有沢祐輔の「空虚ノスタルジア」

オリジナルの詩や小説を更新しているアマチュア作家のブログです。


テーマ:




風に溶けそうな低くか細い君の声が今も木霊する街で
薄い雲の隙間に広がる紫の空を見上げてはふと立ち止まる

異国の地は果てしなくとも空は繋がっていて
君も僕を思い出す時があるのかな…なんて思う

手を振って別れた三条大橋を通る度
行き交う人波に紛れて泣きたくもなるけど

「サヨナラ」は始まりを告げる言葉
君が君の道を選んだように
僕も僕の道を歩いてかなきゃ

いつかまたどこかで会える日が来るなら
それは再び僕らの道が繋がる合図

君の声が今も木霊する街で
そっと微笑んだなら明日の橋を渡ろう







にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

有沢祐輔さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。