず、かといってアヤシゲな方法も使わず。彼は不思議がってたけど簡単に肺の説明をするとそれなりに納得してくれたみたい。面白そうに帰っていった。体の世界はまだ深いぞよ。私もまだまだだけどさ。

セッションとかは無理な環境なんだけど、やっぱ肉体は入口として大事。久々にじっくりクラニアルもやって、最近パニック気味だった私の頭もスッキリしちゃった。ありがたい。

自分の引き出しが増えてた事に気づいたのが嬉しかったなー。体いじりは楽しいよぉぉ。もっと勉強したい!しろよ!

AD
昔から、いろんなダイエット方法がありますね。


最近では「糖質制限」という言葉を
よく耳にする方も多いのではないかと思います。


糖質制限は、
ダイエットとして捉えられる面もありますが
その本質は、体質改善です。


エネルギーの代謝を、糖から脂に変えて
余分な糖をからだに残さないようにするものです。


そもそも人間は、
何を食べて命をつないできたのでしょうか?


いま盛んになってきている
糖質制限、MEC(ミート、エッグ、チーズ)食の方が

縄文時代は肉食だった、
だから人間は肉食が正しい、とおっしゃいます。


日本では旧石器時代から
少なくとも数万年間、
縄文時代には一万年もの間
ヒトは狩りをしたり、貝や虫を食べて
たんぱく質を摂ってきました。
 
 
植物はハーブとして治療に使っていたそうです。
糖質制限の考えでは、
野菜には自らの生命を守るための植物毒があるので
不要だという論もあります。


そして、お米は弥生時代に西側から伝わりました。
弥生時代の前には、すでに数万年の間
人は命を繋いできました。


ヒトの歴史からしたら
お米は新しいものなのに、

私たちホモサピエンス種の身体の構造は
今現在と大昔とで
あまり変わっていないということは、


消化の仕組みや
命の存続に重要な栄養素も
実は大昔から変わっていないのでは、
と私は考えました。


だとすると、
動物のお肉、骨髄(脂)、魚や貝などの
タンパク質は、やっぱり必要なんですよね。


人間のからだが構成するもののほとんどが
水とタンパク質だからです。


おにぎりやパン、
パスタでおなかいっぱいにする食事は
人間のからだをむしばんでいきます。
甘い物でお腹いっぱいにするのも危険です。


私もそうして身体と脳を壊したものですから
いまは極力タンパク質を摂るようにしています。

AD

インフルエンザにかかりました。



インフルエンザや風邪、病気、怪我などで
人に迷惑をかけてしまったり、
計画していたことができなかったりして
落ち込むことってありませんか?



数日前、私はまさにその状態でした。



だるくて何もしたくなかった、
何もできない自分を責めて
ひとりで苦しんでいました。
 
 

でも、ふと、


この状況の自分を責めるということは、
同じ状況の他人を責めるのと一緒だ、


と思いました。




具合の悪い人を、
私は責め立てるかな??



いや、そんなことはしません。



でも、


私に自分を責める視点が残っている限り
人にもなんとなく伝わりはしないだろうか??




と考えたとき、ハッとしました。




人を責めるつもりはない。
ひとをゆるせるのなら、
自分のこともゆるしてみよう。





そうしたら、ふと、からだが楽になりました。


「どうせ何もできないなら好きなことしよ」

とシフトすることができました。


 
しばらくは自分の中で
ちょっとせめぎ合っていましたが、
とにかく自分の身体との対話を優先しました。
 
 
 

すると、普段フタをしていた
「まっさらな自分が欲すること」が
見えて来たのです。







人から嫌われるのがこわい、
呆れられるのがこわい、
見下されるのが嫌・・・



と、思っているうちは、
自分も知らずのうちに誰かに対して
そういう感情を抱く可能性があります。



そして、それは他人に振り回されている状態です。



しかも、ほとんどが自分の心の中の他人像です。
実際に何か言われたとしても、
心の中でふつふつ煮詰める時間は自分次第です。



「こわい」「嫌だ」と
思っている自分をまるごと受け入れて
他人だと思ってやさしくしてみましょう。



ただでさえ弱っているのに、
余計なエネルギーを使って
自分の細胞を傷つけることないです。



脳で起こったストレスは、
ホルモンの分泌や吸収に影響するので
からだの治り方にも関わってきます。



早く回復していろいろ出来るようになった方が
自分も、他人も、ハッピーですよね^^



AD