• 11 Mar
  • 17 Dec
    • 新曲できました!

      更新が久しぶりになってしまい、楽しみにきてくださる皆様、大変申し訳ありません。持病が発症して1か月間入院したりと、いろいろありまして。。。しかし、太田裕士、現在ニューアルバムに向けて着々と準備を進行中です。さっそく新曲ができましたので、ご案内いたします。新曲のタイトルは、”Fire Circle”炎をイメージして作った曲です。今回も、全部の楽器、トラックを自分で演奏、作成しています。聴いて暖かくなっていただけたら、嬉しいです。

      2
      テーマ:
  • 09 Sep
    • お勧めサックス練習法!

      自分へのメモ用に。サックス奏者限定の話題です。最近とにかく細かいところをつく練習をたくさんしているのですが、音作り、そしてアンブシュアのコントロールにとてもいい練習法を見つけました。デイブ・リ-ブマンの教則本からヒントを得たのですが。ロングト-ンはとても大切なのはいうまでもないですが、そのさらに前段階の練習です。それは、マウスピ-スにリ-ドをつけただけの状態で音を出す練習です。トランペット奏者などは大切にしている練習ですが、サックス奏者はあまりやらない練習です。でも実はこれがとても大切。マウスピ-スのみで、いろいろな音程を出すのですが、すべての音程をコントロールするのはとても難しいんです。そして、これは自分とマッチするマウスピ-スやリ-ドのチェックにもなります。マウスピ-スとリ-ドが合っていて、かつアンブシュアのコントロールがきちんとできていれば、マウスピ-スだけでオクターブ以上の音域を出すことができます。アルトだと、上は実音でDbからDあたり、下に行くにつれてコントロールは難しくなりますが、実音でBbからAあたりまで出すことができます。これを、それぞれの音程でPPからFFまでをロングト-ンしてみる。次に、音階やインタ-バルを吹いてみる。マウスピ-スが良くないと、音域によって出にくい音があったり、どう頑張っても出ない場合もあります。この練習のお陰で、今使用しているアルトの奥津マウスピ-スの良さと、逆にソプラノで使っているセルマ-が自分に合っていないことが分かりました。その次にマウスピ-スにネックをつけて練習します。今度は音域は狭まりますが、やはりいろいろな音程が出せます。アルトだと、上はAからBb、下はEの音まで出せます。これを、やはりPPからFFまでをコントロールしながらロングト-ン。因みに、サックスの初心者がネックだけをつけて吹くと、だいたいAの音が出ますが、これは唇が上がりすぎていて喉が開いていない状態。僕の場合は、マウスピ-スとネックのみで、だいたいF#からFのあたりを基本の位置に持っていくと、倍音が豊かな太い音色になると感じています。ここで初めて楽器の本体をつけて、ロングト-ンの練習にはいるわけです。上記の練習法をしっかりやった上で行うと、驚くほどピッチや音色、倍音のコントロールが楽になります。 サックスの音色やコントロールでお悩みの方には、とてもお勧めの練習方法です。

      2
      テーマ:
  • 04 Aug
    • 自分史28 天河奉納舞台

      久々に人気の自分史、再開します。ここからスタートです。とにかくスピリチュアルで面白いと評判の自分史。まだ読んだことのない方、ぜひ最初から一読をお勧めします!     ☆    ☆    ☆さて、ファーストCD「虹の中へ」も出来上がり、聴いてくれた人の評判も上々。中には気に入ったので、友達や知人にプレゼントしたい、と何枚も買ってくださるお客様も。ジャズを中心に、いろいろな所からお声がかかるようになり、少しずつながら仕事もだんだんと増えてきました。そんな折、ずっと夢見てきた天河の舞台に立ちたい、と自分の中で思うようになりました。初めて僕が自分の音楽をいただいた地、天河。(そのときのストーリーはこちら)いつも自分の中で大切にし続けてきた天河の弁財天様の御前の舞台での奉納演奏。その夢を、現実のものにするときがそろそろ来たかな、と自分の中で感じるようになりました。舞台のタイミングは、もちろん僕の原点である、七夕祭。そして去年2015年、実際に天河の地へひとり赴き、天河の柿坂神酒乃介宮司様に、「今年の七夕祭の奉納演奏をさせていただけませんか?」とお願いに上がりました。まだこの自分史には書いていませんでしたが、親友のミュージシャン、ジョセフ・トゥループと二人で天河の地へ赴いたことがあります。その時、神社に着くなり宮司様が、「それでは神様の前で演奏していただきましょうか。」と、僕ら二人を、階段を上がったところにある弁財天さまのご神前に上げていただき、演奏させていただいたことがあります。突然の申し出に、何も準備していなかった僕らは、二人戸惑いながらも、その場で敬虔な気持ちで即興演奏を行いました。ちょうどそこに、古くからの天河の熱心な信者の方が居合わせたのですが、彼曰く、「私は何十年も天河に通っていますが、能舞台ではなく、あの御神前で演奏を許されているのを見たのはあなたたちだけですよ。」と言われました。宮司様の僕らに対する期待と愛を感じて、本当に嬉しく、気が引き締まる思いでした。さて宮司様、七夕奉納舞台の申し出に、「よくここまで頑張ってきなさったね。」と快諾してくれました。飛び上がるほど嬉しい気持ちでした。やっと天河の舞台に立てる。僕にとって11年越しの夢でした。しかし。。。。去年の天河は、度重なる集中豪雨に見舞われ、地滑りの危険があるとのことで避難勧告が出され、天河の七夕祭自体も規模を大幅に縮小して行われることに。そしてそれに伴って、奉納舞台自体も取り止めということになってしまいました。そのことを電話で知らされた僕は、思わず男泣きに声を上げて電話口で大泣きしてしまいました。すると禰宜様(柿坂宮司様の息子様)、「そのお気持ちは必ず神様に届いていますから、次の機会をお待ちなさい。」と電話口で言ってくださいました。       ☆      ☆      ☆そして今年。2016年旧暦七夕である8月9日、とうとう今年、12年越しの夢であった天河の七夕祭で奉納演奏を改めて許されました。ともに演奏するのは、僕の音楽的にも人間的にも一番信頼のおける友人であり、僕がつらい時にも常に僕を支えてくれた、岡ちゃんこと、ギタリスト岡只良。そして、僕と岡ちゃんが演奏するときにはいつも喜んで名古屋から駆けつけてくれる最高のベーシスト、祖父江憂貴。天河の舞台に立つのが夢だったと語る新しい友、ドラマーの兼安翔太。そして、僕のアルバムにも参加してくれている伊那谷の誇る歌姫、福澤歩。音楽的にも人間的にも、心から信頼のおける最高の仲間に支えられて、今年の七夕、僕の天河奉納舞台がとうとう実現します。

      7
      テーマ:
  • 31 Jul
    • 心の中の光と闇

      天河に向けてコンディションを整えている最中ですが、それと同時に自分の「悪」といえる部分が噴出してきています。その「悪」の部分というのは、自分への不安感、そして逆に自己肥大感。自分が見て見ぬふりをしてきた本当の自分を嫌というほど見せつけられています。自分は「光」だけを見たいと思ってきた。しかしその裏にある自分の「闇」に対して目をつぶってきた。いつもその二つの闘いでした。でも、僕の場合、「光」の中にいると思い込んでいるときは極端な「躁」、逆に「闇」の部分が現れると極端な「鬱」というかたちで出てきていました。躁状態のときは何日も眠れない。逆に鬱状態のときは本当に何もできない。言葉も発せられなければ生きる意味も分からない、極論すれば死にたい、とまで考えてしまう。いつもその繰り返しでした。そのために大事な仕事をキャンセルしたり、奇行を冒して仲間に大大迷惑をかけたり。しかし、そんなときに支えてくれたのは、いつも仲間でした。迷惑をかけた仲間その本人が、「それも含めて裕士くんだから。」と僕のことを許し、認めてくれました。それがまた、一人や二人ではないんです。僕の嫌な部分を知っているのに、縁を切るどころか、深く認めてくれる。僕にとっては本当に救いであり、光でした。僕は、自分が「光」でありたいと常に思ってきましたが、気が付いたらその考えは「闇」とワンセットでした。自分が光なんじゃなくて、周りが光なんだ。そこに気づいてから、何かひとつ乗り越えられた気がします。一つ門をくぐったと思ったら、また大きな門が現れた。いつも門があり、門があり、門があり。もんがありもんがあり。それをくぐり続けるのが、僕の人生かな、と思います。些細であるけど、大切なこと。そんな大切なことに気付かせてくれた大切な友に感謝をしつつ、今日は寝ます。

      5
      2
      テーマ:
  • 28 Jul
    • 8月9日天河弁財天社七夕祭 奉納演奏にむけて

      さて、あと10日余りで、12年来の悲願だった天河大弁財天社の七夕祭りでの演奏です。自分史でも書いているとおり、12年前の、守護神スサノヲに導かれるように行った熊野への旅。そこから一人、さらに導かれるようにして行った天河の地。そこで僕は恋をし、そして初めての自分の音楽というものを頂きました。なんども天河の能舞台での演奏を願ってきましたが、いままでなぜか僕だけ叶いませんでした。それが、旧暦七夕という、念願だった舞台が自然に叶うことに。ただの偶然の積み重ね、という人もいますが、僕は、心の底から、今までの人生は、神様の導きがあって出来上がったものだと言い切れます。特定の宗教の神様を指すわけではありませんが、僕をここまで導いていただいたのは、あえていうなら産土スサノヲ、信州諏訪大明神、そして、天河の弁財天様です。ここにくるまで、僕は様々な自分への不安から、いろいろ変なものに憑りつかれたり、人に迷惑をかけたりしてきました。僕の行動に対して、迷惑や不満をもたれた方がた、ここでお詫びします。でも僕は僕でいるしかない。そしていろいろある中でも僕を支え、そして僕の音楽を楽しみにしてくれているかけがえのない仲間たちのためにも、ぼくは自分の人生、そして音楽をこれからも続けていきます。そんな天河の僕の初舞台、一緒に行くのは、僕の公私にわたる大親友、マイソウルブラザーの岡只良。名古屋の素晴らしき若手ベーシスト、祖父江憂貴、愛すべきレプリティアン、兼安翔太。最高の歌姫、福澤歩。ほか。これ以上ない僕の音楽史上最高のメンバーで、心から愛する神様の御前にて、演奏させていただきます。これが僕の夢の舞台ですが、僕らの音楽人生は、これからがスタートだと思っています。皆さま、これからも応援よろしくお願いいたします。

      3
      テーマ:
  • 25 Jun
    • 映像音楽

      僕の尊敬する、スローライフの提唱者、辻信一先生がいま、ブータンを舞台にした映画を作られています。その映画の中で、僕のCDから2曲、楽曲提供させていただくことにになりました。7月完成予定とのことで、僕はまだ見ていませんが、素晴らしい出来ということで、とても楽しみにしています。また、中川村の映像作家・杉浦歩実作品、「誰も知らないみつばちのものがたり」というダンスミュージカルのムービーでも、半分ほどの楽曲を担当させていただきました。来月は、金沢に上映会+音楽ということで行ってきます。これから各地で上映を行っていく予定ですので、ぜひご覧いただきたいです。ジャズミュージシャンという方向だけでなく、映像音楽というジャンルは、僕にとって向いているように自分としても思っています。これからそちら方面も視野に入れて、多角的に活動できたらと思っています。とりあえずの目標は、念願だった奈良県天川村の、天河弁財天社から仰せつかった奉納演奏を成功させること。人と地球が共鳴しあう、そんな社会の実現に向けて、自分の能力を使っていけたら。 そう思っています。

      11
      テーマ:
  • 13 May
    • 天河大弁財天 七夕祭り

      おひさしぶりです。最近はなかなかブログの更新もできず、いつも来ていただいている皆様、申し訳ありません。僕は元気に素晴らしい仲間たちと演奏活動を楽しんでいます。さて、僕のブログの自分史のところでも細かく書いている天川村。10年前に初めて訪れて僕が初めてのオリジナル曲を書いた場所。そこの天河弁財天社で8月9日の七夕の日に奉納演奏を行うことになりました。大切な場所で、気が引き締まる想いです。その初めてのオリジナル曲は、「天の河原で」、という曲で、僕のアルバム「虹の中へ」と、ヘブンスそのはらのオリジナルアルバム、「天空の楽園」の二枚に収録されています。その曲に友人が動画をつけてくれたものがあります。楽器はすべて、自分で演奏しています。実際の天河への旅の動画です。聖地と言われる場所は、やはり特別な力があるのでしょう。江の島での夜に作った「宇宙ノウタ」、諏訪の前宮でつくった「水眼」など、そういった場所ではいろんなメロディが浮かんできます。パワースポットという言い方はあまり好きではないのですが、やはり自然と調和した場所には、特有のエネルギーがやどっているものだと思います。それを音楽に変えていくのが、音楽家の役割かな、と思っています。ちょっとまた鬱っぽくなりかけていたのですが、天河の奉納演奏も決まり、重い腰を上げなければな、と思っているところです。練習もしたいし、オリジナル曲もまた増やしていきたいです。やはりまた旅をしないといけないかな。サックス一本担いで。

      16
      テーマ:
  • 23 Feb
    • とらんすありもんが

      僕のアルバム、「虹の中へ」の中でも人気の曲、「とらんすありもんが」。今回、海外のVJアーティストとコラボして、VJをつけてました。ちょっと大きく言ってみましたが。。。いまは素晴らしいVJがフリーで手にはいる時代なんですね。おもしろい作品ができたと思います。ぜひ聴いてみてくださいね~~!

      8
      テーマ:
  • 14 Feb
    • カエルナイトvol.2

      昨日は最幸な一夜となりました。松本市にある雑貨店、サムサラの奥にあるお蔵で、ありもんがくんのリーダーバンドのライブ、奏で屋10周年、カエルナイトVol.2のライブがありました。FBでの告知、ビラ配りなどをみんな協力して頑張ってくれたお陰で、超満員御礼!メンバーは、岡只良、祖父江憂樹、塩沢大地、ゲストボーカルの福沢歩ちゃん。そしてありもんがくん。曲はジャズのスタンダード曲に加えて、カーペンターズや、もちろんオリジナルもたくさんやりました。何よりも新しくできたばかりの僕のプロデュースしたドレッシングが売れたのが本当に嬉しかったです。あきんどミュージシャンと自分のことを呼ぶことにしたのですが、何を商うかというと、知っている方はもう知っている、自家製ドレッシング。有機栽培の無農薬玉ねぎを使った、添加物を使わない手作りドレッシングを実家で作り、それを音楽の力で広げていく、というのが僕の仕事で天職だと思っているものです。大好きな音楽と、そして家業である食、それをつなげたら、どんどん仕事が楽しくて仕方なくなってきました。実はまだラベルも作っていない段階なのですが、試食に出したら、みんなが「す~ごく美味しい!!」と言ってくれ、用意していったラベルがないままのドレッシングは完売!僕は、自分の仕事に全力を出すことに決めたのですが、そうするとエネルギーがふつふつと沸いてきます。そしてそれが自然とお客様に伝わり、ライブにまた足を運んでくださったり、商品を買っていただけたりするんだと思います。大事なのは、誠意と思いきり。すべてを出し切るつもりでいけば、何事も絶対にうまくいくものです。さて、さっそく昨日の動画をご用意いたしました。曲はドレッシングのテーマソング、「ときわのドレッソング♪」です。1分弱の短い動画です。ぜひご覧ください!!支えてくださる皆様に、心から感謝です。

      2
      テーマ:
  • 13 Feb
    • モルダバイト君

      僕のお守り、モルダバイトという石です。 僕は石が大好きで、しかも磨いていない原石が大好きなのですが、とくにこのモルダバイトという石が本当に好きです。この石は諸説あって、隕石だという説、または地球に隕石がぶつかったときにその衝撃で地球外に出た物質がもう一度戻ってきた、という説と。いずれしても宇宙を知っている石です。ロマンが沸きます。この石はとあるスイス人の石やさんから入手したものですが、無類のモルダバイト好きとしても、ありえないくらいの大きさで、見るからにすごいエネルギーです。 知っている人から見ると、これは博物館クラスだ、と皆びっくりします。これを身に着けていると、なぜかいい音楽ができる気がして、ここぞというときにはいつも身に着けています。 僕の中では、通称カエル石ちゃんと名づけて、大切にしています。 明日のカエルナイトでも、もちろん着けます。さあ、いい演奏するぞ!!

      2
      テーマ:
  • 12 Feb
    • カエルナイトvol.2

      松本サムサラでおこなわれるカエルナイトvol.2、いよいよ明日です。新しく作っているドレッシングも販売する予定です。うたの福澤歩ちゃんもゲストで参加してくれます。いまからとても楽しみです!

      1
      テーマ:
  • 06 Feb
    • 癌は治せる!

      末期の癌(大腸、肺、肝臓)でもう手術のしようがない、といわれていたカノヤのマスター。でもマスターが癌ごときにやられるわけがない!と僕は信じてたんですが、今日、元気に復活しました。しかもほぼ完治、という状態で。抗がん剤は飲まずに、温熱療法と手術で乗り切ったとのことです。2人に一人が癌で亡くなる、というこの時代、なんと希望の持てる話だと思いませんか?しかもマスター、温熱で肺がんをやっつけた後もタバコ(アメスピ)を美味しそうにプカプカ吸ってましたよ。ウイスキーも美味しそうに飲んでました。さすがに今日はタバコも酒も呑んでいませんでしたがwまさに奇跡的ではないでしょうか?今日はジャムセッションデーでしたが、復活したマスターに会いたくて、楽器を持たずに遊びに行ってきました。これからがまた楽しみです!

      1
      テーマ:
  • 24 Sep
    • 憧れのヒノテルさんと!

      最近フェイスブックばかりでコチラのブログの更新が怠りぎみで申し訳ありません。FB、僕と交流のある方なら誰でも申請OKですし、もしない方でも、興味があればメッセージを添えてくだされば申請は許可いたしますので、遠慮なさらずにどうぞ。ちょっと前になりますが。世界のヒノテルこと、日野皓正さんと最近現役復活された大西順子さんの、東京ジャズに向けてのジャムセッションが行なわれるということで、長野から急遽東京に楽器を持って参戦に。場所は高田馬場のコットンクラブ。いつも行くイントロの系列店です。テレビ以外で初めて見るヒノテルさん、第一印象はめちゃくちゃダンディ。カッコいいです!そして演奏!!僕は初めてヒノテルさんを生で聴きましたが、心から感動し、そしてぶっ飛ばされました。音色、音圧、リズム、歌、そのどれを取っても第一級!音楽の説得力が半端ないです。そしてステージ上の佇まいのカッコよさ!!男である僕でも惚れてしまうほどでした。そして日野さんが演奏を終え、セッションタイムです!僕は1番目に呼ばれました。どっきどき!!メンバーは、ベースに以前僕のバンドで一度ご一緒させていただいた大塚義将くん。ピアノはイントロのホストを務める早稲田の海堀くん。そしてドラムは新進気鋭の若手、日野さんバンドから石若駿くん。最高のメンバーです。日野さん、僕の目の前にお座りになられております。どっきどきん!曲はパーカーのSCRAPPLE FROM THE APPLE。一生懸命吹きました。終わった後、日野さんから大きな拍手とイエイの一言。嬉しかったあ。それにしても石若駿君、聞きしにまさる素晴らしさでした。まず信じられないくらい楽器がうまい。その上ビートが深い。その後いろんなミュージシャン方と何曲か演奏をさせていただき。そして、緊張しながら日野さんのもとへアドバイスを頂きにいきました。すると日野さん、「いや、きみはなんの問題もないよ、いいよ。きちんと吹けてるしね。」世界のヒノテルさんが僕尾の演奏を認めてくださった!本当に嬉しい瞬間でした。    ☆  ☆  ☆次の日もあるとのことで、帰らずカプセルホテルに泊まって2日目も参戦!2日目の日野さんも本当に素晴らしい!そしてなんと!一曲目から日野さん、僕をステージに呼んでくれました。そして次の演奏も。日野さん、吹くたびに僕を隣に呼んでくれました。本当に緊張しましたが、本当に刺激的で、楽しい経験でした。となりで聴く日野さんは、さらにパワフルで、カッッコよかったです!そして終わった後、「君、すごくいいよ。」と固い握手をしてくれました。心から、嬉しかったです!!最後にワンショット。日野さん曰く、「俺の写真は高いよ~。」w 載せちゃいます。それから何よりヒノテルさんとのお絵かきタイムが楽しかったです。日野さんの絵を見て、音楽と絵画は同じものだなぁ、ということを実感させられた一日でもありました。セッション中に日野さんがさらさらっと書いた一枚。すっごくカッコいいっしょ!それに触発され、僕もその場で書いた一枚。いかがでしょう?イッチャッテル?本当に得るものが多い二日間でした。日野さん、本当に大好きです。帰りのバスの中で、日野さんからメールが届きました。「君と僕はなぜか感性が似ているところがあるね。またよろしく!」最高に嬉しい一言をいただき、感涙にむせぶ気持ちで、東京を後にしました。これから頑張っていく気力が沸いてきました!!皆さん、これからもよろしくお願いします!ありもんが!!

      8
      テーマ:
  • 28 Aug
    • ありもんが の 正体

      なぜ ありもんが なのか?  本日発表!あれは、もう8年くらい前だろうか?  とある京都のライブハウスで、音楽に乗って旅をした。そのときはなぜか、音が映像になって見えた。僕は、アリになっていた。アリの行列の一番前を歩いて、新しい餌を求め歩いた。ふと僕は、違う星に行きたくなった。平和で、争いがなく、音楽に溢れた、そんな星。そこで僕は音楽の中で自分のUFOを作った。そして、音楽に乗って、宇宙旅行した。旅立つと、いろんな恐怖が襲ってきた。どうしようか?戻ろうか?逃げようか?すると、客席からみんなの声がする。みんなが「頑張れ!」 「負けるな!」と言っている。みんなで一緒になって、新しい星に来た。みんながひとつになって大きな拍手をくれた。心から、嬉しかった。ふと気がつくと、帽子に付けておいたモモンガの竹バッヂが無くなっている。演奏前には絶対に付いていたはずなのに。どこを探してもどこにもない。 あ、そうか、地球に置いてきたんだ。まあ、モモンガだから跳んでそのうち到着するだろう。あの日のあの神秘的な経験は忘れたくない。だから言葉にして残したかった。アリから始まりモモンガ飛んでった。   アリとモモンガ   ありもんが。                ありもんが星へようこそ!!

      5
      テーマ:
    • OMAさんバンド 横浜インスパ

      久々の更新となりました。7、8月はおかげ様でとても忙しい日々を送らせていただきました。 東京へ行ったり、戸隠神社で奉納演奏をしたり。ところで、ちょっと急ですが、あさってまた上京します。場所は横浜インスパ。最近とてもお世話になっているOMAさんこと鈴木勲さんのバンドでの出演です。オマさんとの共演は、とても勉強になります。胸を借りるつもりで、頑張ります!!

      1
      テーマ:
  • 06 Jul
    • オマさんと麻雀

      今日はオマさん(日本ジャズベース界のレジェンドといわれる鈴木勲さん)と麻雀をやりました。半チャン2回。結果はというと、、、1回目は僕がトップ。2回目は、オマさんに2回振り込み、僕がハコテンに。。。w前回に引き続いてオマさんがトータルトップ。麻雀はとても面白い世界です。(因みに僕は決してお金は賭けません。)実力と運が拮抗する世界。ところで運の総量ってあるのだろうか?パチンコは最近打ってないのですが、パチンコというのは波がありますが、釘のいい台を選んで打ち続ければ、トータルで必ず勝てます。パチプロとしての経験上これ間違いないです。しかし麻雀は、、、ネットで対戦する場合を別として、対戦者の息づかい、そのときの勘などの要素が確率と同じくらい重要になってきます。オマさん、本当に強いです。それは、ベースにも現れている、と僕は感じます。日本のジャズシーンからNYへ渡り、セロニアス・モンク(p)、エラフィッツ・ジェラルド(Vo)、ウイントン・ケリー(p)、ロン・カーター(b)、ジム・ホール(g)、チャールズ・ミンガス(b)、ポール・デスモンド(as)、ケニー・バレル(g)、ボビー・ティモンズ(p)、フィリー・ジョー(ds)、デューク・ピアソン(p)といった信じられないようなジャズジャイアントとの共演経験をもつオマさん。まずは実力。ベースのテクニック、音楽性など、これはもう、申し分なく誰もが認めるところでしょう。しかし、実力だけではなく、運、天運といってもいいかもしれませんが、オマさんについているような気がしてなりません。それはオマさんの麻雀から僕が感じたことなのですが。今日、オマさんから、「太田君、前回に比べてだいぶうまくなったね。でも大きい手を狙いすぎだ。」と言われました。しかしオマさんに入る手が大きいんですよ。倍満とか跳満とかがサラっと出てきます。今日は字一色・小四喜の聴牌(!!!)を目撃しました。大げさな言い方かも知れませんが運のつかみ方を心得ている、そう僕は感じます。そんなオマさんと出逢えたことには感謝の気持ちで一杯です。たくさん学ばせていただきたいです。感謝。今度のデュオライブ、本当に楽しみです!皆さま、ぜひお越しください。7月8日 伊那 KANOYA7時半~ 3000円鈴木勲(B)太田裕士(SAX)鈴木勲プロフィール立教大学在学中、来日したルイ・アームストロング・オールスターズの公演を聴き特にベース奏者のミルト・ヒントンに衝撃を受ける。1956年には米軍ベースキャンプで演奏を始める。その後松本英彦クァルテット、渡辺貞夫グループに入り活動。また自己のグループ結成後ファイブスポット等でライブ活動を行う。1963年の「幻の銀巴里セッション」でも菊地雅章、富樫雅彦、金井英人とのセッションを残している。1970年、来日したアート・ブレイキーにスカウトされ渡米、ジャズ・メッセンジャーズの一員となり全米、欧州をツアー。帰国後TBMレーベルで『ブロー・アップ』(日本ジャズ賞受賞)等の名作を録音。 その後もジャンルを問わず多くの内外ミュージシャンと共演し、後年は日本の若手ミュージシャンの教育にも力を注いでいる。

      3
      1
      テーマ:
  • 30 Jun
    • オマさん再び!!

      僕の大・大尊敬する日本ジャズ界のレジェンド、オマさんこと、鈴木勲さんとの再共演が決まりました!今度はなんと!オマさんとのデュオです!日本ジャズ界を一番最初から牽引してきたといっても過言ではないオマさん。そんな大先輩と2人で音を出せるなんて、なんと幸運なんでしょう。胸を借りるつもりで、全力で頑張ります。ぜひ、みなさんに来ていただきたいライブです。お待ちしています!7月8日 伊那 KANOYA7時半~ 3000円鈴木勲(B)太田裕士(SAX)鈴木勲プロフィール立教大学在学中、来日したルイ・アームストロング・オールスターズの公演を聴き特にベース奏者のミルト・ヒントンに衝撃を受ける。1956年には米軍ベースキャンプで演奏を始める。その後松本英彦クァルテット、渡辺貞夫グループに入り活動。また自己のグループ結成後ファイブスポット等でライブ活動を行う。1963年の「幻の銀巴里セッション」でも菊地雅章、富樫雅彦、金井英人とのセッションを残している。1970年、来日したアート・ブレイキーにスカウトされ渡米、ジャズ・メッセンジャーズの一員となり全米、欧州をツアー。帰国後TBMレーベルで『ブロー・アップ』(日本ジャズ賞受賞)等の名作を録音。 その後もジャンルを問わず多くの内外ミュージシャンと共演し、後年は日本の若手ミュージシャンの教育にも力を注いでいる。

      2
      テーマ:
  • 16 Jun
    • オマさん!!!

      今日は伊那のカノヤにて、日本ジャズ界の巨匠、オマさんこと鈴木勲さんと共演させていただきました。最高のグルーヴマスターとの演奏は本当に最高の一言です。またやろう、といっていただき、嬉しい限り。個人的にはオマさんとの麻雀が楽しみでなりません。素晴らしい一日になりました。

      1
      テーマ:
  • 07 May
    • 天河大弁財天社 七夕祭

      3日間ほど、奈良の天河大弁財天社にいってきました。今年の七夕祭にて奉納演奏をさせていただくことになりました。日時は8月20日。旧暦の七夕です。自分史にも書いたように、天河は僕にとって初めて曲を作った大切な地。気が引きしまる思いです。

      5
      テーマ:

プロフィール

ひろしありもんが

性別:
ありもん型
誕生日:
1975年12月21日7時頃
自己紹介:
ARIMONGA FOR YOUR VISIT.   ご訪問ありもんがです。 M...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ランキング

総合ランキング
499509 位
総合月間
359484 位
音楽情報
7663 位
スピリチュアル・占い
7438 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。