肩こりの人は肩甲骨の動きが悪いのです。


肩甲骨は本来、楽に背骨のほうに寄せたり、

左右に開いたりできるのですが・・・


肩こりの人は、それが難しくなっています。

そもそも肩甲骨を動かすことが少なくなっているのです。


肩こりがひどくて腕が上に上がらない。

後ろで手を組むと痛い。


といったことが思い当たる人は、


肩甲骨まわりの筋肉がとても硬くなって

鎧(よろい)のように肩甲骨を取り囲み、

肩甲骨の動きを妨げていると予測されます。


肩甲骨や腕、肩の自由な動きを取り戻すためには、

肩甲骨を積極的に動かして、肩甲骨まわりの筋肉を

ほぐしていく必要があります。









また、首に問題が・・・


正しい姿勢の場合、頭は両肩をつなぐラインの真上に位置し、

頸椎(けいつい)は自然なカーブを描いています。


ところが姿勢が悪い人の多くは、頭が肩よりも前に出がち。

しかもあごを突き出していて頸椎がまっすぐになってしまっています。




自然なカーブを描いていない、

「ストレート・ネック」と言われる状態です。




これでは頸椎への負担が大きく、首から肩まわりの筋肉にも

緊張を強いることになります。


姿勢が悪い人は、意識して水平に軽くあごを引くようにしましょう。

すると、少し頭の位置が高くなったように感じませんか?


これが肩のラインの上に頭が乗っている状態です。

あごを引いて前に突出した首の位置を本来の位置に戻す。



 

                             NHKテキスト ビュー  参考

AD