信州伊那谷音楽蛙 太田裕士(おおたひろし)のブログ

ジャズサックス奏者 ピアニスト 作曲家 


テーマ:
久々にジョニ黒を買ってきてソーダ割りでひとり晩酌中。
 

たまにはこんな贅沢もいいよね。
 

まだ禁煙2日めですが、朝の目覚めのよさとか、口の中の爽快感とか、吸わなくてすむならやっぱり吸わない方がいいよなあ、という気持ちです。
 

実際ずっと吸っていた人間なので、吸う人の気持ちはすご~くよく分かるのですが。
 

あらためてタバコを吸う人はなんで吸ってるんだろうなぁ?という疑問が沸いてきました。
 

実際に吸っているときは、美味しいから、とか、ストレス解消になるから、とか自分で理由をつけていたんですが。
 

自分の中でよくよく思い返してみると、たばこを吸い続けていた自分って、練習しなきゃ、と思いながら全然練習していなかった自分と非常にダブります。
 
 
 
うまく伝わるかどうか分かりませんが。
 
 
 
人間って習慣からなかなか逃れることのできない動物です。
 

自分の場合でいえば、いままでのまったく練習しなかった自分。
 

練習しないことが習慣になると、それが当たり前となり、逆にその自分に対して都合のいいように正当化し始めます。
 

例えば、練習するとクリエイティブさが失われる、とか。練習すると同じことしかできなくなる、とか。
 

自分を客観視しなくなってしまうのです。
 
 
 
たばこについてもまったく同じ。
 

体や肺によくない、お金が余分にかかる、とかいうことが分かっていつつも、
 
おいしいから、とか集中できるから、とか、ストレス解消にいい、とか、自分の都合のいいように解釈しはじめるのです。
 
 
 

自分にとっては、タバコはやめる必要がない=練習する必要がない がイコールで当てはまっていました。
 

ところで、吸わない人によっては、「百害あって一利なし。」とか「俺はいくつでやめた。」とか、上から目線でものをいうわけで、
 
そういう言い方をされるとムカつくんですけど、、、。
 

ぼくはたばこに百害あるとは思わないし、たばこを吸いながら長生きした人がたくさんいるのも知っているし、たばこを単に悪者扱いする風潮にたいして?という気持ちはいまも変わりません。
 

やめた人にとっては、たばこを吸い続ける人は単に意思の弱い人に映るのかもしれませんが、
 
そんなに単純なものではないと僕は思っています。
 
 
 
たとえば、僕は精神病院に何度も入っていた経験があるのですが、その時は、ずいぶんタバコに助けられました。
 

薬を飲んでいた時期は、精神の逃げ場という言い方はよくないかもしれないですが、タバコにずいぶん助けられたと思っています。
 

タバコ部屋で、タバコを吸う人たちだけでの会話は、僕にとって楽しみであり、救いの瞬間でもありました。
 
 
 
ただしかし、管楽器奏者という一点でみれば、呼吸器系に影響を及ぼすタバコは、やめるべきだと思うようになっただけです。
 

タバコを吸う人を未熟だとかわかっていないとかいう気持ちは全くないです。
 
 
 
ただ、僕が本当にいいたいことは何かというと、自分の過去と照らし合わせてみると、自分の行動は、ただの習慣の産物になっていないか?
 
ということを常に自分が考えているか?ということです。
 
 
伝えたい人に伝わると嬉しいんですが。
 

たとえば練習が必要、と分かっていても、何のために練習するのか分かっていなければ、ただの同じことのくり返しになり、何の上達もありません。
 
 
 
何にも考えないで、毎日同じ音でロングトーンするとか。
 

間違った奏法で変な音を毎日ロングトーンし続ければ、変な音がど~んどん体にしみこんでいくわけで、それだったらロングトーンなんてしない方がいい。極論ですが。
 

スケールやフレーズ練習にしたってそう。
 

基礎練習も意味なくただルーティーン化させていったら、どんどん音楽から外れていってしまいます。
 

だから僕は、基礎練をいままでやらなかった、というのもあります。
 

いつも同じ音やフレーズを吹くプレイヤーには絶対なりたくないから。常にフレッシュな状態で音楽に接していたかったから。
 
 
 
タバコにしたってそう。
 
海外の有名プレイヤーが禁煙してるから、とか、いまの風潮がどう、とか、僕にとっては本当にどうでもいいこと。
 

それよりも、タバコが好きな自分を大切にしてあげたかった。
 

味も好きだし、そこから生まれる人間関係も好き。
 
タバコを吸わないで長生きするより、タバコをおいしく吸って早死にしたい、という気持ちでした。
 

練習にしてもタバコにしても、大多数の意見なんて、どうでもいいんです。自分の人生なんだから、まず正直な自分を大切にしたいんです僕は。
 
 
 
 
 
しか~し!!!!です!!
 
 
 
本当に音楽のことを大事にし始めればするほど、たとえば基礎練習の大事さが分かってきたわけです。
 

たとえば一つの音をロングトーンする大事さ。
 

その音色をイメージする大切さ。
 

そのために必要な練習を自分で考えられるか。
 

どこそこの有名なプロがしていた練習とか練習本とか、そういうことに左右される前になぜ彼らがそれを使っていたのか考えることができるか?
 

自分と、自分の好きなジャズジャイアントたちの違いはどこにあるのか?
 

まずそこの違いを埋められると自分で自分を信じることができるか?
 

信じることができるとしてそのために必要な練習はなんなのか?
 

例えばそれが分かったとしてそのために時間を割けるか?
 

そして新しいことにチャレンジする、つまりは自分を革新し続ける覚悟があるのか?本当の自分と向き合うことができるのか?自分に足りないところを正直に見つめられるか?
 
 
 
・・・ごめんなさい。もうかなり酔っぱらってめっちゃハイになってきました。全部自分に対して言ってます。もう以下、たぶん滅茶苦茶になります(笑)。
 
 
 
例えば自分はなんで音楽やっているのか?なんでうまくなりたいのか?
 

上手いって言われたいから?恰好よく思われたいから?有名になりたいから?
 

それじゃあ上手いってどういうこと?恰好いいってどういうこと?
 
 
 
 
 
・・・その前に、そもそもなぜ音楽をやる必要があるのか?
 

僕の場合、考えれば考えるほど分からなくなっていきます。
 
 
 
正直いうと、僕はもう何もわからないです。
 

たとえば、昔は、プロミュージシャンになりたかった。
 

でも、演奏していくばくかのお金をいただくようになってから、気が付いたら、プロ、と言われるようになってしまいました。
 

でも、自分の中で、ずっと?が続いています。
 

プロって何???
 

例えば野球選手とかだと、どこぞの球団にはいって年収いくら、というのがあります。
 

でも音楽家にはそれがない。
 

そもそもプロっていう概念自体、考えれば考えるほどわからなくなる。
 

お金を稼いでいれば、いわゆるプロなのでしょうが、
 

人を感動させられないプロと、人を泣かせちゃうアマチュア。どっちが本当のミュージシャン?
 

どっちになりたい?
 

どこの有名ライブハウスでやったとか、どの有名ミュージシャンと共演したとか、誰とCDを作ったとか、なんの雑誌に紹介されたとか。。。
 

もちろんプロになればお金にしないと食べていけないわけで、そのために必要なことは考えていかないといけないのは分かっているのですが。
 
 
 

もう、本当にどんどんわかんなくなってくる、というのが僕の正直な今の気持ちです。
 
 
 
いまのぼくは、音楽をお金にするために必要なこととか、有名になるために必要なこととか、よくわからないです。というか、今は考えたくない。
 
 
 
それよりもいい音がどうしたら出るのか?そのために必要な心構えとか練習ってなんなのか?
 

常にフレッシュに音楽と向き合うためにはどうすればいいか?
 

どうすれば人と共感できるか?その前に、どうすれば自分が感動するのか?
 

そういうことを考えながら、毎日ただずっと練習し続けているだけ、とういうのが正直なとことろです。
 
 
 
もっと正直にいえば、極端に自由な生活時間が与えられているなかで、ただただ自由に本当に大好きな音楽と、生まれて初めて純粋に向かいあうことができている、という感じです。
 

こんなに幸せな環境って他にないような気がしています。
 

そういう意味では、今の環境にとても感謝しているし、感謝しているからこそ、さらに自分の感覚に対して努力できるようになってきたんだと思います。
 
 
 
ひゃあ、とんでもなく長くなったぞ。。。長文大変失礼いたしました。
 

タバコの話題から全く逸れましたが、
 

なんでタバコを吸うのか、なんでやめるのか、そんなところともつながっているような気がしているわけです。
 

酔っぱらってきたら、タバコが恋しい自分がいるのも確かですが。。。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。