有馬温泉駅から有馬の坂道を歩いて15分、湯本坂を上りつめた所に
炭酸泉が湧き出る炭酸泉公園があります。


そのすぐ傍に移築した神戸御影に昭和初期に建てられた

純和風の民家を併設した 《三ツ森 炭酸泉店》 を

開店致しました。


有馬町字杉ケ谷というこの土地は有馬温泉には大切な大切にしなければならない土地なのです。と言いますのはここは

舒明3年(631年) 第34代 舒明天皇 

大化3年(647年) 第36代 孝徳天皇が有馬に行幸された際、行宮を建てられ滞在された土地なのです。近くに金泉・銀泉が湧く泉源があったことがこの土地を選ばれた理由かと推測されます。


また周辺は六甲連山に囲まれ、豊かな六甲の自然が四季を通じて味わえるまさしく有馬温泉のプレミアム、癒しスポットだと思います。


ここに何を創るか思案していた時、10数年前から有馬の町並み保存の運動を指導して頂いている建築家の森崎 輝行さんから御影の建物の保存の話を伺いすぐにお訪ねしました。

一目であの土地にはこれだと思い、譲って頂くようお願いしました。土地の広さの関係で広間の部分を頂き移築しました。

そして、その建物に併設して当店の柱である炭酸泉を使った

炭酸煎餅を焼くお店を作りました。


移築した建物の前庭をテラスにして季節の和菓子とお茶を楽しんで頂くカフェも作りました。将来はこのテラスを舞台に

ミニコンサートなどのイベントも企画したいと考えています。

有馬温泉にお越しの折にはぜひお立ち寄り下さい。

お客様のお越しをお待ちしております。


平成24年5月 吉日


三ツ森 店主


【有馬温泉名産】元祖炭酸せんべい三津森本舗のブログ



【有馬温泉名産】元祖炭酸せんべい三津森本舗のブログ



【有馬温泉名産】元祖炭酸せんべい三津森本舗のブログ

AD