つきピエンケロスの怪文書

ブログの説明を入力します。


テーマ:

ファンのほうを見るか、グラウンドを見てるかで考え方や態度が違う。
先日、井上一樹が東海ラジオで「プロフェッショナルならファンと共にあるべきで」「部下は上司に評価されて伸びる。指導者は喜怒哀楽を表に出す明るい人でなければ」うんぬんかんぬんと、猿にでもわかる正論・常識論をかざして落合政権をネガキャンしていた。SKEの日高優月を味方に付けながら。Bリーグの長谷川智也選手にも「ファンに見られているから燃えるよね。よし俺が決めてやるぜ、って」と同意を求めていた。プロのスポーツってそういうものだよね、と。

それしか思いつかない人は頷首するだろう。

なぜ谷繁元信とか小笠原道大なんだろう。森繁は人柄だが、谷繁は「一年に一度、リードしていて何から何まで見える事がある。それが何日か続く」、小笠原は打撃について聞かれたとき「大地からのエネルギーを得て(中略)みんなには言ってもわからないでしょ(笑)」うんぬん。と言う。
落合はそういうのを求めているのだと思う。それがプロの成長だと。落合は監督時代ゴールデングラブ賞の二人をコンバートをしたけど、単にアウトを取れればいいのではなく、もっと神がかってる領域に入ってほしかったんだと思う。毎年その球場の最終戦では試合後グラウンドに頭を深々と下げて去っていく落合は、野球の神に捧げるプレーをしていたかったのだろう。

 

Bリーグの長谷川智也選手は井上一樹に同意していたが、あまり考えにはない様子で、同調はしていなかった。プレーに専念しているってことだろう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

勾玉01 海外旅行の三種の神器...

 パスポート、クレジットカード、スマートフォン
 +メガネ、カメラ


、​ バックパッカーのサブ持ち物あったらいいなと思ったもの)
スピルリナの錠剤(一番理想的。海外では野菜不足に陥りやすい。錠剤自体が重いので隔日で飲む量を)、粉の青汁(種類を持つといい)(生野菜は危ない国もある。水洗いした水であたる。ジュースの中の氷にも注意)、ビタミンCの錠剤(ビタミンAと違って過剰に摂りすぎても大丈夫。高濃度ビタミンC点滴療法というのもある。マルチビタミンはその点がめんどくさい)、マルチビタミン、赤マムシの粉、ザクロの粉、ローヤルゼリー、乾燥梅日本のお茶葉(緑茶で長寿。甘茶・甜茶は身体をアルカリ性にして毒素も抜いてくれる)、精油(シクラメン、チュベローズ、グレープフルーツ等)、正露丸百草丸南京虫の薬(どこの国でもなるらしい)(もし南京虫にかかったら荷物をバッグごと冷凍庫に入れる)、カップ麺複数個(あとでお土産のスペースになる)、プラスチックのスプーン、タッパー、果物用ナイフ(プラスチック製。金属製の刃物は手荷物では航空機に持ち込み不可なのでスーツケースに入れる。現地で買っても良い)、プラスチックのカップ小さい爪切り手ぬぐい(ドミトリーで荷物をベッドに結ぶのにも使える)、高品位な石鹸(竹塩等)、洗濯石鹸石鹸入れる袋歯間ブラシ(軽い)(週に一回は)、耳栓(パジャマのポケットの中に入れておく)、マスク(バイクで都会を走る時とかにも)、神社仏閣の御守り(多いほうがいい)、microSDHCカードリーダー(保管庫にもできる)、水着、リュックまで囲えるパーカー・雨合羽 (防寒防風にもなる)、寝袋、予備のスマホ(一人旅の場合)またはWi-Fiが使えるDAP等バッテリーチャージャー、調べ物が多い人はノートパソコン電源の変換プラグは1個、タコ足配線をする電源タップUSBアダプターUSBタップ、OTG対応のUSBメモリー、予防接種海外旅行保険(またはゴールドカード)、入国ビザ(航空券が片道の場合。テロの関係で入国できない可能性があるとのこと)。

JR西日本223系0番台 バッグは電車等の頭上の荷物置き場に置いておくと、降りるときに忘れる可能性があるので注意。

マメルリハ​ メガネは落とす頻度に合わせて複数持っていくといい。双眼鏡はカメラのズームでも(綺麗ではないけど)代用可。

 

JAL クレジットカードはVISAなら世界中で使えるけど、Master Cardなど複数枚あるといい。読み取り機が相性問題かなんかで認証しないことが多々ある。

逆に、要らないもの
ウォークマンは複数個要らない。
余剰なタオル。足りなければ買えばよい。
余剰なTシャツ。買えば良い。靴下とパンツは小さいからまだよい。でも現地で買った方が自分のお土産にもなる。Tシャツや下着は捨ててもいいやつを持っていく。

余計な重い靴。ヨーロッパだと船上のフランス料理とかクラシックのホールなど服装に厳しいらしいところはあるが、それに備えてフォーマルな重い靴を持っていったらいけない。


★☆★☆その他★☆★☆


cororin 海外なら英語力があるほど便利。高校の英語の教科書を思い出に浸りながら復習する。スマホアプリで学習することも可。ついでにフランス語とドイツ語と中国語の基礎もあると楽しい。しょっちゅう見るような前置詞とか冠詞だけでも覚えておくと、推測がつくかもしれない。

プレミアムカー 乗るつもりの鉄道や船のReservationが要るか要らないかの確認 (椅子に座らなくても良いなら予約なしで乗れるとは思う)。あとバスが時間通りになかなか到着しないのはどこの国も同じ。

ホテル Agoda, Booking.com, Hotels.com等のアプリのインストール。ヨーロッパの鉄道検索はGoogleとRail Planner(オフライン)をうまく使いわける。Lingueeなどオフラインで使える辞書もあると便利。

まる3 maps me(オフラインで使える)でホテルや駅などの地点登録(星​)は忘れずに。

ビリー 神社仏閣でご祈祷を受けておくと尚よい。いい感じに導かれる。

シュナウザー汗 情報は多いほうが良いが情報に流され過ぎない事。人の情報は常に大袈裟だ。

たとえばフランスのモンパルナスでTGVに乗る時はEチケットを発券する時間も含めて1時間前には駅についていないといけない、すごく広い駅で乗り場が多いし、その乗り場(voir)は発車直前にしか掲示されず走らないとホームに間に合わない事がある、モンパルナスは始発で列車は2分前に扉が閉じる(乗り遅れる人を見たことがある)等々と書かれていたけれど自分は発券後30分待った。乗り場の掲示は20分前だったけど発車15分前には座れた。TGVのある程度の乗り場がわかっていればよい。他の人も掲示板の前で待っている。Eチケットにもスタンプは要らなかった。チケットのバーコードをうまく認証出来なくてもチケットの内容を見て"OK"と入れてもらえた。車掌さんに日付は押してもらえた。
彼ら旅人のブロガーは本格派ぶったりharracement(追い立てる)目的(潜在的な)で書いているわけではないと思う。特に女の子は異国の地で必死になりやすいのでそうなるのだろう。それくらいのほうが安全だし失敗も少ないとは思うが、振り回されない事も必要だと思った。時間も大事。


またね 中東諸国はどんな国なのだろう。聞くところヨルダンの場合、イスラム教の教えがあってか利他的で、ヒッチハイクで手を挙げれば直ぐに誰かがさーっと止まってくれるようだ。「ここでまた見つけるといいよ」「次はあそこの通りで手を挙げるといいよ」と道の途中で降ろされつつ、宿泊地までうまく乗り継げるらしい。最後に乗せてくれた人は宿泊地の目の前まで迂回して親切に送ってくれたとのこと。その方いわくヨルダンは今までに巡ったどの国よりも温かかったとのこと。

いもむしコロネ 自分は前回はタイ➡ラオス、今回はフランス➡スイス➡オーストリア➡リヒテンシュタイン➡ギリシャ➡ノルウェーと巡ってきたけど、どこの国に行ってもほんと平和だった。障り(方災や自分の悪徳やそれに乗っかった誰かの願掛け)がない限り。向こうから話しかけてくる怪しい外人はたまにいるけど(ヴィエンチャンでは麻薬の売人に話しかけられた)、なにかを企んでいる外人はすぐにわかる。都会に多い。田舎町では日本人が珍しくて話しかけてくる。彼らは「日本に行ったことがある」とか「大阪の友達がいる」とか一通り話終えたら去っていく。リヒテンシュタイン公国に行こうとしてSevelenという駅に降りたら'' welcome to Sevelen! ''と声をかけてくる人がいた。スーツケースを転がしている人がよほど珍しかったようだ。

飛行機 7月のテロの影響で8月フランスのルーブル美術館は空いていた。特に日本人の観光客が減っているようだ(60%減。中国人・ロシア人の観光客は10~30%減)。テロがあると航空券が安くなる。フランスのシャルルドゴール空港行き(JALの羽田空港経由でエールフランス)の航空券が出発直前なのに3ヶ月後と同じ価格になっていた。

ボール 機内持ち運びせず預けるbuggage(スーツケース等)は格安航空券では別料金のことが多い。また、別料金を支払って自転車を持ち運ぶことも可能。(要確認。荷物のサイズに関してはたいていどこの空港も曖昧な感じはする。重量は正確に測れるけどサイズは目視で。日本の空港ではメジャーを使って測られる事はあった)。
古い空港でEチケット等が認証出来ない場合、チェックインの受付で搭乗券を発行する(サントリーニの空港でそうなった)。その際受付の人もスマホでEチケットを見せても(これ何?)という感じで、パスポートの番号と名前で検索して発行していた。

へー ヨーロッパにいるとハンバーガーやケバブ​やサンドイッチばかりで嫌になってくる。東南アジアはパクチー等の香草苗が苦手な人は食べられるものがかなり限られてくる。やがて日本食が恋しくなる。現地のスーパーに醤油が売ってれば肉じゃが(牛肉、玉ねぎ、じゃがいも、醤油、酒、砂糖)が作れる。すき焼きもいい(しいたけの代わりにマッシュルームでも作れる)。寿司屋はかねおいしいけどご飯は日本みたいにおいしい国はない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。