■コラム「写経」と「座禅」

テーマ:

台風接近で雨の多かった10月。


晴れ間も見えた祝日(体育の日)に、
妻と二人で京都へ「写経」と「座禅」の体験をするため出かけた。

「写経」は東福寺駅から歩いて20分くらいの雲龍院。

 

紙に薄く書かれた般若心経の文字を小筆で写していく。

 

300字足らずの般若心経だが、
難解な漢字が多く、

しかも小筆を使い慣れてないため、
ずいぶん時間がかかる。

 

3行ぐらい写したところで、
10分以上かかってしまった。

 

それでも次第に慣れてきて、
だんだん写すスピードがあがってきた。

 

最後まで書き上げてしまうと、
それなりに達成感はある。

 

静かなお寺の中で「写経」を
するというのは貴重な体験だった。

 

その後、雲龍院から5分ほど
離れた勝林寺で今度は「座禅」
体験である。

部屋は「座禅」体験をしようという人たちで既に満席に近い。

 

年配の人が多いかと思ったが、
意外に若い人たちの方が多かった。

 

ご住職からお寺の由来などを聞かされ、
その後は座禅の姿勢をとる。

 

本来なら瞑想の世界に入って
いくことになるのだろうが、
実際には雑念が次々に浮かんできて、
とても瞑想どころではない。

 

ご住職に合掌をして警策
(きょうさく)を求め、
背中を「パシッパシッ!」
思わず痛さに顔が歪んだ。

 

「写経」にしろ「座禅」にしろ、

日常とは離れた別の世界を
体験する良い機会だった。

 

皆様も一度体験されることを
お勧めします。

 

 

AD

経済データまとめです。

 

「失業率」「有効求人倍率」は、依然好調です。

鉱工業生産指数なども改善されてきました。

 

全体としてマクロ指標は改善傾向となっているものが多いようです。

 

ただ、何となく生活実感とは、乖離しているように思えるのも事実です。

 

 

 

 

 

AD

街角で一人の若者が娘に声をかけた。

 

「お嬢さん、よかったら僕と一緒にコーヒーでもいかが

ですか?」

 

「ありがとう、でも遠慮しとくわ。」

 

「誤解しないで、僕は誰にでもかまわず声をかけてるわけ

じゃないんだよ。」

 

「誤解しないで、私も誰でもかまわず断ってるわけじゃな

いの。」

 

 

 

 

■コラム「サッカー観戦」

テーマ:

 

長居スタジアムで初めてサッカーの試合を家族で

観戦した。

 

対戦はセレッソ大阪対ベガルタ仙台

 

スタジアムの周囲では、セレッソ大阪のユニフォームを

着たサポーターの人達がたくさん歩いている。

から揚げなどの出店も並んで、まさにお祭り気分だ。

 

その場の雰囲気も相まって、少しずつ高揚感が湧いて

きた。

 

一番熱狂的なサポーターが陣取っているゴール裏の

迫力は相当なものだ。

 

野球のように攻守交代がないから、ずっと立ちっぱなしで応援し続けている。

旗も振り続けだし、応援歌も歌い続けである。

 

その応援ぶりを見るのもなかなか楽しい。

 

一方、サイドスタンドの方は、普通に座って観戦

できるので、初心者でも気軽に楽しめる。

 

試合の方は前半はセレッソが押し気味に試合を進めて

いたが、結局決定打が出ないまま、逆に前半終了間際に

ベガルタにゴールを決められ、0-1に。

 

後半は更にゴールを決められ0-2に。

 

その後、何とかゴールを決め、1-2としたが、

後半の終盤で更に2点を追加されて、結局1-4と惨敗。

 

試合の方は残念な結果で終了した。

 

スタジアムで見るサッカーは臨場感、迫力、熱気

すごく、TVで見るのとはまた違った楽しさがあった。

 

また機会があれば、観戦したいものである。