音楽的転換点

テーマ:

ミュージックハッピーミラクルデイ!


最近停滞気味だった音楽人生に一気に転機が!


パソコンやらCDやらスピーカーやら車やらが全部壊れて、動けない上に制作どころか音楽を聴くことさえままならない最近の僕の事情だったのですが。。


僕が音楽制作を担当している一人芝居、夢子の橘先生が、仕事用として僕の為に音楽制作のできる中古のノートパソコンを購入してくださることになりました。


本当に嬉しく、有り難いです。これでやっとまた音楽制作ができます。いまは作りたい音楽が頭の中に渦巻いている状態なので、もう最高のタイミング。本当に有難いです。夢子の仕事、更に楽しみながら、いいものが出来そうです!


また、スピーカー、ミキサー、パワーアンプも先生の関係の方から、突然いただいてしまいました。これも凄いタイミング。


それからサックスに話を移すと。高校の同輩、綾ちゃんからずっと借りている銀のセルマーに僕が分割で買った総銀のネックの銀のサックスセット。それからピアノの代田さんが僕に貸してくださった、金色のセルマーマーク6の八万番代。


どっちもいいポイントもあるけど、逆にどっちもマイナスなポイントもある。


どっちをメインに決めようか、と悩みつつも昨日のライブではマーク6を選んだものの、なかなかいいサウンドが出ず、昨日は凹んだ一日。


今朝になってふと思い立って、銀のネックを金のマーク6の本体に付けてみると、、、


!!!素晴らしくバッチリなサウンドがでました!!!


{D2C18DF7-9254-44CF-B5E7-5353026C7AA5}



ただネックと本体の結合部分がユルユル。困って松本の音楽社の飯島さんに電話してみると、


「ネックにテープを貼り付けてネックを太くしちゃえば?」とのお応え。なるほど。


試してみると、サウンドも吹奏感も完璧!


最高の気分で、今日の飯田キャンバスのライブに。


今日のメンバーは、マイソウルブラザー、ギタリスト岡只佳、いつも伊那谷に来てくれる、厚きベテランベーシスト、安カ川大樹さん、東京から信州に移り住んだスーパードラマー、橋本学、そして僕のカルテット。


昔からお互い知っているにもかかわらず、このメンバーでのライブは初めて。


今日のライブは絶対に良くなると思ったので、今日は気合を入れて、オリジナル曲をしっかり用意していきました。


リハで音を出した瞬間から、こりゃ凄い!このメンバーめちゃくちゃサウンドする!!


自分の新しいセッティングもバッチリ決まって、出音も自分史上最高と言える楽器の鳴り。


ライブが始まったらさらにバンドのテンションも上がり、このメンバーだと、もう自分のフレーズが止まらない。音が湧き上がってくる。新しい自分の音も気持ちいいし。


気が付いたら、ずっと自分一人で盛り上がって、他のメンバーのことも考えず、一人オンステージ状態になってしまっていました。。


そこでファーストセット終了後、安カ川さんから、僕の音楽の進めに対しての厳しいお言葉が。愛の鞭です。


内容としては、つまり、ひろし一人で音楽をやってるんじゃないぞ!ってこと。


自分としては、目が覚めるというか、目から鱗というような気持ちにさせられました。


みんなを生かすことが、結局自分が活きることにつながる。最近ようやく分かり始めてきた人生の真実みたいなものは、もちろん音楽に一番当てはまる。


思った瞬間に思ったことをズバッと言ってくれる、そんなやっさんを、改めて有難いな、と思いました。


というか、橋本くんと安カ川さんのリズムセクション、グルーヴィかつ柔かくかつ創造的と、もう凄いとしか言いようがない。


セカンドは僕のオリジナルで固めさせていただきましたが、ファーストの反省を活かして、こなれてきて多様性のあるサウンドの方向が見えてきたような気がします。


キャンバスのマスターの桑原さんも僕らのサウンドを絶賛してくださり、オリジナルのステージの方がいい、という言葉は、岡ちゃんとともに、とても励みになりました。


今までずっと岡ちゃんと二人で頑張ってきました。頑張れなくなることもあったけど。


そこで神様が、お前達、そろそろ次のステージに行く時だよ、と道を見せてくれているような気がして仕方がありません。


そんな話を岡ちゃんと二人でしながら、家に帰ってきました。


内面の大きな気づきと、現実に起こる現象は、改めて本当に大きくリンクしているなと、心から感じています。


これからの音楽生活が、楽しみで仕方がありません!


とりあえず僕はこれから、もう一度マイルスを最初から追いかけてみたくて仕方がなくなっています。


僕のサウンドに、マイルスを取り入れたくなってます。


気がついたら、長くなりました。お付き合い頂きありもんがです🐸