性同一性障害のため戸籍を性別変更した夫婦が人工授精でもうけた子が非嫡出子と判断されている問題で、戸籍変更した兵庫県宍粟市の自営業の男性(27)が15日、千葉景子法相に面会し、生まれた子を嫡出子として認めるよう求めた。

 男性は面会後に会見し、「国から男として認められ、妻が頑張って息子を産んでくれたのに、なぜ父親になれないのか」と訴えた。男性の弁護士は「非配偶者間人工授精による出産は、夫と子の血縁関係がなくても妻の子は夫の嫡出子になるとの学説が多い。性別変更したことは、嫡出子と認めない理由にならない」と話した。

 男性は実弟から精子の提供を受け、妻が昨年11月に男児を出産したが、市から非嫡出子として届け出るよう指示された。法務省は「生物学的に出産は不可能」と判断するが、千葉法相は問題発覚後、「早急に改善に取り組みたい」と述べ、家族の救済を検討する方針を明らかにしている。【石川淳一】

【関連ニュース】
性同一性障害:理解求め手探り…女児として登校
性同一性障害:小2の秋から「女の子」…性切り替え容認
性同一性障害:「思い尊重を」文科相
性同一性障害
子どもの性同一性障害:/上 「なんで男の体なの」と涙

加治前グラブ盗んだ男逮捕…車上狙い200件以上(スポーツ報知)
<大麻所持>ミュージシャン・竹前裕容疑者を逮捕(毎日新聞)
<詐欺容疑>ゴルフ会員権販売社長ら11人逮捕(毎日新聞)
迷惑鉄ちゃん 「あすか」目当てで線路侵入 1万人に影響(毎日新聞)
石巻3人殺傷 包丁に無職少年の指紋 元交際相手、隠蔽か(産経新聞)
AD