2011-01-03 20:52:45

食品に含まれる栄養価の変化が問題!

テーマ:生活習慣病とダイエット

健康のために自然食品を推奨する人がいますが、
加工しない食品が栄養食品だと考えるのは大きな誤りです。




これらの栄養価が激減している原因は、
増収、増益だけを追求するあまり農薬、化学肥料、家畜飼料、

ハウス栽培という人工的培養方法が引きおこしたものであり、


その一方では公害による環境汚染などが、
すべてのものを悪化の方向に進めています。




自然食品もこの点に関しては例外ではありません。




このような状態から特に欠乏してきている栄養素は、
亜鉛、クローム、セレニウムなどのミネラル類です。




鉄やカルシウムの欠乏は以前からいわれていましたが、
現代ではすべてのミネラル不足していると考えるべきでしょう。




本当の自然食品とは、化学肥料を使用しないで
有機肥料で栽培しただけでなく、


その作物が土から充分な栄養を吸収し、
成長する時間が必要なのです。




今すぐクリック

↓  ↓  ↓


やはり外せないこれだけは!



追伸



100万円を手にする勇者は誰だ!
【第七章】『ほこら』へ


私はふくろうの「カロン」


魔法使い「マジク」さまの使い・・・



破壊の魔女に変身し「デビル・オクトパス」を

何とか引き離そうとした勇者さまでしたが



「デビル・オクトパス」の放つ水玉に

当たってしまい、身に付けていた

「変化の粉」がとれ、破壊の魔女の姿から

元の勇者さまの姿に戻ってしまったのです。



破壊の魔女の異変に気付いた「デビル・オクトパス」は

すぐさま、水の中から姿を現すと

勇者さまが乗った船を攻撃に向かったのです。



5本の腕を振り上げる「デビル・オクトパス」!



それをただ見上げる勇者さま。。



絶体絶命の危機!



・・・・・



・・・・・



・・・・・



誰もが息をのんだ



そのときでした・・・



!!!!



『ドガン!!!』



『なに!?』



『・・・・お前たち。。』



・・・・



・・・・



・・・・なんと



勇者さま一行が向かったそのすぐ後に出発した

三隻目の船が、「デビル・オクトパス」に体当たりをしたのです!!



『グゴ・・・・』



水の中に崩れ落ちる「デビル・オクトパス」



その「デビル・オクトパス」の頭上に

剣を突き立て、追い打ちをかける戦士・・・



『ここは私たちに任せて

勇者さまは、早く「ほこら」へと向かってください!』



「デビル・オクトパス」の頭上から叫ぶ戦士



『・・・・・・』



『くっ・・・・』



『・・・・・・・』



『・・・・・・・』



『死ぬんじゃないぞ。。』



と、勇者さまは戦士に一声かけると



『「ほこら」へ向けて前進せよ!!』



とニ隻目に乗っている者たちに指示をしました。



『全速力だー!!』



その場を去ろうとする船を

なんとか捕まえようと

うごめきのたうちまわる「デビル・オクトパス」



『フゴー!!』



と叫ぶと、「デビル・オクトパス」は

三隻目の船をふっ飛ばし

勇者さまの乗る船をつぶそうを

素早く追ってきたのです。



「デビル・オクトパス」の足が

勇者さまの乗る船へと伸びる。



あと少しで、縁に足が届くというところで・・・・



船はグンと加速し、「デビル・オクトパス」を

大きく引き離したのです。



『やったか・・・』



「デビル・オクトパス」を

なんとか退けたと安心したのも束の間



次の瞬間!



「カイザー・シャーク」の群れが

船の周りを囲み

船に体当たりをしてきたのです。



「カイザー・シャーク」は

「デビル・オクトパス」負けずとも劣らない

かなり凶暴なモンスター。



船が壊れ、湖に落ちたら

一貫の終わりです。



どんどん攻められる船。



ビキビキ・・・・



・・・・ビキビキ



徹夜で作られた簡単な船ですので

それほど頑丈に作られているわけではありません。



「カイザー・シャーク」の体当たりで

どんどん壊れていく船。



ビキビキ・・・・



・・・・ビキビキ



底の方が割れる音が聞こえてくる・・・



『勇者さま!』



『浸水してきました!』

との仲間の声が、船の中から聞こえてきました。



・・・・・



・・・・・



・・・・・



『もうここまでか・・・・』



勇者さまが頭を下げて

力なく船先端の床に膝を付こうとした



まさにそのとき・・・



目の前に小さな島が現れてきたのです。



ただの小さな島。。。



・・・・・



・・・・・



・・・・・



ではなく!



島には「ほこら」が!!



あおのずっとずっとずっと目指してきた

「ほこら」が島に見えるではありませんか。



『なんとか踏ん張れ!!』



『そのままなんとか持ちこたえて

あの島に船ごと突っ込むんだ!!』



勇者さまのその声を聞いた仲間たちは

「ほこら」についに辿り着いたのだと分かり



船に体当たりする「カイザー・シャーク」に

ここで決してやれてはならないと

一人ひとりが壁に身体を密着させ

体当たりで、船が壊れないように身構えました。



全速力で進む船。



更に激しく体当たりをする「カイザー・シャーク」



強烈な「カイザー・シャーク」の体当たりに

ふっ飛ばされる仲間。



その隙をついて、その人がいなくなった場所を

狙い撃ちする「カイザー・シャーク」



『ドカッ!!』



ついに、船の底は「カイザー・シャーク」に

破られてしまい



破った穴から入ってくる水と共に

今度は船内へと体をねじって

「カイザー・シャーク」が入ってこようとしたのです。



「カイザー・シャーク」がもがき

まもなく、船内に入るとなったとき・・・



『ドカン!!!!』



と大きな音とともに船は急停車し

「カイザー・シャーク」は、その勢いで

船の壁にぶち当たり、気を失いました。



仲間たちも、かなり吹っ飛びましたが

どうやらケガはないようです。



『・・・・・やっとついたな。』



『ここが「ほこら」か』



小島にそびえる

大きな「ほこら」



いよいよ・・・・



クライマックスです。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ここから先のお話はお待ちかねの

「魔法の指輪」が封印されている

「ほこら」の中になります。



「ほこら」の中については

更にあなたの「勇気」と「知恵」が試される場所となります。



ですので、あなたに「勇気」と「知恵」があるか



「魔法の指輪」を手にするに相応しい人物かどうかを

試させていただきたいと思います。



もし、あなたが仲間と共に「ほこら」に入り

「勇気」と「知恵」を振り絞り

「魔法の指輪」の封印を説く強い思いがあるのであれば



下記場所にメールアドレスを登録し

「ほこら」に入る際に心に持たねばならない

「言葉」を手にし、その言葉を

アメンバー申請の際に入力し

このブログのアメンバーとなっていただければと思います。



※次回からの記事はアメンバー限定記事となるため

「言葉」を手にし、アメンバー申請をしなければ

今後の内容は読めませんので、あらかじめご了承願います。



それでは、あなたのご参加をお待ちしております。



>>「ほこら」の中に入る


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ラッキーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。