競馬 的中率・回収率向上のためのブログ

・あまり資金がないけどレースに賭けたい。
・投資額をなるべく少なく抑えたいけど点数が多くなってしまう。
・どの馬も一長一短で取捨選択が出来ない。

上のようなことに悩んだら、このブログで解決!

Arkieのブログへお越しいただきありがとうございます(-^□^-)

競馬の予想ブログです。
分からないなりに、血統予想をしています。

競馬のLINEグループ作成してみました@2016/02/23
ID aki20110904 で検索してみてください。

♪印について

◎最も妙味のある馬
◯最も能力・適正のある馬
▲能力・適正のある馬
☆妙味のある馬
△押さえ

重賞以外での狙い馬を随時載せています!!必見!!


競馬 ブログランキングへ

テーマ:
こんばんは(・∀・)

予想をご覧になられた方はお分かりの通り、見事に本命が来ませんでしたけども…ヽ(゜▽、゜)ノ?

◎ペプチドサプル
◯シンハライト
▲ビッシュ
☆チェッキーノ
△レッドアヴァンセ

予想に書いたコメントですが、

シンハライトは…言うまでもなく勝ち負け。
チェッキーノは…好走確率が高そう。
ビッシュは…巻き返しも十分。
メイショウサムソン産駒は…消します。

までは、良かった!

今回は、ペプチドサプルを本命にします…

ってなんでやねん!!!!
日曜日の自分をぶん殴りたい気分でございます。

ちゃんと考察すれば、上手く絞り込みが出来ることが分かったので、ダービーでどかんと行きたいところです。

新馬戦を見た時から、本命はサトノダイヤモンド決めていますので、ここは初志貫徹で!
AD
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます(・∀・)

今朝のPreakness StakesにLaniが出走しましたが、Exaggeratorが優勝。道悪適性が結果に反映されましたね。道中の位置取りで前に行った馬がバテる展開だったので、3着のNyquistはやはり別格なんでしょうが、惜しい競馬でした。Laniは出負けから、直線追い込んで来て5着。テンが遅いのが致命的ですが、もしBelmont Stakesに出走できるなら、今回より上の着順が見込めそうです。

さ、オークスの予想行きます!

東京11R 優駿牝馬 芝2400m 勝負度[D]

◎ペプチドサプル
◯シンハライト
▲ビッシュ
☆チェッキーノ
△レッドアヴァンセ

シンハライトについては、言うまでもなく勝ち負け。

チェッキーノは、能力こそ高いものの、血統的に距離延長が微妙。そこまでスタミナ問われる流れにはならないはずなので、こちらも好走確率が高そう。

ビッシュは、前走フローラSは不利もあり、最後方からの競馬。勝ち馬と同じ上がりで追い込んで来るも5着まで。騎手が横山典騎手だからほぼほぼ流していたような感じなので、ノーカウント。スケールはあまり感じないが、相手も手薄な今回なら巻き返しも十分。

レッドアヴァンセは、「母エリモピクシーで、マイルまでがベスト」と嫌になるほど言ってきたが、今回はそれを疑ってみたい。距離延長で人気は出ないだろうし、盲点になるならこいつ。

今回は、ペプチドサプルを本命にします。マンハッタンカフェ×サクラローレルの配合馬で、父・母父はスタミナが豊富な血統。どこを走っても掲示板で勝ち切れない馬ですが、器用さとレースセンスについてはメンバー上位。決め手には欠けますが、今まで走って来た距離は決め手が要求されるレースばかりで、父の血が足枷となっており、詰めの甘い(勝ち切れない)競馬が続いていました。物理的な距離が伸びて、スタミナが問われることで、十分に逆転も考えられます。

メイショウサムソン産駒については、考察で書いた通り、東京巧者が多く穴で狙いたいところだが、展開的にタフな流れにならなさそうなので、今回は思い切って消します。来たら、ごめんなさい笑
AD
いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは(・∀・)

どの媒体を見ても、シンハライトですね。
前回の考察でシンハライトについて、書きたいことは書いたのでそれ以外の馬について。

穴馬で注目しているのが、メイショウサムソン産駒のデンコウアンジュと書きたかったのですが、これベタ過ぎて人気必至なのと、ちょっとトラップっぽい感じがして来たので取りやめ。

メイショウサムソンの父はOpera House。Sadler's Wells系で、今年のG1で地味に活躍している血ですと紹介しましたが、サイヤーがSadler's Wells系となればまた別の話です。

今のところ、東京競馬場でのメイショウサムソン産駒は、マイルから中距離までが適性範囲。2000m以上の距離は最も期待値が低く買いづらい馬の1頭です。

東京マイルに相性が良く見えますが、深堀してみるといくつか条件が揃わないと好走しません。

先週のVMのような馬場だと、スプリント適性が求められるので当然合っていませんが、NHKマイルCやクイーンC・アルテミスSなどでメイショウサムソン産駒が穴を開けたように、タフな展開・タフな馬場でスタミナを活かせる条件でないと厳しいです。

これは、Roberto系が好走する展開に良く似ています。
皐月賞の前半は完全にオーバーペース。直線は各馬バテテいましたが、そんな中突っ込んできたのが母系にRobertoの血を持つディーマジェスティー。この血は消耗戦を得意としており、展開の恩恵を受けていました。また、メジャーエンブレムが作る流れも、後続に脚を使わせる逃げなので、一緒に馬券になる馬はタフな血統馬が多いです。

ここで、スタミナが問われる流れになれば、距離延長、つまり2000m以上のレースはいいんじゃないの?という疑問が生まれるわけですが、最近の長距離戦はペースが落ちつきやすくほとんどスロー、さほどスタミナを問われないからでしょう…。だから、スピードで負けてしまうんですよね。

ちなみに、データに当てはまるのはサムソンズプライドとルミナスティアラ。サムソンズプライドの母は、スプリンター。ルミナスティアラの母は未出走ですが、母の兄弟のサトノフローラは母と同配合で戦績が短距離寄りだったことから、短距離馬でしょう。父アグネスタキオンですしね…。つまり、母系から芝向きのスピードを受け継いでいる馬じゃないとここもなかなかこなせないんですよ。

◆距離別集計
種牡馬:メイショウサムソン/場所:東京
集計期間:2012.10. 6 ~ 2016. 5.15
限定条件:芝のみ
-------------------------------------------------------------
距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-------------------------------------------------------------
1400m~1600m 7- 6- 2- 48/ 63 11.1% 20.6% 23.8% 249 95
1700m~2000m 9- 7- 11- 80/107 8.4% 15.0% 25.2% 73 113
2100m~2400m 2- 6- 2- 22/ 32 6.3% 25.0% 31.3% 49 93
-------------------------------------------------------------

オークスはスローになりやすいので、メイショウサムソン産駒は不発に終わるのでは?と踏んでます。稲妻が落ちない限り、デンコウアンジュ・フロンテアクイーン・キンショーユキヒメは消しor軽視の方向で。
AD
いいね!(9)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは(・∀・)

今週は早速やります!

2015

1st ミッキークイーン ディープインパクト×Gold Away
2nd ルージュバック マンハッタンカフェ×Awesome Again
3rd クルミナル ディープインパクト×Candy Stripes

2014

1st ヌーヴォレコルト ハーツクライ×Spinning World
2nd ハープスター ディープインパクト×ファルブラヴ
3rd バウンスシャッセ ゼンノロブロイ×Halling

2013

1st メイショウナンボ スズカマンボ×グラスワンダー
2nd エバーブロッサム ディープインパクト×Danehill
3rd デニムアンドルビー ディープインパクト×キングカメハメハ

2012

1st ジェンティルドンナ ディープインパクト×Bertolini
2nd ヴィルシーナ ディープインパクト×Machiavellian
3rd アイスフォーリス ステイゴールド×クロフネ

2011

1st エリンコート デュランダル×Bluebird
2nd ピュアブリーゼ Monsun×Peintre Celebre
3rd ホエールキャプチャ クロフネ×サンデーサイレンス

過去4年間、父がSS系しか馬券になれていないのが特徴的。
過去5年間の勝ち馬、スタミナタイプのSS系。人気のディープインパクト産駒には逆らえない。

抜けた1番人気になるでしょうが、シンハライトは鉄板じゃないでしょうか。
相性の良いディープインパクト産駒と、G1での底力あるSadler's Wellsの血を母系に持っています。

その上、今年のG1はSadler's Wellsの血を持つ馬が良く馬券になっており、今、最も日本で勢いのある血です。最も・・・は言い過ぎですかね。Robertoの血に隠れてこっそり活躍しているんですよね。

例えば、ビッグアーサー、ディーマジェスティ、メジャーメンブレム・・・。そして、桜花賞2着馬のシンハライト。血量は薄いながらも、Sadler's Wellsの血をすべて持っています。過去のデータはしっかり調べていませんが、おそらく「稀」なことかと思ってます。

これが、シンハライトにとっては追い風のデータ。

ひとまず、ここまで。
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは(´_`。)

ヴィクトリアM 結果...

1st △ストレイトガール
2nd ▲ミッキークイーン
3rd ☆ショウナンパンドラ

どうやら、低迷期に入ってしまったようです…。
いや、これが普通です。
低迷期というよりも、競馬にかける時間が少なくなってしまったというのが原因ですかね…。

ストレイトガールは、ここで狙っていた1頭なんですが、前走があまりにも見せ場がなさすぎたこと&年齢で、最終的に評価を落としてしまいましたが、大失敗でした。

1:31.5の高速決着で、馬場がかなり特殊。

マンハッタンカフェ×Awesome Againのルージュバックも本質的にはスピードタイプではあるんですが、それ以上のスピード、スプリント適性が問われた1戦だったと捕らえています。

ミッキークイーンとショウナンパンドラは、能力こそ高いものの中距離向きのスピード馬なので、勝ち馬にあれだけ離された感じですね。

ウキヨノカゼは、スプリンターとしてはそれなりの素質を持っている馬で、2015年のスプリンターズSでも人気薄ながら3着に突っ込んで来ていましたが、そんな馬がストレイトガールと同じ上がりで7着まで追い込んで来ています。位置取り次第では掲示板までは来れてたんじゃないでしょうか。

来年は、前日の馬場・時計をチェックして、高速馬場なら思い切ってスプリント適性高い馬を狙ってみようかなと思います。

来週・再来週はオークス・ダービーですね。
オークスは、メジャーエンブレム・ジュエラーが不在で、シンハライトにとって取りこぼせない一戦ですね。シンハライトは鉄板として、ヒモ選びが課題かなと思っています。

また、考察します。
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。